ブルースのタグまとめ

ブルース」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはブルースに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ブルース」タグの記事(17)

  1. 春に向けて - 下り坂からの風景 - A View from the Downhill -

    春に向けて

    ふらっと立ち寄った駅ビルで観葉植物を置いている雑貨屋さんを見つけました。家の階段に出窓があるのですが、階段を上る度、ここに何か置きたいなぁ…と。残念ながらあまり日当たりのよい場所ではないため、色々逡巡していました。雑貨屋さんを見渡すと、どうやら自分で植物や鉢を選んでオリジナルの観葉植物を作れそう。で、お願いしたのがこちら。ホワイトワンダーとバースデーハートの組み合わせです。ちょっとホッコリ。...

  2. ♪637 LONG JOHN HUNTER “ Tell Me “ CD 2018年10月20日 - 侘び寂び

    ♪637 LONG JOHN HUNTER “ Tel...

    【付録CD】Blues For Leo(ブルースソウル・レコーズ 2018年 10 月号)テレキャスターストラトキャスターを主に、フェンダー・ギターを愛用したブルース・ギタリストを収録。魅惑のトーンに負けない、それぞれの個性的なプレイに注目!1. ALBERT COLLINS: Frosty2. LONG JOHN HUNTER: Tell Me [feat. DEREK O’BRIEN]3...

  3. ブルースの旅 - Unsettled soul, a drifter

    ブルースの旅

    十数年前のあのごと音楽のために、時間沢山投入した数千人、数百人のライブで身が置かれて僕にとっての財産だっただが本業に十分に時間とれず約束守られてくれていなかった事態に繋がりトラブルになり。。。だけど最後のステージあんなにたくさん人が会場にきてくれて私の名前を呼んでくれた。自分がステージで泣き止まらなかった。司会者も来てくれて一緒に涙を流していた。音楽でいいこと、悪いことが沢山あったがたけど一...

  4. 【サクラスティック+安藤兄弟アニのアンプラグドブルーススティックありがとうごジョイました】#ジョイスティック#ロック - JOY STICK Web Log

    【サクラスティック+安藤兄弟アニのアンプラグドブルース...

    はいどうも、おばんでごジョイます。@joyjoyjbでございます。大曲の花火も終わりまして、秋ですな。え?秋ですか。1年も後半ですか。一昨日の夜は、大曲の花火の駐車場係でした。昨日のお昼は、サクラスティック+安藤兄弟アニ。アンプラグドブルーススティック。精巧堂印刷プレゼンツの「一日市場」のイベントでひとりスティックの際に無理やりカホン叩いてもらってんだけどというか、セッションです。リハなしの...

  5. 8/6五十一(ISOICHI)ライブ - なまらや的日々

    8/6五十一(ISOICHI)ライブ

    釣竿とギターを抱えて全国をツアーして回る五十一(いそいち)さんが今年もまたやってきます。何本ものギター、ドブロなどを駆使するスライドギターの名手です。卓越した演奏にのせて熱くまた、ゆるりと聴かせるブルース。旅の話や釣りの話も交えたトークも聴き所です。◆8/6五十一LIVE【日時】8月6日(月)19:30start【料金】2500円(1drinkつき)五十一HP→コチラ・・・お知らせ・・・◆7...

  6. 静かなるSRV - 夜つぐみの鳴くところで

    静かなるSRV

    スティーヴィー・レイ・ヴォーン(Stevie Ray Vaughan) いつもはこれでもか! ってぐらい弾きまくりますけど・・・こんな素敵なバラードもあるんですよ。1989年のアルバム 「In Step」 から 「Riviera Paradise」 をどうぞ。ありがとう天国のスティーヴ

  7. ブルース再び。(カスタードの焼き菓子) - Heaven's Kitchen

    ブルース再び。(カスタードの焼き菓子)

    沖縄で見つけたお菓子、ブルース。恩納村あたりでしか売ってないらしく、誰も彼もが出会えるわけでもないらしい。とはいえ、楽天では売っている(笑)ふわっと、もちっとした生地にカスタードクリーム、上にあんずジャム、なお菓子。はじめて出会ったとき、これがおいしくて、作ってみること過去2013年5月、2015年6月、2016年3月あたり。(もっとあるかも知れず、お時間と興味のある方、掘り出してみて下さい...

  8. コーネル・デュプリー Cornell Dupree - 夜つぐみの鳴くところで

    コーネル・デュプリー Cornell Dupree

    テキサス生まれのギタリストである。 1942年12月19日 - 2011年5月8日 68歳没アトランティック・レコードのセッション・マンとして数々のアルバムに参加。ポール・サイモン、バーバラ・ストライサンド、ロバータ・フラック、マライア・キャリー等、幅広い分野のミュージシャンから愛されていた。そんな彼の器用さを示したのが1978年の好アルバム「Shadow Dancing」いち早く流行を先取...

  9. ソノジュウイチ - ちいさなあなぼこから

    ソノジュウイチ

    アイ・プット・ア・スペル・オン・ユウ(スクリーミン・ジェイ・ホーキンズ) 「本当にお母さんを刺して自分も死のうなんて思ったのかい?」ようやく電話口に出てきた九歳の子供に聞いてみると、「ノー」そんなことするわけないじゃん、とでもいうようなニュアンスで答える。 久しぶりの奇襲攻撃に見舞われた。(はい!弊社のゴタゴタ・サービス™は今年も24/7で操業しております!)(年中無休って言われても、こち...

  10. こんばんは♪ - 笑顔で行こう

    こんばんは♪

    沖縄物産展に行ってきました。サーターアンダギーを買ったお店でオススメの『ブルース』フワッとしたかすてらのようなちょっと不思議な感じ、甘すぎない美味しさ\(^o^)/

  11. Billie's Bounce - Jazz Encyclopedia

    Billie's Bounce

    Billie's Bounce(ビリーズ・バウンス)◆作曲チャーリー・パーカー /Charlie Parker◆録音1945年11月◆発表1945年「ビリーズ・バウンス」は、1945年にチャーリー・パーカーが作曲したブルースです。同年サヴォイで録音され、現在は『コンプリート・スタジオ・レコーディングス・オン・サヴォイ・イヤーズ Vol. 1』で聴くことができます。ちなみにオリジナル...

  12. Au Privave - Jazz Encyclopedia

    Au Privave

    Au Privave(オー・プリヴァーヴ)◆作曲チャーリー・パーカー/Charles Parker(1951年)パーカー作曲のブルース。パーカーの曲には、暗号のようなタイトルがたくさんあります。たいていは適当に作られた言葉遊びや記号のようなもので、とくに意味は無い場合が多いようです。「Au Privave」は、フランス語のようですが、実はフランス語には「Privave」という単語はありません...

  13. Shot Movie 02 /Goldfish Boogie Blues - 母骨工房 ~K's Experimental factory~

    Shot Movie 02 /Goldfish Boo...

    Goldfish Boogie Blues

  14. NO⑦・お気に入り・海外RADIO局 - 神楽坂旦那ブログ

    NO⑦・お気に入り・海外RADIO局

    ☆シリーズNO⑦・お気に入り海外RADIO局☆BLUES・BLUES・BLUES・BLUES・BLUES・BLUES・🎸 BLUES RADIO LIVE. 🎸神楽坂旦那blog

  15. 五十一(ISOICHI)ライブ - なまらや的日々

    五十一(ISOICHI)ライブ

    釣竿とギターを抱えて全国をツアーして回る五十一(いそいち)さんが今年もまたやってきます。何本ものギター、ドブロなどを駆使するスライドギターの名手です。卓越した演奏にのせて熱くまた、ゆるりと聴かせるブルース。旅の話や釣りの話も交えたトークも聴き所です。◆8/7五十一LIVE【日時】8月7日(月)19:30start【料金】2500円(1drinkつき)五十一HP→コチラ・・・お知らせ・・・◆今...

  16. 2017/7/11 - Less Than Zero♪

    2017/7/11

    まだブルースは家にいます・・・この星にブルースがなってもう8年だけど・・・君に向かって挨拶するのを忘れてしまう日もあったりして・・・でもでもいつも君に励まされて・・・ほんとにありがとうどう考えても僕の人生で一番幸せなのはブルースに出会えたことだよ。blogで知り合って会ったことは無かったんだけどアンリ君がこの前空に行ったって・・・ブルースを知ってるワンコがいなくなると寂しいもんだけどそのお空...

  17. ディランにみるブルース - はなっちの音日記

    ディランにみるブルース

    ブルースはもともと黒人の労働歌から派生したものなので、小難しい歌詞が並ぶわけでは無い。そしてそれは、賛美歌やゴスペルのような神へのリスペクトを歌い上げるものでもない。どちらかと言えば、同じフレーズを繰り返し、人間のみじめさや憂いを醸し出す表現が多く、時に攻撃の言葉で彩られる。しかし、決してそのフレーズは白人に聴かれてもわからないような隠語やスラングを使い、笑顔で白人に対時しながら心の中で中指...

総件数:17 件

似ているタグ