フランス(語)のタグまとめ

フランス(語)」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフランス(語)に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フランス(語)」タグの記事(7)

  1. 東京タワーとエッフェル塔 - foggyな読書

    東京タワーとエッフェル塔

    東京タワーが営業再開したそうです。でもエレベーターに乗れる人数を制限して、階段でも登れるようにしたそうで。で、エレベーターだろうが、歩きだろうが、入場料は同じ!そりゃないよ。今まで営業できなかった分、稼ぎたいんだろうけど。エッフェル塔も、エレベーターか階段かのオプションがありますが、階段はとても安い。若者はもちろん、それほど若くなくても足腰がちゃんとしたフランス人の多くは階段を選びます。日本...

  2. 情報公開が遅れてる! - foggyな読書

    情報公開が遅れてる!

    ついさっきまで、ZOOMで会合をやってて、南極旅行行ってきた人の写真を見せてもらってました。この2月から3月にかけて、南米やら南極やらに行ってきて、クルーズ船も楽しんできたという、ほんっとにラッキーなお方です。その話はおいといてふと思いついてフランスの新聞のサイトを覗いてみました。すると、各県の病床が何パーセントくらい埋まっているかが色分けされた地図が!びっくりしました。日本の情報公開は全然...

  3. だんだん夜更かしになってきた - foggyな読書

    だんだん夜更かしになってきた

    夕べは夜更かししてしまい、この日記のアップも今日になってからだった、、ということについさっき気づきました。今日は気を付けて早めに寝よう。知り合いのフランス人のおばあちゃまにご機嫌伺いの電話をかけました。日本人のご主人の介護に苦労している方なのですが、たまたまフランスから息子さんが来日していて、そのまま帰れなくなってしまった!そのお蔭で介護が楽だし、気が紛れて助かっているとのこと。彼女から聞い...

  4. 文学的パリガイド - foggyな読書

    文学的パリガイド

    鹿島茂の本。パリの名所にちなんだ文学作品を紹介している。パリの名所のほうはほとんど知っているんだけど、文学作品のほうはほとんど知らない私(汗)最初のほうに紹介されている「ノートルダム大聖堂とユゴー」「オペラ座とルルー」くらいはぴんと来る。けれど実は「ノートルダム・ド・パリ」は読んでない。ま、ユゴーの作品をちゃんと原作で読んでる人なんて今どきほとんといないよね(←言い訳)あ、ガストン・ルルーの...

  5. パリに見出されたピアニスト - foggyな読書

    パリに見出されたピアニスト

    フランス映画です、当然のことながら。なんと芸の無い題名だとは思ったけれど、原題の「Au bout des doigts」の直訳である「指の先」だったら、気づきもしなかっただろうから文句は言えません。話題になってないし、「貧しい移民の若者が北駅の構内に置かれているピアノを弾いていたら、才能を見出されて・・・」というあらすじを読んだけで、全部わかってしまった気もしたけど。で、結論。予想通りの展開...

  6. ロワールの贈り物 - foggyな読書

    ロワールの贈り物

    著者は清宮伸子。副題は「ルリュールとの出逢い」2000年刊。ルリュールとは「世界に一冊しかない本」をつくりあげるワザ。この単語が日本で多少なりとも知られるようになったのは、たぶんこの本がきっかけなんじゃないかな。お気に入りの本を専門家に装幀してもらうなんて、私には関係無い世界。普通の本はぶっちゃけ「読めればいい」んだし、一生涯大切にとっておきたいなんて本はめったにない。唯一、ちょっと特別な存...

  7. テンプル騎士団 - foggyな読書

    テンプル騎士団

    フランス史関係の小説で知られる佐藤賢一の、真面目な歴史本。とは言っても新書なので、コンパクトだし、読みやすい。なのに読了するのにえらく時間がかかりました。というのは、テンプル騎士団の楽しくない結末がわかっているから、読んでて楽しくないのです。十字軍のために作られた騎士団が、十字軍がなくなっても存続する。しかも国家の枠を超えた強大な力を得る。その力は周囲にとって便利で頼りになる。頼りにしていた...

総件数:7 件

似ているタグ