フタスジチョウのタグまとめ

フタスジチョウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフタスジチョウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フタスジチョウ」タグの記事(27)

  1. 2021年7/24信州遠征その6 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年7/24信州遠征その6

    信州遠征3日目。高原へやって来ました。まぁ、撮ったものを見れば場所はわかってしまいますが(笑)。標高が高いと朝晩は涼しくて快適、夜なんかは寒いくらいですが、昼間はやっぱり猛暑です。理屈から言えば平地よりかなり気温が低いはずなんですけど…。少々早くから探索を始めたのでチョウの姿が少なく、むし虫自体も少ない。そうか、人間には快適な温度でもむし達にとっては低すぎるのね、と当然のことをあらためて思っ...

  2. 続・県境の花咲く高原で - 不思議の森の迷い人

    続・県境の花咲く高原で

    同じ場所、高原の群馬県側で出逢った、ミヤマシロチョウ以外の蝶たちをご紹介します。まずはゴイシシジミ、NAGUさんからゴイシシジミが多いと伺っていたのですが、見つかったのはこの一頭だけでした。ヒョウモンといえばやはりアザミでしょう。見つけたのはほとんどがウラギンヒョウモンでした。これは帰り道で撮ったウラギンヒョウモンです。昼頃には、より陽射しが力強く感じます。また、ウラギンヒョウモンと思ったの...

  3. 信州遠征最終日2 - 紀州里山の蝶たち

    信州遠征最終日2

    皆さん、おはようございます。東信のミヤマシロチョウ観察の際は、いつもフタスジチョウが同席してくれます。証拠写真です・・・汗。

  4. ミヤマシロチョウの集団吸水に感激 - 蝶超天国

    ミヤマシロチョウの集団吸水に感激

    7月17日つづきミヤマモンキを撮影した後はミヤマシロチョウの発生地へ移動しました。到着すると皆さん夢中で撮影しています。覗いてみると・・・・なんと・・・ミヤマシロチョウが集団吸水していました。まさか・・・集団給水を見ることが出来るなんて信じられませんでした。個体数はmax19頭くらいだったと思います。周りでは吸蜜する個体も多数いました。ここではフタスジチョウの交尾もいて撮影させてもらいました...

  5. 高原撮影第6弾、嬉しい羽化直撮り、フタスジチョウ(2021/07/17)群馬遠征④ - 里山便り

    高原撮影第6弾、嬉しい羽化直撮り、フタスジチョウ(2...

    此処に上がってくると毎回みられる 'フタスジチョウ' の羽化直が今回も見られました。.........☆ My Cup of Tea ☆.......初めて見ました交尾です。当初ソロだったのですが、集団吸水に目が向いているうちに交尾が成立したようです。------------------------------------------------------------...

  6. フタスジチョウさまざまな交尾 - 蝶のいる風景blog

    フタスジチョウさまざまな交尾

    内村航平選手が鉄棒から落下する瞬間「あーっ」と悲鳴のような叫び声を出してしまった。この前には三宅宏美選手の重量挙げを見ていた。夜は池江璃花子選手の女子400メートルリレーに声援を送った。頑張ったが決勝には進めなかった。海外メディアが報じていたように内村も池江も「おとぎ話のような結末」にはならなかった。東京五輪が半分終わってしまったような寂しさがある。ミヤマシロチョウの高原でフタスジチョウが何...

  7. 高山蝶探索の合間に観察した蝶達 - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    高山蝶探索の合間に観察した蝶達

    今日はダブル訳あって早朝から軽井沢町に出かけて、その後、買い物などで帰宅したのは午後2時を過ぎておりました。そんな訳で高山蝶の観察の合間に見かけた蝶達をUPしておきます。フタスジチョウフタスジチョウの交尾ゴイシシジミコヒョウモンモドキギンボシヒョウモンコヒョウモンウラギンヒョウモンツマグロヒョウモン♀オスは10数年以上前から湯の丸山頂など2,000mを超える場所で見かけて来たが、メスは標高の...

  8. ミヤマシロチョウ7月19日 - 超蝶

    ミヤマシロチョウ7月19日

    ミヤマモンキチョウの次はミヤマシロチョウの撮影スポットに移動今季は、ずいぶん手前の遊歩道沿いで多くの個体に出会えました。ウィークデイのせいか、総じて撮影者は少なく、此処でも私1人でした。その他のチョウ達です。ウラジャノメフタスジチョウコヒョウモンウラギンヒョウモンコキマダラセセリコチャバネセセリ

  9. 空を舞うミヤマシロチョウ他 - 風任せ自由人

    空を舞うミヤマシロチョウ他

    たくさんのミヤマシロチョウが飛んでいたので、それなら飛翔も撮ってみようかなという気になって、皆さんが集団吸水や吸蜜を撮影されている時に、少し離れた開けた場所で、飛んでくるミヤマシロチョウを迎え撃っていた。あまりに夢中になって撮影していて、背走した時にすってんころりんしてしまい、そんな時に限ってハイカーが近くを歩いていたものだから、大笑いされてしまった。吸蜜は過去にもたくさん撮影しているので、...

  10. ミヤマシロチョウ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ミヤマシロチョウ

    2021年7月16日(金),曇り時々晴れ.午後からミヤマシロチョウに逢いに行った.到着後,現地はガスっていて何もいなかったがガスが取れて晴れ間が出るとどこからともなくミヤマシロチョウが湧いてきた.樹の上からも下草からも湧き出るように出て来てくれた.ウツボグサで吸蜜.ハクサンフウロとノアザミで吸蜜.交尾も確認.交尾個体に群がる♂.ミヤマシロチョウの蛹.ゴイシシジミフタスジチョウヤナギラン.翌日...

  11. フタスジチョウ、ミスジチョウ、ホシミスジ - 自然を楽しむ

    フタスジチョウ、ミスジチョウ、ホシミスジ

    この場所はすぐ近くを幹線道路が走っているが、クマが出ることがあると聞いていたので、いざという時にすぐに車に逃げられるよう、車からあまり離れずにいた。(この日は実際に近くでクマの目撃情報があったらしく、パトカーで巡回しているお巡りさんに注意するように言われた。)それでも、時々フタスジチョウをはじめ、ミスジチョウ、ホシミスジ、コミスジなどがやってきた。フタスジチョウは何度かやってきたが、なかなか...

  12. フタスジチョウ(2020/07/19) - Sky Palace -butterfly garden- II

    フタスジチョウ(2020/07/19)

    ミヤマシロチョウのポイントではフタスジチョウが見られます。私はこのチョウのとことん縁がなく、正直どうしたら撮影できるのか分かりません。「私、普通種ですので、お気になさらず(笑)」みたいな顔して、特に珍蝶扱いもされませんが、西日本はいませんし、信州でも棲息地は限定的な気がします。2018年に北海道で観察したときは中々止まらず撮影がほとんどできませんでした。単に巡り合わせが悪いだけかもしれません...

  13. 八方尾根は雲の中に - 不思議の森の迷い人

    八方尾根は雲の中に

    黒菱平で三つ目のリフトに乗り継ぎます。標高は1,680mありますので、気温もだいぶ下がったようです。肌寒く感じるのは気温のせいだけではないようです。前方に見えるはずのリフトの終点は霧の中です。横を見ても景色は見えません。いえ、霧ではないようです。どうやら八方尾根は雲の中のようです。ここまで来ると標高は1,800mを超えています。9時半前にリフトを降りましたが、幸いなことに雲は風に流されて行っ...

  14. 夏の浅間高原の蝶達 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    夏の浅間高原の蝶達

    昨日の高原の蝶達をUPして置きます。ウラジャノメ、意外と多くの個体を見かけました。雨の降る中、多くは無いが、ゴイシシジミもちらほら見られる。浅間高原だからアサマであって欲しいが、意外とアサマは少なく、イチモンジチョウでした。フタスジチョウも少しだが出始めている。オオウラギンスジヒョウモンは1頭のみ見かけた。この時期、多いのはギンボシヒョウモンでしょうか。ウラギンヒョウモンも紛れ込んでます。と...

  15. 高原撮影第3弾、ミヤマシロチョウとフタスジチョウ(2020/07/05)群馬遠征②_3 - 里山便り

    高原撮影第3弾、ミヤマシロチョウとフタスジチョウ(2...

    充実した今回の遠征の最後の投稿です。長々と引っ張り投稿でした。証拠撮りから、自己満のお気に入り映像だったのですが、1枚でも多くお見せしたくて、つい,,,,,皆様に伝わればいいのですが,,,,,..........POTD.........ご対面~! 思い切ってデカ撮りです。撮影機会が多かったので色々楽しんでみました。-------------------------------------...

  16. 一二三 - 風任せ自由人

    一二三

    ミヤマシロチョウの撮影が叶った日、ミヤマシロチョウのポイントではフタスジチョウの新鮮個体との出会いがあった。その前に訪れた高原では、前の訪問でも撮影していたホシミスジにまたレンズを向けた。「二」スジ、「三」スジと来たので、序でに「一」のイチモンジチョウもおまけで掲載しよう。それはオオセイボウを撮影したハーブの花園で撮影したもの。前の記事で掲載したのと同一個体だが、別カットで。フタスジチョウホ...

  17. 間もなく高山蝶の季節です - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    間もなく高山蝶の季節です

    天気予報では梅雨の晴れ間で貴重な1日だと報じていました。既に7月も2日目、湯の丸高原も高山蝶の季節を迎えます。今期、初めて高山蝶の様子を見に山に入って来ました。浅間山はすっかり夏山の様相、先日、火山活動が顕著になって警戒レベル2になった。高原の蝶はコヒョウモンが既に発生しており、吸蜜に熱中してました。ここはヒョウモンチョウと混生地ですが、まだコヒョウモンばかりでした。フタスジチョウにはまだ早...

  18. 高山蝶ミヤマシロチョウ撮影の前後に「五目撮り」(2019/07/25)群馬遠征⑤ - 里山便り

    高山蝶ミヤマシロチョウ撮影の前後に「五目撮り」(201...

    'ミヤマシロチョウ' のポイントに到着する前や後にも、沢山の種類の蝶達が観られるのも此処の魅力ですが、例年に比べて 'ヒカゲ類' や 'ゴイシシジミ' が少なかった様に感じた。'ヒョウモン類' は殆んど見られなかった。'ヒョウモン類' が好む花も少なかったのが原因でしょうか?「五目撮...

  19. 25フタスジチョウ「蝶図鑑」 - 超蝶

    25フタスジチョウ「蝶図鑑」

    この蝶も食草はシモツケ等長野県の高原に出かけるとよく出会えます。フタスジチョウです。

  20. 夏の高原のワンシーン - 蝶超天国

    夏の高原のワンシーン

    7月6日つづきコヒョウモンモドキを撮影した高原はいつもヒメシジミが沢山飛んでいます。この日は交尾も沢山見ました。ヒメジョオンの花の上で・・・・綺麗な♂と♀交尾しているカップルにちょっかい出す♂も・・・・・・ススキにぶら下がるカップルも・・・ススキの上で別のカップル・・・・4カップルを撮影しました。夏の盛りを感じさせるコキマダラセセリも既にいましたこちらは♀ですね。次のポイントに移動しようとし...

総件数:27 件

似ているタグ