ブッダのタグまとめ

ブッダ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはブッダに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ブッダ」タグの記事(60)

  1. 仏法聞き難し(三恒値仏の因縁) - 仏教フリーク

    仏法聞き難し(三恒値仏の因縁)

    ブッダは「仏法聞き難し」と説かれている。中国の道綽禅師は『安楽集』に「三恒値仏の因縁がなかったら仏法にあえないんだ」とおっしゃっている。「三恒」とは、三恒河沙のこと。ガンジス川の砂の数の三倍。無量の意味。そういうたくさんの仏とあい、過去において仏法を聞いてきた。今生のご縁だけではないんですね。古い過去世から諸仏の教えを聞いてきた因縁があったから聞けたんだ、と教えられている。それほど聞き難いの...

  2. 地獄の苦しみはどんなたとえでも説けない(ブッダ) - 仏教フリーク

    地獄の苦しみはどんなたとえでも説けない(ブッダ)

    ブッダは本当の地獄の苦しみはどんな喩えでも説けないと教えられている。諸々の比丘よ、如何なる喩と雖も、いかに地獄の苦なりやを説くこと能わず。(賢愚経)諸々の比丘、出家の人達ですね。仏教を専門につたえている立場の人。この地獄の苦しみはどんな喩えをもってしても、どのようにして説くことができようか。絶対にできないのだ。この後に説いてさえ分からないのに説かずにいては想像もできないから強いて、無理してで...

  3. 人間は苦しむために生まれてきたのではない - 仏教フリーク

    人間は苦しむために生まれてきたのではない

    人生は苦しむために生まれてきたのではなくて幸せになるために生まれてきたんだよと教えられたお釈迦さまのお言葉は何でしょうか。それは、「人身受け難し今すでに受く」というお言葉です。これどの経にあるかというと、涅槃経とか、選集百縁経などのお経にあります。これは今日の言葉でいうと、生まれがたい人間に生まれてきたという生命の歓喜のお言葉です。生まれがたい人間に生まれてきて良かったと。もうちょっと縮めま...

  4. あなたはどんなものがあれば幸せ? - 仏教フリーク

    あなたはどんなものがあれば幸せ?

    ブッダは、有無同然といわれました。これは、あってもなくても苦しんでいることには変わりがないということです。皆自分が苦しいのはあれがないから、これがないからとあったら幸せなれると思っているが、あってもなくても苦しんでいることには変わりがないのだよといわれています。どんなものがあれば幸せなれると思っているでしょう。たとえばお金があれば幸せなれる。苦しんでいるのはお金がないからだと思っている人があ...

  5. アヨーディヤ - Ayodhya Crystal Blog

    アヨーディヤ

    ヴァラナシから電車で6時間(普通は3時間のところこの日は遅れました)、アヨーディヤに到着しました。体調を崩しながらも無事に大切なアヨーディヤまで来ることができました。自分たちの遠い遠い先祖の場所🌞自分のひいおじいちゃんが韓国の許(ホ)姓でその許姓の先祖を辿れば、許姓の源、許黄玉(ホ・ファンオク)にたどり着きます。インドのコーサラ国のプリンセス、ホ・ファンオクは韓国へ行...

  6. ブッダvsバラモン教の長老ベーランシャ - 仏教フリーク

    ブッダvsバラモン教の長老ベーランシャ

    ブッダが仏のさとりを開かれてまもなく、まだ無名だった時、説法をしようとされていると、120歳のバラモン教の長老のベーランシャが来ていました。みんな頭擦り付けて拝んでいます。お釈迦様が悟りを開かれた時は、まだ35歳です。インド中にバラモン教が広がっていました。一番、偉いのは婆羅門です。そんな中で、仏の悟りをひらかれたお釈迦さまが話をされても、それを聞かせていただこうという人はいませんでした。今...

  7. 布施する時に大切なことは何か - 仏教フリーク

    布施する時に大切なことは何か

    あるとき、ブッダが説法をされるというので、沢山の人が灯を布施されていました。それを見た難陀という女乞食が、私も布施したいと思いました。そこで一日乞食をして得られたお金で灯を買おうとしましたが、足りませんでした。そこで、女の命といわれる髪の毛を売って、そのお金も足して灯を買おうとしましたが、まだ足りませんでした。ところが、どうしてそんなにまでして油が欲しいのかとお店の主人から聞かれましたので、...

  8. 即非の論理 - 仏教フリーク

    即非の論理

    絶対の幸福は煩悩即菩提のことです。それは生きてよし死んでよしという心。絶対の幸福になるまでは想像もできません。ブッダが七千余巻の一切経で導こうとされた世界です。哲学者のキルケゴールは欲望を満たして幸せになれないことは分かりました。欲望は無限だから無限の欲を満たすことはできません。欲望を抑えて人のために生きようとするのは、いいことです。人のため人のためとやると自分のためだから偽善と知らされます...

  9. すべての人がかかっている心の病「無明業障」とは? - 仏教フリーク

    すべての人がかかっている心の病「無明業障」とは?

    仏教では、すべての人は病にかかっていると教えられています。仏教講座に聞きに来ていたおじいさんで、すべての人は病人ということを聞いて、本当に病院に行った人がいます。しかし、病気は見つかりませんでした。それもそのはず、仏教で教えられる病は、肉体の病ではありません。心の病です。心の病といっても、精神病でもありません。ではどんな病気がというと、ブッダは病名を、「難化の三機、難治の三病」といわれていま...

  10. 華厳経の教え - 仏教フリーク

    華厳経の教え

    『華厳経』は、ブッダが仏のさとりを開かれて、一番最初に説かれたお経です。当時、まだ誰もブッダのことを知りません。それにもかかわらず、ブッダの説かれた一切経七千余巻の中でも、一番難しいお経です。仏教学者でも華厳経を勉強しているといったら驚かれます。聞いていた人たちは、如聾如唖になりました。その中でも、2人だけ、文殊菩薩と普賢菩薩だけが頷いて聞いていました。文殊と普賢というのは、仏の両脇の脇士の...

  11. ブッダの説かれた四聖諦 - 仏教フリーク

    ブッダの説かれた四聖諦

    仏教には、四つの真理が教えられています。これを四聖諦といいます。まずは、人生苦なりという真理です。そして、なぜ苦しんでいるのかという真理です。それはまず煩悩で苦しんでいると教えられています。煩悩とは欲望や怒りや愚痴です。お金があってももっともっとと求めます。お金のあるなし得なく無限に求める欲望に原因があるのではと思います。そうなると欲が少なければなあと思います。怒ってまたやっちゃったとなりま...

  12. 正しい自分の姿を他人は判断できる? - 仏教フリーク

    正しい自分の姿を他人は判断できる?

    自分の姿が分からないのに幸せになることはできません。自分の姿を知らなければなりません。しかし、自分のことはわかっていると思いますが、それが正しい私の姿かどうか。正しくなければ自分を知ることはできませんので意味がありません。自分を知るとき、まず手がかりにするのは、他人の評価です。しかし、人の目にうつった姿には見る人の都合が入るという欠点があります。その例がいっぱいある。都合によってコロコロ変わ...

  13. 仏教の正見とは - 仏教フリーク

    仏教の正見とは

    煩悩とは?煩悩で悪を作っている人間とはどういうものでしょう。人間を徹底的に見つめる。見つめるときにはいい加減な見方ではだめで正しく見る必要があります。正しく見ることを正見と仏教でいいます。ありのままにみるということですが、世間では正見といわずに正視するといいます。ありのままにみるというと簡単なようで難しいんですよ。それを聞いて思い出す一休と蓮如上人の話があります。曲がった松の木をまっすぐみよ...

  14. まぐまぐメルマガ【言の葉庵】No.111ブッダの名言 - 言の葉庵 市中の閑居

    まぐまぐメルマガ【言の葉庵】No.111ブッダの名言

    すべての生きものにとって生命は愛しい。【言の葉庵】No.111 0000281486≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫名言名句マガジン【言の葉庵】┓┏┏┳┓┣┫OW┃Oブッダの生命讃歌2019/6/4┛┗━━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 名言名句は、ブッダのことば「すべての生きものにとって生命は愛しい」。令和の時代を迎えた現代日本へ、仏教を創始した聖者の命のこと...

  15. ブッダのご遺言 - 仏教フリーク

    ブッダのご遺言

    もうすぐ4月8日は、ブッダのお生まれになられたことをお祝いする花祭りです。そして80年間ご活躍なされたブッダは、亡くなられる時、御遺言に、こう教えられています。僧にして、法を壊つ者あるを視ながら、これを黙視し、更に呵責駆遣せざる者は、この僧は、これ仏法中の怨なり。若し、よく駆遣呵責せば、これ我が真仏弟子なり。(涅槃経)僧とは、仏法者のことです。仏法に反することを教えている人を見ながら、見て見...

  16. あれっ、まずは悩みを理解する? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、まずは悩みを理解する?

    【 草薙龍瞬:反応しない練習 】先日、NHKラジオの文化講演会で、草薙龍瞬氏の「心やすらぐ日々のすごしかた」を聞いた。http://www4.nhk.or.jp/bunkakouenkai/x/2019-03-10/06/71324/3894834/興味を持ったので、同氏の『反応しない練習 あらゆる悩みが消えていくブッダの超・合理的な「考え方」』を読んでみた。以下は各章からの一部抜粋。(その...

  17. 花祭り目前!仏法者のすべきことは? - 仏教フリーク

    花祭り目前!仏法者のすべきことは?

    最近はいよいよ春らしくなってきました。もうすぐ花祭りです。今回のテーマは破邪顕正です。ブッダはご遺言の中に「破邪顕正せざるものは仏弟子にあらず、仏法中の怨なり」とこのように涅槃経に教えられています。僧にして、法を壊つ者あるを視ながら、これを黙視し、更に呵責駆遣せざる者は、この僧は、これ仏法中の怨なり。若し、よく駆遣呵責せば、これ我が真仏弟子なり。涅槃経と言いますのは、ブッダがお亡くなりになる...

  18. すべての結果には必ず原因があるのが宇宙の真理 - 仏教フリーク

    すべての結果には必ず原因があるのが宇宙の真理

    因果の道理、良い種蒔いたら良い結果。悪い種には悪い結果、自分の蒔いたものは全部自分の返ってくる。自業自得です。蒔いた種は必ず生えると言うことですよ。しかも、蒔いた種に応じた結果が現れるってことです。これを因果応報といいます。これは宇宙の真理ですから、いつでもどこでもかわらないことです。すべての結果には必ず原因があります。これ曲げられますか?これが曲がったら、私たちが学んでる学問、全部崩壊する...

  19. 私たちはなぜ仏教を聞かねばならないか - 仏教フリーク

    私たちはなぜ仏教を聞かねばならないか

    今回は、私たちはなぜ仏教を聞かねばならないか、その仏教の原点についてです。世間では、仏教は聞いても聞かなくてもどっちでもいい。ひまな時は聞いたらいいけれど、忙しいとき、例えば仕事のある時、のっぴきならない用事があるとき、国家試験すべったらたいへんだから、そう言う時は聞かなくてもいい。世間ではそう思われています。仏教と言えば、聞いても聞かなくてもいい。ひまがある人は聞いたらいいだろう。為になる...

  20. 哲学にない仏教の特徴 - 仏教フリーク

    哲学にない仏教の特徴

    私の知る限り、スフィンクスの人間に人間を問うなぞなぞやソクラテスの「汝自身を知れ」やソフィーの世界の「あなたは誰?」など、自分自身を知りなさいと言っているという事はあるが、自分の本当の姿はこういう姿をしているんですということはどんな哲学の本の中にもありません。ところがブッダが説かれた仏教の中には、自分自身の姿を知ることが大事だと言うことも説かれているが、その自分の姿も説かれているし、何がどう...

総件数:60 件

似ているタグ