プッチーニのタグまとめ

プッチーニ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはプッチーニに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「プッチーニ」タグの記事(5)

  1. ~対訳双書新刊のお知らせ:イタリアオペラ対訳双書38「修道女アンジェリカ:Suor Angelica」 - イタリア語って面白い!

    ~対訳双書新刊のお知らせ:イタリアオペラ対訳双書38「...

    ~対訳双書新刊:2020年10月30日刊行のお知らせ~イタリアオペラ対訳双書38「修道女アンジェリカ:Suor Angelica」作曲:ジャコモ・プッチーニ台本:ジョヴァッキーノ・フォルツァーノ【作品が出来るまで】G.プッチーニは、1916年に「外套」を作曲し終え、これを「三部作」にしようと残る2作品の題材を探していました。その頃G.フォルツァーノが、オリジナル作品で17世紀末のイタリアのあ...

  2. 本物はどれだ!? - 八ヶ岳 革 ときどき くるみ

    本物はどれだ!?

    さて、問題です。この中にひとつだけ、本物のかぼちゃが混ざっています。食べられる本物のかぼちゃは、この中のどれでしょう???え、何?これじゃあ分かりにくい??では、もう少しアップで・・・。正解は一番右側からふたつめのかぼちゃです。「プッチーニ」というかぼちゃでちゃんと食べられる品種なんですよ~d(^0^)畑では、こんなふうになっています。秋の八ヶ岳南麓はあちらでもこちらでも面白いかぼちゃたちで...

  3. ハロウィン用かぼちゃ、生育中 - 八ヶ岳 革 ときどき くるみ

    ハロウィン用かぼちゃ、生育中

    今年の秋のハロウィン用のミニかぼちゃを現在、畑で育てています♪。種、7粒しかなかったので無事に芽が出るのか心配でしたがちゃんと芽が出て、ぐんぐんと成長中。プッチーニ 雌花まだ小さいけれど、ちゃんともうかぼちゃの形をしています♪。ちゃんと食べられる種類なので収穫できる日が今から楽しみです。(^0^)/

  4. 蝶々夫人 - 雪の朝帰り

    蝶々夫人

    通勤の車でプッチーニのマダム・バタフライのハイライトCDを聞いていて思った、何も死ななくていいんじゃないのって。アメリカ人のピンカートンが蝶々夫人と恋をして本国に帰ってしまう。その間に出来た赤ちゃんを抱いて夫人はピンカートンの帰りを待ちわびていたところ、軍艦に乗ってやってきたピンカートンは金髪美人を伴っていた。万事休すとばかりに夫人は自殺する。いや、ちょっと待って。金パツ美女とピンカートンの...

  5. プッチーニ・フェスティバル - 追分日乗

    プッチーニ・フェスティバル

    夏休みということで、ピサ郊外のトッレ・デル・ラーゴで開催されているプッチーニ・フェスティバルを訪問しました。当夜(7/20)の演目は蝶々夫人(Madama Butterfly)です。この音楽際は毎年夏、プッチーニの故郷ルッカから程近く、彼が別荘を構えていた湖畔の小さな町トッレ・デル・ラーゴで開催されています。ピサからですと車で二十分くらいです。https://www.puccinifesti...

総件数:5 件

似ているタグ