フランスのタグまとめ

フランス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフランスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フランス」タグの記事(3957)

  1. ミュゼット - お茶畑の間から ~ Ke-yaki Pottery

    ミュゼット

    もう2年前になるんですねー「パリ・ミュゼット ナイト」と題してライブを開催したのは。。。明後日の2020年11月22日(日)、ずんずんさん、中村さん、お久しぶりのライブになります💨今回は題して、「Thanksgiving Live!」ミュゼット、フレンチジャズ、を中心に、サンデーアフタヌーンを感謝祭の空気に包んでいただきます🎼2年前のライブは、...

  2. tasting 2020 - B面“糸始末な日々”The back of "Thread&Yarn Handing Days"

    tasting 2020

    Beaujolais Nouveau解禁になりました。今年はどんなお味でしょうか。とはいえ、いつごろからかしら・・・・ワクワク感は薄れて・・・食料を買いに行ったら、あったヮ、というところ。欧州からの輸入税が変わったんですよね、昨年より、少しお安く買えました。わくわくしないので、、、あれこれ考えたりせず、鍋と合わせました。阿波尾鶏という地鶏であっさりと。しめはみそを入れてうどん!そうそう、ワイ...

  3. 図書館へ - 日々これ好日

    図書館へ

    近所の図書館でクリック&コレクトが出来るようになったので、外出禁止令発令前に予約してあったDVDを受け取りに行った。「注文したものの受け取り」の項目をチェックした証明書を携帯すればオッケー。自宅で、貸出中ではないものであればクリックするだけで準備されているっていうのはとても楽。混んでいるんだろうなと思っていたのに、蓋を開けたら、ずらっと受付の人がいる割には受け取りの人は少ない。図書館に登録し...

  4. 『レバノン――不思議な国の誕生』 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    『レバノン――不思議な国の誕生』

    『レバノン――不思議な国の誕生』ベイルートで大爆発が起こった時にマクロン大統領がすぐに駆けつけたことを「宗主国」面をして、と揶揄する形容があったのを思い出す。でも、あの災害がレバノンの団結を強めたような感じは確実にした。この本で、あらためて、フランスとレバノンのことを考えさせられた。大統領がキリスト教(マロン派カトリック)、首相がイスラム教(スンニー派)だという1926年の共和国成立の頃から...

  5. 【INFO】【Coronavirus新型コロナウイルス】【フランス】新規感染者+28 383人 2020年11月18日 - フランス落書き帳

    【INFO】【Coronavirus新型コロナウイルス...

    【INFO】【Coronavirus新型コロナウイルス】フランス】新規感染者+28 383人 2020年11月18日 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■【MUSIC】【Dany Brillant】【Charles Aznavour】Dany BrillantがCharles Aznavourを歌う■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■...

  6. 100の地図で見るフランス史 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    100の地図で見るフランス史

    外出規制にともなう書店封鎖が解かれたら真っ先に買おうと思っている本。『100 の地図で見るフランス史』ヨーロッパが、封建領主の国から王国へとまとまっていく歴史がフランス地図でたどれる。ドイツの諸侯や皇帝、海を渡って大陸に勢力拡大しようとしたイギリスと違って、ナポレオンの覇権時代を別としたら、フランスにはそんなに領土拡張の野望はなかったのが分かる。後の植民地政策などは別として、ヨーロッパ内では...

  7. 【エクレアキッチン 、ショールームのクリスマス装飾】 - Plaisir de Recevoir フランス流 しまつで温かい暮らし

    【エクレアキッチン 、ショールームのクリスマス装飾】

    11月も後半。今年も茗荷谷のエクレアキッチン 、ショールームでクリスマスの装飾をしてきました。昨年はリニューアルしたばかりで、クールでモダンに生まれ変わったショールームのイメージを大切に、大人っぽいクリスマスにしました。(昨年のクリスマス装飾はこちら)今年はどうしましょうか、と話しているうちに、やはり人と会うことが少なくなって寂しいという話に。心を温めてくれるような、ホッとするクリスマスのイ...

  8. パリのフィリグリー・ブレスレット - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    パリのフィリグリー・ブレスレット

    以前エメラルド色のラインストーンのブローチを買ったフリマのストールで、このビンテージのブレスレットも見掛けたのを憶えていて、どうせなら一緒に買っておけば良かったと、後からずっと気になっていました(…一つ50ペンスなんだし)。そう思っていた矢先、そのストールが再び出店していたので、買う事が出来ました。エッフェル塔や凱旋門、ノートルダム寺院等パリの代表的な建築物のモチーフが、約2cm角の型押しの...

  9. お申し込み開始!「抹茶のクグロフ講習会2020」中学生&高校生&大人お菓子講習会 - 料理研究家 島本 薫の日常

    お申し込み開始!「抹茶のクグロフ講習会2020」中学生...

    お待たせいたしました~!先日予告しておりました「抹茶のクグロフ講習会」のお申し込みを開始いたします~♪クグロフ大好きな島本の新作「抹茶と黒豆のクグロフ」を初公開~♪イーストで醗酵させる本格的なクグロフに、京都「小山園」さんの上質な抹茶をふんだんに使って作ります。お申し込みは→「こちらから」<内容>抹茶と黒豆のクグロフ(直径約18㎝)をおひとり1台ずつ&シナモンクッキーを実習し、お持ち帰りいた...

  10. 各々諸事情3370 - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    各々諸事情3370

    2020年11月17日「学校からのお願いを見て、フランス人の親がちょっと特殊だと知った…」海外の反応文化や国民性の違いに驚くことがありますが、フランスの学校がお願いしていた内容から「フランスの親」というものが、少しばかり特殊ではないかと話題になっていました。子供が遅刻したときに親たちがどんな対応をするのかご覧ください。French Parents:100学校からのお願い『子供が学校に遅刻した...

  11. カンタキルト - やさしい時間~ここからはじまる

    カンタキルト

    フランスから Le Monde Sauvageのカンタキルトが入荷です。まだアップはしてませんが完了しましたらお知らせします。今回はフランスに買い付けに行けませんでしたのでリモートチョイスです。今夜はアップ作業がんばります。

  12. フランス・コロナ第二派の外出規制で国民性を思う - L'art de croire             竹下節子ブログ

    フランス・コロナ第二派の外出規制で国民性を思う

    前にドイツとフランスのマスクという記事を書いた。最近Arteでまさに、ドイツとフランスのコロナ対策とその反応についてのドキュメンタリー番組をやっていた。やはり、ドイツは厳しくて、学校でもマスクをしていない生徒が告げ口されたり、一般にもコロナ予防対策に従わない人や店などに対する「密告」っぽいシーンがいろいろあったようだ。今のフランスは、パリ地方では実効再生産数が1を切ったとかで、私の知っている...

  13. 2006年春フランスリヨン10回目 - 平凡な日々の中で

    2006年春フランスリヨン10回目

    フランスの高速鉄道TGVです。パリ行きのために乗りました土曜、日曜を利用しての観光です。リヨンからは最寄り駅のパールデュー駅からの乗車ですパリに着いた駅の名前は「ガール・ドゥ・リヨン」です。フランス語の発音を日本語の言葉で表したら「ギャーッ、リヨン」これで通じるらしいです。発音って不思議ですね。初めて乗ったよ早い、早い。結構席は詰まっていました。後、発車したら乗客の皆様のおしゃべりが始まるの...

  14. 鳥かご - L'art de croire             竹下節子ブログ

    鳥かご

    このブログに写真を貼るようになったのは比較的最近なのだけれど、この頃、いろいろな古いものを整理しなくてはなあ、と考え、思い出のあるものは写真に撮ってから処分しよう、と決めた。特に母の手づくのいろいろなものは捨てがたくて取ってあるので、整理しなくてはならない。で、私のいろいろなミニチュアコレクションの一つを紹介。これは今すぐ処分しようとも思っていないのだけれど、20年くらい前にパリのアンチック...

  15. 各々諸事情3360 - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    各々諸事情3360

    73年前の今日。1944年11月12日,フランスのブレスで戦闘後の訓示を受ける「日系人部隊」第442連隊戦闘団。ニューラルネットワークによる自動色付け。 pic.twitter.com/2XbNYAcap5 渡邉英徳 (@hwtnv) November 11, 2017 2020/11/14海外「泣いた!」米国で日本人の評価を変えたヒーローたちの物語に米国人が超感動元日系人部隊のヒーローが激...

  16. エリザベト・バダンテール、ゴルギアス、秩序 - L'art de croire             竹下節子ブログ

    エリザベト・バダンテール、ゴルギアス、秩序

    TV5の読書番組で、エリザベト・バダンテールが新刊について90分も出演するというので久しぶりに視聴してみた。最初に質問されたのが、新刊についてではなく表現の自由とテロについてだった。彼女は1981年(ロベール・バダンテールが法相になった年)以来ずっと流れを見ているけれど、イスラム過激派に対する対策が遅すぎる、と言った。フランスの「寛容」が、過激派を許容してきた。寛容の名のもとに少しずつ、こう...

  17. 【INFO】【Coronavirus新型コロナウイルス】【フランス】カステックス首相及び閣僚4名の共同記者会見 - フランス落書き帳

    【INFO】【Coronavirus新型コロナウイルス...

    【INFO】【Coronavirus新型コロナウイルス】【フランス】カステックス首相及び閣僚4名の共同記者会見以下、在フランス日本国大使館メールから抜粋11月12日(木)夜、カステックス首相および閣僚4名は共同記者会見を行い、10月30日からの外出規制導入時に予定されていたとおり、過去15日間の感染状況の推移及び今後の措置について説明を行ったところ、概要は以下のとおりです。同席した閣僚はヴェ...

  18. 各々諸事情3355 - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    各々諸事情3355

    201113 【フランス】「黄色いアリ」をバカにしたキリギリスさんブリヂストン、仏工場維持を拒否仏政府が発表https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605215081/1 名前:蚤の市 ★[sage] 投稿日2020/11/13(金) 06:04:41.54 ID:da3PRR7V9【パリ=白石透冴】ブリヂストンが9月に発表したフランス北部...

  19. ボストンで優しくしてくれた人 - Plaisir de Recevoir フランス流 しまつで温かい暮らし

    ボストンで優しくしてくれた人

    ちょうど20年前、ポストンに住んでいました。夫は仕事に忙しく、幼稚園に通い始めたばかりの3歳の長男と過ごす毎日。長男が生まれてから3歳まではどうしても自分の目で彼の成長過程が見たくて、ほとんど預けたことはありませんでした。そして引っ越したばかりのボストンで、幼稚園が始まり長男が通うようになると、朝から夕方までポッカリと時間が空いてしまいました。長男がいない寂しさとまだ知り合いもいない外国暮ら...

  20. イノダコーヒーとフレンチ - 好きな写真と旅とビールと

    イノダコーヒーとフレンチ

    今日の朝食はホテルから歩いて5〜6分の所にある、イノダコーヒー本店に。少し待って一番好きな旧館の窓際に。ここの席に座るのは初めて。外のテラスが見えて、解放的で気持ち良い。3枚目の写真だけ、昨日Mさんとランチしたフレンチレストラン。テラス席でビールを頂き、至福の時間を過ごしました。こんな時間は久しぶり。フランス好きで知り合ったMさんだけど、中国のこと、アメリカ大統領のこと。話しが弾みます。東京...

総件数:3957 件

似ているタグ