フランス語のタグまとめ

フランス語」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフランス語に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フランス語」タグの記事(204)

  1. ワールドカップとフランス語その3 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    ワールドカップとフランス語その3

    次にコロンビアのElNuevo Siglo紙。フランスという国の名の下にchapeau!とある。スペイン語ならソンブレロ?で「帽子」のこと。このシャポーというフランス語は「シャッポ」として日本語化していた時代もあった。「シャッポを脱ぐ」というと、帽子を脱いで挨拶や謝罪をする意味の他に、「降参した」という意味だ。西洋風の帽子文化ではなかった武家文化の日本で、ハットと並んでシャッポが使われるよう...

  2. マリオン・コティヤール主演「愛を綴る女」 - ささやかな刺繍生活

    マリオン・コティヤール主演「愛を綴る女」

    …タイトルの前に、「独りよがりに」と付け加えたいくらいです。マリオン・コティヤール演じるガブリエルは、愛に飢えた夢見がちな少女。妻帯者の教師に迫り、相手に「どうかしている」と拒絶されると、激情を募らせ遠くの草むらに倒れこむ。裸体を窓辺に移し、男たちの反応を見る。そんな、精神的に不安定で、半ば彼女を病人扱いしている母親は、経営するラベンダー畑で雇っている、真面目な労働者ジョゼを夫としてあてがう...

  3. ワールドカップとフランス語その2 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    ワールドカップとフランス語その2

    次にやはりイギリスのタブロイド紙Daily Mirror。見出しに使われたフランス語? は、DEJA BLUE 。フランス語の「déjà-vu」(既視already seen )は、日本語でも「デジャブ」という表記で定着している言葉だ。日本で定着しているということはもちろん英語圏でよく使われるからだ。フランス語話者から見ると、かなり苦しい。「ジャ」の発音は日本語では「ヂャ」になるし(これはシ...

  4. こんなふうになるのだ!! - お花に囲まれて

    こんなふうになるのだ!!

    金沢でパリスタイルがマンツーマンでしっかり学べるアトリエコジーのお花、旅、食&孫日記♪パリの街角で美青年と微笑みながらエレガントにお話が出来たら…いいですよねー。英語がそれなりの私(決してペラペラではありません)は、フランスで言葉に困ったことはないのですが、やっぱり話せるに越したことはない!こんなふうにフランス語で話せたら!このイメージを焼きつけて、新たな攻め口でフランス語を始めます!きのう...

  5. ワールドカップとフランス語その1 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    ワールドカップとフランス語その1

    いろいろ仕上げるものが重なっているので、これから数回にわたって、またサッカーワールドカップがらみで、フランスの優勝のおかげで見えたフランスとフランス語について書くことにする。Courrier internationalのNo1446の記事を見ておもしろかったからだ。えいろいろあったけれど、決勝の翌日にフランスの優勝を第一面に取り上げた各国の新聞の紹介が特に興味深かった。かなりの国が「フラン...

  6. フランス、フランス、フランス - ときどき日誌 sur NetVillage

    フランス、フランス、フランス

    昨日は le 14-juillet、フランス革命記念日、日本での通称パリ祭。今年は土曜日だったおかげで、Franceinfoの生中継でパレードを見ることができた。バイクの演技でアクシデントがあったり、航空部隊のトリコロールにエラーがあったり…主賓として招待されていた日本の首相は、西日本豪雨の見舞いでキャンセル。なにかと計画通りに行かなかった今年のパレード。花火は無事だったようで。こんにちは、...

  7. フランス語について - ささやかな刺繍生活

    フランス語について

    すっかり忘れていたけれど昨日は、パリ祭(革命記念日)だったのですね。前述の「ガタカ」同様、録画消去前に「フランス語講座」を8話まとめて見ました。といっても刺繍しながらですので、耳だけで画面をほぼ見ていないのですが…。常盤貴子さんのフランス語は、正直(うーん。)といった感じです。発音は、指導されたとおりにきちんとしているのですが…。比べて申し訳ないのですが、以前の知花くららさんのが良すぎて…。...

  8. 録音・録画した語学講座をサボってしまった場合の対処法(18年7月10日) - "るもんが" の外国語学習日記

    録音・録画した語学講座をサボってしまった場合の対処法(...

    芸人のブルゾンちえみさんは高校生のとき陸上部だったそうだが、その時の経験が朝日新聞に載っていた。(引用)「運動している人のあるあるかもしれないですけど、「やらないと気持ち悪い」。歯磨きとか風呂とかと同じで生活の一部になってたので、やっていない日がすごく気持ち悪くて走っていました。日本一になるとか、走る先に何か目標があったわけではなく、自分の生活の一部として必要なリズムでしたね。」その通り!こ...

  9. 【暮らしのフランス語レッスン、やっています】 - Plaisir de Recevoir フランス流 しまつで温かい暮らし

    【暮らしのフランス語レッスン、やっています】

    フランス家庭料理とテーブルコーディネートのサロン『Table de N』のメンバーの方達との会話から生まれた、『暮らしのフランス語レッスン』。定期開催を目標に、パイロット版のレッスンを現在行っています。フランス語をすでに学んだ事がある方(第2外国語で、と言う方が多いのでは?)、フランスに行ってみたいと言う方、新しい外国語に挑戦したいと言う方、モチベーションはいろいろですが、皆さんの学ぶ意欲に...

  10. Précoce と Surdoué - ギフテッドのバイリンガル!もやっぱり親が9割?

    Précoce と Surdoué

    「Précoce(プレコス)」とは「早熟」という意味の形容詞で、「ギフテッド」に相当するフランス語です。正確には「Enfant Intellectuellement Précoce(知能的に早咲きな子ども)」といって、その頭文字から「EIP」なんて呼ばれ方をすることもあります。私がフランスに住み始めたばかりの頃(10年以上前)は、「Surdoué(シュールドゥエ)」という表現をよく耳にしまし...

  11. あなたが足りなくて - A primrose by the river’s brim

    あなたが足りなくて

    「中年ババアの暇つぶし」と息子たちに揶揄されているフランス語学習。たしかにやる気と根性がなさすぎて、一向に上達の兆しが見えないのは認めるけど好きで楽しいのが1番!と開き直ったら「だからカルチャースクールはおばさんばっかりなんだよ」と重ねて愚弄された。うるさいよ。しかもおばさんじゃないし。フランス語が好きな理由は発音と言い回しの表現あと、英語に対するむき出しの対抗心。「あなたがいなくて寂しいの...

  12. 世界遺産登録とワールドカップのニュース - ときどき日誌 sur NetVillage

    世界遺産登録とワールドカップのニュース

    2018年7月2日、ピュイ山脈、悲願だったユネスコ世界遺産登録決定。難しいと言われ続けていたけれど、何度も挑戦してようやく認定された。登録前だったけれど、行くことができてよかった。祝・ピュイ山脈。こんにちは、Kaoluluです。フランス好きとしては、今週末は気になるニュース目白押し。まず、先週始めにユネスコの世界遺産登録会議でそこでようやく la Chaîne des Puys が世界遺産に...

  13. 頭の中の音楽 - ときどき日誌 sur NetVillage

    頭の中の音楽

    帰り道。Kaoluluの住むあたりは空が高くて広いと思う。電線のない広い空を見上げると、フランスを思い出す。この水辺は当分大丈夫だけど、この近くの丘は現在宅地開発が進んでいて、来年には空が見えなくなってしまいそうだ。日本は人口減少で住宅が余っている。なのになぜ、今も新築信仰が止まらないのだろう。こんにちは、Kaoluluです。梅雨は6月ともに去るようですね。2月から徒歩通勤をしています。フラ...

  14. 6月18日:AF機内で仏語を使うべきではない - 砂布巾(すな・ふきん)の"藪にらみ"な日々

    6月18日:AF機内で仏語を使うべきではない

    離陸してから2時間ほどして食事時間になった。私の席周辺はイケメンのフランス男子が担当だった。「Le vin blanc, SVP」と言ってみたがキョトンとしている。「White wine, PLS」と言いなおすと「Oh! vin blanc」と叫び理解してくれた。トホホだ、いきなり挫折感を味わった。しかし、現地では通じる通じる???。だから帰路はおもいきり自信を持って仏語でオーダーした。私:...

  15. 横浜フランス映画祭、今日で終了なんですね。 - ささやかな刺繍生活

    横浜フランス映画祭、今日で終了なんですね。

    横浜で行われている、フランス映画祭は今日までのようですね。私が次に観たいなと思っていた、「こどもがおしえてくれたこと」も先行上映していたようで、羨ましいです。触発されて、ちょっとハイペースで仏映画を観ています。「静かなふたり」こちらは、私が好きなイザベル・ユペールの娘さんが出演しているのですぐに借りました。ロリータ・シャマです。顔だけでなく、赤毛と低めの声がお母さんそっくりですね。とてもいい...

  16. 亀裂が入った電子辞書 - ときどき日誌 sur NetVillage

    亀裂が入った電子辞書

    かれこれ20年くらいフランス語を勉強しているのに、電子辞書デビューは2016年9月…。フリーランスには高すぎて買えなかった。正社員になってようやく購入でき、ハードケースに入れて毎日持ち歩いていたら、2年も経たずに亀裂が…(涙)こんにちは、Kaoluluです。フランス語の勉強に本腰を入れようと、問題集を買ったのだけど、平日は疲れてしまって全然できません(苦笑)問題集に向かえるのは週末だけだなぁ...

  17. 【暮らしのフランス語レッスン】 - Plaisir de Recevoir フランス流 しまつで温かい暮らし

    【暮らしのフランス語レッスン】

    私のフランス家庭料理とテーブルコーディネートのサロン『Table de N』に通ってくださっている方の中には、フランスが好き、フランス料理が好き、と言う方がたくさんいらっしゃいます。必然的に、フランス語を習った事があります、もしくは、今フランス語を習っていますという方もたくさん。そんな方達と話していて、文法が複雑すぎてなかなか話せるようにならない、もしくは始めてみたいけれどとっつきにくいと良...

  18. 2015年仏映画「めぐりあう日」 - ささやかな刺繍生活

    2015年仏映画「めぐりあう日」

    昨夜は家族3人でサッカーを観戦してしまい、少々寝不足気味です。こちらの作品ですが正直に言うと、鑑賞後違和感があり、主人公の心理・態度が理解できませんでした。監督の自伝的作品ですし、共感できなくても映画ですので構わないと思うのですが、出来るか否かで鑑賞後の自分の気分が違います。(共感できない私がおかしいのかしら?何か大事なものを見過ごした?)と思って、他の方のレビューを見てみたら、少数ですが同...

  19. Toujours à ma guise... 常に自分らしく《フランス旅行計画》 - ときどき日誌 sur NetVillage

    Toujours à ma guise... 常に自分...

    欧明社さんから、注文の品がフランスから届いたと連絡があったのは先週の土曜日。月曜日の会社帰りに振り込み、火曜に入金確認がされて、水曜日に届いた。DELF B2の問題集は、Didier社のものを使っていたけれど、文字が小さすぎて読みづらいのと、問題が少なくて不安だったので、A2、B1で役に立ったCLE International社のモノを改めて買ってみた。題材内容が古く、テスト形式の変更前の刊...

  20. ラ・フォンテーヌの詩をめぐって - L'art de croire             竹下節子ブログ

    ラ・フォンテーヌの詩をめぐって

    ひと昔前ならフランスの小学3,4年生が必ず暗唱させられたラ・フォンテーヌのこの詩。フランス語なら意外に暗唱しやすいのは音節の他に、脚韻を踏んでいるからで、各行の終わりは4行ごとに、ABAB/ABBA/AABB/AABB/AA という脚韻だ。 Travaillez,prenez de la peine :C’est le fonds qui manquele moins.(ここまでが教訓)Un...

総件数:204 件

似ているタグ