フランスのタグまとめ

フランス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフランスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フランス」タグの記事(2098)

  1. アルプデュエズ01 "フレンチヒーロー" - 自転車屋 サイクルプラス note

    アルプデュエズ01 "フレンチヒーロー"

    フランストライアスロンチームのカラーリングをフューチャーし、アルプデュエズで待望リリース決定!最後のフランス生産に相応しいアルプデュエズのカラーリングです。タイムの存在感が今まで以上にアピールされたデザインになっています。このモデルは2019年11月22日金曜日までのご注文受付となります。期間外のご注文は承れないので予めご了承ください。注)ご注文数によっては先着順とさせて頂く場合もございます...

  2. 甘いイチゴのトルタ (Torta con le fragole) - エミリアからの便り

    甘いイチゴのトルタ (Torta con le fra...

    B&Bのオーナーが焼いて下さったトルタ。Ambert

  3. リチャード・ロアのアクションとルイ・ラヴェルのアクト - L'art de croire             竹下節子ブログ

    リチャード・ロアのアクションとルイ・ラヴェルのアクト

    リチャード・ロアの神学についてネット上でいろいろ読んでいく中で「生きることと希望すること」というブログを見つけた。その中で、ルイ・ラヴェルのこういうフレーズの引用があった。« La corruption de laparole et de l’écriture est la marque de toutes les autres corruptions. »(パロルとエクリチュールの腐敗は、...

  4. パリ散歩 - BLEU CURACAO FRANCE

    パリ散歩

    移動日に時間が出来て、久しぶりにパリを散歩可愛いアンティークショップを見つけました。

  5. 【秋のレッスン:心の半分を置いてきたノルマンディー地方】 - Plaisir de Recevoir フランス流 しまつで温かい暮らし

    【秋のレッスン:心の半分を置いてきたノルマンディー地方】

    秋のレッスンが終了しました。テーマはもちろん「ノルマンディー地方」。懐かしい夏の思い出、というよりも、心の半分はいつもノルマンディー地方にあります。I left my heart in Normandieです。それは、この夏からノルマンディー地方に娘が住んでいるから。彼女と日常的にメッセージ交換したり、天気を聞いたり、周りの様子を写真で見たり、私が30年前にフランス留学した時とは違って、日常...

  6. フランス・カトリックの文化ウォッチング - L'art de croire             竹下節子ブログ

    フランス・カトリックの文化ウォッチング

    フランスのカトリックの最高機関である司教会議には付属するいろいろな委員会があるがその一つに「信仰と文化ウォッチング委員会OFC」というのが15年くらい前からある。月に一度10人くらいの識者(聖職者、文学者、哲学者、歴史学者なども多彩)が、話題の本や映画や音楽、演劇、評論などにおけるキリスト教の影響、関係を語り合って、そのレポートが毎週全ての司教に送られる。(テーマは例えばフランスのさまざま...

  7. 最新映画レビュー『真実』母娘の関係を軸に描く家族ドラマ。是枝作品としては軽い方だが、見応えはあるのはさすが - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『真実』母娘の関係を軸に描く家族ドラマ...

    カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した『万引き家族』に続く、是枝裕和監督の長編14作目は、カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュの母娘の関係を軸にした家族ドラマで、全編フランスで撮影された“外国語映画”だ。 フランスの国民的大女優ファビエンヌが初の自伝「真実」を出版した。アメリカで脚本家をしている娘のリュミールは、お祝いがてら俳優の夫ハンクと7歳の娘シャルロットを連れて里帰りする。...

  8. フランスの「マツキヨ」は自然派系コスメがざくざく*パリ - 日日是好日 in Hong Kong

    フランスの「マツキヨ」は自然派系コスメがざくざく*パリ

    パリで面白かったお店のお話です。サン・ジェルマン・デ・プレ教会のすぐ近くにあるコスメ薬局、Citypharma(シティファルマ)へ。在パリ日本人の方々やCAさんに「パリのマツキヨ」などと呼ばれる有名店で大人気なのだそうです。友人から話に聞いて立ち寄ってみました。ちょっと変わった形をした店内で奥にかなり広く、探しモノや質問に対応してくれるスタッフの女性がたくさんいらっしゃる(笑)ビオデルマ、ア...

  9. 早朝の静まり返った町中 (Ambert) - エミリアからの便り

    早朝の静まり返った町中 (Ambert)

    ストラスブールでも見た特徴のある壁。

  10. 各々諸事情3148 - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    各々諸事情3148

    2019年10月10日不安障害を抱える人は、不安がないことに不安を感じる(アメリカ研究)xusenru/pixabay誰にだって不安はある。ほどほどの不安は危険を回避し、自分を守るために必要な心のアラームとなるのだが、その不安が行き過ぎてしまうと、日常生活に支障をきたすようになる。それが不安障害と呼ばれるものだ。不安障害になると常に不安を抱えている状態となり、突拍子もなく不安が増長されること...

  11. ボン・ママンのタルトレットシトロン - コルマール街暮らし

    ボン・ママンのタルトレットシトロン

    食レポー。お菓子はめったに買わないのだけれど、秋になったせいかだんなさんがちょっと落ち込んでいるので買ってきた。(甘いもので元気が戻る単純な性格)彼の好みはさわやかなレモン系。パッケージで見るより小さめっ!こちらでタルトオシトロンを食べると、レモンの酸味に対してバランスをとるようにしっかりお砂糖が入っているのが多い。これもそういう感じ。レモンの風味がすごいしてフィリングもほとんどジャムに近い...

  12. フォンテーヌブローの秋 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    フォンテーヌブローの秋

    10月上旬、久しぶりにフォンテーヌブローで食事会。今年の夏の猛暑と旱魃のせいで、森のかなりの部分がダメージを受けた。樹々の葉が色づかないままで枯れているものも多い。なんだか生気がない。家の前庭にはかろうじて秋の花が。前菜はM君のお姉さんが庭で育てたミニトマトにモッツアレラ・チーズを組み合わせてM君が並べたもの。30歳の独身青年の発想として意外だった。

  13. 9月の課題 - まり子の水彩画

    9月の課題

    9月の課題教室にて最後の仕上げは自宅で

  14. 各々諸事情3144 - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    各々諸事情3144

    2019年10月09日パリの五つ星ホテル前で日本人実業家が9400万円の高級腕時計を強奪される1 名前:ばーど ★2019/10/09(水) 07:08:30.93 ID:ownk00O19【パリAFP時事】パリ中心部の凱旋(がいせん)門近くにある高級ホテル前で、邦人男性(30)が約77万ユーロ(約9000万円)の腕時計をひったくられた。フランス警察筋が8日、明らかにした。ただ、ひったくりは...

  15. パリの美術館 - BLEU CURACAO FRANCE

    パリの美術館

    パリでゆっくりの買い付け杖が取れたばかりで、まだ歩き方が変です。毎日無理ぜず、息抜きもしています。友達同業者と訪れた美術館住んでいた頃に来たはずなのに、古い物に携わる様になってからと、興味の無かった当時と受ける刺激の重さが違う当時は、この様な調度品や家具など特別なものでは無く、いつも側にあるものだったり、美術大学生だった頃に毎日眺めた画集や古い映画の中の日常の景色だったので自分にとって何てこ...

  16. BIO - bonny-garden  Moco@

    BIO

    フランスでは、有機、オーガニックのことをBIO(ビオ)と言います。日本では有機栽培とか無農薬と表示してあります先日Parisに行きBIOの表示が多くなっていることを感じました(パリ旅行で感じた事は少しづつ書いていきます) フランスでのBIOのマーク ヨーロッパ(UE)でのBIOのマークとても厳しい条件があるようですマルシェ(市場)でもBIOばかりの市場がありますスーパ...

  17. 美術館での思わぬ体験あれこれ*パリ - 日日是好日 in Hong Kong

    美術館での思わぬ体験あれこれ*パリ

    5泊のパリでは一日一つのペースで美術館巡り。20年ぶりにルーブルを拝観して驚いてしまいました。「モナリザ」を収める防弾ガラス製のケースが別置されており、ここにたどり着くまでが長蛇の列!地下の入り口から始まり40分は待ったと思うのですが。ロープで管理された順路を離脱して展示室内の他の絵画をゆっくり鑑賞…というわけにもいかず。ゴールはガラスケースから2mくらい離れた場所で写真を撮る時間、わずか数...

  18. パリの聖ペトロの像 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    パリの聖ペトロの像

    先日、オクシタニーから帰った翌日、パリのセーヌ沿いを通って、七区のサン・ピエール・デュ・グロカイユー教会に行く用事ができた。セーヌとタルヌは全然違う、そしてセーヌ沿いのパリの景色って、やはり世界中のツーリストを惹きつける独特のものがあるなあとあらためて思った。この教会は昔サン・シュルピス教区だったものが人口が増えて小教区になったもので、フランス革命で破壊された後で再建された。アンバリッドから...

  19. ゴッホ - 頭のおかしい精神科医に薬漬けで殺られる

    ゴッホ

  20. ピケティの新語(続き) - L'art de croire             竹下節子ブログ

    ピケティの新語(続き)

    ピケティの新刊に出てくる新語の覚書。英語や日本語でどう訳されるのかは知らないけれど、とりあえず。Les quatre quarts idéologiquesキャトル・キャールは4/4という意味で、等分の重さの砂糖と小麦と卵とバターの四つを混ぜて焼くお菓子。ここでは、今の投票傾向について、移民と土地所有者という軸があるが、実際は次の四つに分かれるという。平等主義インターナショナリスト、不平等を...

総件数:2098 件

似ているタグ