プロサバンナのタグまとめ

プロサバンナ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはプロサバンナに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「プロサバンナ」タグの記事(9)

  1. 【中身紹介】今週、モザンビークの研究所から出版した論文「プロサバンナの興亡〜三角協力から「小農抵抗」対抗戦略のための二国間協力へ」 - Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

    【中身紹介】今週、モザンビークの研究所から出版した論文...

    昨夜に続き珍しく連投しておきます。https://afriqclass.exblog.jp/239843535/昨夜は、安倍政権下での日本の行政(援助行政を含む)を考える上で重要な、「匿名性」を打ち破るとともに、真実を追求していくことが、戦前・戦中の過ちをくり返す不穏な空気を押し止め、未来をきり拓く可能性について取り上げた。日本陸軍が戦争に負けた瞬間にしたことが、大量の文書を燃やし続けること...

  2. 今の日本政府やJICAにおける「凡庸なる悪」( by アーレント)に抗うには?〜2019年12月、「神は細部に宿る」そして人類の叡智「真実は破壊できず、それ自体が力を宿す」ことを忘れないということ。 - Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

    今の日本政府やJICAにおける「凡庸なる悪」( by ...

    毎日新聞の総合デジタル取材センター局長が、以下の記事を紹介するにあたって、わざわざこうういう風に書いていた。齊藤信宏 @nobusaitoh昨日も行われました、 #野党ヒアリング 。しつこく詳報し続けます。一見、細かいやり取りですが、じっくり読むと官僚の説明の破綻ぶりが非常によく分かります。内閣府「データが消えるようになっているのではない」「桜を見る会」野党ヒアリング詳報https://ma...

  3. JICAが公式サイトでモザンビーク小農の個人攻撃。しかもフェーク反論なことを受けて、プロサバンナの闇をすべてツイッターで紹介へ。 - Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

    JICAが公式サイトでモザンビーク小農の個人攻撃。しか...

    またしてもしばらくぶりです。このブログで紹介した、TICADに際したイベントの数々は大変盛況でメディアもたくさん取り上げてくださったようです。ヤフーの記事などはもう削除されているようですが、残っているものだけでもご紹介。https://www.facebook.com/101625603238205/posts/2536820129718728?sfns=clhttps://www.jiji...

  4. 【6月6日19時〜@京都】緊急企画「〜普通の市民が国境を越えてつながるために〜」でお話をさせていただきます(IWJ 大阪Ch1中継あり) - Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

    【6月6日19時〜@京都】緊急企画「〜普通の市民が国境...

    ブログでの告知が本日になってしまってすみません。ツイッターでは紹介しましたが、ブログしか見てない人がいるのを忘れていました。以下、主催者の京都ファーマーズマーケットさんのFBの告知文です。https://www.facebook.com/events/404267120165627/当日は、IWJ大阪Ch1で中継配信があるようですが、一部だけなので、是非会場にお越し下さい。境町画廊は、駅から...

  5. 研究界への介入・暴力(3)〜2013年からプロサバンナをめぐって起ったこと - Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

    研究界への介入・暴力(3)〜2013年からプロサバンナ...

    ドイツは初雪。本格的な冬になってきた。すっかり風邪をひいてしまい、「続き」もなかなか書けないでいた。いきなりこのページに出会った人は、まず以下のものから読んでほしい。「研究」という暴力〜民衆会議に現れた日本人「若手『研究者』」https://afriqclass.exblog.jp/238886464/研究界への介入・暴力(1)〜2013年からプロサバンナをめぐって起ったこと ht...

  6. 研究界への介入・暴力(2)〜2013年からプロサバンナをめぐって起ったこと - Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

    研究界への介入・暴力(2)〜2013年からプロサバンナ...

    あれやこれやで超忙しく、すぐ書こうと思っていた「続き」がなかなか書けない。でも前回の投稿で、読んでおいてほしいものいっぱい書いたから大丈夫かな?研究界への介入・暴力(1)〜2013年からプロサバンナをめぐって起ったことさて。JICAが2013年8月1日に「コミュニケーション戦略の定義」のために地元コンサルタント企業(といってもポルトガルの会社)と契約したあたりから、同時並行的におかしなことが...

  7. 研究界への介入・暴力(1)〜2013年からプロサバンナをめぐって起ったこと - Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

    研究界への介入・暴力(1)〜2013年からプロサバンナ...

    なぜ急にこんなに書いているかというと、来日したモザンビークからの小農たちが受けてきた傷や被害を改めて耳にして、もうこんな援助(プロサバンナ事業)は本当に許してはならないと思ったから。「小農支援」といいながら、地元の最大の小農運動のリーダーたちをこれほどまでに苦しめる「私たちの税金でやられる援助」について、洗いざらい、多くの人に知ってもらい、納税者で主権者でもある日本の人びと自身が、この事業に...

  8. なぜか岩波書店の『Web世界』の連載がトップ5を占める「怪」〜地味だけど皆に読んで知ってほしい日本の援助の「闇」。 - Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

    なぜか岩波書店の『Web世界』の連載がトップ5を占める...

    岩波書店が出している月刊誌『世界』の記事が出版されたのは2017年4月のことだった。あれからあっという間に2018年も暮れ。もうすぐ2年近くが経とうとしている。同誌がWEBにもサイトを開設するというので、当初の記事をWEB用にアップデート&分割してほしいと頼まれたのが去年の冬。そして、WEB連載が静か〜に始まったのが、今年の3月。 連載モザンビークで起きていることJICA事業への現地...

  9. 「研究」という暴力〜民衆会議に現れた日本人「若手『研究者』」 - Lifestyle&平和&アフリカ&教育&Others

    「研究」という暴力〜民衆会議に現れた日本人「若手『研究者』」

    3カ国民衆会議は無事、成功に終わり、安堵する間もなく、事後処理に追われる日々。ドイツでは、とにかく「クリスマス」シーズンがはじまり、各家庭大忙しの時期。19回目のドイツでのクリスマス。あんなに嫌だったのに(この時期雨ばかりで寒い)、ドイツの父も母も亡くなって、なんだか今年こそは彼等が教えてくれた伝統に則ったクリスマスをしたいと、強く思うようになった。口には出さないものの、家の誰もがそう感じて...

総件数:9 件

似ているタグ