ヘルパー編のタグまとめ

ヘルパー編」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはヘルパー編に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ヘルパー編」タグの記事(96)

  1. ヤバッ!台風来るぞ! - 夜つぐみの鳴くところで

    ヤバッ!台風来るぞ!

  2. 落羽松で寛ぐ【 201910/3(木) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    落羽松で寛ぐ【 201910/3(木) 】

    こちら昨日の秋ヶ瀬公園、カミさん撮りです。ラクウショウの木でツツドリが毛虫を食べていました。メタセコイアと樹影、樹高とも似ているのがスギ科のラクウショウ(落羽松)です。紅葉時になるとその葉がひらひらと羽のように落ちることから来ています。原産地は、北米・メキシコでメタセコイアと同じく湿地土壌を好み沼杉とも呼ばれます。ラクウショウとメタセコイアは、かつての日本でも見られた樹木として共通しており、...

  3. 南蛮のキセル - 夜つぐみの鳴くところで

    南蛮のキセル

    ちょっと珍しい植物を見かけました。こちらはハマウツボ科の一年草、ナンバンギセル(南蛮煙管)です。公園管理をしているご婦人に教えてもらいました。名前の由来は、花の姿を南蛮渡来の煙管(キセル)に見立てたもの。葉緑素を持たない寄生植物で、ススキ(薄)やミョウガ(茗荷)などの根に寄生する。高さは15~30センチとあるが、今回見つけたのは10センチ程度の小さなものばかり。群生しておらずススキの一帯にポ...

  4. カワセミ広場のお客さま【 20199/27(金) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    カワセミ広場のお客さま【 20199/27(金) 】

    こちら本日のカミさん撮りです。曼珠沙華に蝶がたわむれるカワセミ広場です。残念ながら主役は不在、でもチョコマカと動く鳥影が・・・うん?これは?ウグイスの様でもありますが?いやいやこのクッキリ眉は・・・仙台からのお客さまかも?いづれにしても変わり種の登場はうれしいものです(爆)

  5. スカシバる! - 夜つぐみの鳴くところで

    スカシバる!

    わんぱく小僧のスカちゃん昆虫らしからぬこの目がイイんですよね。こちらカミさん撮りです。1,200mm(DC-FZ85)から明るい600mm(DMC-FZ300)に変えました。F2.8通しだと曇天でも歩留まりが違いますね(爆)

  6. 今日だけ蝶だけ - 夜つぐみの鳴くところで

    今日だけ蝶だけ

    撮りまくり!こちらカミさん撮りです。

  7. またまたカワセミ広場にて【 20198/29(木) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    またまたカワセミ広場にて【 20198/29(木) 】

    こちら本日のカミさん撮りです。前回から一週間以上たちましたがあまり代わり映えしません。新旧入り交じって3羽のカワセミです。

  8. カワセミ広場にて【 20198/20(火) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    カワセミ広場にて【 20198/20(火) 】

    こちら昨日のカミさん撮りです。一番子と二番子でしょうか。まだ幼い子とすでに足が赤くなっている子が並んでいました。少し離れたところにもいて、新旧入り交じって3羽の幼鳥です。6月と8月、おおよそ60日間のインターバルで合計10羽が巣立ちました。この先みんなどこのシマで生きていくのでしょう(爆)こんなのくわえちゃって!タタキの練習は動画でどうぞ

  9. 灼熱のカワセミ沼では【 20198/6(火) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    灼熱のカワセミ沼では【 20198/6(火) 】

    こちら本日のカミさん撮りです。カワセミが巣立ちしたそうなので、猛暑にもめげず日陰で頑張った(爆)前回の6羽に続き、今回は3羽が巣立ったらしい。何ともシチュエーションが・・・カイツブリのウリ坊が4羽誕生していました。再びこいつに食べられる事がない事を祈るばかりです。

  10. 癒しの緑に包まれて - 夜つぐみの鳴くところで

    癒しの緑に包まれて

    広々とした田園風景は気持ちのいいものです。思わず立ち止まって眺めてしまいます。そんななかにも紅一点(爆)愛すべきキジ男の行動をウォッチングしてみました。少し進んではキョロキョロとあたりを見回しています。思わず出てくるこの言葉!その間の抜けた振る舞いはなんとも すっとんきょう(素っ頓狂)トンチンカン(頓珍漢)な動きは見ていて全然飽きないんですよね。こちらカミさん撮り。

  11. 月桃をゲット - 夜つぐみの鳴くところで

    月桃をゲット

    ゲットウ(月桃)は、ショウガ科ハナミョウガ属の多年草です。初夏に白い房状の花を咲かせ、秋になると赤い種子が熟します。熱帯から亜熱帯アジアに分布し、日本では沖縄から九州南部に分布しています。台湾での現地名 「月桃」は、花のつぼみが桃の形に似ていることから。南国のいかにも 「月の桃」 といった風情で異国情緒があふれていますね。沖縄では サンニン と呼ばれ、公園や道沿いなど普通に自生しているといい...

  12. 蓮の季節になりました - 夜つぐみの鳴くところで

    蓮の季節になりました

    いつもは近場の休耕田に咲く田んぼ蓮を楽しんでいたのですが、世話人おらずか、昨年から衰退、今年は完全消滅してしまいました。こちらが一昨年7月の模様です。梅雨とはいえ記録的な日照不足が続きますが、この日は少しだけ太陽が顔をのぞかせました。そこで古代蓮ではありませんが初めての所へ行って見ました。あわよくばハスカワも (^o^)ナンチャッテね。こちらカミさん撮り。お約束のカワちゃんもやってきてくれま...

  13. どこの馬の骨だか・・・ - 夜つぐみの鳴くところで

    どこの馬の骨だか・・・

    いえいえ「馬の鈴」なんです。ウマノスズクサ(馬の鈴草)は多年生のつる植物です。丸い花の形が馬の首に掛ける鈴に似ているとか。この植物は受粉の仕組みがなかなか面白いんです。糞や腐肉に似た匂いで小型のハエをおびき寄せ、花筒の奥の球形の部屋へと導きます。途中の花筒には逆毛があるため逆戻りは出来ず、一旦花の奥にある球形の部分に閉じ込められます。その後、雄しべが花粉を出すと花筒の逆毛が萎縮、部屋から出ら...

  14. もう半分まだ半分 - 夜つぐみの鳴くところで

    もう半分まだ半分

    今年も残り半分になってしまいましたね。今日7月2日は、半夏が生ずる頃の 七十二候「半夏生」です。夏至から数えて11日目頃に カラスビシャク(烏柄杓)の花が咲き、葉の半分ほどが白くなることからこの名前がついたとされます。九州地方では大雨が降り続いていますが、この時期に降る雨は「半夏雨」 と言って昔から大雨になることで知られています。とは言え、昨今の大雨は昔では考えられなかった異常レベルです。昨...

  15. カワセミ沼にて・・・【 20196/18(火) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    カワセミ沼にて・・・【 20196/18(火) 】

    こちら昨日のカミさん撮りです。6羽の幼鳥が巣立って10日あまり。すでに川へ移動した子もいる様です。疲れ知らずのスーパーパワー!もう少し望遠が欲しい!と言うので Lumix DMC-FZ48(600mm)から倍率2倍の Lumix DC-FZ85(1,200mm) に換えたのですが・・・テレ端だとフォーカスが甘くキレが悪い!で、結局心持ち控えめに使う様にご指導しています(爆)型番のDMCから「...

  16. 巣立ち翌日のカワセミたち【 20196/9(日) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    巣立ち翌日のカワセミたち【 20196/9(日) 】

    こちら昨日のカミさん撮りから。巣立ち二日目の幼鳥模様です。みなさんのお話を総合すると雛の数は6羽で決定の様だ。これまでこの沼で巣立ったカワセミの新記録だという。どうりで薄くなった髪を振り乱したお母さん! チョーお疲れなわけですね。渡り鳥の元気の元 イミダペプチド を飲ませてあげたい(爆)ぜひ動画もご覧下さい。今日は冷たい梅雨、みんなどうしてるかな?さあ次はまた元気にカワセミ広場で会おうね!

  17. カワセミ巣立ちました!【 20196/8(土) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    カワセミ巣立ちました!【 20196/8(土) 】

    こちら昨日のカミさん撮りです。カワセミ沼では今シーズン初のお披露目がありました。みなさんのお話では巣立ったのは4羽ではないかと。お疲れさまのご両親。風影さんからこんな差し入れが。右上にジャスピンの幼鳥です。カミさん側からはこんな感じ。本日6/9(日) 現在では増えているらしいです。そう幼鳥の数もカメラマンも(爆)確かな数はわからないもの、5羽は確実だとか、いや6羽だとか。それはそれは 久しぶ...

  18. 虎の子になったカイツブリ【 20196/4(火) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    虎の子になったカイツブリ【 20196/4(火) 】

    こちら悲しみに包まれるカワセミ沼です。子育て中のカイツブリ一家を惨劇が襲いました。ことの顛末は 風影さんのブログタクシー・カイツブリの乗客が...をご覧ください。悲しみを乗り越え虎の子ちゃんを大切に育ててね。悪魔の化身は追い払ってやりました。

  19. チキチキバンバンしちゃいます - 夜つぐみの鳴くところで

    チキチキバンバンしちゃいます

    こちら別所沼のバン親子です。見ていてほっこり、ホント面倒見がイイですね。子供たちの前でも兄弟作りに励んじゃいます(爆)

  20. みどりちゃん1号【 20196/1(土) 】 - 夜つぐみの鳴くところで

    みどりちゃん1号【 20196/1(土) 】

    ジジミチョウ(小灰蝶)の季節がやって来ました。こちらは森の宝石! オスのミドリシジミ(緑小灰蝶)です。寒波の影響が心配されましたが無事例年通りに出会えました。性別は開いてくれなきゃわからない(爆)メスの遺伝的多型である A/B/O/AB型 を探すのも楽しみです。こちらはカミさん撮りです。ありゃりゃ泡吹虫から吸水しちゃうの?ミズイロオナガシジミ(水色尾長小灰蝶)です。こちらは成長不全のウラナ...

総件数:96 件

似ているタグ