フェルメールのタグまとめ

フェルメール」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフェルメールに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フェルメール」タグの記事(27)

  1. フェルメール展 - Granpa ToshiのEOS的写真生活

    フェルメール展

    上野の森美術館で開かれている「フェルメール展」に家内と行って参りました。入場券は前売り券2500円、当日券2700円と国内で開かれる展覧会としては異例の高値で、しかもすべて日時指定入場制。しかし娘婿殿からもらった招待券はゴールドチケットで、いつでも好きな日時に入場可能。入場待ちの長蛇の列の人たちには申し訳なく思いつつ、特別な入口から入らせてもらい、ゆっくりとフェルメールを堪能することが出来ま...

  2. 当日券が買えたよ - 藍。の着物であるこう

    当日券が買えたよ

    五時なら大丈夫かなと思っていたけど、三時入場チケットが買えました。しかし、一時間以上待ちらしい。四時半なら待たずに入場できるらしいので、カフェで待つことに。スタバはとんでもない行列だけど、ここは落ち着くな。秋色に染まった上野公園。国立博物館のユリの木も秋色にお化粧。晩御飯の用意は出来てるし。フェルメールに会ってきます🎵

  3. フェルメール展 & 湯島さんぽ - 晴れた朝には 改

    フェルメール展 & 湯島さんぽ

    「フェルメール展」8月にチケットを予約して、ようやくその予約日になったので行ってきました。「9/35」としている今回の展示は、現存するフェルメールの絵画のうち確認されてる35点のうち、なんと9点が日本で一度に見られるという大イベント。もともとフェルメールが大好きだったので、留学時代にヨーロッパ各地、アメリカのメインランドと、脚を伸ばし、ほぼ全部見たことがあるのですが、一度に見られるなんてそん...

  4. 今日の「日曜美術館」 〝ようこそ フェルメール部屋(ルーム)へ〟 - 流れる雲のように

    今日の「日曜美術館」 〝ようこそ フェルメール部屋(ル...

    今日の「日曜美術館」は、〝ようこそ フェルメール部屋(ルーム)へ〟。フェルメールが描く光に対して、素直に美しいと感じた。フェルメールの絵を実際には見たことはありませんが、本物の光とフェルメールブルーの魔力に埋もれてみたい。

  5. フェルメールそしてラピスラズリ聖なる青 - 花の自由旋律

    フェルメールそしてラピスラズリ聖なる青

    上野の森美術館にフェルメールの絵が来ていますね。それに合わせてでしょうか、昨夜、フジテレビ開局60周年記念番組「世紀の天才・フェルメールの罠」が放映されていました。気が付くのが遅くて途中からだったのが残念でした。ナチスも騙されたという贋作事件とかフェルメールブルーと言われているラピスラズリ聖なる青が再現されていました。真珠の耳飾りの少女、別名青いターバンの少女の青をはじめ多くの絵に青が使われ...

  6. 今日から11月 - まほろば日記

    今日から11月

    今日から11月ですね。今年も残すところあと2か月。淡々と、粛々と、それでいて日々の瞬間を大切に過ごしたいものです。想い出のアルバムから2枚を選んで載せてみました。ラファエロ『コロンナの聖母』フェルメール『ぶどう酒のグラス』2作ともベルリン絵画館(Gemaeldegalerie Berlin)所蔵※写真撮影が許可されています年末は徐々に気ぜわしくなるものですが、今年は特に静かで落ち着いた時間も...

  7. 五百円玉位の小玉ねぎ - その日・その日

    五百円玉位の小玉ねぎ

    今日はブログを書く気持ちになれず・お休みです。(って・書いてるじゃん!・笑)先日・お料理に必要な「小玉ねぎ」を買いましたが2個余りましたので・こんな遊びを・・・これを見た主人が「コレ如何するの?」はぁ~???・・・(それ聞く?って感じ!)口には出さず「見るしかねぇべ・・・」と思った!上野の森美術館へ「フェルメール展」を見に行きたいけれど2月迄時間があるし・まっ良いか!

  8. 上野の《フェルメール展》で思わぬ拾い物! - ルドゥーテのバラの庭のブログ

    上野の《フェルメール展》で思わぬ拾い物!

    ボンジュール!こんにちは。先週は上野のフェルメール展に行ってきました!日時指定のチケットでも日中では結構並ぶよ!という知人からの情報があったので、5:30まで西洋美術館のルーベンス展と常設展をたっぷり見てから行ったら、全然並ばずに入館できました!その後も入館者がどっと増えるでもなく、フェルメールの作品8点が並ぶフェルメール・ルームではしっかりとフェルメールを比較鑑賞することができて大満足。上...

  9. フェルメール展行ってきました。 - 宇都宮医院の日記

    フェルメール展行ってきました。

    先週末、東京で学会があったので、上野で開かれてる”フェルメール展”に行ってきました。オランダ絵画黄金時代の巨匠、ヨハネス・フェルメール(1632-1675)。国内外で不動の人気を誇り、寡作でも知られ、現存する作品はわずか35点とも言われています。今回はそのうち9 点までが東京にやってくる日本美術展史上最大のフェルメール展です。「牛乳を注ぐ女」「手紙を書く女」「真珠の首飾りの女」「ワイングラス...

  10. ~Vermeer展(ヨハネスフェルメール)~ - My  Photo  Life

    ~Vermeer展(ヨハネスフェルメール)~

    「真珠の耳飾りの少女」で、誰もが目にしていると思われる人気あるフェルメールの作品に興味を持たずにいられません。光を紡ぐ独特の技法の美しさから光の天才画家といわれ、窓から差し込む緩やかな光と影が美しい作品となって感動を与えます。(資料を参考に・・・)真珠の耳飾りの少女生涯でも残された作品は30数点とか・・・フェルメール展と言っても彼の作品は、ほんの一部。2008年、東京都美術館では、「小路」「...

  11. 上野の森美術館 フェルメール展 を鑑賞して - 美術とバイクと旅行と登山とエトセトラ

    上野の森美術館 フェルメール展 を鑑賞して

    昨日 2018 年10月5日からフェルメール展が始まりました。 上野の森美術館は2月3日まで、大阪市立美術館では2月16日から5月12日まで開かれます。 上野では日時指定入場制を敷き、日時を指定した入場時間枠で事前に入場券を購入する形式です(入替制ではありません)。料金は一般2,500円(音声ガイド付)でした。購入のためコンビニへ二度行ったうえ(支払、受取)日時指定では万一都合で行けなくなっ...

  12. フェルメールからのラブレター展 - Art Museum Flyer Collection

    フェルメールからのラブレター展

    フェルメールからのラブレター展コミュニケーション:17世紀オランダ絵画から読み解く人々のメッセージBunkamuraザ・ミュージアム公式サイト 開催期間:2011年12月23日-2012年3月14日主催:Bunkamura・テレビ朝日・朝日放送・博報堂DYメディアパートナーズサイズ:A4表:ヨハネス・フェルメール<手紙を読む青衣の女>1663-64年頃アムステルダム国立美術館蔵(別バージョン...

  13. フェルメール光の王国展2018 - Art Museum Flyer Collection

    フェルメール光の王国展2018

    フェルメール光の王国展2018そごう美術館公式サイト開催期間:2018年7月28日-9月2日主催:そごう美術館/フェルメール・センター実行委員会サイズ:A4

  14. レンブラント、フェルメールとその時代 - Art Museum Flyer Collection

    レンブラント、フェルメールとその時代

    レンブラント、フェルメールとその時代国立西洋美術館公式サイト 開催期間:2000年7月4日-9月24日主催:国立西洋美術館・東京新聞サイズ:A4表:ヨハネス・フェルメール<恋文>1668年頃アムステルダム国立美術館蔵巡回展:愛知県美術館2000年4月7日ー6月18日

  15. フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 - Art Museum Flyer Collection

    フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展

    フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展国立新美術館公式サイト開催期間:2007年9月26日-12月17日主催:国立新美術館・NHK・NHKプロモーションサイズ:A4表:フェルメール<牛乳を注ぐ女>1658-59年頃アムステルダム国立美術館蔵

  16. フェルメール展 - Art Museum Flyer Collection

    フェルメール展

    フェルメール展光の天才画家とデルフトの巨匠たち東京都美術館開催期間:2008年8月2日-12月14日主催:東京都美術館・TBS・朝日新聞社サイズ:A4表:フェルメール<手紙を書く夫人と召使い>1670年頃アイルランド・ナショナル・ギャラリー蔵

  17. フェルメールを鑑賞する - マルオのphoto散歩

    フェルメールを鑑賞する

    横浜で開催中の「フェルメール光の王国展2018」へ。これはフェルメールの全作品37点を最新のデジタル技術を使い高精細の複製品として原寸大で再現したものを制作年代順に並べフェルメールの軌跡を楽しもうというもの。内外の美術館でいくつかの作品を見たことが有ったが、全てが一堂に会すという企画で、ちょっと不思議だが何か得したような展覧会でした。(複製品だからか会場内は日本では珍しく撮影自由だった)

  18. そごうへGo! - わたしの好きな物

    そごうへGo!

    休みの木曜日。発表会を手伝ってもらった友人に写真を渡すので横浜で会いました。品川に住んでいるけれど、家からかかる時間は私より短いかも!駅に近いからね。久しぶりにそごうへ行くことにしました。昼食は色々見てベトナム料理。フォーを。生春巻き、蒸し春巻き、焼き春巻きといろんな春巻きが。ボリュームのあるランチでした。夕食は少なめにしましたよ。赤いのはエビ。これも美味しかったです。発表会の裏方を手伝って...

  19. フェルメール・コンプリートに向けて - 美術とバイクと旅行と登山とエトセトラ

    フェルメール・コンプリートに向けて

    「フェルメール・コンプリート」という言葉を、ご存知でしょうか? これは、世界中に33枚あるフェルメールの全作品を見ることを指します。フェルメール・コンプリートに関する本も出ていますので、これに刺激を受けて始める人も多いことでしょう。 私自身は、浅田彰の『ヘルメスの音楽』という本でフェルメールを知り、関心を持つようになりました。 フェルメールの作品はすべて海外にあり(上野の「聖プラクセディス」...

  20. フェルメール展 - A Votre Sante!

    フェルメール展

    情報が更新されないされないとツイッターで言いまくっていたらいつの間にか公式アカウントが出来ていて、本日ついに東京展に来る作品全てが発表された。2008年に東京都美術館で開催されたフェルメール展の7点を超える8点もの作品が上野の森に集まる。今回は日時指定入場とのことで、事前に観る日と時間帯を決めてチケットを事前に買っておくシステム。いつでも行って並べば観れるってわけではないので煩わしくもあるけ...

総件数:27 件

似ているタグ