フィリピンのタグまとめ

フィリピン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフィリピンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フィリピン」タグの記事(177)

  1. 2016年12月29日エルニド - 加麻加辣!

    2016年12月29日エルニド

    エルニドの中でホテルを引越します。今日明日のお宿はこちら、Swiftlets Inn。(写真撮り忘れて他から拝借☆)目の前にはエルニド的な巨岩がそびえ立っていて、その景色を見ながら朝食を食べることができます。1日目の朝食は、ちょっと感激。ナスをソテーしたのが、カリカリした歯ざわりでとてもおいしかった。我々が泊まれるような、お手頃なホテルなんで、すごい食材のすごい料理が出て来ることなんて、当然...

  2. 2016年12月29日Nacpan Beachへ@エルニド - 加麻加辣!

    2016年12月29日Nacpan Beachへ@エルニド

    今日はNacpan Beachというビーチに行ってみます。エルニドタウンからトライシクルなる乗り物で1時間弱。トライシクルというのはバイクに車体をつけた、簡素な乗り物です。今朝、コロンコロンのコテージから、エルニドタウンの近くのホテルに引っ越ししたのですが、そのときに乗ったトライシクルのドライバーが感じのいいセニョールだったので、交渉をもちかけてみました。「ミニマムチャージ1,500ペソ(往...

  3. フィリピン国鉄ナガ駅 - くまぱぱの一人旅

    フィリピン国鉄ナガ駅

    フィリピン国鉄は、もともとマニラから、ナガまで夜行列車があったというが、いまは運行をしていない。で現在のナガの駅は?ということで見に行ってみることにしました。ホテルから(ホテルはバスターミナルのすぐ近く)googleマップを頼りに歩いてみるが・・そこはなんとスラム街のような感じ。とても写真は取れる感じではなかったです。で、ナガ駅は・・こんな感じ。列車が来る感じがしないんだけど・・でも、駅舎に...

  4. 2016年12月28日アイランドホッピングツアーTour C @エルニド - 加麻加辣!

    2016年12月28日アイランドホッピングツアーTou...

    *1ペソ(フィリピンの通貨単位)≒2.5円今日はエルニド名物アイランド・ホッピングツアーに参加します。我々は昨日、手っとり早くホテルのフロントで申し込みました。Tour AからDまで4種類あるということなので、それぞれの特徴を説明してもらいます。説明が英語だったので全部は聞き取れないものの、Tour Cについては「○○島に行ってリラックス、○○島に行ってリラックス」と聞こえました。1,400...

  5. 2016年12月27日サン・ビセンテ→エルニド - 加麻加辣!

    2016年12月27日サン・ビセンテ→エルニド

    *1ペソ(フィリピンの通貨単位)≒2.5円パラワン島内で移動します。宿で手配してもらったバンで4時間くらい、エルニドへ。600ペソ。◾Talindak Beach Cottage宿はコロンコロンというエリアの、ビーチフロントのコテージです。出世したもんだ♪でも素朴な造りで当然水シャワー、お手頃な料金です。目の前の海はあまり水がきれいではなかったかな。この時は潮が満ちていましたが、引いている時...

  6. 2016年12月25日~27日Turublien Beach Resort@サン・ビセンテ - 加麻加辣!

    2016年12月25日~27日Turublien Be...

    バンで4時間ほど、サン・ビセンテのロングビーチに着きました。バンが今日泊まる宿まで来てくれたからよかったようなものの、バスターミナルかなんかで降ろされていたらどうなっていたんだろう…。と、不安になるくらい、周囲には本当にこの施設しかない場所でした。そしてビーチにもこの簡素なレセプション兼キッチンの建物と数件の東屋、それといくつかのテーブル&チェアがあるのみ。オーナーのアレックスが「ハ〜イ、ウ...

  7. 2016年12月25日マニラからパラワン島へ - 加麻加辣!

    2016年12月25日マニラからパラワン島へ

    *1ペソ(フィリピンの通貨単位)≒2.5円今日は早朝、飛行機でパラワン島へ移動します。マカティの宿から空港までは、やむをえずタクシーで移動しました。宿のセニョールにタクシーの予約を依頼したところ、「Grab」というアプリを使って手配してくれました。ぼったくりや交渉の面倒くささで悪名高いマニラのタクシーも、こんなアプリを使えば明朗会計。正確な料金は憶えていないけど、メーター料金 P120くらい...

  8. 2016年12月24日マニラ、主にマカティ地区 - 加麻加辣!

    2016年12月24日マニラ、主にマカティ地区

    *1ペソ(フィリピンの通貨単位)≒2.5円◾サルセド・サタデーマーケット今日はちょっとゆっくり起きてマカティ地区・サルセドサタデーマーケットに来てみました。マニラとは思えない、ハイクオリティなマーケットだとのこと。宿の朝食は、提供されているのか置きっ放しになっているのかわからないくらい、質素でした。スーパーで安売りされている感じの袋入りのパンと、瓶入りのスプレッドとインスタントコーヒーだけ。...

  9. 2016年12月23日マニラ、主にエルミタ・マラテ - 加麻加辣!

    2016年12月23日マニラ、主にエルミタ・マラテ

    *1ペソ(フィリピンの通貨単位)≒2.5円翌朝、空港を脱出。プレミア・エアポートバスなんていう高級バスでマカティ地区へ向かいました。運賃は300ペソと聞いていたのに、150ペソ。キャンペーン料金なのかも。でもその甲斐なく(?)客は私一人。後日、このバスを利用しようとしたら運休になってました。とほほ。先にマニラに到着していた今回の旅の相棒・K氏と宿で合流。まずはマラテ地区へ。毒々しい色の造花と...

  10. 2016年12月21日~22日成田からマニラへ - 加麻加辣!

    2016年12月21日~22日成田からマニラへ

    2016年ラストラーメンは中目黒「味噌一」の火吹きバターに決定!成田空港までの道中、ぼーっと外を眺めながらビールを飲むと、旅気分がジワジワ盛り上がってきます。午前10:45日暮里駅発、スカイライナーの車中で。まずはアシアナ航空でソウルへ。もう何度も飛行機に乗ってるわけで、機内食の写真など撮らなくなって久しいですが、これは見逃せない。まるで食べかけのような、あまりの寂しい機内食に衝撃が走る!ア...

  11. イランのLNGにフィリピンの国営石油会社が投資 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    イランのLNGにフィリピンの国営石油会社が投資

    イランのLNGにフィリピンの国営石油会社が投資をします。最近、独自の動きをしているフィリピンが、欧米による制裁解除が決まったイランと連携。動き出した感がありますね。フィリピンのアキノ国営石油会社の取締役が、フィリピンのエネルギーを確保するために、イランの液化ガス分野に投資すると語りました。イラン石油省が運営するシャナー通信によりますと、アキノ取締役は、イランは多くの機会が存在する国であるとし...

  12. 露比が海上合同演習へ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    露比が海上合同演習へ

    ロシアとフィリピンが海上合同演習ということです。アメリカと同盟関係にあったフィリピンですが、ドゥテルテ大統領就任以降は露・中両国との関係強化、米軍撤退要求へと傾いています。ロシアの軍事関係者が、「ロシアはフィリピンに戦艦2隻を移送することで、テロ、海賊対策を支援するため、フィリピンと海上合同軍事演習を実施する」と発表しました。イルナー通信によりますと、ロシア海軍太平洋艦隊のミハイロフ副司令官...

  13. 本日発売週刊文春で「フィリピン幻想の熱帯 ホタルの木」 - ハッピー・トラベルデイズ

    本日発売週刊文春で「フィリピン幻想の熱帯 ホタルの木」

    本日発売の週刊文春のグラビアで、フィリピンの幻想的なホタルの写真記事を執筆しています。撮影は昆虫を中心とした自然写真の大家、海野和男氏。氏が毎日アップしている「小諸日記」では、ここ数日、フィリピンでの取材時の様子がすばらしい写真と共につづられています。今回の記事は週刊文春への持ち込み企画。実現した経過には、なかなかおもしろいエピソードがありますので、おってお知らせしたいと思います。まずは、お...

  14. フィリピン航空で日本からフィリピンに出かける際の手荷物・預入荷物について - フラプッチ~のダイビング日記。

    フィリピン航空で日本からフィリピンに出かける際の手荷物...

    先日知人から情報提供を求まれて調べてみました。メールついでなので、こっちにも情報アップしておきます。Mabuhay Milesというフィリピン航空のマイレージに入った上で、60 USドルで「SportsPlus Asia」というのに加入すると、ダイビング器材のみ、20キロまで余分に預けることができます。チェックイン時に加入が可能だと思います(支払いが成田等でドル建てで出来るか等はわかりません...

  15. ボラカイ! - ハッピー・トラベルデイズ

    ボラカイ!

    勢いよくまわるプロペラ翼の隙間から、青い海と、艶めく緑の山並みが見えてきた。フィリピン屈指の美しきリゾートアイランド、ボラカイ島。でも、ボラカイ島には空港がありません。どうするかといいますと、すぐ隣に浮かぶパナイ島にある、カティクラン空港かカリボ空港のいずれかに着陸。そこから陸路、フェリーなどを使ってボラカイ島へ入ります。ふう、ちょっとめんどう。ふたつのうちボラカイ島に近いのはカティクラン空...

  16. そして、受難は続く。。。 - ハッピー・トラベルデイズ

    そして、受難は続く。。。

    ペニンシュラ・マニラのコンシェルジュに無事、PAL ExpressがT3から出発することを確認してもらい、空港へ。新しいT(ターミナル)3、ホント、ぴかぴかです。現在は、大阪から乗ってきたセブ・パシフィックと、今回、ボラカイ行きで利用するPAL Expressが使用するのみ。上の画像は、セブ・パシフィックのものですが、すぐお隣にPALのカウンターがあります。セブ・パシフィックの場合、外からタ...

  17. マニラから、ボラカイへのはずだったのですが。。。 - ハッピー・トラベルデイズ

    マニラから、ボラカイへのはずだったのですが。。。

    前回の続きです。マニラのペニンシュラでの滞在を満喫した後、午後のフライトでボラカイ島へ。マニラ~ボラカイ島は、セブ・パシフィックではなくPAL Express。これは、昨年2008年に誕生したばかりの、フィリピン航空による国内線の格安エアライン。セブ・パシフィックを意識しての大手エアラインのLCC(ロー・コスト・キャリア)です。出発前にちょっと不安だったのは、マニラの空港のどのターミナルから...

総件数:177 件

似ているタグ