フィレンツェから日帰りの旅のタグまとめ

フィレンツェから日帰りの旅」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフィレンツェから日帰りの旅に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フィレンツェから日帰りの旅」タグの記事(24)

  1. キャンティ地方の可愛い村、グレーヴェインキャンティ - フィレンツェ田舎生活便り2

    キャンティ地方の可愛い村、グレーヴェインキャンティ

    毎回ギャッと引っかかるグレーヴェ・イン・キャンティ村のイノシシ(笑)。グレーヴェはキャンティ地方の可愛らしい村です。昨日は、ワンデイトリップの下見も兼ねて、お客様と一緒にキャンティ地方をドライバーさんと周りました。9月のトスカーナらしい爽やかなお天気。村の広場の真ん中にあるジョヴァンニ・ダ・ヴェラッツァーノの像にご挨拶。彼は冒険家で、フィレンツェのワインとフォカッチャのお店、ヴェラッツァーノ...

  2. 南トスカーナはヒマワリの季節です - フィレンツェ田舎生活便り2

    南トスカーナはヒマワリの季節です

    月曜日はいつもワンデイトリップをお願いしているドライバーのレアンドロさんと一緒に、新しいワンデイトリップのコースの下見に行きました。8月はヒマワリのシーズンです。半ばを過ぎると枯れてきちゃうかな?お盆休みでトスカーナにいらっしゃる方にもこの黄色に輝く畑を見ていただけたら嬉しいな。シエナを過ぎると、建物の素材の色が薄茶色になります。この土地で採れた土や石で作られた瓦や石壁。ここは、サンクイリコ...

  3. コルトーナの受胎告知 - フィレンツェ田舎生活便り2

    コルトーナの受胎告知

    さて、遠足の最後に訪れたのはコルトーナ。ダイアン・レイン主役の「トスカーナの休日」の舞台になった街です。いつ訪れても活気があって、市役所前の広場は夕方になると街の人たちが楽しそうにお喋りをする屋外の社交場になります。周辺はキアーナ渓谷と呼ばれていて、街の見晴台からはトラジメーノ湖という大きな湖がちらりと見えます。丘の中腹にあって、メインストリートは唯一平坦な道だけれど、脇道は全て坂と階段です...

  4. アンギアーリとジュージューお肉 - フィレンツェ田舎生活便り2

    アンギアーリとジュージューお肉

    さて、モンテルキの次に行ったのはアンギアーリ。このブログではお馴染みの村となりましたが、毎回の訪れるたびに「良い村だなあ・・・」と思います。ほんの少しだけすれ違うツーリストは、殆どが近郊の街から土曜日のドライブに来たイタリア人。オルチャ渓谷とも、キャンティとも違う、ティヴェリーナ渓谷の眺め。この平野で繰り広げられたミラノ大公対フィレンツェのメディチ家の戦闘「アンギアーリの戦い」はフィレンツェ...

  5. Jさんと南トスカーナの二人旅 - フィレンツェ田舎生活便り2

    Jさんと南トスカーナの二人旅

    一昨年の秋に宮城県から大勢で来て下さったJさんが、今年はなんとひとり旅で1ヶ月間、フィレンツェに滞在してくださりました。そして先日、ドライバー、レアンドロさんの運転で、冬の南トスカーナのワンデイトリップをご一緒しました。2月なかばだったのに春を思わせるような晴天でした。まず、朝立ち寄ったのは小さな村モンテルキ。レアンドロさんに、「モンテルキに行こう♩」って言ったら、「何もないよ」って言われま...

  6. 秋の遠足、アンギアーリ&サンセポルクロ - フィレンツェ田舎生活便り2

    秋の遠足、アンギアーリ&サンセポルクロ

    昨日は、毎年フィレンツェに来て下さるアパートリピーターのMさんご夫妻と、秋のティベリーナ渓谷に行って来ました。Valtiberina(ヴァル・ティヴェリーナ)と呼ばれるこの一帯は、アルノ川ではなくて、ローマのテヴェレ川の源流がある場所です。エミリアロマーニャ州、トスカーナ州、ラツィオ州、そして山越えをすればマルケ州という複数の県境がある場所。私は「文化が混合する場所は食文化が豊かになる」と勝...

  7. サンセポルクロのハーブ博物館へ - フィレンツェ田舎生活便り2

    サンセポルクロのハーブ博物館へ

    さて、アンギアーリを満喫した私たちは、車で20分程の場所にある、サンセポルクロという街を訪れました。【回廊の静寂とフレスコ画】とっても静かな回廊です。サンセポルクロは、トスカーナ州の端に位置しており、マルケ州とウンブリア州との県境なのですが、この静かな回廊は、以前訪れたウンブリア州で見た風景を思い起こさせてくれます。このフレスコ画を描いた人、愛でた人、大切に保管した人、修復した人・・・多くの...

  8. ピエロ・デッラ・フランチェスカとハーブ博物館、見所が多いサンセポルクロ - フィレンツェ田舎生活便り2

    ピエロ・デッラ・フランチェスカとハーブ博物館、見所が多...

    さて、食事の後はサンセポルクロの街へ。ここはレース編みで有名な街です。中心の広場手前にはこんな銅像が。レース編みが上手なご婦人が沢山住んでいると思っただけでワクワクします。メインストリートにも一件、小さな手作りのレース編みのお店がありました。一本道のメインストリートの突き当たりに街の中心の広場があります。そして左側がカテドラル。そしてもし右横の扉が開いていたら、そっと中に入ってみて下さい。司...

  9. ランチは城壁で囲まれた村、チッタ・ディ・カステッロにて - フィレンツェ田舎生活便り2

    ランチは城壁で囲まれた村、チッタ・ディ・カステッロにて

    さて、ランチは、アンギアーリから車で30分程の所にあるチッタ・ディ・カステッロに行きました。長くローマ教皇の支配下にあった小さな街です。この辺りは、トスカーナ州、サンマリノ公国、マルケ州、ウンブリア州の境目で、ウンブリア州側。トスカーナとはまたちょっと文化が違っていて面白いです。城壁の中はこんな中世の佇まいが残る街。私たちが行った時間は丁度お昼時間だったので、お店も閉まっていましたが、普段は...

  10. 中世の坂の街アンギアーリにある老舗の生地メーカー、ブサッティ - フィレンツェ田舎生活便り2

    中世の坂の街アンギアーリにある老舗の生地メーカー、ブサッティ

    どうも私は気に入った料理を何度も繰り返して食べたり、気に入った場所に何度も足を運んだりするクセがあるようです(笑)。先日、つい最近、行って来たばかりなのに、再びアンギアーリ村を訪問。いつもの猫もいつもの場所で。今回は老舗生地メーカー、ブサッティに立ち寄りました。フランス軍がイタリアに駐屯していた時代、インドから軍服の生地を青色に染める為の染料インディゴの入手が困難になり、ヨーロッパ内で確保し...

  11. ハーブ博物館〜サンセポルクロ - フィレンツェ田舎生活便り2

    ハーブ博物館〜サンセポルクロ

    さて、今回の大人の遠足の目的地はサンセポルクロという街。ここで、マルケ州側から、ウルビーノの近くの住んでいるyukikoさんと待ち合わせをして、ランチをご一緒し、この博物館を訪れました。イタリアの野草に詳しいyukikoさん、日本の野草に詳しいakikoさんと一緒に、私もsawakinaちゃんにとっても、とても興味深い見学となりましたここのミュージアムは、Abocaという企業が運営しているら...

  12. アンギアーリとサンセポルクロへ大人の遠足 - フィレンツェ田舎生活便り2

    アンギアーリとサンセポルクロへ大人の遠足

    ここ数日、日本から友人が来ており、本当に楽しかった。色々なことをしたので写真が溜まっていて、どこから書いて良いのやら。順序が逆ですが、昨日は日本から来ているafricaさんと、sawakinaちゃんと車でトントコ、アンギアーリとサンセポルクロに行きました。アンギアーリはフィレンツェから車で2時間程。坂の途中にある小さな古い街です。ココ!新市街地と旧市街地を分ける下り坂は真っすぐと、サンセポル...

  13. 発売日と積雪 - フィレンツェ田舎生活便り2

    発売日と積雪

    朝起きて、外を見たら真っ白。5センチ程ですが雪が降りました。タイヤチェーンをつける程ではないけれど、早めに家をでなくては。冬生まれのこの方は雪なんかへっちゃら。足冷たくないのかな?日本の母が「本が届いたよー」と、ラインで写真を送ってくれました。そろそろ書店に並んでいるようです。旅行本のコーナーにあると思うので、見かけたら手に取ってみて下さい。しばらく新刊のお知らせを表示します。2月22日Am...

  14. 出版のお知らせ旅のヒントBOOK「美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ」 - フィレンツェ田舎生活便り2

    出版のお知らせ旅のヒントBOOK「美しいフィレンツェと...

    去年からずっと手がけていたガイド本「美しいフィレンツェとトスカーナの小さな街へ」が、来週、2月22日にやっと発売になります!ううう・・・長かった。アパートに来て下さるお客様に手作りの地図でご紹介したり、ブログで紹介していたお店も沢山掲載しています。フィレンツェに来て頂けたら、こんな所を見て欲しいな、とか、こんなおいしいお店に行って欲しいな♩と思いながら書いた本です。地図やショップデータもまと...

  15. シエナのおやじメシ屋〜イル・カッペリーノ - フィレンツェ田舎生活便り2

    シエナのおやじメシ屋〜イル・カッペリーノ

    先日、シエナに行った時に寄ったお店。シエナの聖人サンタカテリーナの家の近くのお惣菜屋さんです。お昼時だったんでおじさん達がパスタを立ち食い。何だか日本の立ち食いそばの様ですね。これはもしかしてスパサラダ?(今更凄く気になる)勿論シエナのサッカーチームの写真が飾られていました。こういう大衆的なお店では、サッカーチームの写真かパリオの写真が必ず貼ってあります。お惣菜も色々ありました。残念ながら来...

  16. 心にグッと来た秋のオルチャ渓谷 - フィレンツェ田舎生活便り2

    心にグッと来た秋のオルチャ渓谷

    ここ数日、心に沁みる秋のトスカーナの風景を沢山見る機会に恵まれました。紅葉がこんなに美しかった年はなかったと思う程、ゆっくりと深まる秋を肌で感じた2日間。初めてイタリアにいらした方にも、このトスカーナの美しさを感じて頂けて良かった。11月のオルチャ渓谷はとても静かで、夏のハイシーズンの澄まし顔から、のんびりと本来の姿に戻っていました。2017年の秋は「美しかった秋」として思い出に残りそうです...

  17. 駆け足シエナ - フィレンツェ田舎生活便り2

    駆け足シエナ

    一昨日は、路線バスを乗り継いで、シエナとサンジミニアーノを一日でまわって見ました。うわー忙しいっ!普段、1日1都市で動いているのですが、専用車で行くフィレンツェ発のワンデイトリップを紹介している手前、一日に複数の街を周るってどうなんだろう?と思っていました。実際に自分でやってみると、結構時間がないっ!それでも、時間にまだ余裕があり、変更も可能な専用車のプライベートツアーと違い、バスの場合は更...

  18. 1人じゃないという強さ〜水車小屋物語 - フィレンツェ田舎生活便り2

    1人じゃないという強さ〜水車小屋物語

    さて、今回、ローロチュッフェンナの水車小屋を訪れた理由は、私たちの水車小屋と同じシステムを持つここの水車小屋が、どんな工夫をしているのか、メンテナンスはどうしているのか等を学ぶ為でした。山から流れ下りてくる川の水を引き入れて水を溜めるペスカイヤと呼ばれる池は、ちゃんとしたセメントの貯水槽になっているので、お掃除がしやすそうです。色々、修繕する必要がある部分はあるけれど、基本的にはちゃんと回る...

  19. アンギアーリの村の見所は・・・ - フィレンツェ田舎生活便り2

    アンギアーリの村の見所は・・・

    前回アンギアーリに行ったときは平日だったので誰も居なかったのですが、今回はパスクエッタということでイタリア人のツーリストが沢山来ていました。と言っても凄く混んでいる訳でもなく、ちょっと賑わっているという感じ。アンギアーリは、レオナルド・ダ・ヴィンチがヴェッキオ宮殿に描いたと言われる幻の大作、「アンギアーリの戦い」の舞台として有名です。1440年6月29日にこの村の近郊で行なわれた、ミラノ公国...

  20. パスクエッタの遠足〜古戦場を訪ねてアンギアーリへ - フィレンツェ田舎生活便り2

    パスクエッタの遠足〜古戦場を訪ねてアンギアーリへ

    月曜日の祭日、パスクエッタは、アンギアーリと言う村を訪れました。フィレンツェから車で2時間程、アレッツォから30キロ程の場所にある小さな村です。私は、サイトで紹介しているワンデイトリップの下見で行ったことがあるのですが、アントネッロとユキは初めてだったので、是非見せてあげたいなと思い、今回行くことにしました。小高い丘の斜面にある小さな村で、旧市街地は車道がないため、村の外に車を停めて徒歩で入...

総件数:24 件

似ているタグ