ブルックナーのタグまとめ

ブルックナー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはブルックナーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ブルックナー」タグの記事(9)

  1. ロジェストヴェンスキーのアヴェ・マリア - のんきなとうさんの蓼科偶感

    ロジェストヴェンスキーのアヴェ・マリア

    2018年8月6日(月)知らなかったが、読響の名誉指揮者でもあったゲンナジー・ロジェストヴェンスキー(1931~2018)が6月16日に他界した。1931年、モスクワ生まれ。モスクワ音楽院で学び、ボリショイ劇場、モスクワ放送響首席、ロイヤル・ストックホルム・フィル首席、BBC響首席、ウィーン響首席、ソ連文化省響音楽監督などを歴任。79年12月より読響に初登場し、以後来日を重ねてきた。昨年5月...

  2. マゼールのあの夜を懐かしく思い起こしながら・・・ - のんきなとうさんの蓼科偶感

    マゼールのあの夜を懐かしく思い起こしながら・・・

    2018年5月31日(木)ロリン・マゼールが手兵ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団を引きつれて最後の来日を果たしたのが2013年春であった。ちょうどフェスティバルホールが改装になったその年にやってきた。早いものでもうあれから丸5年の月日が経った。2013年4月16日、3階席の真新しい椅子に座り酔いしれたのは、ブルックナーの交響曲第3番二短調(1889年第3稿 ノーヴァク版)であった。大熱演...

  3. ブルックナー交響曲第4番使徒8章4節~5節 - 原語から見える聖書のイメージ

    ブルックナー交響曲第4番使徒8章4節~5節

    予報通りでしたが、いざ降りだしたら想定以上もう少し帰宅が遅かったら大変な目に会うところでした車ものろのろバイクは曳きながら歩いたほうが早いですヘッドライトに照らし出された道路の植え込み・・面白い造形を見つけながら家路を急ぎましたさて今日のパラグラフは「サマリアで福音が告げ知らされる」使徒の行動8章4節から適当な段落までの雑感ですステファノの殉教から事態が急展開また新しいパラグラフに入りました...

  4. ブルックナー/交響曲第1番使徒7章23節~24節 - 原語から見える聖書のイメージ

    ブルックナー/交響曲第1番使徒7章23節~24節

    文化村ル・シネマで「マロノ・ブラニク」を見てきました副題が「トカゲに靴を作った少年」ブランド系には興味はないのですが、このサブタイトルに惹かれましたあの貴乃花親方の息子さんも靴職人と耳にしてるのも興味のきっかけかもしれませんポスターのマリリン・モンロー、さすが名言ですねマロノ・ブラニクというカナリア諸島生まれの少年伊達男でもあり、癖のあるフェチというほどでもなく二足歩行の原点となった「足」の...

  5. この聴き比べはまた興味が湧くものである。 - のんきなとうさんの蓼科偶感

    この聴き比べはまた興味が湧くものである。

    2017年11月20日(月)ヘルベルト・ブロムシュテットのブルックナーの第7番が隠れた名盤ということで今、HMVで取り寄せ中だが、この演奏はライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団とのもので、2006年、彼が同楽団の桂冠指揮者に就任後、最初の演奏会としてライプツィヒ、ゲヴァントハウス大ホールで収録されたライヴ盤である。ところがブロムシュテットは1980年にも、こちらはシュターツカペレ・ドレスデ...

  6. ブロムシュテットの7番が来るまで。。。 - のんきなとうさんの蓼科偶感

    ブロムシュテットの7番が来るまで。。。

    2017年11月18日(土)SACD 輸入盤交響曲第7番ブロムシュテット&ゲヴァントハウス管弦楽団ブルックナー (1824-1896)¥2,099 / 1 お取り寄せ中 ご迷惑をおかけしております。このご注文は商品の入荷が遅れている為、当初の出荷目安を過ぎています。商品が予定通り入荷しない場合もございます。先日、ヘルベルト・ブロムシュテット&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団のベートーヴ...

  7. マタチッチのブルックナー - のんきなとうさんの蓼科偶感

    マタチッチのブルックナー

    2017年8月23日(水)NO.4を送ります。 マタチッチを40年ほど前にテレビで見た。既にかなりの年だった。演目は忘れてしまったが、その指揮振りを記憶している。ほんの一時だったのかもしれないが、タクトは持たず、胸の30cmほど前に両手を持ってきて(もう少し詳しくいうと、高さはお乳とヘソのあいだくらい)ほんのわずか上下に振るだけ。このおっさんやる気あんのかい、それとももうろく・・・こんなん指...

  8. 新盤☆秀盤NO20ゲルギエフ、ミュンヘン・フィルとの「復活」 - のんきなとうさんの蓼科偶感

    新盤☆秀盤NO20ゲルギエフ、ミュンヘン・フィルとの「復活」

    2017年3月9日(木)ミュンヘン・フィル自主制作録音盤を、ワーナー・クラシックスが販売を行うこととなった。その第1弾として、2015年9月よりロリン・マゼールの後を引き継ぎ、首席指揮者に就任したワレリー・ゲルギエフが演奏したマーラーの交響曲第2番が出た。2007年から2015年まで首席を務めたロンドン交響楽団でも「復活」を残しており、あの時も首席就任間もないころの収録であった。今回も就任同...

  9.  続・指揮者100選☆7ブロムシュテット - のんきなとうさんの蓼科偶感

    続・指揮者100選☆7ブロムシュテット

    2017年2月15日(水)サンフランシスコ交響楽団の音楽監督を1985年から10年間務め、現在は桂冠指揮者にあるヘルベルト・ブロムシュテット(Herbert Blomstedt, スウェーデン 1927~)は今年で90歳になる。ブーレーズが、マリナーが、そしてプレートルの亡き後、いまや世界最高齢の指揮者になった。もうすこし若い頃の彼をみていると、サンフランシスコ響の同じ地位にあったからでもな...

総件数:9 件

似ているタグ