プレイ日記のタグまとめ

プレイ日記」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはプレイ日記に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「プレイ日記」タグの記事(32)

  1. イストワールその33 (彼女の鍵入手~トルバドール戦) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその33 (彼女の鍵入手~トルバドール戦)

    前回セーブをした場所から少し移動すると、魔殿の入り口付近の通路をふさいでいたヒョウカの背後に回ることに成功する。壁面の石板に文字が刻まれていて、どうやらヒョウカはこの文字による魔法で動かされているらしい。その内容を書き換えることによって機能を停止させ、戦闘を回避することに成功する。これ以後は魔殿の入り口から、ヒョウカの守っていた部屋を通って一直線に来ることができるようになった。ちなみに、魔殿...

  2. イストワールその31 (再び万魔殿へ) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその31 (再び万魔殿へ)

    魔殿前のセーブポイントは、歩いて数歩のところには完全回復できる泉もあるし、封印が破られた魔殿の扉からは一定間隔で悪魔型の敵シンボルがあふれ続けてくるので、レベルアップの場所としてはある意味理想的だ。敵シンボル一体あたりから得られる経験値は5400と高御座の近衛竜の10000と比べると少なめだが、倒す手間を考えれば、むしろこちらのほうが効率的に稼げるかもしれない。魔殿突入の前に、少しだけ時間を...

  3. イストワールその30 (彼女の鍵) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその30 (彼女の鍵)

    ジャネットの本体があった近くにある扉を開けるために必要な2つの鍵。そのうち「彼の鍵」については高御座で入手済みなので、もうひとつの「彼女の鍵」についての情報を集めることに。館の使用人が、その所在について詳しい情報を知っていた。彼女の鍵は、今は行方をくらましている館の主人が大事にしまっていたそうで、ある時誤って館の地下1階の大穴に落としてしまったらしい。つまり彼女の鍵は、万魔殿の内部にあるとい...

  4. イストワールその29 (採魂のカロン) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその29 (採魂のカロン)

    テレポート用に登録できる座標は同時に4つまでなので、使わない座標は登録したポイントまで戻って登録を外しておかないと、容量がいっぱいになって次の座標の登録ができなくなる。私はこれを忘れて、実は何度か痛い目にあっている。現在登録されているのは、時の軌跡、館の地下1階、天帝の高御座通廊、そして此岸の辺宿命の川の4つ。此岸の辺のポイントにテレポートで移動して、攻略を再開することに。吹き荒れる暴風によ...

  5. イストワールその27 (万魔殿へ初潜入) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその27 (万魔殿へ初潜入)

    雪の大地ソルグランドで見つけた洞窟のイベントも気になるので終了させておく。高御座で入手したばかりの「彼の鍵」を使って扉の鍵を開けて中に入ると、その先はよもやのトラップ地獄。これまでのダンジョンでもいくつかダメージトラップは経験したが、ここが一番しんどい。上下に動くチェーンソーみたいなトラップにうっかり捕まって、何度ゲームオーバーになったことだろう。切り刻まれながらも回復アイテムで命をつないで...

  6. イストワールその26(天空の高御座) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその26(天空の高御座)

    一旦館に戻って、一つ残っていた大結晶石を敏捷+5に変換した。殺竜殺はかなり重たくて扱いづらいが、これでステータスの減少分をカバーできそう。テレポートの魔法で、前回登録しておいた天帝の高御座入り口付近にあるセーブポイントの座標まで一気にワープする。クリティカルで999のダメージを叩き出す竜槍の威力は破壊的で、これでこの場所を我が物顔で闊歩していたドラゴンたちも敵ではないはず!途中にいたボス格の...

  7. イストワールその25 (竜槍を入手) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその25 (竜槍を入手)

    まだ足を延ばしていなかった個所を巡っていたけれど、それもそろそろ十分かなと思えてきたので、いい加減本編を進めよう。高御座のドラゴン対策にソルグランドへ殺竜槍を取りに行くことに。途中の敵シンボルは相手にせずに、逃げて対処する。夜の領入口で入手した指輪を装備していると、戦闘から退却後の敵シンボルの硬直時間が伸びるので、今までよりもはるかに敵をさばきやすくなった。何枚もの鉄格子状の扉で封鎖された、...

  8. イストワールその22(レサの砂刀) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその22(レサの砂刀)

    船乗りの墓場のアイテムも一通り回収できた後は、砂漠都市レサや夜の領辺りのアイテムコンプも目指して回ってみたい。レサの敵も前に来た時よりはずっと強化されてはいたが、通常攻撃だけの素直な攻撃をしてくる敵が多かったせいか、墓場の相手ほどは戦いづらくは感じなかった。以前は放置していた途中のビッグモンスターの正体はバジリクス。最初にこのダンジョンに来た時点で戦っていれば強敵には相違なかったのだろうが、...

  9. イストワールその21(船乗りの墓場再び) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその21(船乗りの墓場再び)

    仲間の一人の葬儀屋というキャラが、女性陣がひそかに利用している露天風呂の位置を教えてくれたけれども、一体どうしろというのだろう。それよりもそろそろいい加減に、普通のお風呂の位置を教えてほしい気もするけれど、こらっ使用人(レーベンに代わって代弁してみたい)。殺竜槍を探す前に今まで探索したダンジョンを一通り回ってみて、取り逃したアイテムを回収してみることに。館の図書室でダンジョンごとのアイテム回...

  10. イストワールその20 (空に向かう階段のダンジョン) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその20 (空に向かう階段のダンジョン)

    生の証でのイベントは一通り消化したようなので、今度はカルナの箱庭経由で行けるようになったもう一つのダンジョンである「アマカケル」へ。天空まで延々と延びる階段のダンジョン。アルテナ神殿のクイズの問いの一つに「空まで続く階段を積み上げたものは誰か?」というものがあるけれど、まさにこの場所がその問いに該当するのだろう。ここを頂上まで登り切れば、問いの答えが示す人物であるまさしく「カルナ」その人に出...

  11. イストワールその19 (生の証内部へ) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその19 (生の証内部へ)

    ゲームを開始して初期の頃に探索できる部分だけ簡単に見て回った「生の証」というダンジョンですが、そろそろ内部に行ってもいい頃なんじゃないというアドバイスをアレクからもらうので、カルナの箱庭経由で現地まで飛んでみることに。この場所は一言でいえば、王族のお墓。ピラミッド。そのため侵入者や盗掘者避けのトラップがそこかしこに仕掛けてあって、えげつないものがあるので、油断をしているとこれらのトラップによ...

  12. イストワールその18 (三界を統べる竜王様) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその18 (三界を統べる竜王様)

    仲間の一人に竜のグヴァリフというキャラクターがいるけれど、実はこの方も「世界存在」の一人で、前に出てきたカルナよりも二つも高位の、世界で四番目の序列の世界存在に当たります。んで、何やら「三界を統べる竜王」だとかもんのすごい肩書の持ち主らしい。ただ、館で彼の部屋に行って話しかけると、普通に気さくな対応をしてくれて、ちょっと顔は怖いけれども品の良いおじいちゃんという感じではありますが。実際この世...

  13. イストワールその17 (カルナの箱庭) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその17 (カルナの箱庭)

    特技はアイテムを使って覚えないとは言ったけれども、主人公だけは大結晶石を消耗して習得する。LvUPボーナス系の特技を習得していくと、スキルツリーの先に見えてくるのが「隙間風の匂い」という特技。この能力を習得していれば、隠し扉や隠し階段があるポイントの周辺を白くマーキングしてくれるようになるので、ダンジョンを探索する上で非常に有利になる。とりあえずアルテナ神殿を出口まで進んでから一旦拠点に戻っ...

  14. イストワールその16 (アルテナ神殿) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその16 (アルテナ神殿)

    新しく覚えたテレポートの魔法は、セーブポイントの座標を登録すると、その場所まで瞬時に移動できるという便利なもの。これで、ダンジョンから拠点の館まで毎回歩いて帰る必要もなくなる。早速館のセーブポイントの座標を登録するために、一旦溶岩洞窟の探索を中断して館まで戻ることに。テレポートでもともと場所の近くへワープ。そこからさらに奥へ。開けていない宝箱も多そうだが、敵が強いので今の段階では取得を諦めて...

  15. イストワールその15 (炎鬼バルログ) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその15 (炎鬼バルログ)

    「王の鍵」の使用用途についてはまだ館の中では話題に挙がっていない。ここは入手した順番通りに、先に「神官の鍵」のほうから解決していくべきだろうか。前に行ったゼクの工房近くにはまだくぐっていない扉が一つあって、その場所で神官の鍵を使用することができるようになっていた。カギを使って進んだその先は、マグマ池が一面に広がる溶岩地帯。ドワーフたちが地底を掘り進んで、ついにはマントル付近まで掘り起こしてし...

  16. イストワールその14 (議長の最期) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその14 (議長の最期)

    所持金に余裕が出てきたので、館のコレクションルームで一点ものの商品を二つ購入。パラメータが幾つか底上げされて頼もしい魔石のブレイブと、早口言葉みたいな名前の魔法書のハガラスマギニカ。魔法に限らずこのゲームの特殊能力はアイテムを使って覚えたりはしないので、魔法書は装備品の盾としての扱いになる。この魔法書は風属性の魔法に強い耐性があるようなので、あの愚者の塔の議長のトルネードも凌げるのではないか...

  17. イストワールその13 (閉鎖中のトイレの先は) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその13 (閉鎖中のトイレの先は)

    大坑道を先に進むと続いていたのは、ドワーフの工廠跡という建造物。工廠の「廠」の字が読めなくて、漢和辞典で調べた。読み方は「しょう」。工廠で、軍事品を生産する工場のことを意味しているとのこと。実際建物の中には、金属を溶かして精製するためのかまどや、鉄板が並べられていて、ここで何かを製造していたらしいということが見て取れる。このダンジョンのトリックは、イストワールの中でもそれなりに頭を悩ませる謎...

  18. イストワールその12 (シェーラの空似) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその12 (シェーラの空似)

    レイブンヒルの館から歩いて帰る途中、夜の領入り口にて、みたびノルドの一番弟子と再会。この仕事からそろそろ足を洗おうかどうしようかと悩んでいたので、それがいいとアドバイス。いらなくなった商売道具を売ってくれた。宝箱の罠を解除できるアイテムだ。これで罠付きの宝箱も、ためらいなく開けることができる。本拠地に帰還すると、台所で飼い猫のボンゴレ(仮称)をはねのけてそのまま地下室へと降りていく女を発見。...

  19. イストワールその11 (レイブンヒル城到達) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその11 (レイブンヒル城到達)

    夜の領の入り口にいた盗賊はまだそこに立っていて、今度は違うアイテムを売りつけてくる。この場所にいて商売になるのかどうかは疑問ではあるが、商魂のたくましさには感心する。夜の領内を徘徊するゾンビシンボルは、ロマサガ1も真っ青なぐらいの団体さんで押し寄せてくる。さしずめ、ここの領主が領内にはなった刺客や、それらと戦った戦士たちのなれの果てといったところか。ただしシンボルの数は多いとはいっても、その...

  20. イストワールその10 (二人目の仲間) - ビエ・ダ・ムーンライト♪

    イストワールその10 (二人目の仲間)

    新しく仲間に加入した魔術師のシェーラのレベルを上げることを主目的に、まずは大坑道辺りで雑魚敵を倒して経験値を稼ぐ。二つ目の同調の像の情報を教えてくれた図書院の商人にも軽くお礼の挨拶を。これ以上は像は手に入らないそうなので、もう仲間の追加も入れ替えも不可能ということになる。商人の言葉を借りれば、まさに自分の選択を信じて進むほかはない。以前は敵が強くざっくりとしか探索しなかった愚者の塔辺りも再度...

1 - 20 / 総件数:32 件

似ているタグ