プリント・クロスのタグまとめ

プリント・クロス」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはプリント・クロスに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「プリント・クロス」タグの記事(41)

  1. ユニクロ×マリメッコの緑のTシャツ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ユニクロ×マリメッコの緑のTシャツ

    昨秋冬の海外(日本以外)限定のユニクロとマリメッコのコラボ商品では、実はこの緑のTシャツも購入していました。元々P太への誕生日プレゼントを買う為に利用したユニクロのオンライン・ショップなのに、結局自分の物を多く買ってるじゃん(笑)。このTシャツも、元は友達へのプレゼントに加えようと思い選びましたが、ついでに自分用も買っちゃった訳です。緑の服好きな私ですが、正直このデザインは友達の方が似合いそ...

  2. 布がいっぱいいっぱいの幸せ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    布がいっぱいいっぱいの幸せ

    四月に訪れたアーディングリーのアンティーク・フェアでは、出来ればドールに使える物を手に入れたいと思っていました。1/6ドールにぴったりなミニチュアが安く見付かれば嬉しいのですが、これはそう思い通りには行きません。しかし、ドール服作りに最適な魅力的なコットン・プリントのカット布を前回沢山買ったストールからは、今回も絶対に大量に仕入れたろと思っていました。で、今回はこれだけ買いました。全部で20...

  3. 猫ちゃん巾着 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    猫ちゃん巾着

    義兄は、今年のP太への誕生日プレゼントとして、陶器製のお猪口を梱包材でぐるぐる巻きにし、更にこのリアルなハチワレ猫巾着に入れて送ってくれました。巾着は私にとられちゃうかもなーと予め義兄は言っていましたが、確かにP太が巾着を使うとは思えず、ええ、私が使いますともと思っていました。ところが、タラちゃんそっくりな猫巾着をP太もすっかり気に入り、入っていた梱包材をわざわざ詰め直して、縫いぐるみとして...

  4. ロンドン柄シャツ・ワンピース - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ロンドン柄シャツ・ワンピース

    今年の3月のP太から自分へ誕生日プレゼントは、何を買って貰うか4月に入っても決められずにいました。いつもなら服か靴なんですが、何とこの着道楽の私としたことが、どちらも欲しいとは思えなくなってしまいました。ロックダウンで店が開いていないし、試着は出来ないし、そもそも何処かへ着用して行く機会が全くないのです。例え着る機会がなくとも、持っているだけで心が明るくなるような服なら…とも思い、オンライン...

  5. ユニクロ×マリメッコの赤い子供用ワンピース - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ユニクロ×マリメッコの赤い子供用ワンピース

    ユニクロのマリメッコとのコラボのネル地シャツ・ワンピースを買った際は、こちらも一緒に買いました。柄的には特に惹かれる訳でもなく、言わばついでに買いましたが、実際に着てみたら…、こちらは我ながらパーフェクト~!と思う程似合いました。形的にも合うし、肩幅や袖の長さは正にぴったり。シャツ・ワンピでも、こちらはスタンド・カラーになっています。地は同じヴィスコス(レーヨン)56%+綿44%のネル地なの...

  6. ユニクロ×マリメッコの赤いワンピース - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ユニクロ×マリメッコの赤いワンピース

    英国三回目の都市封鎖に入って以来、買い物に行くのは、本当に二週に一度の食料&生活必需品の買い出しだけになりました。ATMにも全く行かない位だから、自分の財布を開けていないので、現金の持ち金が幾らなのかも把握していません。衣料店も開いていない為(スーパーの衣料売り場以外)、服も買っていません。そもそも、着る機会が全然無い…。オンライン・ショップは時折眺めていましたが、特に必要なアイテム、欲しい...

  7. マリメッコのクルキストゥス - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    マリメッコのクルキストゥス

    昨年のクリスマスには、P太からmarimekko マリメッコの「KURKISTUS クルキストゥス」と言うワンピースを買って貰う事にしました。フォーマルでもないくせに服としては高価ですが、マリメッコのワンピースとしては安い部類でした。初回発注だったので、10%割引の特典がありました。12月初旬に英語&ポンド表示のオンライン・ショップで発注し、すっかり英国内から発送されるもんだと思っていました...

  8. 男前マスク - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    男前マスク

    昨年義兄からP太へ贈られたクリスマス・プレゼントの中に、二枚の手拭いが入っていました。西洋では中々見ない独特な風合いの綿生地に、割と細かい柄が精密にプリントされてあり、P太は一目でその生地を気に入りました。が、イギリス人に手拭いを使う習慣はありません。何度もしつこく言いますが、最早ハンカチを持ち歩く習慣すらイギリスには無いのです。日本の暑い夏であれば、給水性に優れた手拭いは、面積が広いのでハ...

  9. アジのあるTシャツ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    アジのあるTシャツ

    昨年のクリスマス・プレゼントとして、キチ吉ちゃんキチ助ちゃん御夫婦から、P太はTシャツを受け取りしました。でっかく「Ajidas」とプリントされているTシャツです。スポーツ・ブランドが嫌いなP太は、それを茶化したこのTシャツを偉く気に入り、最早何回も着ています。その為、既に結構ヨレっており、おまけに猫毛も付いています。「アジダス」とか「アディディダス」等のスポーツ・ブランドのジョーク・グッズ...

  10. ハチワレ猫のペットボトル・カバー - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ハチワレ猫のペットボトル・カバー

    昨年の秋頃、日本の姉から送られて来た小包の中に、細長い袋状になったタオル地に、リアルなハチワレ猫のイラストがプリントされている物が入っていました。一目で、「んまあ、うちの子そっくり!何て可愛い♡」と喜びました。これは何かと言いますと、ペットボトル用のカバーです。冷えたペットボトルを買うと水滴が落ちて濡れますので、机の上に置く時、またはカバンの中に入れる時に、この袋の中に入れて防ぐ訳です。通販...

  11. 布がいっぱいの幸せ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    布がいっぱいの幸せ

    昨年11月の第二次ロックダウン直前のアーディングリーのアンティーク・フェアでは、目的を全て果たした上、持ち金を小銭まで使い切りました。が、魅力的なカット生地を段ボール箱いっぱいに入れて売っているストールが最後まで気になり、もし値段が安いようだったら、P太に借金してでも(笑)其処で買いたいと思っていました。前回もそのストールは同じ場所で、同様にカット生地を販売していたのは憶えていましたが、その...

  12. テディベア柄クリスマス・ドレス - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    テディベア柄クリスマス・ドレス

    ドール用の赤色中心のクリスマス・ドレスには、さすがにちょっと飽きて来たので、違う色のクリスマス・ドレスを縫ってみたいと思いました。と言ってもクリスマス柄の生地は、その時は赤地か白地しか手元にありませんでした。それで他の色の生地だと、肝心のクリスマスらしさが十分出ない為、赤地のXmas柄布を部分的に使って組み合わせる事にします。クリスマスなら赤と緑が代表的なテーマ・カラーですが、あえて赤と青の...

  13. クリスマス・ツリー柄ワンピース - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    クリスマス・ツリー柄ワンピース

    夏に通っていたフリーマーケットで、手芸用品を販売するストールが毎回出店していました。そう言う店は、他のフリマでも時折見掛けますが(閉店した実店舗手芸店の在庫処分なのかも)、一般商店よりは価格が安いものの、フリマの相場としてはそれ程安くはありません。其処もそんなプロ、または元プロの店に見えましたが、値段は概ねフリマ価格で良心的でした。新品のパッチワーク用のカット生地も販売していて、一枚50ペン...

  14. ユニクロ×マリメッコのサマードレス - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ユニクロ×マリメッコのサマードレス

    コロナで外出禁止中の2カ月近くは、スーパーマーケットで靴下や寝間着を買い足した以外は、私とした事が服は一着も買っていませんでした。ロックダウン中でも通販で買える事は買えたので、時折好きなブランドのサイトを眺めたりはしていましたが、生憎欲しいと思える物は何もありませんでした。その後ロックダウンが緩和されて、6月中旬に一般商店が再開してからも、密を避ける為に入店人数を制限している為、並ぶのが面倒...

  15. ビンテージのリバティのシルク・スカーフ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ビンテージのリバティのシルク・スカーフ

    昨年の晩秋頃のフリマで、ビンテージのスカーフを買いました。品の良さげなお婆さんが売っていて、きちんと小さく折り畳まれてビニール袋に入れられ、手書きの値札には「リバティ・スカーフ、シルク」と書かれてありました。そう分っているのに、値段は50ペンスの安さ。中身の状態も良く確認せずに買いました。この値段なら、例え全体的には大きくダメージがあっても、傷んでない部分だけを切り取ってドール服に使っても、...

  16. ジャバラ式布製カード入れ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ジャバラ式布製カード入れ

    義妹と会津のクラフト・ショップ巡りをした数日後、義妹がこのカード・ケースを作って持って来てくれました。会津の山田木綿織元のショップで、会津木綿製のこんなカード入れが売られていたのですが、義妹はそれを買った訳でもなく、ちょっと見ただけなのに構造を再現しました。中を開けると、こんな風にポケットが分かれています。更に広げてみると、布を上手い具合に折り畳んで作った、ジャバラと言うかハニカム構造になっ...

  17. 青系ベリー柄エプロン - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    青系ベリー柄エプロン

    クリスマス・プレゼントとして、義母から貰ったエプロンです。昨年の初夏頃、義母も出店者として参加した、庭園でのクラフト・フェアで購入してくれたハンドメイド品です。胸開て付きエプロンで、腰紐と輪状になった首紐の付いた、イギリスに良くあるタイプです。つまり、首紐の長さを調節出来ない為、私には長過ぎて胸宛てがかなり下に落ちてしまいます。やはりこれが不便なので、最近は「日本式」と謳った、肩紐が背面で交...

  18. ツマミ細工もどき作り - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ツマミ細工もどき作り

    人形の服を作っていると、布の切れ端が結構大量に出て、溜まりに溜まりました。例え3cm平方でも残れば、後からドール服作りに役立つ事がある為(部分使いとか小物用とか)、端布は中々捨てられないものです。それがお気に入りの布であれば、ましてドール服に適した布が非常に入手しにくいイギリスとあらば、尚更捨てる訳には行きません。しかし、流石に少し処分しなくてはならないと思いました。どうせ捨てるならと、処分...

  19. ロシアのプラトーク - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    ロシアのプラトーク

    民族衣装にも使用されるロシアのショール「プラトーク」を、前々から手に入れたいと思っていました。そして、この度とうとうフリマで出会う事が出来ました。プラトークと聞くと、黒地や赤地に鮮やかで大胆な花柄を真っ先に思い浮かべますが、現代の普通の服装にも使われるので、今はシックな小花柄とかも存在するそうです。しかし、私が手に入れたこのプラトークは、まるでマトリョーシカが頭に被っていそうな、いかにも~な...

  20. 布がくれる幸せ - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    布がくれる幸せ

    古城と大聖堂の町Rochester ロチェスターのハイストリートには、「HOMETOWN」と言う、セレクトとセンスのとても良い布地屋さんがあり、この店を覗くのが、この町へ来る楽しみの一つです。布は、主にパッチワークやクラフト用の、英国では入手しにくい細かい柄の薄手の綿100%生地を多く扱い、米国や日本からの輸入品も多いようです。しかし、値段はやっぱり高い…。心惹かれるカット生地も大量に並んで...

総件数:41 件

似ているタグ