プラネッツのタグまとめ

プラネッツ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはプラネッツに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「プラネッツ」タグの記事(16)

  1. 朗報 - 初めて

    朗報

    福島県高体連男子学校対抗優勝帝京安積高等学校この学校こそプラネッツの1期生でプラネッツを立ち上げるきっかけをなした当時選手二瓶先生が率いる帝京安積高等学校が強豪校の富岡高等学校を、3ゲームまで持ち込んだものの3-0で優勝を手に入れた。おめでとうございますインターハイの優勝も現実のものになってきています。がんばれプラネッツの選手も諦めず日頃の練習に励めば最後に勝てるチャンスがあるはずだ3年生は...

  2. 大田町合宿 - 初めて

    大田町合宿

    毎年5月の連休は合宿をしている今年は八戸での合宿ではなく、秋田県大仙市での体育館で秋田のチームと合同での合宿だった。一年生が男女14名といつもなく多く入部し総勢40名の大所帯の移動、宿泊、練習となった体育館は、正式コート6面、コート間4面と八戸での時と同じ面数なのでメニューを組むうえでやりやすいと監督は言う。指導陣も毎回普段の練習に参加している男子の卒業生、女子の卒業生が参加していて二人にと...

  3. 冬季オリンピック - 初めて

    冬季オリンピック

    冬季オリンピックでは日本人選手団が大活躍をし、金、銀、銅を獲得した。テレビではメダルを獲得した選手のインタビューやエピソード、コメントが画面をにぎわしていた。4年間自分の目標に向かって努力した結果と思う。そのさなか、ある水曜日の練習の前にプラネッツの選手たちにメダルを獲得した選手のインタビューで何か自分に言い聞かせられるような言葉がなかったか聞いてみた。残念ながら誰からも返答がなかった。勝っ...

  4. 年が明け1月も過ぎてしまった - 初めて

    年が明け1月も過ぎてしまった

    昨年のプラネッツ打ち納めの日、いつものように体育館の窓拭きをしている一年の練習の締めくくりとして、渡邉さんから挨拶があった父兄の方々に、毎日の送り迎えに感謝、プラネッツの遠征、合宿、行事のお手伝いへの感謝、の言葉そして、師匠、富さん、矢野さん、いつも練習相手に来てくれている先輩、父兄の方々も含めてチームプラネッツとして選手たちを指導していこう一月恒例の八戸合宿、いつもの遠藤さんが札幌からやっ...

  5. 卒業生 - 初めて

    卒業生

    中体連の新人戦も終わり、高校生の新人戦も終わり新しいチーム構成の練習のさなか、来年春に卒業をする予定のプラネッツの卒業生が渡邉さんに今後の進路について報告にやってきた。関東の大学に行く選手、地元の大学に進む選手、北陸の技術系の大学に進む選手、地元の企業に勤める選手、プラネッツで教わったことを活かし自分の将来を築いてほしい

  6. 県大会を終えて - 初めて

    県大会を終えて

    先日東北大会へ向けての県大会が終えたプラネッツの選手の結果男子シングルス2位、5位女子シングルス3位(二名)、5位女子ダブルス3位女子シングルスでは、チャンスのある山にエントリーされていたのにもかかわらず試合途中肉離れで棄権をしたのが悔やまれるけがをしかっり直して練習を重ね次の試合に挑もう女子ダブルスは一組としてプラネッツに参加していないので、ダブルスとしての練習が不足しているが一人一人のレ...

  7. 県大会を終えて - 初めて

    県大会を終えて

    先日東北大会へ向けての県大会が終えたプラネッツの選手の結果男子シングルス2位、5位女子シングルス3位(二名)、5位女子ダブルス3位女子シングルスでは、チャンスのある山にエントリーされていたのにもかかわらず試合途中肉離れで棄権をしたのが悔やまれるけがをしかっり直して練習を重ね次の試合に挑もう女子ダブルスは一組としてプラネッツに参加していないので、ダブルスとしての練習が不足しているが一人一人のレ...

  8. 山形遠征 - 初めて

    山形遠征

    18日から始まる来年全中を目指す最初の試合、新人戦を1週間前にして、女子のシングルスにエントリーをする8名が山形県の高校に胸を借りに行ってきた。高校生は、自分の試合直後とあってか少しパワーとスピードに物足りなさがあったが、プラネッツの選手としては試合の直前と言うことがあって、気分よく終えたと思う。試合まで、試合中、体調管理をしっかりして自分の力を100パーセント出せるよう頑張ってほしい。監督...

  9. 心構え - 初めて

    心構え

    一応中学三年生の試合は終わった高校で競技のバドミントンをするのであれば、もうすでに高校でのプレーを意識しながらプラネッツの練習に参加しなければならない。しっかりした心構えが必要だ。これからは2年生中心の新しいチームの練習になる。県内各地で新人戦が行われ、各地域でそれぞれ上位の結果を残している。地方の大会なので当たり前と言えば当たり前だが、情けないことに自分の靴紐につまずいて軽いけがをしたもの...

  10. 東北大会 - 初めて

    東北大会

    東北大会が終わり、プラネッツの選手は全中に挑戦することが出来なかった。残念3年生は、上のステージに向けて、下級生の練習相手と思わず、高校で戦うために自分の練習をしっかりし下級生のために何かを残してほしい。今日から3日間プラネッツの夏季講習が始まる

  11. ある日の練習 - 初めて

    ある日の練習

    今日は月末のトレーニングコーチの練習から始まる基本の前のシャトルなし乱打、相対してのイメージのフットワークなかなか難しい、本気でゲームをするイメージで、バックラインからネット前まで広くコートを使い、足を出しラケットワークのメリハリをつけ長いラリーを組み立てるような単純な練習だ。楽をしようとすればこれほど楽なことはない、この逆をすればいい。これの繰り返しが、1日、1か月、1年と選手の差となって...

  12. 暑気払い - 初めて

    暑気払い

    7月1日市内の居酒屋さんで恒例の県大会に向けての暑気払いを行った。取締総務部長の司会進行のもと、師匠の乾杯、渡辺さんの言葉、一年生の父兄さんの自己紹介とあっという間の一次会だった。プラネッツの練習法としては事細かい指導はしない、与え得られたメニューを自分で考えながら工夫をし試合で生かせる練習を心がけてほし

  13. 暑気払い - 初めて

    暑気払い

    7月1日市内の居酒屋さんで恒例の県大会に向けての暑気払いを行った。取締総務部長の司会進行のもと、師匠の乾杯、渡辺さんの言葉、一年生の父兄さんの自己紹介とあっという間の一次会だった。プラネッツの練習法としては事細かい指導はしない、与え得られたメニューを自分で考えながら工夫をし試合で生かせる練習を心がけてほし

  14. 暑気払い - 初めて

    暑気払い

    7月1日市内の居酒屋さんで恒例の県大会に向けての暑気払いを行った。取締総務部長の司会進行のもと、師匠の乾杯、渡辺さんの言葉、一年生の父兄さんの自己紹介とあっという間の一次会だった。プラネッツの練習法としては事細かい指導はしない、与え得られたメニューを自分で考えながら工夫をし試合で生かせる練習を心がけてほし

  15. 6月の練習予定 - 初めて

    6月の練習予定

    いよいよ全中に向けての椅子取りゲームが始まった。いつも配られるクラブの予定表、渡邉さんの思いが綴られている選手、父兄の皆様はどのように見ていられるのかな?練習~試合の前が本当の勝負試合~自信を胸に楽しむもの試合は必ず勝者か敗者のいずれかになる。練習の成果を発揮した方が勝者で、発揮できなかった方が敗者ではない。それぞれが練習でやってきたことを出した結果なはず。だとすれば、勝敗に関係なくその試合...

  16. 第11回タカハシ杯ジュニアオープンバドミントン大会 - 初めて

    第11回タカハシ杯ジュニアオープンバドミントン大会

    もたもたしているうちに、新人の東北大会も終わり、お正月が過ぎ、先日恒例の八戸合宿が終わった。弘前の大会はプラネッツの男子シングルス二名はベスト8どまり、女子は2回戦どまりでまだまだ頑張らなくてはいけない。八戸合宿では、学園の教頭先生がまだまだ元気だ。バドミントンを指導することは後任の先生に任せているものの、生活態度には指導があった。日頃から渡邉さんの練習メニューの説明を聞いても返事をしない、...

総件数:16 件

似ているタグ