フレンチトラッドのタグまとめ

フレンチトラッド」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはフレンチトラッドに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「フレンチトラッド」タグの記事(32)

  1. もっとジャケット! - 着まわせない

    もっとジャケット!

    ウールコートやアイリッシュニットの冬日が過ぎ、ちゃんと秋が戻って来た。今朝は夏物パジャマで目覚め、布団の中で(ジャケットが着られるーー)とウキウキ。紺のストライプジャケットはシップス。フェイクスウェードのバーバリーロンスカ、今季サンダルにタイツ。厚手シルクの水玉ストールは、古着屋で買ってもらったブラックタイ用ストールの繻子フリンジを、地道に引き抜いたもの。正方形より長方形が使える。服を減らす...

  2. 色の鮮度 - 着まわせない

    色の鮮度

    ラルフの子供用フェアアイルニットに、今季のベロアプリーツスカート。古着のアイリッシュカーディガンとダッファーのストライプシャツに、今季のハイウエストパンツ。青緑色にピンクの小物を合わせるのがお気に入り。高校生のテスト週間なのに、送迎車のキーを紛失した。夕べのエコバッグから傘立てまで、2人で探して見て回った。娘を市営バスで行かせたあとに傘を開いたら、キーが出て来た。めったなことでは傘をささない...

  3. ボーダーTを処分 - 着まわせない

    ボーダーTを処分

    気温15度を越えない、46年ぶりの寒さとか。真紅のカシミヤカーディガンとコーデュロイパンツに、エッフェル塔スカーフを巻く。グレーとベージュがあれば、コントラストが和らぐ。パンツの流行はまだワイドを引き摺りつつ、ショップにはスキニーも並び始めていた。テーパードのベロアパンツを出したら、これより見劣りする。眼の慣れとは恐ろしい。巷の若いコがぶっといコーデュロイパンツを履いてると、誰でもそれなりに...

  4. プリーツベロアと太畝コーデュロイ - 着まわせない

    プリーツベロアと太畝コーデュロイ

    アメリカンホリックのパンツは、白のMサイズ売り切れ。テチチのロングスカートはマスタード色。トラディショナルなニットに、今季はこんな光り物を合わせる。こちらの鼻先に突進しそうな勢いで駆け込んで来る友人は、私を上から下まで見るなり背を向けるときがある……それが無言のダメ出しだとわかるまで、半年かかった(笑。しかし誉めるときは「今日は良いじゃなーーい」とうるさい。なかなかご期待に添えない。メンテに...

  5. ロングカーディガン - 着まわせない

    ロングカーディガン

    宮城美術館アリスの庭にて、パチリ。ナチュビューの亜麻色ロングカーデ、青緑色ハイウエストパンツ、ロザエのグレーカシミアストールとグレー型押しバッグ。地元の人が「今朝、初めてニットを出して着た」というくらい冷える。中国人で混み合う可愛いバスは20分置き走行、一周(ただし片道方向)70分ほど。主要な観光ポイントを乗り放題の一日乗車券なら、入館料一部値引きなどのお得感たっぷり。ママ友ランチや商用で、...

  6. 朝は靴下から - 着まわせない

    朝は靴下から

    三者面談にジンジャーエールのストライプシャツと、ヒューマンウーマンのボリュームチノスカートで。素足ではいられぬ季節、寝起きの頭は靴よりも(どの可愛い靴下を履こうかーー)でコーデを決める。靴下の底に丸い穴が開いていて、床ストレッチで滑らなくてベンリ。先月の文理適正テストは予測通りの結果だった。家から通える公立に進学して欲しいので、受験科目に数3と応用化学のない学部学科を教えてもらう。担任はバリ...

  7. 真紅のカシミヤニット - 着まわせない

    真紅のカシミヤニット

    真紅のカシミヤカーディガンはアダムエロペで3枚目。昨夜は音楽会帰りの友だちと帰宅電車が一緒で、駅構内で鉢合わせ。「縁があるのねぇ。やはり父が亡くなってしまって、今日は時間が出来たの。メールは10月と思ったけど、ここで合ったからにはすぐ」と友人に手を差し伸べられ、左手で握手した(笑。彼女の手は思った通り、大さんより大きかったのだ。いつも電車の都合でダイズの途中で帰っていたから、ちゃんと見れた。...

  8. 焦がし色 - 着まわせない

    焦がし色

    サロンで髪をワントーン明るいブラウンに染めた。全身をキャラメルカラーの濃淡でまとめるのが一番好き……悦に入るのは私だけで、周囲の反応は大抵「赤やピンク着ないの?」だ。スイーツペンダントに象牙ネックレスを足して。豚肉の麹味噌漬弁当、きんぴらごぼう、なすの針生姜炒め、サラダ。バゲット大海老フライホタテとキノコいんげんのガリバタ合鴨のカルパッチョご飯柚子白菜漬けきんぴらごぼうサーモンのロメインレタ...

  9. 同系色は落ち着く - 着まわせない

    同系色は落ち着く

    ピンクのトップスで朝練に出た一昨日、入り口で団員と鉢会わせ。「うわあああ、どうしたの?皆さん!!隈鳥さんを見て下さい、見違えちゃいました。パーマかけた?可愛いっ、可愛いでしょ?」前がどんだけ酷かったンだよ……………。居合わせた人はうなずいた。「誰だかわかんなかった……」「奥様なのに何で地味なんですか、って思ってた……」がっくり来た。「家じゃこれよ。いつも可愛い(苦笑」先生のご指示を仰ぎつつ日...

  10. 残暑の秋ランチへ - 着まわせない

    残暑の秋ランチへ

    この前、年上の友人に「まあ、会う度にシックになるわね…もっと可愛いの着て良いのよ」といわれた。コーラス朝練にピンクトップス×黒ストライプパンツ×グレーのビッグトート×スウェードパンプスで参加。天然石ネックレスとイヤリングも足す。レッスン後の発表会打ち合わせランチに、こっくり色の薄軽素材。寸足らずに全身3色以内の法則。夏コーデのまま秋が深まるにつれ、柿色リップやボルドーネイルにチェンジ。ご飯ラ...

  11. バッグの新旧交代 - 着まわせない

    バッグの新旧交代

    オペーククリップのレンガリブT×アンデミュウのレーススカート×スウェードサンダル。セリーヌのカーキブラウンバッグは、癖が無くて使いやすい。服の収納はストレス知らず。天気予報で選んだトップスと、同系色のブラショーツに替えるだけ。お陰でランチを断らなくて済む。30代40代は子ども絡みのの付き合い以外、叶わなかった。50代はレッスン後に可能になった。次なる問題はペーパー管理、服の次に紙を制すれば完...

  12. ビンテージワンピース - 着まわせない

    ビンテージワンピース

    クレージュの、限りなき黒に近い紺色ワンピースで実家へ。この服にはサッシュが似合わないので急遽、ブロンズ色ビジューベルトとローファーで。5月のガールズトークで既に、友がそんなような事を言っていた……私達ギャは、生きてりゃ会えるさ!のスタンス。話のきっかけは「またアンミュレ公演で会いたいね」だったかも。虫の知らせで新幹線に乗った(私でさえそうなんだから、みんなはうすうす感づいてただろうに)。就寝...

  13. ベルトだけ替える - 着まわせない

    ベルトだけ替える

    涼しい朝はヒューマンウーマンのボーダーTの出番。オレンジの細メッシュベルトを極太サッシュに替えたら、新鮮。てろんとした艶ロンスカに、キャンバスバッグとブロンズローファー。昔からボーイッシュなトラッド服が好きだけど、五十路はどこかがツヤツヤひらひらしてないと、即オッサンになる。ご飯大海老フライコンビネーションサラダ菜の花の芥子あえ切り干し大根大根のみそ汁アスパラとムール貝のソテー弁当、めかじき...

  14. テラコッタオレンジとグレー - 着まわせない

    テラコッタオレンジとグレー

    ロペピクニックのプレーンな5センチヒールパンプスを、買い替え。どこのメーカーのパンプスでも、この形を足が覚えている。靴の製造工場が共通なんだろう。他の購入は我慢したけど、疲れにくいチャンキーヒールも好きで、秋冬用ベロアサンダルを候補に入れる。フリーズマートの柔らかいサッシュは夏のセール品。くすみオレンジをグレー、ネイビー、ブラウン、カーキに合わせるつもり。この色の革手袋があったらなああ。Sp...

  15. ハイウエスト、ルーズテーパード - 着まわせない

    ハイウエスト、ルーズテーパード

    「この形のパンツ、好きね」といわれる。テチチのネイビートップス×ジャーナルのストライプパンツ×トッズのブロンズローファー×ロンシャンのマスタードカラートート。パープルのロングパールネックレスとベルベリボンと水玉ソックス。ニチニチソウは真っ赤がいい。槙の木と朱赤の大輪ヒャクニチソウ……花壇も和ゴス♪ご飯白菜と豚バラ肉の胡麻ラー油・黒胡椒蒸し鍋茹でイカときゅうりのの酢みそ掛けちりめん山椒じゃこトマト

  16. cut - 着まわせない

    cut

    アップのために鎖骨まで伸ばしていたウルフ髪を、10センチ切ったら首がラクチン。とれとれパーマの応急処置的に、表面を巻いてもらった。次はショートのオールバックにしようかな。あれは未だに皆さんお好きでぐっと来るでしょ………女って勝手(笑。五頭身ちびから七頭身へ重心が上がると、ショートネックレスと大粒イヤリングが使えるようになった。テラコッタリブT×チノクロススカート×ボルドーバッグ×スウェードパ...

  17. パンプスの季節 - 着まわせない

    パンプスの季節

    ガーリーなトップスに、ヒューマンウーマンのチノクロススカートとカモバッグを合わせて。綺麗色スウェードパンプスは、フレンチトラッドに重宝する。雨の日に酷使しちゃった靴の中敷きは、いつもの乾拭きして陰干しじゃなくて。お湯に浸して堅くしぼった布で中敷を拭く。いざとなりゃ、布に食器用中性洗剤をしみ込ませてこする(洗車もね)。靴下みたいに洗濯バサミで止めて3日間干す。乱暴だけど、乾いたらピンクが蘇った...

  18. ボルドーセット - 着まわせない

    ボルドーセット

    ワードローブ徹底見直しのきっかけになった、ココアブラウンのV開きトップス×ストライプパンツのシンプルコーデ……うーーん残念…このままじゃいかん…。斜め掛けバッグとポインテッドパンプスをボルドーでまとめて、髪をマニプリのプチスカーフで束ねる。つけ汁うどん、天むす弁当、オクラとミョウガの天ぷら、シャインマスカット。くるみパンこんがりチキンとポテトのオーブン焼き貝柱と大根のサラダ豆腐の味噌スープ娘...

  19. 白と黒に合わせない - 着まわせない

    白と黒に合わせない

    コーラス朝練にテラコッタのリブカットソーとターコイズパンツで行く。ターコイズカラーには、白黒さえ合わせなければ悪め立ちしない。気温34度でも、周囲はボルドーにネイビーを合わせて頑張っている。秋色のシースルーソックスや、バラのつぼみをレジン加工したイヤリングに目を細める……現実的という意味では、高校生や大学生の娘を持つお稽古マダムが最もオシャレだと思う。娘の目は常にシビアだから。スイングパール...

  20. ベゴニアピンク - 着まわせない

    ベゴニアピンク

    黒ジャケ×白いレースブラウスにしか合わなかった、ジャーナルスタンダードのストライプパンツ。トップスをアクアガールの今季物にしたら、がんがん履ける。Lana del Ley--High by the Beachいつもの太眉にエッジをつけてくださーい……サロン予約待ちで眉を整えてもらう…秋服購入前に考える事は皆、同じだ。眉頭は生命力の要だからいじらない。いつもケスケスのピーピーだけど、寸でのとこ...

1 - 20 / 総件数:32 件

似ているタグ