ブナのタグまとめ

ブナ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはブナに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ブナ」タグの記事(33)

  1. 森の触手 - フォトな日々

    森の触手

    ブナの樹は深い森の中に枝を広げていたまるで触手を伸ばしてあたりのシンとした清気を吸い取っているかのようだった・・・・・・・・・・

  2. なかなか - Scene of Dialy -stageⅡ-

    なかなか

    8月後半から、天気の巡り合わせが宜しくなく、すっかり撮影から遠退いてしまいました。。。

  3. 夏のブナ林 - 休日はタンデムツーリング

    夏のブナ林

    真夏の涼しいげなブナ林森は命を育む

  4. ブナ - 源爺の写真館

    ブナ

    雨あがりの森も良いものです。

  5. 素肌のブナの木を見つけて思った事。 - 花立の花情報

    素肌のブナの木を見つけて思った事。

    素肌のブナの木杉の語源は、【まっすぐな木】だそうです。当地では、捨てることを「なげる」と言いますが、もっと強調して廃棄する時は、「ぶなげる」。そう言います。「叩く」ことを強調する時は、「ぶたらぐ」になります。まだら模様のブナの木いつの時代に命名されたのかは不明ですが、経済的利用価値のないブナの木は【ぶなげる木】が語源。木材にはならない木、だから【橅】と書いてブナ。これが本当だとすれば、これは...

  6. 空梅雨 - Scene of Dialy -stageⅡ-

    空梅雨

    関東では、まだ6月なのに梅雨が明けたというニュース。北関東のダムの貯水率、大丈夫かなぁと、ふと思ったり。。。

  7. RISE:ライズ - Scene of Dialy -stageⅡ-

    RISE:ライズ

    名詞:台頭、上がり、向上動詞:立ち上がる、立つ、起きる、上がる、などなど。

  8. モヤモヤ - Scene of Dialy -stageⅡ-

    モヤモヤ

    今年も、あの沼へ。何だか、毎年入れる時期が、早くなっているような気がする(笑)

  9. 恐羅漢山をくだる - 無線日和

    恐羅漢山をくだる

    恐羅漢山をくだるとき、上りでは気がづかなかった景色が広がっていました~。足元にはエンレイソウ~。そしてユキザサ~。ミヤマカタバミなど~。下りのルートは尾根伝い、見上げるとブナの巨木~。以前、島根県側の台所原ブナ原生林まであしをのばしていましたが、最近は体力不足で敬遠気味~。でも、この下山ルートのみでもブナを十分満喫できる森が広がっています。そしてカエデ~。鮮やかな緑~。ムカシリ~。下山ルート...

  10. 静寂の森楊枝ノ森 - 峰さんの山あるき

    静寂の森楊枝ノ森

    静寂の森楊枝ノ森5月9日、明け方まで雨で寒気が入るようなので、霧に包まれたシャクナゲと好きな楊枝ノ森の写真を撮りに行くことにしました。林道篠原線に入ると倒木があって処理に時間がかかり、さらに小さな土砂の流出があるので歩くことにしました。午前5時半から小雨の降る中を歩き始めて、荒れた林道を歩いて七面山の登山口に向かいました。尾根はガスっているものの、残念ながらシャクナゲはまったく咲いていません...

  11. 沢山の来場、ありがとうございました。 - Scene of Dialy -stageⅡ-

    沢山の来場、ありがとうございました。

    去る5月6日にて、写団十人十色の第6回写真展「十八写十八色」が無事、終了致しました。大型連休中にも関わらず、沢山の方々に来場頂き、本当に有難うございました。

  12. 安蔵寺山ブナの森 - 無線日和

    安蔵寺山ブナの森

    島根県津和野町の大規模林道、安蔵寺トンネルから安蔵寺山頂をめざします~。まだ、山桜が咲いていました。登山道はブナの尾根を歩く~。一帯はブナの森~。足元にはエンレイソウ~。尾根歩きの快適な登山道~。標高千メートル超でブナは芽吹き始めたばかり~。ブナなど落葉広葉樹とアシオスギの森~。アシオスギ(左)とブナのコラボ~。白い花はムシカリ~。 あちこちに咲くムシカリ~。 ドーンと快晴です~。 いよいよ...

  13. 新緑のブナの森添谷山 - 峰さんの山あるき

    新緑のブナの森添谷山

    新緑のブナの森添谷山4月26日、添谷山周辺のブナの森の新緑を見たくなって登りました。川上村の筏場の駐車地を午前6時に出て、大台ケ原への登山道を歩きました。途中からシャクナゲが咲いていたので、モミの巨木を見上げながら尾根筋を歩ことにしました。。比較的歩きやすい尾根ですが、小さな岩峰を木をつかんで登ったりして、おだやかな稜線に出ました。添谷山の周辺では、ブナの木の新緑が始まっていて、さわやかにき...

  14. 20180312 【雪山ハイク】ブナのイガ - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20180312 【雪山ハイク】ブナのイガ

    昨秋は、それなりにブナの実が実ったのだろうか。雪の上に結構、ブナのイガが落ちていました。「雪虫」採集に残雪の山々を駆け巡っていたころ、このイガの中から1mmほどの「トビムシ」が、ピョンピョンと飛び出したものです。今回も中を見てみましたが、まったくの空でした。

  15. なんてこった。。。 - Scene of Dialy -stageⅡ-

    なんてこった。。。

    12月24日。なのに、久しぶりに風邪引きました・・・おまけに37.5度という中途半端に発熱中。。。

  16. 深入山のブナと八幡高原 - 無線日和

    深入山のブナと八幡高原

    さてさて、深入山は草原の山として有名ですが、うれしいことにブナも少し残っています。こちら登山道脇のブナ~。ところどころでブナを見つけるとうれしくなりますね。ブナの木は残った~。よくぞ残ってくれました~!こちらもブナ~。で、深入山のあとは八幡高原へとやってきました。ここは掛頭山のふもとの霧ケ谷湿原~。期待した湿原の花はすでになく、名残りはこれくらいです。臥龍山方向~。逆方向~。で、ブナの本家は...

  17. 深入山下山 - 無線日和

    深入山下山

    深入山でいのちの洗濯を終えて、聖湖を眺めながら下山にかかります~。臥龍山(右)を望む下山道~。 色とりどりの紅葉~。 南登山口と西登山口への分岐にて深入山を展望~。稜線は南登山口からの登山道~。名残り惜しいので、東屋でちょっと休憩~。高齢の方やファミリー。 そして若い人たちにも人気の山~。最後はコナラ林を歩く~。足元にはたくさんのどんぐり、踏みしめながら歩きます。 西登山口に到着すると、赤...

  18. 美人林 初の紅葉撮影 - オヤヂのご近所仲間日記

    美人林 初の紅葉撮影

    ■美人林の紅葉撮影へ小田代ヶ原の霧氷は気象条件が悪いようで、発生しそうになく今年は諦めました。(あとで24時間以内の条件で小田代ヶ原の霧氷画像を検索してみたのですが、やはり投稿されている方はいなかったので発生していなかったようです)そこでまたFさんに同行させて頂き、初の美人林の紅葉撮影へ。土曜夜に出発、明け方4時位には一時星空となりましたが、6時以降は曇り~一時雨模様となり、紅葉自体はしっと...

  19. 残念。 - Scene of Dialy -stageⅡ-

    残念。

    数年ぶりに、レンズを買った。前回、レンズを買ったのは、AF-S 24mm F1.4/Gだったから、もう5年も前ですね。。。買ったレンズでの撮影は、今日、明日と台風のため、撮影に出れないので、来週末までお預け。

  20. ブナの彩 - 丹馬のきょうの1枚

    ブナの彩

    暑いくらいの秋晴れのいい天気になりましたので、ブナの森へ行ってみました。まだ、黄葉が始まったばかりです。が、運悪く曇ってしまいました。いい天気だと、ブナの黄葉がもっと美しく撮れるのですが、…残念。天気のいい日に、また出直して来ようと思います。ブナは、夏緑樹林の代表的な陰樹として、高校の生物の教科書で必ず登場する樹木です。でも、案外知らない生徒が多いというのが現実です。実をつけるまで50年かか...

総件数:33 件

似ているタグ