フランスのタグまとめ

フランス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフランスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フランス」タグの記事(376)

  1. St-Paulをもう少し - 好きな写真と旅とビールと

    St-Paulをもう少し

    St-Paulの街並みの続きです。メインの通りにある噴水と坂道と、面白い立体的な造りの広場。白いパラソルの所はオープンレストランになってます。レストランの下の2つ並んだアーチの中は、小さいプールの様なものがあって、おそらく昔の馬の水飲み場だったよう。ニースからバスで1時間という立地が、4世紀近く経ってもこの村を昔のままの姿で保ってくれたのでしょうね。当然列車の線路は来ていません。プロヴァンス...

  2. フランス3日目⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝ - サロン・ド・ブロッサム(パーソナルカラー診断&骨格スタイル分析、ファッションセラピーin広島)

    フランス3日目⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

    コルマールのホテルを出て、列車で約30分、アルザス地方の中心の街「ストラスブール」に到着しました駅前からトラムに乗り込み、まず目に飛び込んできたのが、ストラスブール大聖堂。ゴシック建築の大傑作と言われ、ストラスブールのシンボルでもあります。旧市街は世界遺産にも登録されていて、アルザス地方の中心地で、ドイツとの国境近くで、フランスとドイツ両国の文化の影響を受けた建築物や街並みや、食べ物などが存...

  3. マレ地区の美味しいテリーヌ屋さん♪ - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    マレ地区の美味しいテリーヌ屋さん♪

    みなさん、こんばんはパリでーす。これ、アルコール橋ね。私の為にあるような名前だ。この橋をシテ島から渡って第4区に進みます。するとパリ市庁舎(Hôtel de Ville)にたどり着きます。素敵なフランス・ルネサンス様式。そもそもは17世紀前半に作られたものですが、1871年パリ・コミューンの支持者が火をつけて焼失したものを1873年から92年にかけて再建されたものが現在の姿。遡ると14世紀ご...

  4. ボン・ボヤージュ ~家族旅行は大暴走~ - "area code 072"作者の映画についての備忘録

    ボン・ボヤージュ ~家族旅行は大暴走~

    ★★★★★★★★☆☆WOWOWで。高速道路を走る車が不調を来たし、時速160キロのままで暴走。速度を落とすことも止めることも出来ず・・・というお話。かなりコメディ色が強い。ゆえに登場人物の振る舞いにイラッとするところもあるのだけれど。まぁそこは気楽に、ということで。実際に160キロで車を走らせながら撮影したそうで、そういう意味での安っぽさはない。だから面白いのでしょうね。プロット自体はドイツ...

  5. フランスの人気ブランドSUNCOO入荷、素敵です ! - PETIT POINT CINQ のプチコラム

    フランスの人気ブランドSUNCOO入荷、素敵です !

    フランスで只今人気急上昇そして成長を遂げているブランドのひとつSUNCOO(サンクー)の素敵な秋冬アイテムが入荷しました。フランス国内のTVで取り上げられたり、ギャラリーラファイエットやプランタンなどのデパート、直営店でもおしゃれなパリジェンヌたちのハートをとらえています。またELLEやマリークレール、フィガロなど多数の人気モード誌に掲載され話題を呼んでいます。フランスはもちろん各国のセレク...

  6. 荷造り始めました。 - くりくりのいた午後 bis

    荷造り始めました。

    6月22日(金)出発は7月2日来週は忙しいので荷造りを始めた‥今年は中学時代のお友達4人で「南仏プロヴァンスとパリ」の旅なのだワードロープも南仏らしくやっぱりボーダーは欠かせないよねオリーブ色の麻のパンツは先日お友達との鎌倉帰りに買ったもの長さはくるぶしまでワイドパンツってやつですか (^。^)ちよっとまだ時間があるから全部はパッキングできないけど浮き輪も買いましたよ去年、ホテルのプールでお...

  7. フランス旅行 - フランス菓子教室 Paysage Calme

    フランス旅行

    久しぶりの更新となりました。6月に入り、夫の母とふたりでフランスへ旅行へ行っていました。オンフルールという可愛い港町からモンサンミッシェル。その後、パリに5日間滞在していました。こちらはお土産の一部を自宅で撮影したものです♪旅行には一眼レフを持っていかなかったので大した写真はないのですが、インスタに沢山写真を載せていますのでよかったらご覧いただけると嬉しいです♡

  8. フランスの優しさ - 好きな写真と旅とビールと

    フランスの優しさ

    Niceからバスに乗って1時間、St-Paul(サンポール)という村に行きました。16~17世紀の建物がそのまま残った、人口3500人の小さな村です。美しい街並み・・・、全てがこの写真のような造りです。ガイドブックの紹介文は「中世の街並みと現在美術の村」とのことでした。好きで何年か前にも行ったことがあるんだけど、正直その頃の方が好きかな・・・?趣のある石造りの建物が沢山アートショップになって...

  9. カーニュ・シュル・メールの人 - 好きな写真と旅とビールと

    カーニュ・シュル・メールの人

    スマホ写真が終わって、ミラーレスで撮った写真をアップします。ただ、旅の初め頃に椅子の高さから石畳みの床にカメラを落としてしまい、その直後に撮ったものです。この撮影の時、初めてピントが合いつらいことに気が付きました。女性にピントが来なくて、何回も撮り直して・・・。日本に帰ったので、カメラは入院です。

  10. フランスの思い出?*30数年前にパリで購入した折りたたみ傘! - ぴきょログ~軽井沢でぐーたら生活~

    フランスの思い出?*30数年前にパリで購入した折りたたみ傘!

    昨日何気なく見ていたTV番組で、外国の方が日本にわざわざ買いに来るものというテーマでいくつかのアイテムが紹介されていました。ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、番組の趣旨としては、さすがはメイド イン ジャパン!日本製品の質の良さを再認識というようなことでちょっと誇らしい気分になれるものでしたその中の一つに有松絞りがありました。私は、山あじさいの有松という品種から「有松絞り」の名前を知...

  11. Paris 最終日 オルセー美術館 - klavierの音楽探究

    Paris 最終日 オルセー美術館

    朝弱い私はこの日も友人よりも遅い始動で、朝食は一人遅れて取りました。この日の夜が帰国のフライトですが、夕方までは観光できるので、朝食後に荷物をまとめて、チェック・アウトを。夕方16時にタクシーへの予約をお願いして荷物を預かってもらいました。そして友人と待ち合わせをしている、オルセー美術館までバスにて。ギュスターヴ・モローの作品の一つ、新約聖書に登場する「良きサマリヤ人」。5Fのカフェで並んで...

  12. 各々諸事情 2413 - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    各々諸事情 2413

    2018年06月16日 ドミノピザ「もういいよ、俺達でアメリカの道路補修やるから」大手ピザチェーンのドミノピザがアメリカで道路の補修工事を始め、SNSやメディアで話題になっている。「Paving For Pizza(ピザのための舗装)」キャンペーンを開始した同社は道路の凸凹によりピザが型崩れしてしまうことを問題視。見た目の良いピザを食べてもらうために自ら補修に乗り出したという。補修箇所にはド...

  13. コロ―とチェロ弾きの修道士 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    コロ―とチェロ弾きの修道士

    (これはマルモッタン美術館シリーズの続きです)さて、今回のマルモッタン美術館行きの目的はコロ―の肖像画展だった。その中でも、もう自分としては、何度も何度も反芻してネット上で眺めた一点を観るためだった。というのは私は楽器演奏の絵と踊りの絵を複製がほとんどだけれどコレクションしていているのだけれど、特に「チェロ弾き」の絵は独特の雰囲気のあるものが多いことに注目している。このコロ―の絵はその中でも...

  14. マルモッタン美術館のナポレオンとモネ - L'art de croire             竹下節子ブログ

    マルモッタン美術館のナポレオンとモネ

    (これはマルモッタン美術館シリーズの続きです)マルモッタン美術館の常設展示にナポレオンを題材にしたものがある。私が『ナポレオンと神』(青土社)を書いた時には参考にしなかったけれど、こうしてあらためて見るとアンヴァリッドやフォンテーヌブローのナポレオンとは違った趣がある。これは刺繍作品フォンテーヌブロー城近く、舟遊びでくつろぐ珍しい姿。第一執政官だったころの若い姿の肖像。マリー=ルイーズとの結...

  15. マルモッタン美術館の男と女  マネとモリゾー - L'art de croire             竹下節子ブログ

    マルモッタン美術館の男と女  マネとモリゾー

    (これはマルモッタン美術館シリーズの続きです) マルモッタン美術館では、コロ―から印象派にかけての時代の作品だけではなく、彼らの交流の歴史が実感を持って繰り広げられている。彼ら同志が肖像画も描き合っている。 例えばこれはルノワールが描いた「新聞を読むモネ」の肖像画。なんといっても、この美術館の「顔」ともなっている出色の肖像画はエドゥアール・マネによるベルト・モリゾーの肖像画だ。ベルトはコロ―...

  16. フランス額装作品展のお知らせ - わたしの足跡2

    フランス額装作品展のお知らせ

    目前となりましたが、アトリエミラボー主催・フランス額装作品展のお知らせです。◆日程:6月19日~24日◆時間:10時~18時(最終日は、~16時)◆会場:西宮市北口ギャラリー(阪急西宮北口駅すぐの、ACTA西宮東館6階)私は3点出品しますよ♪自由作品、講師課題作品、教室課題作品です。自由作品では、ランというフランスの町で撮った写真を額装しました!!22日の15~18時、24日の10~12時過...

  17. パリで買った可愛いナイフ - 好きな写真と旅とビールと

    パリで買った可愛いナイフ

    無事シャルルドゴール空港のネットに繋がりました。前に一度繋げたことがあったせいか、「再接続しますか?」と日本語で出て、そこをタップしたらあっと言う間に繋がって驚き!だけど立ち直れないぐらいショックなことがあって・・。寝込みそうです。手荷物に入れていたこちらで買った食器類。その中に可愛い柄のナイフ3本も、柄が陶器だったので念の為こちらに。だけど手荷物検査で全部取り上げられちゃった!あああぁ〜!...

  18. 大好きなCHRISTIAN TORTUのショップに、、、 - PETIT POINT CINQ のプチコラム

    大好きなCHRISTIAN TORTUのショップに、、、

    世界中の人々を魅了するパリのフラワーアーチスト、私たちのリスペクトする「クリスチャン・トルチュ」。以前パリ・オデオン界隈の彼のショップを訪れ、小さなブーケを作ってもらったことも。ファッシヨン界やホテルの装花、カンヌ映画祭やサッカーワールドカップ等イベントの装花などパリのエッセンスを感じさせる素敵な仕事を手がけています。ジョルジュサンク・フォーシーズンス・パークハイアットのほかグランメゾンのフ...

  19. Paris 4日目 ショッピング - klavierの音楽探究

    Paris 4日目 ショッピング

    当初の予定では、月曜日の朝一番でルーヴル美術館へ行きたいと思っていましたが、前日具合が悪くなったので、無理せずゆっくり行動の日にしたので、午後から何ヵ所か、行きたかったところへお買い物へ。お店では、免税手続きの事を聞いてくれたので、支払いをしたクレジットカードへの払い戻しを希望しました。帰りの空港にて、デタックスの手続きを。ターミナル2E、JALカウンターそばの免税手続きが出来る機械にて。日...

  20. フレンチの薫りの心地良いPOP JAZZ VOCAL! - PETIT POINT CINQ のプチコラム

    フレンチの薫りの心地良いPOP JAZZ VOCAL!

    PPCに届くのは素敵な服ばかりではありません。ファッション・アイテムを包み込むおしゃれな音楽もパリはもちろんスカンジナビアや各地から届きます。今回ご紹介するのはPARISのアーチストSONIA CAT-BERROの「TOY BALOONS」。ジャケット・フォトもとても素敵です。彼女の声はもちろん、おしゃれなイフェクト音も効果的なセンスの良さを感じさせる極上なPop Jazz Vocalアルバ...

1 - 20 / 総件数:376 件

似ているタグ