プロジェクトTのタグまとめ

プロジェクトT」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはプロジェクトTに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「プロジェクトT」タグの記事(5)

  1. C12666MAとC12800MAの感度を考える - ミクロ・マクロ・時々風景

    C12666MAとC12800MAの感度を考える

    ezSpectraはC12666MAをカラーコンパスPCFはC12880MAを使っている。両者で何が違うのかと言えば、浜松ホトニクスのカタログでは、C12666MAが高ダイナミックレンジ、C12880MAが高感度とされている(それ以外にC12880MAの方が長波長まで測定できるといった違いもある)。C12800MAは内部に増幅器を持っていて信号を増幅しているらしい。ただし、両方の感度に関する...

  2. カラーコンパスPCFの飽和値について - ミクロ・マクロ・時々風景

    カラーコンパスPCFの飽和値について

    カラーコンパスPCFは12ビットのA/Dを使っている事になっているが、表示されるグラフの最大値は4100程度であるにも関わらず、各波長の強度データは小数点以下の数値がある。この点は、前に記したように、本来は、整数波長ではない横軸を整数波長毎の値にするときの補間計算により生じた物なのだろうと思える。ただ、ダークが800程度あるにも関わらず、ダークを引いた値の強度データが3300を平然と超えるの...

  3. カラーコンパスPCFの保存ファイルの内容 - ミクロ・マクロ・時々風景

    カラーコンパスPCFの保存ファイルの内容

    カラーコンパスの入射光部分には厚さ3mmのプラスチック板が取り付けてある。これを外すと分光ユニットが顔を出す。周囲の板より0.5mmほど奥まった位置に分光ユニットの前面がある。スリットの位置は分光ユニット前面から2.5mmほど内側らしいので、3mmのプラスチック板と合わせると、6mmほど内側にスリットがあることになる。厚さ3mmのプラスチック板には半径1.5mmmの穴が開いている。入射スリッ...

  4. ezSpectra 815Vのフィルター補整効果 - ミクロ・マクロ・時々風景

    ezSpectra 815Vのフィルター補整効果

    ezSpectraのソフトバージョンが1.8台から1.9台になって、フィルター補整が付け加えられた。マニュアルもそれにあわせて改訂されているので使い方はマニュアルを見て頂くとして、ここでは、それ以外の使った印象を紹介する。フィルターは初期設定で、幾つかのNDフィルターが用意されている。ezSpectraを使って透過測定した結果をフィルターとして保存もできる。保存したテキストファイルをマイドキ...

  5. カラーコンパスPCF - ミクロ・マクロ・時々風景

    カラーコンパスPCF

    楢ノ木技研さんのezSpectra 815Vを見せびらかして遊んでいたら、秋月で浜松ホトニクスのマイクロ分光器を使った分光ユニットを3万円台で売っていると教えてくれた人がいた。驚いてWebを見ると、確かに浜松ホトニクスのC12880MAを使ったUSB分光器を32200円で売っている。ATシステムという会社のカラーコンパスPCFという商品だ。ATシステムのWebを見ると分光ユニットのお膝元にあ...

1 - 5 / 総件数:5 件

似ているタグ