フレンチトラッドのタグまとめ

フレンチトラッド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフレンチトラッドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フレンチトラッド」タグの記事(22)

  1. 便利なオーバースカート - 着まわせない

    便利なオーバースカート

    気温30度、秋色の薄軽素材。レーススカートの茶色い裏地はボタンで取り外し利くから、白スリップに替えた。朝練の日程を板書中に、目ざとい部員が「それ、裏地をチェンジ出来るんじゃ?中をミニにしたり」と言い出し、はたと気付けば。他が「そうよ、中をピンクにすれば」と合いの手を入れる(毎度ウゼェととるか、有り難テェととるかは……)。今季のVカーデに紅珊瑚ネックレスとリングで、聖地エリアへ。マイカーはずぶ...

  2. ストッキング解禁 - 着まわせない

    ストッキング解禁

    朝練から忘年会場視察ランチへ。水玉ブラウスと紫サテンスカートに、紅赤珊瑚とべっ甲チェーンのネックレス。先生は初見の店に行きたがるから、毎度大変。地元には団体を受け入れる個人レストランがなかなか無くて、今回も断られた。午後出に備えてパンやバナナを持ち歩くけど、発表会提出書類持参で役員ランチ。団員のアクセサリーまとめ買い。夫と電車で遠出。グレーストッキング解禁がおおごとなのは、タイツの時期まで素...

  3. 白蝶貝のロングイヤーカフ - 着まわせない

    白蝶貝のロングイヤーカフ

    シャツに合うイヤーカフをシルバーで、鎖骨に着かないのが好み。肌がゆらぎ困る。パーマとヘアカラーでは地肌が荒れないのに、プロテクトクリームで火ぶくれ、トリートメントオイルで焼ける。自衛策はコットンパフに抗炎症ローション染み込ませ、ジップロックで持ち歩く。舞妓コスのビン漬け油で爛れたときも、持参のローションで落ち着いた。いろんなチェーンを組み合わせてシンプルに。高校生と大学オープンキャンパスに行...

  4. ドットブラウス - 着まわせない

    ドットブラウス

    ベージュの水玉ボウブラウスを落札。新車を約束の期日に引き取りに行けた。今までと勝手が違い緊張し、その夜は記憶の鮮明な夢を見た。秋物ファッションに身を包む人で湧き返る埠頭の、展示即売会場にいる私。夢の中で(ここにいるのは、マイカーローンと任意保険料を控え、服を見ないからだ)と自覚している。性別不詳の男女が行き交う中、私はお目当のブースに居合わせた知人に、「売り上げ100万見込めるかしら?」と、...

  5. 楽しい同系色 - 着まわせない

    楽しい同系色

    青緑のハイウエストパンツで、3年目の秋。素肌にヒューマンウーマン綿カーデ。モスグリーンの染めパールネックレスに合わせた、宝貝イヤリング。私の福耳には重くていい。シャンパンカラー大玉プラビーズとシルバーロンデルに組んで。貝にグリーン系ラッカー3色を斑塗り、乾いたら淡いバラ色ラメパールラッカーで仕上げ。裏面も淡いバラ色のラメパールラッカーでコーティング。ご飯千枚漬け水菜と桜海老のマヨ和えカツオ叩...

  6. セオリーどおり - 着まわせない

    セオリーどおり

    ウルトラヴァイオレットのサテンスカートにグレーのスウェードパンプス。ボトムスに合うグレーの型押しトートバッグ。白シャツ復活。大玉ネックレスはプラスヴァンドーム。ビーズ穴にステッチ針でチュールリボンの通し方を真似するも……(一粒で挫折)。秋は大学のオープンキャンパスに付き合うので、買って読んだ。前著「クローゼットは三色でいい」はジミで萎えたが。ベージュとグレーが駄目な、私のベースカラーはアイボ...

  7. 涼しい日こそ濃色 - 着まわせない

    涼しい日こそ濃色

    雨の日。紺の次に紫外線を吸収しやすいボルドーシャツの出番。茶色のチュールレーススカートに、横長ボルドーバッグとベルトサンダル。移動中に両手が使えるって安心。色違いのモスグリーンを購入した人は、和装に合わせるとか。繊細なラリエットチェーンと、ビーズ編み練習のビンテージイヤリング。作る行程で放り投げたくなったが、視力と引き換えに家事の手順が、ぐっと速まった。お取り寄せパーツは飽きがこない。咲き終...

  8. ウルトラヴァイオレット、サテン、ロング - 着まわせない

    ウルトラヴァイオレット、サテン、ロング

    夕暮れ時。左手に買い出し総菜、右手にプレフォールセールのスカート2枚つかんで、即レジへ。一緒に買った茶色いチュールレースと同様、ロング丈もイケる。ベイクドカラーリブT、セリーヌのバッグ、コールハンのブロンズローファーと。新学期が始まってホッ。今朝のニュースでここを猛暑日連続35日と言ってた。ロングのネックレスとイヤリング、シーグラスのコードブレス。おいそれとは行けぬ程に遠くて、よかったのだ。...

  9. チュールレース、ブラウン、ロング - 着まわせない

    チュールレース、ブラウン、ロング

    納涼会に用意しておいた紺の上下が、車の運転で汗まみれ……この際紺を休ませ、テチチの今季スカートにスミレシャツ、ボルドーパンプス、タータンチェックのウールバッグで。「6:4ですかね。黒を合わせがちな所を今季はライトグレーや茶の明るめ明るめで」とセレショで教わる。毎秋恒例、浴衣とカゴバッグを洗い終い。髪をショートボブにしたらレースが着られて、トラッドシャツ×パンプス×ヘビーデューティー×メタルレ...

  10. 貝の道 - 着まわせない

    貝の道

    ポンデシャロンのセラドングリーンのワンピースは、襟抜きシャツみたいに風をはらんで涼しい。白ハットとモカシン、COHAKUかごバッグ、珊瑚ネックレスとシャネルビーズのステーションネックレス。始発に乗ると寝ているうちに戸塚に着いていて、反射的に同じホーム内で乗り換える。一色海岸でかくらんを起こしそうになって、神奈川県立近代美術館葉山へ。4月にかくらん起こしたとき、展示予告ポスターをバス停で見た。...

  11. ストライプ×ストライプ - 着まわせない

    ストライプ×ストライプ

    レースの白いストローハットと黒のカシュクールサンドレス、イーリーキシモトのストールに黒いレザーサンダル。どれも年期入ってて、壊れたら買い替え利かないのでどうしよう。週末の浅草で遊んで、夕飯に帰宅。ロウズ&ギグルスはストライプブームという……並んでスッスと進む後ろ姿も麗しく、白い巻き毛やくびれたウエストにうっとり。周囲からため息がこぼれた。水鳥みたい(私はストライプの意味をはき違えてい...

  12. 通院を涼しく - 着まわせない

    通院を涼しく

    去年の検査と同じ服。年に一度マンモグラフィーの前に、古着屋に服を持ち込む。しかしパソコン上にデータのないものは古過ぎて、買い取ってもらえず。昨年から、反対側にも影があるといわれていた。万々歳とまではいかなくとも、次の通院は1年後になる。ひとまず折り返し地点で、センターを紹介してくれた友人夫婦に礼を言う。ステロイド軟膏は止めるようにいわれた。5年前は意地でもしゃんとしていたのに。館内を見渡すと...

  13. 身軽なバスツアー - 着まわせない

    身軽なバスツアー

    PTA研修バスツアーの国立西洋美術館にて、ハットでご満悦。外気温34度と室温差が激しいので、長袖リネンシャツにチノロングスカート。淡水ミックスパールのネックレスとイヤリング。手ぶらにはわけが……子を送り込んで観光バスに駆け込む私に、白羽の矢が当たった。「うふふ車椅子積み込みオッケーだって。出し入れは添乗員」真夏日。無駄に歩き回らぬ私には、車椅子参加の友の介助は、降って湧くよな幸運だが。もしか...

  14. 浴衣と帯で英国国旗 - 着まわせない

    浴衣と帯で英国国旗

    気温30度。ユリの花と蝶の浴衣にチェックの兵児帯と、白いサンダル、ケイトスペードのかごバッグ。綿絽は透けるからガーゼスリップ2枚重ねで。コーマ地の浴衣は幼過ぎて処分。「うなじに染まってない白髪がある」と世話を焼く娘。来週の祭りに着せて欲しいのだ。会場に着いたら、メッシュ帯板外す……結論、兵児帯は涼しくはないが着席スタイルにはラクだ。アクセのコームはブルービーズでまとめて。パパの誕生日、酒タバ...

  15. 真夏日モノトーン - 着まわせない

    真夏日モノトーン

    10年後もしっくり来る、綿レースシャツとストライプパンツに白いモカシン。レースのスタンドカラーと繊細なピンタックに萌え。イヤリングは模造オパール。Bernard Butler & McAlmont - you do服好きだから、Tシャツを着たときに変なシワが寄るのがイヤだった。すごく嬉しぃ、額装します。産後から肉襦袢。たしかに20代はまだあの身体だったから、骨格診断出来そうだね。白海...

  16. 熱帯夜のコットンスリップ - 着まわせない

    熱帯夜のコットンスリップ

    浴衣の下にもパジャマにも快適なニームス製。レース部分もコットンがお約束。ビンテージ物はじりじり値上がりしてるので、繕ってでも着る。休日は電車でカフェギャラリーに出向き、同じ沿線のギャラリーへ移動。しかし休日バスが運休路線で、片道2キロ歩く。水とシュークリーム、柿の種ポリポリ。川の水が干上がりそうなのに、住宅街はガーデニングが盛んで見事だ。花のプロ作家と話して鋭気を養い、気の重い庭対策に光明が...

  17. 映画ビリティス - 着まわせない

    映画ビリティス

    朝6時から既にエアコンつけて……外は35度になっただろうか。一昨年亡くなったデビッドハミルトン監督の、R-15映画ビリティス(1977年仏)DVDを借りて、寝苦しい晩にコソッと観た。首とわきの下に保冷剤挟み、ソフトフォーカスの世界におよそ似つかわしくない寝姿で。ロリの裸イメージフィルムなんだろうな……という予測に反し(裸だらけの)よく出来た映画だった。どこをとっても美しいシーンにため息。ロリ...

  18. 隠れピンクファン - 着まわせない

    隠れピンクファン

    朝練にボーダーシャツとピンクのリネンスカートで。顔から離れた所にピンク×ピンク。「創設メンバー抜きで食事会はマ…」と私が言いかけた途端、先生がすごい剣幕で「その日は主要メンバーが来られないそうじゃないの」と入って来た。幹事が8月延期を持ちかけたら、先生の逆鱗に触れた…7月まで実入りがないのだ。私達にタダ働きさせられてるみたいな事を先生が言うので、早退して庭の枝切りをした。少額謝礼は前からとっ...

  19. ラタンとマザーオブパールのイヤリング - 着まわせない

    ラタンとマザーオブパールのイヤリング

    今年はラタン輪っかに、カラフルパーツを付けたイヤリング。去年のウッド×マザーオブパール×メタル×貝のビーズネックレスに合わせる。リゾート願望がこんな…カメハメハ大王みたいなのを作らせる……。水引アクセで景品を作り貯める妻を見た、工芸品嫌いの夫に「シーグラスのほうが垢抜けてて良いね」といわれ、売るほどあるシーグラス復活(いや、だからクリスマス会景品に……リゾート…)。リバーシブルタイプ留め金は...

  20. 網タイ始め - 着まわせない

    網タイ始め

    猛暑に上下ともシースルーのパフ袖ブラウスとスカートに、おろしたてのベージュのネットストッキングとメッシュパンプス。イヤリングは白い巻貝のカメリア。友とホテルで待ち合わせて、ランチタイムコンサートへ。四半世紀ぶりの和食レストランに感動する。友の連れも一緒だから、V系ネタは控えていた。初対面のアラカンマダムの口から出る出る、MALICE MIZER黒夢ラファエル。「まぁ驚いた!先週も新車の若い営...

1 - 20 / 総件数:22 件

似ているタグ