フレイルのタグまとめ

フレイル」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフレイルに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フレイル」タグの記事(16)

  1. ★ハニー薬局News 令和3年5月号 - 株式会社MあんどK ハニー薬局

    ★ハニー薬局News 令和3年5月号

    暖かく過ごしやすい季節になりました。メダカの卵もたくさん採取できる季節になり、毎日が楽しいです。メダカの卵が欲しいときは声をかけてくださいね。お分けします♪(^^)♪コロナはまた拡大中で、かすみがうら市は感染拡大市町村に入っています。ゴールデンウィークも出かけず過ごして、みんなで感染をストップさせる努力をしましょう。いよいよ高齢者のコロナワクチン接種が始まります。ワクチン接種の申し込み方法な...

  2. コロナで自粛中の中で - 結び

    コロナで自粛中の中で

    昨年から丸々一年間自粛している中で気付いたことが有ります勿論何もかもが低下しているけれども中でも足の衰え。。今まで駅の階段なんてホイホイと。。。認知症とかではなくてフレイルフレイルが気になる方は↑健康な状態→要介護の状態の間にあり予防できると予防できるものは予防しよう!!今日から大阪は重点措置らしく何だかんだと゛かしましい”今までと何ら変わりなく過ごす予定ではありますがやはり、これから後、数...

  3. 周術期フレイル-死亡関連性の仲介としての合併症 - 麻酔科医の日々

    周術期フレイル-死亡関連性の仲介としての合併症

    ・術前フレイルは術後合併症や死亡と強く関連する。しかしながら、フレイル・術後合併症・死亡のつながりはうまく表現されていない。著者らの仮説として、待機的非心臓手術において、術後合併症の発症が死亡におよぼすフレイルによる総合的影響の相当な割合を橋渡しする、とした。・プロトコルを登録後、著者らは全国手術の質向上プログラムデータを使って中等度から高度リスクの待機的非心臓手術患者(2016人)による後...

  4. 入院による体重減と退院後の回復  - 私の心の宇宙

    入院による体重減と退院後の回復

    胃GISTという腫瘍の全身麻酔による腹腔鏡手術のために入院した。手術後も退院近くまで細いチューブがついていて脊髄に麻酔薬が注入されていたから痛みは全く感じなかった。胃の手術だから当然食事には制限があった。1日約1500kcal 前後だった。これは大体私の基礎代謝量相当のカロリーである。点滴に糖質がどのくらい含まれていたかは知らない。6年間毎朝、毎晩体重を計り続けてきたところによると年間を通じ...

  5. 脊髄幹麻酔はフレイルに依存した関節全置換術後の生存向上と関連する:コホート研究 - 麻酔科医の日々

    脊髄幹麻酔はフレイルに依存した関節全置換術後の生存向上...

    ・フレイルにより関節全置換術(TJA)後の合併症リスクが高まる。この関連性が施行される麻酔によって影響をうけるかどうかは不明である。我々の仮説として、脊髄幹(脊髄くも膜下か硬膜外)麻酔の使用が全身麻酔とくらべて良好な転帰と関連し、転帰におよぼす麻酔方法の影響はフレイルの状態によってさまざまである、とした。・この単施設コホート研究の対象とした患者は全員(50歳以上)、2005年1月から2016...

  6. Frailty - Strike while the iron is hot.

    Frailty

    やれ“頭痛だ”“肩こりだ”と騒いでいましたが、ムダに届いていたメルマガの中に気になる単語が…Frailty(フレイル)…加齢で基礎代謝が下がってので、血流が悪くなり、元々低血圧なところへ、それが…1~2月にPCにベッタリ張り付く感じだったから、一気にそれが噴出したみたい…運動と筋トレかぁ…まずは生活に取り入れるために「時間を作る」ことからしなきゃ。。。このところ、週末は雨が降っていないので、...

  7. 「新型コロナウィルス感染症」高齢者が気をつけること - フィットプラス三鷹+カフェ

    「新型コロナウィルス感染症」高齢者が気をつけること

    新型コロナウィルス感染症の拡大で、感染予防のため外出を控える人が増え、各種のイベントが中止となるなど、先の見えない自粛生活となり、不活動な暮らしが広がっています。東京でも3月末までとしていた都主催の大規模イベントの中止・延期が4月12日まで延長されました。都は『首都東京で大規模クラスターが起きると、全国に波及するため』としています。まだまだ油断できない、厳しい状況にあります。【運動不足はフレ...

  8. 休所中のすももクラブ 第二弾 「フレイル」って知っていますか? - すもも通信

    休所中のすももクラブ 第二弾 「フレイル」って知ってい...

    こんにちは休所中のすももクラブより、2回目のブログですすももクラブでは、いつも朝のトークの途中で体操をしています。時間は大体15分ほどでしょうか。首、肩、腕、体幹、足の体操およびストレッチをしています。その日の当番のSTスタッフにより多少アレンジがあり、身体の体操に加えこんなこともやっていますね🐾・指の体操(グーチョキパー、数字など)・耳で聞いて身体の部位を指差す、聞...

  9. 健康寿命には年齢別栄養管理のギアチェンジ! - 私の心の宇宙

    健康寿命には年齢別栄養管理のギアチェンジ!

    メタボリックシンドローム(過栄養)だとかBMIだとかいうのは65歳まで。 75歳を過ぎるとむしろフレイル(低栄養)が死亡率を高めるという。BMIはむしろ高めの方がいいという。65歳〜75歳まではグレーゾーンで、体重が変わらなければ、過栄養に気をつけて、体重が減りはじめたら低栄養に注意する。これがギアチェンジの一つの目安になるという。健康寿命と年齢別栄養管理のギアチェンジNHK

  10. 術前フレイルと術中血行動態不安定や術後死亡との関連性 - 麻酔科医の日々

    術前フレイルと術中血行動態不安定や術後死亡との関連性

    ・フレイルは生理学的予備力が低下した状態で、高齢者の周術期死亡と強く関連する。しかしながら、フレイルが死亡と関連する機序はいまだ分からない。術中血行動態変動低下という形での自律神経機能障害が死亡率増加と関連することがわかっている。我々の目的として、フレイルな患者が麻酔下で血行動態変動が少ないかどうか、と変動がフレイルと30日死亡の関連性に影響をおよぼすかどうか、を検証しようとした。・我々のお...

  11. 今度はフレイル - 京都介護研究会

    今度はフレイル

    介護予防ではフレイルがブームのように...全くこの業界は寝た子を起こしてはワサワサするのが好きなようで。介護予防は「運動」「栄養」「口腔」がメインですが本来は3本の矢の如く万便(1/3)にが基本ですが体感では7:2:1の割合です。是正されないままだしあえて報酬誘導もしないから無料で「運動」できる所に人気が集中するのは当たり前。でもフレイルを考えればフレイル状態前後でやるべきは「栄養」部分であ...

  12. 有識者の処方箋:高齢者の介護予防にどう立ち向かうか? - 東京日和@元勤務医の日々

    有識者の処方箋:高齢者の介護予防にどう立ち向かうか?

    12月に入り、色々と動きが加速しているように思います。来年は消費税の改定があるので、それにあわせて診療報酬や介護報酬の改定もあるようですが、それよりも先を見据えて、政府が報告書をまとめました。高齢者の保健事業と介護予防の一体的な実施に関する有識者会議報告書この報告書は、社会保障審議会医療保険部会と介護保険部会に報告される予定があるようで、今後の国が自治体に求める方向性が出ています。下記に一部...

  13. 足腰の痛み漢方で歩ける喜びを - 快食!快眠!快便!

    足腰の痛み漢方で歩ける喜びを

    前回(2018.05.19)痛みの治験例の漢方的補足です。若い人の痛みの治療に比べ、高齢者の痛みの治療は症状は同じでも漢方での治療法は異なります。西洋医学では症状が同じなら年齢不問で治療法は同じです。痛み止めを中心に薬物やリハビリを主とした治療になります。こうした手当をしていても治らない人が多いのはなぜでしょう??治す力がないからです。治す力とは本来、体の中にあるべき物質(気)エネルギーや(...

  14. 足腰の痛み漢方で歩ける喜びを - 快食!快眠!快便!

    足腰の痛み漢方で歩ける喜びを

    坐骨神経痛・すべり症治験例60歳女性bmi 21この冬(2018.1)腰から下肢にかけての痛みで歩けなくなった。整形外科を受診。X線・MRI検査で腰椎L3・4変形・すべり症による痛みとの診断をされた。処方薬の痛み止め2種・胃薬・ビタミンB12を二週間服用してみたが食欲の低下、倦怠感など体調がよくない、痛みも改善されない。・・・と杖を突きながら来店された。普段お元気なのでびっくりした。漢方での...

  15. メタボより危険! - 車いすのおっさん なんじゃろ集 福岡

    メタボより危険!

    ちょっと太り過ぎの車いすのおっさん、このままダイエットはしない方がいいのかな?・

  16. 心臓神経症・狭心症?発作頻発に漢方薬養生 - 快食!快眠!快便!

    心臓神経症・狭心症?発作頻発に漢方薬養生

    20年余お付き合いの漢方服用のお客様87歳女性BMI20初来店平成10年67歳時「心臓神経症狭心症発作が時々あり、年に数回、救急車のお世話になることがある」と来店された。高血圧薬2種・不整脈・高脂血症・精神安定剤2種・ニトロ外用薬などを処方されている。ご主人が定年退職されたころから?具合が悪いような気がする。他店でカロガイハクハンゲ湯の処方を受けている。問診;眠り浅い、憂鬱感、イライラ、驚き...

総件数:16 件

似ているタグ