ヘチマのタグまとめ

ヘチマ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヘチマに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヘチマ」タグの記事(30)

  1. 整えるゴールデンウィーク - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    整えるゴールデンウィーク

    静かなゴールデンウィーク。電車の移動はせずに、ご近所を散歩するぐらいにして、夏物の服を洗ったり、庭の掃除をしたり、ちょっと億劫になっていた拭き掃除や紙類の処分をしました。今は『我慢』と思わず『調整』の時。家仕事を楽しむ時と言ってもいいかもしれません。そんな家仕事の1つ。土のリサイクルも準備完了。消毒して、栄養補給した土を土嚢袋に入れました。土に還るポットも楽しく折って♪ヘチマの種を二晩水につ...

  2. 今年も環境に優しい育苗ポット作りました。 - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    今年も環境に優しい育苗ポット作りました。

    ヘチマの栽培を始める前に、土のリサイクルにもチャレンジしましたが・・・同時進行で、今年も環境に優しい育苗ポットを作りました。作り方の再確認のために、久しぶりに自分のYouTubeを見てみたら、たくさんの方に見ていただいて驚きました。ありがとうございます。今年も、6個の育苗ポットにヘチマの種を植えました。少し不格好かもしれませんが、わざわざポットを買う必要もないし、土に還るポットは、エコなので...

  3. 2021年ヘチマの栽培はじめました。 - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    2021年ヘチマの栽培はじめました。

    実をつけることはできなかったけれど、2020年、育てる楽しみをもらいました。小さなことかもしれませんが、日々の成長が嬉しくて、早起きになり、暮らしが豊かになります。築60年の中古住宅での暮らしは変わらないので、けして植物を育てるのに適した環境ではありませんが、できる限りの愛情と、ちょっとの改良で、2021年も育ててみようと思います。ただ、実が大きくならなかっただけ。今年もポジティブにヘチマの...

  4. 2020年のヘチマ完結編 - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    2020年のヘチマ完結編

    今年のモヤモヤは、今年の内に。ヘチマの話も、その1つです。我が家は、植物を育てるのに恵まれた環境ではないのですが、有機ヘチマの種を無料でいただいたので、環境に優しく、暮らしを楽しく、チャレンジ的に、ヘチマの袋栽培を楽しんできました。遅咲きでしたが、雄花もたくさん咲き、雌花も咲いて、実もスクスク育っていましたが・・・ある日、突然、実が弱ってきたなぁ~?と、思ったら、みるみるうちにしぼんで、枯れ...

  5. サラダナーベラー(サラダ用ヘチマ) - 六丁目日記

    サラダナーベラー(サラダ用ヘチマ)

    サラダナーベラー(ヘチマ)簡単レシピ⇣あり最近、好きになってナーベラー。出かけた先で立ち寄ったスーパーで超美しいのを見つけました。普通のナーベラーとどう違うのか?種が柔らかいのと、大地の香りが優しめかな。ニンニクと生姜のみじん切りを耐熱の小鉢に入れて、胡麻油も入れ軽く電子レンジで加熱して香りを出します。ナーベラーの皮を剥いてスライスして塩、お酢、香りの出た胡麻油を入れてボールで和えて、冷蔵庫...

  6. ナーベラー(ヘチマ)克服出来たー - 六丁目日記

    ナーベラー(ヘチマ)克服出来たー

    沖縄食材レシピ⇣あり㋳ナーベラー(ヘチマ)のペペロンチーノインスタグラムで@miporing55 サンの投稿でヘチマ料理の中投稿を見て本番⁉︎の沖縄に住んでいるのにナーベラーを愛せていない。と気がついて再度ナーベラーチャレンジ。実はチョーっとだけ苦手でした。大地の匂いがすると言うか青臭いと言うか...食べられないとか苦手がキライなので、是非克服したい!ペペロンチーノ風にすると美味しいと教えて...

  7. 京都府立植物園(岡) - 柚の森の仲間たち

    京都府立植物園(岡)

    先日、京都府立植物園に行ってきました。植物園は植物の気を手軽に得られるので良いですよね~。普段、家の周りの雑草や木を鬱陶しく感じ、邪魔者扱いしてるのに勝手なもんです(^^;北山門から入ってすぐのところで奇妙なオブジェがお出迎え。色々な植物がありましたが、一番ユニークだったのがヘチマです。ヘチマってこんなに色々な形をしてるのですね~。生きた化石、ジュラシック・ツリー。恐竜が生きていた時代、ジュ...

  8. ヘチマのその後⑪雄花の開花 - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    ヘチマのその後⑪雄花の開花

    朝寝坊するはずの土曜日。早起きしちゃいました。雄花なので実はつかないのですが、空に向かって咲く姿は誇らしい。蕾を見つけた時から、この日を心待ちにしてました。今や、蕾があちらこちらについているのですが、雄花ばかり・・・雌花は、あとから咲くようですね。それにしても、もう9月・・・実がつくまで育つのか、本当は心配なのですが、家庭菜園が難しい東京で、それも袋栽培で、植物を育てられるということを実証で...

  9. ヘチマのその後⑩やっと蕾 - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    ヘチマのその後⑩やっと蕾

    ヘチマが蕾をつけました。母に、『涼しくならないと花は咲かない。』と言われた通り、ちょっと涼しくなったと思ったら蕾を発見したので驚いています。今年は、長雨に続き、東京都心の8月は、猛暑日の日数が観測史上最多。そんな状況で、よく頑張ってくれたと、ワサワサと茂ったヘチマたちが、愛おしくてたまりません。『今年は、初めてだから失敗してもいいや♪』から、『やっぱり、1つでも実をつけてほしい♪』と欲が出て...

  10. ヘチマのその後⑨4ヶ月目の花が咲かないヘチマたち - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    ヘチマのその後⑨4ヶ月目の花が咲かないヘチマたち

    この時は、雨ばかりで日照不足を心配していました。今年は長雨で暮らしも大変でしたね。↓↓↓あれから1ヶ月、ヘチマの青々とした葉っぱたちが、猛暑を幾分、涼しくしてくれています。ただし、成長は葉っぱだけ。摘心はしたし・・・追肥もしているし、朝晩の水やりは、日々の楽しみになっているのに、全く花が咲かないのです。観賞用と思えば、これだけでとても美しいのですが、本当の目的は、ヘチマスポンジ作りなので、せ...

  11. ヘチマの花が咲きました。 - N's egg

    ヘチマの花が咲きました。

    長いながい梅雨があけると、暑い夏がやっぱり、当然のようにくるものですね。暑いのは嫌だけど、青空はいいなぁ。気分爽快。へちまの花が咲きました。かわいい。しかし、根もとを見ると、細く痩せていて今にも力つきてしまいそうで心配です。このまま元気に育つかどうか不明ですが、まずは、こんなかわいい花を咲かせてくれてどうもありがとう!とても、心が潤いました。そして、朝、水をやって新聞をとって部屋に入ると、涼...

  12. ヘチマのその後⑧80日目の長雨と子づる - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    ヘチマのその後⑧80日目の長雨と子づる

    東京は、16日連続の雨模様。なかなか、ヘチマの写真を撮ることができず、やっと一瞬の晴れ間に撮った、80日目のヘチマたち。この後、すっごい土砂降りでした^^;葉っぱが虫に食べられたりしていますが、親づるを摘心してから、急成長しています。親づるの摘心から20日経ちました。↓↓↓病気になっている葉をカットし、追肥を時々しているだけですが、青々とした葉っぱがいっぱいです。子づるも、2階まで伸びたので...

  13. ズッキーニの雌花が咲かない(ややデジャヴュ) - 世話要らずの庭

    ズッキーニの雌花が咲かない(ややデジャヴュ)

    朝、窓から庭を見た時に、ズッキーニの黄色い花が咲いていると、ポッと心ときめく。で、サンダルつっかけてそそくさと近寄ってみると、なぜかいつも雄花ばっかりなんだ。くそっ!また雄か!睡眠不足で短気気味。しかし朧な記憶を手繰れば、これはいつか来た道のような……?少し若かりしいつかの夏も、くそっ、雄花か!って毎日叫んでたような……?っててことは、短気に寝不足関係ないような?ヘチマの雄花だけが咲かなくて...

  14. ヘチマのその後⑦60日目の摘心 - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    ヘチマのその後⑦60日目の摘心

    この時から10日経ちました。ヘチマたちは、病気になった割には、すくすくと成長しています。本葉が10枚ほどになって、追肥もしました。そして、成長が葉っぱにばかりいかないように摘心も。やっぱり心が痛みますね。ちょっとかわいそうだけど、立派な実をつけるには大切なことのようです。そして、病気になっていた本葉も取り除きました。ここは、ちょっと安心です。今回の摘心は、親づるの先端の芽を摘みましたが、その...

  15. ヘチマのその後⑥50日目の病気 - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    ヘチマのその後⑥50日目の病気

    本葉が4枚になりました。上手くピントが合わなくて、ごめんなさい(^^;)この時から12日経っています。↓↓↓そして、家庭菜園の試練とも言える、病気になりました。おそらく、べト病だと思います。ウリ科の植物は、よくうどんこ病になるので、お酢や重曹を薄めた水をかけてあげたりしていたのですが、風通しも悪いし、バシャバシャと水をあげたのがよくなかったのか、カビ(糸状菌)の胞子が付いてしまって、発病した...

  16. ヘチマのその後⑤38日目の間引き - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    ヘチマのその後⑤38日目の間引き

    定植してから1週間経ちました。袋栽培でヘチマを育てています。↓↓↓陽当たりがいい訳でもなく、家庭菜園には不向きな場所での袋栽培ですが、毎日、家族が成長を見に行くので、愛情だけはたっぷりです。1週間で、こんなに育ちました。と言うことで、ここでちょっと辛い作業ですが、どちらか1本に決める時がきました。茎が太く、子葉がしっかりして、青々としている方を残しました。今のところ順調ですが、家庭菜園の試練...

  17. ヘチマのその後④31日目の定植 - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    ヘチマのその後④31日目の定植

    急遽、ヘチマの定植をしました。明日から2日間、気温も高く、雨も降る予報なので根の張りがよくなることを期待して、予定を変更することにしたのです。袋栽培の用意ですが、すでにお天気が怪しいので玄関で作業をしていますが、埃がするので、本当は外で作業するのがおススメです。培養土の袋をひっくり返して、土を整えます。これが本当に必要か分かりませんが、安定感をよくするため、底をガムテープで整えました。あとは...

  18. 【夏庭の準備-01】緑のカーテン準備(へちま) - 世話要らずの庭

    【夏庭の準備-01】緑のカーテン準備(へちま)

    そろそろ夏の準備をするか。ということで、これからできるだけ毎晩帰宅したら、一日一善ならぬ一日一庭仕事することにした。そしたら梅雨が明けるころには、きっと端正な庭が完成しているはず。で、今日やったのは緑のカーテンの準備。これまで色々なカーテンをやって来たが、ここは初心に戻って、我が子たちが小さかった頃に一緒に楽しんだヘチマを十年ぶりくらいに植えてみよう。地面に直植えでも良いかなと思ったんだけど...

  19. ヘチマのその後③28日目の本葉 - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    ヘチマのその後③28日目の本葉

    東京は、不安定なお天気が続いているので、この1週間、育ち盛りのヘチマたちの日照不足を心配していました。だけど、何が良かったのか?この1週間の成長は順調すぎて、5つのポット全て、美しく力強い本葉が出てきました。とても喜ばしいことなのですが、定植するのは2つだけの予定なので、順調すぎるのは最後が辛い・・・という幸せな悩みを抱えながら、また、1つポットを減らし4つにしました。ところで・・・新聞紙で...

  20. ヘチマのその後②21日目の苗たち - 身の丈暮らし  ~ 築60年の中古住宅とともに ~

    ヘチマのその後②21日目の苗たち

    これがボディスポンジなると思ったら、ニヤニヤしちゃいます。(笑)12粒の種のうち9粒発芽しました。新聞紙で作った育苗ポットも元気です。それぞれ個性はありますが、2粒づつ植えた6つのポットのうち、5つを残しました。ここは、欲をかかずに参ります。水をたっぷりあげたことで土が馴染んで少なく感じたので、ちょっとだけ培養土を足してあげました。少し過保護かな^^;だけど、どの子も子葉がしっかりと育ってい...

総件数:30 件

似ているタグ