プラネッツのタグまとめ

プラネッツ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはプラネッツに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「プラネッツ」タグの記事(39)

  1. 練習再開 - 初めて

    練習再開

    5月のある日、007ことショーンコネリーに似ているといいながら渡邉さんがやってきた。007と言うよりはサンタクロースに似ていた5月は練習がないのでひげをそらないでいたらしい。サンタさんからの練習再開の日程表のプレゼントだ選手たちには長期間練習が出来なくてもメリハリのある生活をしなさいといいつつも、何か目標も見いだせずにいただけに、ようやくプラネッツで選手たち、年寄りたちに会えると思うと日々に...

  2. リングメモ - 初めて

    リングメモ

    プラネッツの練習がない休日は何もすることがないプラネッツの中毒になっているゴールデンウイークは自粛との事もあり、一歩も家から出ない日が数日あり暇に任せて不ぞろいの紙を整理して、製本の練習にリングメモ帳を作った紙にはバドミントンコートを40点分敷き(40枚)、自分がどのような羽回しの選手を目指すのかを考え、紙のコートの上でラリーを組み立てるよう、イメージトレーニング用にプラネッツの選手に送った...

  3. 自粛 - 初めて

    自粛

    ゴールデンウイーク真っただ中、ここ数日間誰からも電話がない。もしかして、予定していた合宿が大田町で始まっていて、バスに乗り遅れておいて行かれたのか心配になった。と思いながら、富さんに電話をしてみた。渡邉さんの言いつけをしっかり守り、ラケット振り、体幹トレーニングを朝昼晩としっかりしていたようだ。師匠は孫の子守と言いながらも、練習再開に向けて鍛えている。この方は一時も無駄にしないで、行動を練習...

  4. コロナ - 初めて

    コロナ

    コロナでれんしゅうができなああい練習再開に備えて準備をしていなさいと渡邉さんからの言葉新三年生はいつ練習が出来て、いつ試合ができるかわからない中かわいそうでならないそういう先の見えない中でも、いつの日かわ終息するその時に向けて今何をしなければいけないか考えてみよう。55年位前バドミントンを始めたころ、紙にコートを書きここに何を打てばこの辺に相手は返してくるだろうと自分が攻撃の場合と攻撃をされ...

  5. コロナの影響 - 初めて

    コロナの影響

    先日2週間ぶりに渡邉さんから電話が来た。すごく懐かしく感じた。プラネッツにお世話になって20数年、こんなに日を空けたことがなかった。震災の時でさえこんなに練習ができない日が続かない、5月末まで練習ができないようだ。我々が残念がるより、選手たちがかわいそう、せっかく練習をしてきているのに結果を出せる場所がない。選手たちには、今できることをしっかりして、練習できる時には空白を感じさせない機会とし...

  6. 三年生を送る会 - 初めて

    三年生を送る会

    思い起こせば9年前東日本大震災の時、この地震の1週間後に3年生を送る会を予定していた。会場も海浜公園の近くの、企業の体育館を借りていた。時刻もまさに送る会の真っ最中になる。今思うと恐ろしいこの年は選手は進学して、落ち着き始めた4月中旬か、5月中旬に会を開きプラネッツの卒業を祝ったそして今年コロナウィルスの蔓延により体育館が使えない中、防疫体制ををしっかりして3年生を送った。体育館にはマスク美...

  7. コロナ - 初めて

    コロナ

    世の中はコロナ感染のニュースが出ない日はない宮城県では出なければいいなと思っていたさなか、ついに感染者が出てしまった。2月末の、ジュニアの大会、河北杯等中止が決定した。プラネッツの練習も、施設利用の休止になることをみこし、しばらくの間休止することにしました3月中旬に毎年予定をしている3年生を送る会も延期になり、一緒に練習をしてきた選手を次のステージへ送り出すことがこの会ではできなくなってしま...

  8. 第14回タカハシ杯ジュニアオープンバドミントン大会 - 初めて

    第14回タカハシ杯ジュニアオープンバドミントン大会

    第14回タカハシ杯ジュニアオープンバドミントン大会結果

  9. 令和元年最後の書き込み - 初めて

    令和元年最後の書き込み

    12月29日令和元年最後の練習がお楽しみのダブルス大会があったダブルスと言ってもコートの都合上3コート、5コートはシングルスが入る対戦相手は抽選で誰と当たるかはわからない自分はシングルスを希望したけど年齢制限でシングルスの対戦はかなわなかったお楽しみと言っても何人かの選手は遊びと言っても真剣にシャトルを追っていて元年最後の練習にふさわしいゲームと感じた恒例の体育館に感謝の意を表す意味で窓拭き...

  10. 令和元年最後の書き込み - 初めて

    令和元年最後の書き込み

    12月29日令和元年最後の練習がお楽しみのダブルス大会があったダブルスと言ってもコートの都合上3コート、5コートはシングルスが入る対戦相手は抽選で誰と当たるかはわからない自分はシングルスを希望したけど年齢制限でシングルスの対戦はかなわなかったお楽しみと言っても何人かの選手は遊びと言っても真剣にシャトルを追っていて元年最後の練習にふさわしいゲームと感じた恒例の体育館に感謝の意を表す意味で窓拭き...

  11. 通い合宿 - 初めて

    通い合宿

    お盆の13日、14日の二日間秋保体育館でプラネッツの1年生、2年生の通い合宿を行ったノック、基本を中心に新人戦に向けて長いラリーが出来るようコートをフルに使い、打たれても守れる、追い込まれたクリアを、押し返す、シングルスの基本を練習に組み込まれた。2日目にこの度のインターハイで団体優勝の立役者になったプラネッツの卒業生の翔先輩の参加が有意義な練習の組み立になってる。因縁というもの敬称なしで、...

  12. 天は自ら助る者を助く - 初めて

    天は自ら助る者を助く

    ウルスラ学園の高校男子がインターハイで団体優勝をした。男子団体では50数年前の宮城工業以来かも知れない。畑山先生が創部以来13年目にして全国制覇、努力の結果がようやっと実った。おめでとうございます。振り返ってみると、創部当時はプラネッツからの卒業生一人から始まったらしい。このことから日曜日の練習の前に渡邉さんは「運」についてのお話があった。「運」は誰でも、どこにでもある。しかし「運」からは近...

  13. 基礎打ち - 初めて

    基礎打ち

    少なからず疑問を持っていた。県大会前日のいつもの練習、ゲームを少しでも多く組みたいので選手同士で基礎打ちをし5分で仕上げるよう監督が指示をした、高校生、社会人、日本リーグに参加している選手、はどういうわけかドライブから始める。年寄は何となくわかるが、現役バリバリの選手は面の確認、シャトルのスピードになれるためなのかどうか昔のプレーヤにはわからない。こと中学生は足を動かす事の方が初めにしなくて...

  14. プラネッツの選手の県大会 - 初めて

    プラネッツの選手の県大会

    全中への予選の予選、県中体連が終わった。プラネッツの成績女子シングルスベスト4、女子ダブルスベスト4、しかし2種目とも東北大会出場を逃してしまった。女子シングルス3名、女子ダブルス1組がベスト8男子シングルス2名、ベスト8に終わった。さああ新人戦に向けて基礎にかえって厳しい練習がはじまるぞ

  15. 合宿のレポート - 初めて

    合宿のレポート

    毎回、遠征の時に選手たちへ対戦を振り返ってと言うレポート用紙を矢野さんから渡せれる。今回は3年生は、渡邉さん、男子は大場さん、女子は自分が受け持つ事になった。女子8名分、2日で60試合分、選手の反省点に対して書いてみた。朝いちばんの⒈ゲームの点数が取れていない選手が何人かいた、おそらくアップの不足、会場にのまれる自分の試合と言うことをしっかり考えてほしい。1ゲームを取り、2ゲーム、3ゲームを...

  16. 恒例の遠征の続き - 初めて

    恒例の遠征の続き

    遠征後の市場での練習があった。中総体前直近なので、ゲーム練習に終始した対戦を待つ選手の何人かに、橋本先生がお話しされたことが、どのくらい理解していたかを聞いて回ったが何人かは聞いて終わっているだけで、これから自分は何をすべきかを考えられていない。ちょっと残念晬啄同機ではないけど、選手たちが殻から出ようと突っつくのを待つしかない。プラネッツの指導者の方には渡邉さんからの言葉で【晬啄同機】と入っ...

  17. 恒例の郡山遠征 - 初めて

    恒例の郡山遠征

    パソコンは頭がいい。一年以上このページを開かなかったけど、入室するID番号とパスワードを覚えていてくれて長年ご無沙しているにもかかわらず、いやな態度も見せずに招き入れてくれた。7月14日は女子は尚志高等学校、男子は帝京安積高等学校、15日は男子、女子とも帝京安積高等学校へ中体連県大会へ向けて日頃の練習のまとめとして、胸を借りにお邪魔した。なかなか勝たしてもらえないものの後1週間、プラネッツの...

  18. 朗報 - 初めて

    朗報

    福島県高体連男子学校対抗優勝帝京安積高等学校この学校こそプラネッツの1期生でプラネッツを立ち上げるきっかけをなした当時選手二瓶先生が率いる帝京安積高等学校が強豪校の富岡高等学校を、3ゲームまで持ち込んだものの3-0で優勝を手に入れた。おめでとうございますインターハイの優勝も現実のものになってきています。がんばれプラネッツの選手も諦めず日頃の練習に励めば最後に勝てるチャンスがあるはずだ3年生は...

  19. 大田町合宿 - 初めて

    大田町合宿

    毎年5月の連休は合宿をしている今年は八戸での合宿ではなく、秋田県大仙市での体育館で秋田のチームと合同での合宿だった。一年生が男女14名といつもなく多く入部し総勢40名の大所帯の移動、宿泊、練習となった体育館は、正式コート6面、コート間4面と八戸での時と同じ面数なのでメニューを組むうえでやりやすいと監督は言う。指導陣も毎回普段の練習に参加している男子の卒業生、女子の卒業生が参加していて二人にと...

  20. 冬季オリンピック - 初めて

    冬季オリンピック

    冬季オリンピックでは日本人選手団が大活躍をし、金、銀、銅を獲得した。テレビではメダルを獲得した選手のインタビューやエピソード、コメントが画面をにぎわしていた。4年間自分の目標に向かって努力した結果と思う。そのさなか、ある水曜日の練習の前にプラネッツの選手たちにメダルを獲得した選手のインタビューで何か自分に言い聞かせられるような言葉がなかったか聞いてみた。残念ながら誰からも返答がなかった。勝っ...

総件数:39 件

似ているタグ