ブレグジットのタグまとめ

ブレグジット」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはブレグジットに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ブレグジット」タグの記事(9)

  1. 日英新貿易協定大筋合意し、来年1月の発効を目指す - yuu2雑記帳

    日英新貿易協定大筋合意し、来年1月の発効を目指す

    イギリスの欧州連合離脱(ブレグジット)交渉を担って誕生した、メイ政権時代から始まった、ポストブレグジットでの日英新同盟交渉。CPTPP(TPP11)への英国の加入もにらみながら交渉が進められてきましたが、8月末までに大筋合意する見通しとなったのだそうですね。新型コロナウイルスで疲弊した両国の経済の下支えにもつながり、香港の「一国二制度」の期限前の崩壊やウイグル弾圧の中国包囲網へのけん制力強化...

  2. 保守党が大勝でブレグジット前進更に強化される日英関係 - 世界の政治経済

    保守党が大勝でブレグジット前進更に強化される日英関係

    *英保守党が大勝でブレグジット前進更に経済から防衛まで強化される日英関係 にほんブログ村

  3. 【英ブレグジット】「ごり押し」ジョンソン政権に愛想をつかした閣僚、辞任中道派の「粛清」に耐えられず - 小林恭子の英国メディア・ウオッチ

    【英ブレグジット】「ごり押し」ジョンソン政権に愛想をつ...

    英国は、10月31日までに欧州連合(EU)から離脱(「ブレグジット」)する予定だが、これを必ず実現すると確約したジョンソン英政権の評判がガタ落ち状態となっている。9月5日、ジョンソン首相の弟で閣外相のジョー・ジョンソン下院議員が、「家族と国益の板ばさみとなって悩んでいた」と、閣外相を辞任した。下院議員の職も退く意向だ。8日には、アンバー・ラッド雇用・年金大臣が閣僚辞任、与党保守党からの離党を...

  4. 書評「候補者ジェレミー・コービン『反貧困』から首相への道」ー英国の「万年平議員」上昇の理由とは - 小林恭子の英国メディア・ウオッチ

    書評「候補者ジェレミー・コービン『反貧困』から首相への...

    7月末、英国ではジョンソン新政権が発足した。目下の最大の政治課題であるEUからの離脱(「ブレグジット」)を10月末の離脱予定日までに実現できるか、できないか。これでその命運が決まる。新政権は、EU側と離脱後の関係について合意をせずに離脱する「合意なき離脱」の可能性も「あり」としている。と言いながらも、「もちろん合意したい」とジョンソン首相は表明してきた。メイ前政権がEU側と合意した「離脱協定...

  5. 【英ブレグジット】EU離脱の国民投票に至る政治劇英BBC「混乱の10年」から - 小林恭子の英国メディア・ウオッチ

    【英ブレグジット】EU離脱の国民投票に至る政治劇英BB...

    (新聞通信調査会が発行する「メディア展望」3月号の筆者記事に補足しました。)英国は本当に欧州連合(EU)から離脱する(「ブレグジット」)ことができるのか?メイ政権とEU側が昨年11月に合意した、離脱の条件を決める「離脱協定案」が、3月29日(当初の離脱予定日)に下院で否決されたことで、先行きが不透明になっている。同離脱案が否決されたのは、これで3回目だ。先週に引き続き、下院ではメイ案に関わる...

  6. ダミアン・ハーストはEU離脱反対派。 - 魅惑のアートワールド入門  ─御主人様は現代アート─

    ダミアン・ハーストはEU離脱反対派。

    イギリスを代表するアーティストのダミアン・ハーストは、EU離脱(ブレグジット)反対派です。この作品は、EUに残るイギリスをイメージして彼が作った作品です。蝶々を使って大きく書かれた「IN」という文字が印象的ですね。インパクトももちろん、とても美しいです。日本でも、ブレグジット、ブレグジットと何かと話題になっているイギリスのEU離脱問題。はたして、どうなるのでしょうか?!日本人としても気になる...

  7. 英ブレグジット「なぜEUの声が英国に届かないのか?」 - 小林恭子の英国メディア・ウオッチ

    英ブレグジット「なぜEUの声が英国に届かないのか?」

    3月29日、欧州連合(EU)から英国は離脱する(=「ブレグジット」)。実現まであと2か月を切ったが、英政界のゴタゴタが収まらない。メイ政権とEUは、昨年11月に離脱の条件を決める「離脱協定案」に合意しているが、これには英議会の承認が必要だ。12月に下院で採決予定だったが、否決の可能性が高いと見たメイ首相はこれを今年1月中旬に延期した。結果は、歴史的な大差での否決となった。29日、離脱に向けた...

  8. Brexitは日本人にとっては就職のチャンス? - ロンドンLSE留学日記

    Brexitは日本人にとっては就職のチャンス?

    Brexitの行方が不確定であることは英国にいらっしゃる方や金融職に従事される方は感じていることでしょう。直近では、ハードブレグジットがメイ首相によりダボス会議にて発表されたものの、金融街シティの欧州における立ち位置が揺るぐのではないか、という見方があり、実際にブレグジットが行われた場合には、JPモルガンなど、金融大手はパリにその拠点を移すとしているように思います。しかしながら、現実的に全て...

  9. Brexitの行方(金融編) - ロンドンLSE留学日記

    Brexitの行方(金融編)

    世界経済フォーラム(ダボス会議)が話題になっていますね。色々と世界的に気になる問題はあるかもしれませんが、このブログを見ている方であれば、テレサ・メイ氏の”ハード・ブレグジット”のアナウンスが最も印象に残っているかもしれません。それにしても、ブレグジットの投票から約半年、最初は不確実性の雰囲気しかなかったものの、もちろん今も不確実性は解消されてはいませんが、それでも比較的前に進んでいるように...

総件数:9 件

似ているタグ