ブドウのタグまとめ

ブドウ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはブドウに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ブドウ」タグの記事(79)

  1. キャンティ地方、ブドウ5月中旬の生育日記2019 - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    キャンティ地方、ブドウ5月中旬の生育日記2019

    みなさん、こんばんは今日は、天気いい!!気温は20度越えないけど、風がないから体感温度はかなりでした。そのキャンティ地方のブドウチェックにやって来た。いや、仕事でしょ?前座のオリーブチェック。若葉と小さなお花が蕾で見て取れる。ちなみに陽のあたりがいいここの地方ではオリーブもブドウも生育が良くって、一概にこの風景がいくら今日だとは言っても平均値ではない。どちらかといえば小学校のクラス内でも一列...

  2. ブドウ柵 - うまこの天袋

    ブドウ柵

    ブドウの芽が伸びてきました。しかし、足場のために昨年組み立てたブドウ棚を壊してしまったので、連休が終わる前になんとか次の棚を作りたいです。というわけで、取り壊した支柱を再利用。桜の廻りは根が回っていて支柱を建てる穴がなかなか刺せません。短い支柱を玄翁で叩いて地面に穴を開けて、立てました。今年は通路をまたぐ形に配置しました。ブドウの伸びに合わせて、横紐を追加していく予定ですが、どのようにツルを...

  3. キャンティ地方、ブドウ4月下旬の生育日記2019 - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    キャンティ地方、ブドウ4月下旬の生育日記2019

    みなさん、こんばんは今日のキャンティ地方でーす。いつものモンテリッジョーニでブドウチェーック!ほら、2週間前『キャンティ地方、ブドウ4月中旬の生育日記2019』よりどれだけ大きくなったか見てね。凄く葉っぱが付いている!大きくなったね。いろんな顔が見られたから、連続でどうぞ。可愛いこれらは子供で言うと乳児ってことかな?ここからグングン育ってあっという間に成長する姿を随時お披露目しますね。GW突...

  4. スイスチャードの種まき - 自然農☆☆☆菜園日記

    スイスチャードの種まき

    紅甘夏がおいしくなってきた。採りに行くと、つぼみがいっぱいできている。果実をつけたまま、つぼみをこんなにつけるなんて大丈夫なんだろうか。完熟甘夏を毎日いただくことにしよう。春大根のビニールトンネルを外したら、大きく育った春大根が3つ、水菜が1つ、あとは小さな大根と水菜、こぼれ種のナスタチウム、青紫蘇、ジニアだった。一緒に蒔いたはずのルッコラや青梗菜、ニンジンは消えていた。というか、もう少し早...

  5. キャンティ地方、ブドウ4月中旬の生育日記2019 - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    キャンティ地方、ブドウ4月中旬の生育日記2019

    みなさん、こんばんはチィーッス。モンテリッジョーニのニャンコです。季節は春。4月も半ば。ブドウとオリーブのチェックをしてみるのだ。オリーブ畑は緑、緑が目に優しい。そういや最近『老』が進んできて、文字が見づらい。老眼ってどうすりゃいいんだ?近視って老眼が進むの遅いっていうけど、私はど近視なのに何で見にくくなってきたのかな?ま、めちゃくちゃ困ってはいないから、この緑で労って、誤魔化す私。オリーブ...

  6. 2019年緑のカーテン早くもスタート - ヨガと官足法で素敵生活

    2019年緑のカーテン早くもスタート

    今年の緑のカーテンはもう活動開始です。キッチンの出窓の柵に誘引したブドウアーリーキャンベルが芽吹きました^^アーリーキャンベルは成長が遅いので、まだ窓の端っこまでしか届いていませんが、ブドウは食べられそうです。実と同じように紫色の新芽です。☆ランキングに参加しています。↓の2つのバナーをクリックして頂けたら励みになります。***********************************...

  7. 葡萄の息吹2019 - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    葡萄の息吹2019

    みなさん、こんばんはキャンティ地方の今日の風景。いつものように、モンテリッジョーニの畑に行く。オリーブの樹たちは春一番のような強い風に揺れていた。そして私はこの時期そわそわする。新芽、若葉がひょっこり出ていないかな〜って。残念ながらオリーブはまだだったよ。例年やっているアレのオリーブバージョン、今年からやろうっと!オリーブの若葉、見たいよね。私は見たいなぁ。だってイタリアっぽいじゃん。仕方な...

  8. 春を探そう! - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    春を探そう!

    みなさん、こんばんはキャンティ地方に春が来たか確かめに行ってきました。暦の上では明日は春、そういや日本は春分の日で祝日だね。イタリアは祝日ではないけど、春の初日が一応3月21日なのよん。この日は昼と夜の時間が同じだから昼12時間、夜12時間だってこと。ちなみにここフィレンツェで明日の日の出は6時16分、日の入りが18時26分だからなるほどね。オリーブたちには残念ながら春はきていないみたい。青...

  9. 西荒屋の甲州ぶどうジュース - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」

    西荒屋の甲州ぶどうジュース

    西荒屋で採れた甲州ブドウ節句の時食べたそうなのでどうなのかと思い採りおいていた葡萄だが喰らいきれそうにないので思い切りジュースにしてみたもうもう味は濃厚で砂糖より甘いジュースに仕上がりましたオラはジュースで頂くのはもったいなかったのでさらに砂糖を足して濃厚にしブランデーを注ぎカクテル用のシロップに加工してみたちょっと違うがシェリー酒もどきだ味気ない甲種の焼酎もこのシロップをベースにすれば甘い...

  10. 雲とブドウ - アデレードの片隅で2

    雲とブドウ

    昨日、洗濯物を取り込んでたら、こんな雲がお空に浮かんでた↓なんか人間の肋骨?魚の骨?みたいで面白いよね。で、洗濯物を取り込んだ後、何気に小腹がすいたので、一昨日マーケットで買っておいたブドウをつまむことに↓(上の方の房は食べちゃった)ブドウは今が旬で、マーケットでは色んな種類のブドウが売ってる。写真のブドウはSultanaと言って、オーストラリアでは通常干しブドウとして売られてて、どこのスー...

  11. キャンティ地方、ブドウ2月上旬の生育日記2019 - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    キャンティ地方、ブドウ2月上旬の生育日記2019

    みなさん、こんばんはキャンティ地方のオリーブ&ブドウ畑。収穫が終わってひと段落した冬の風景。オリーブの樹を見て来た。深い緑色の冬のオリーブ。しかし新しい命は確実に育っているようです。さらにオリーブの樹に蔦う別の植物が実をつけている。これ、何でしょうね?ブドウ畑はというと…明らかに茶色の世界。ブドウの房はすっかりおばあさんになっていた。息吹を伝えるにはあと2ヶ月はかかる。私も楽しみにしている。...

  12. 山形県鶴岡市西荒屋の甲州ブドウの由来 - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」

    山形県鶴岡市西荒屋の甲州ブドウの由来

    鶴岡市西荒屋に鎮座する川内神社の葡萄園復興記念碑石碑に刻んである文字は葡萄園復興記念碑我が村近年盛に葡萄を産出し村民其恵に潤ふ之か起源を考ふるに今より凡そ百六十年前郷人佐藤方珍藩の大夫水野氏に仕え主より江都の葡萄苗を授けられ之を其圃に植ゑしと云う如く文化年間佐藤嘉納苗種を村人に領ち里正佐久間九兵衛之か蕃殖を圖り村民に諭して試植せしめ漸く産額を加ふ斯くて明治十年の頃には鶴岡酒田より遠く北海道へ...

  13. シャインマスカット - 「 ボ ♪ ボ ♪ 僕らは釣れない中年団 ♪ 」

    シャインマスカット

    おかげさまで今年も鱈腹いただけます勿論葡萄の樹で完熟したシャインマスカットなのです本来は葡萄園の方しか喰らうことができない代物葡萄園の主に感謝感謝なのだ(^^♪そして葡萄をもぎながら面白いお話を伺いました山形県鶴岡市西荒屋の甲州葡萄由来のお話石碑に刻んである由来が正解なのだろうけど歴史は時折都合の良い事に改竄されるものオラは伺ったお話の由来のほうがロマンがあって面白かった詳しくは石碑に刻んで...

  14. 線路脇のブドウの終焉 - もるとゆらじお

    線路脇のブドウの終焉

    線路脇に積まれた枕木にすがって生きているブドウです。写真が終焉の姿です。春の連休過ぎに花が咲き、小さな実が成って、実は夏に大きくなり、秋に熟し、鳥に食べられ、最後に写真のようになります。今年は豊作でひと房に本当にたくさんの実がついていましたが、いまはわずかな干し葡萄状の実を残すだけになりました。葉も茶色になってどんどん落ちていきました。それでも緑の葉が数枚残っているから不思議ですね。このブド...

  15. 「線路脇のブドウの干し葡萄化」 - もるとゆらじお

    「線路脇のブドウの干し葡萄化」

    京王線の線路脇に生えているブドウの木です。積み上げられた枕木にすがって生きています。5月の連休過ぎに花が咲き、秋のはじめに大きな実をたくさんつけ、いまは写真のような状態です。実がかなり減りました。鳥がつついたりして食べられた実がかなりあると思いますが、残った実はそろそろ干し葡萄への道を進みます。ドイツワインの用語でいうならシュペートレーゼ(遅摘み)?ドイツは気候が寒いのでワイン用のブドウの収...

  16. ブドウとオリーブが生まれ変わる瞬間 - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    ブドウとオリーブが生まれ変わる瞬間

    みなさん、こんばんはモンテリッジョーニでーす。天気いい!でも寒い。ここ数日で凄く寒くなりました。特に朝晩。でも、日中、いきなりその気温が穏やかになるのよね。だから重ね着してくださいね。オリーブの実。黒く黒くなりました。完熟した証ね。そうです、新しいオリーブオイルの時期なのですよ。明日、当店にも南トスカーナのボルゲリから今年のオリーブオイルが到着!!またブログで日本発送のお知らせをするのでお楽...

  17. 秋のワイナリーのかほり - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    秋のワイナリーのかほり

    みなさん、こんばんはサンジミニャーノのワイナリーにて。ブドウの収穫が終わり、まだまだ忙しそうな雰囲気です。白ブドウ、ヴェルナッチャ種の畑にお邪魔してみる。あーあ、秋色に変わりつつある…そう。寂しい感じが出て来て、忙しい畑での出来事は過去形で、今はこちらで毎日機械を動かしてフル回転の日々。その結果、ブドウの残り香が。この時期のワイナリーはブドウの香りで溢れてる。もっと言うと、キャンティ地方全体...

  18. 久々にモンテリッジョーニの城壁に上る - フィレンツェのガイド なぎさの便り

    久々にモンテリッジョーニの城壁に上る

    みなさん、こんばんは雨上がりのモンテリッジョーニでーす。フィレンツェを出たときは雨模様だった今日ですが、ここに来て気温も落ち着き空気も澄んで気持ちいい!こんな日だから久々に壁の上を上ってみよう。サン・ジミニャーノがこれなら見えるかもしれない。壁はぐるっと一周回ることはできず、2箇所が同じチケットで上ることができる。さらに美術館もこのチケットで入場できて現在は3ユーロ。数年前まで1.50ユーロ...

  19. 線路脇のブドウの実り - もるとゆらじお

    線路脇のブドウの実り

    線路の脇に積んだ古い枕木にしがみついて生きているブドウです。はち切れそうな実がついています。今年は本当に大豊作です。こんなにたわわに実ったことはいまだかつてなかったと思います。この夏はあんなに雨が降らなかったのに、ブドウって偉大だなあ。それにしても、誰も食べないのかな。いや、人間ではなく、鳥とかハクビシンとかですね、食べそうな連中がいるでしょう。まあ、場所によっては実が減っている房もあるので...

  20. ガラス展 - やさしい時間~ここからはじまる

    ガラス展

    1週間のガラス展本日、最終日です。あいにく、台風が直撃のようでお店は午後3時をもって終了させて頂きます。皆様、天候の優れない日が続きましたが足を運んで下さりありがとうござました。シャンデリアの灯りの下でキラキラ輝いて見えるガラス細工は綺麗でしたね~。いつもご贔屓下さるマダムがお庭のブドウをお店の鑑賞用にと持って来て下さいました。葡萄は食べるも見るも大好きだから嬉しい~。しかし、お店の近所には...

総件数:79 件

似ているタグ