ベニヒカゲのタグまとめ

ベニヒカゲ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはベニヒカゲに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ベニヒカゲ」タグの記事(61)

  1. 秋の蝶達 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    秋の蝶達

    曇り空の1日でした。午前中、ご近所のアスターコリアナの散歩道、久し振りに1頭のクジャクチョウが吸蜜していた。ここのアスターコリアナの開花期はそろそろ終わりです。アスターコリアナの散歩道に隣接する湿地帯、アケボノソウの群生がある。先日来、観察しているがアケボノソウには殆んど蝶が来ない、不思議とイチモンジチョウのみ飛来するのを見かける。上記個体とは別個体だが、白帯が広い個体です。ーーーーーーーー...

  2. 湯の丸高原にて - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    湯の丸高原にて

    予報では比較的お天気良い筈だった、しかし、山では曇りがちのお天気だった。午前中、食材の買い物を終えてから遅くの時間帯ではあったが、おにぎり持参で湯の丸高原に出かけた。今日は到着早々にキベリタテハが飛んでいた!駐車した自身のタイヤに留まってくれた。2度の目撃情報のあったポイントなので、今日はやっと撮れた。その後、飛ばれて曇り空なので諦めて、ベニヒカゲのフィールドへ移動した。メスが沢山飛び交って...

  3. 高原の蝶-1(ベニヒカゲ、クジャクチョウ:2020/8/19) - 小畔川日記

    高原の蝶-1(ベニヒカゲ、クジャクチョウ:2020/8...

    8月19日は腰の調子もだいぶ良くなって、運転の不安もほぼなくなったので、ベニヒカゲとクジャクチョウ、アサギマダラなどを見に出かけることにした。枚数が多いので、2回に分け、今回は、時系列ではなく、それぞれの種別に写真を載せたいと思います。現地に10時くらいについて歩き始めると、アキノキリンソウで吸蜜するベニヒカゲが目に入った。家内撮影取りあえず雌雄の吸蜜が撮れたので、一安心。マルバダケブキにも...

  4. 蜜です! - 不思議の森の迷い人

    蜜です!

    8月の下旬、Yさんと一緒にkomugiさんの車で長野県東部の高層湿原にベニヒカゲを見に向かいました。途中、スキー場を通るとベニヒカゲが何頭か翔んでいました。目的地に着く前にベニヒカゲの雌を撮ることが叶いました。そして、ゲレンデの少し先の林間でYさんとkomugiさんがアサギマダラを見つけ車を止めました。少し距離があります。一頭見つかると、アサギマダラは次々と姿を現します。近くのヒヨドリバナに...

  5. 高原撮影第10弾、アキノキリンソウに集う、ベニヒカゲ(2020/08/21)②東信・群馬 - 里山便り

    高原撮影第10弾、アキノキリンソウに集う、ベニヒカケ...

    前回苦戦した 'ベニヒカゲ' に、再び挑みます。今回リーダーの 'Sit彡' の要望でもありました。県境稜線を跨ぎながらの探索です。各ポイントには先客があり、 'ベニヒカゲ' 有の確信を得ながら移動していった。勿論ここでの先達さんは '浅間の煙彡' です。前回は雄個体のみ、今回は雌個体も発生しているの...

  6. 終盤の湯の丸高原へ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    終盤の湯の丸高原へ

    天気予報では日中の天気は良かった筈でしたが、曇り時々晴れとあまり良くはなかった。今期の終盤が間近な湯の丸高原へ爺・婆・わんこで今日もコンビニ弁当持参でピクニック気分のお出かけでした。お天気が差ほどに良くなかったので、むしろ寒いくらいでした。まだ緑系ゼフが見られました。ジョウザンミドリシジミだと思います。白樺止まりのキベリを期待したけど、残念ながらエルタテハでした。キベリタテハと同じ食樹である...

  7. 昨日と同じパターンアサギマダラとベニヒカゲ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    昨日と同じパターンアサギマダラとベニヒカゲ

    今日も朝から天気良く、昨日と同じ行動パターンでした。今日もアサギマダラの里で渡り前の集団を観察してた。お昼前にはベニヒカゲの観察でした。意図せずハイキーな感じに写っていた。今期、初見の交尾ペアだった。交尾ペアに強引に割り込むオスの行動でした。メス少し違和感があるオスが居た。綺麗なメスこれも違和感のあるオスだった。以下、メス個体今日見たクジャクチョウキバネセセリイチモンジセセリコヒョウモンモド...

  8. ベニヒカゲ /  アサギマダラ - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ベニヒカゲ / アサギマダラ

    朝から快晴、午前中、今日も暑くなりそう、爺・婆・わんこで湯の丸高原に避暑に出かける。時系列的には前後するが、お昼時にはコンビニ弁当持参で地蔵峠で何時ものピクニック気分で昼食、その後はベニヒカゲの観察。マルバダケブキやアキノキリンソウで吸蜜する様になったら、ベニヒカゲも終盤が近付いたと感じる。アキノキリンソウも咲いて来たので、吸蜜シーンも良く見られる。ハクサンフウロまだ咲いている。この花で吸密...

  9. ベニヒカゲ高原の蝶① - 蝶のいる風景blog

    ベニヒカゲ高原の蝶①

    高原の風は爽やかだった。連日35度という酷暑が続いている。地元のフィールドでは蝶の姿がめっきり少なくなってしまった。この暑さでは蝶もお休みモードなのだろう。高原の気温は20度ちょっと。暑さはまったく感じない。マツムシソウやアキノキリンソウが咲いていた。6月初めの北海道旅行以来、県外移動を自粛していた。もう1ヶ月半になる。そろそろ蝶の季節も終わりが近づいて来た。高原に出掛けて蝶たちと会いたいと...

  10. 昨日の湯の丸高原 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    昨日の湯の丸高原

    お盆休み最終日(8/16)の湯の丸高原で蝶と遊んだ記録です。アサギマダラの里ではやっと大集結状態でした。湯の丸でも多いです。浅間山系の高山蝶3種の最後を謳歌するベニヒカゲが間もなく最盛期になります。まだヒョウモンチョウも健在です。コンコン平ではコヒョウモンも混生しています。

  11. 高原撮影第9弾、手強かったベニヒカゲ(2020/08/11)東信 - 里山便り

    高原撮影第9弾、手強かったベニヒカゲ(2020/0...

    ご迷惑をおかけしましたが、自力でネット環境を構築、やっと解決が出来たかな?そんなわけで遅れ遅れのブログの再開です。例によって不調続きの空模様、前々から計画はあったのですが、足踏み状態でした。「風任せ自由人」の 'maximiechan彡' とフライイング覚悟で出かけましょうとお誘いを戴いた。天気予報では1日中曇り、日本海側では、台風が熱帯低気圧に変わり始めた頃でした...

  12. 盆休み最終日の湯の丸高原 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    盆休み最終日の湯の丸高原

    朝から快晴、例年なら孫娘達と高原にピクニックなのですが、今年はコロナのこともあり、孫娘の林間学校は実現出来なかった。そこで、爺婆とわんこだけでコンビニ弁当持参で地蔵峠へピクニックに出かけた。今日が盆休みのリフト運行最終日なので、昼食後、爺だけリフトに乗ってコンコン平へ上がった。ちょうど、村の仲間達(嬬恋村高山蝶の会)がパトロールの日で偶然お会いしました。チョウ類保全協会の理事長Mさんもご同伴...

  13. ベニヒカゲのメス発生でした! - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ベニヒカゲのメス発生でした!

    昨日の湯の丸高原で初めてベニヒカゲのメスの発生を確認したので、まとめてUPします。湯の丸高原にはベニヒカゲのメスには白帯型と黄帯型が生息してます。先ずは白帯型です。黄帯型のメスハクサンフウロで吸蜜する白帯型メスが蜂に割り込まれてしまうシーン、面白かった。ハクサンフウロで仲良く吸蜜する雌雄のペアでした。アザミで吸密するメスに求愛するオスでした。アザミで吸密するメスにウラギンヒョウモンがアタック...

  14. ベニヒカゲのメス発生始まる - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ベニヒカゲのメス発生始まる

    朝から晴れて良いお天気でした。午前中、湯の丸高原でベニヒカゲのメスの発生を確認して来ました。早朝にはヤマキチョウ♂が羽化しました。詳細は明日にUPとします。ベニヒカゲの白帯タイプのメス午前6時40分頃にヤマキチョウ♂が羽化しました。

  15. ベニヒカゲなどヒカゲチョウの仲間in2020.08.02&08.11 - ヒメオオの寄り道

    ベニヒカゲなどヒカゲチョウの仲間in2020.08.0...

    昨日は猛烈な暑さを避けて上信国境に「ベニヒカゲ」に逢いに出かけてみました。今のところ新型コロナに職場内でも家庭内でも運よく感染者が1人もまだ出ていません。まだ発症していないだけかもしれないので、今回はマスクをして、他人との距離を保って1人での訪問にしました。in2020.08.11上信国境****************************************************...

  16. 晴天の湯の丸高原 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    晴天の湯の丸高原

    久し振りに朝から晴天の1日でした。午前11時頃、湯の丸高原に出かけて来ました。アサギマダラはかなりの個体数が集結して来ました。普通に見られる様になったクジャクチョウヒメキマダラヒカラ何だ、何だ、これぞウラギンヒョウモンだと言わんばかりの凄い裏銀だった。オオチャバネセセリヤナギランを食草にするイブキスズメガの幼虫ベニヒカゲのメスが発生していないかと2ヶ所を散々探したけど、今日は見つけることが出...

  17. ベニヒカゲのみの1日でした - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ベニヒカゲのみの1日でした

    今日もお天気良くなくて、1日ドン曇でした。午後、今期初めて嬬恋村のベニヒカゲを観察して来ました。黒斑山を眺める。水ノ塔山、東篭ノ登山方面、稜線が分水嶺(県境)左、日本海右、太平洋です。ドン曇なのでベニヒカゲは下草に潜り込んでる個体が殆んどです。オスのみだがまずまずの個体数発生してます。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー場所を移動して、信州側のフィールド、先日から観察し...

  18. 再びベニヒカゲなど - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    再びベニヒカゲなど

    お天気良くて、一昨日に続いて湯の丸高原のベニヒカゲなどに出かけました。ベニヒカゲはオスばかり、10頭程度で殆んど個体数の変化が無くて少なかった。ミヤマカラスアゲハ♀の綺麗な個体がアザミで吸蜜していた。アカセセリ♀はアザミやハクサンフウロで吸蜜。次第に個体数が増えて来たアサギマダラはあちらこちらで見られます。クジャクチョウの復活は嬉しい。ミヤマシロチョウは毎回1,2頭見かけていたが、斜面を滑る...

  19. ベニヒカゲとクジャクチョウ - 風任せ自由人

    ベニヒカゲとクジャクチョウ

    そろそろ発生しているかなと思ってベニヒカゲのポイントに出かけた。ポイント到着前に車道沿いやちょっとした草原でも色々な出会いがあって、それだけでも出かけた甲斐があった。ベニヒカゲは、以前から撮影している場所では見つからなかったが、昨年教えてもらった多産地では数匹確認できた。クジャクチョウはこの場所の後に移動した草花の群れ咲くポイントも含め、各所でかなりの数を確認できた。ベニヒカゲクジャクチョウ

  20. ベニヒカゲ / クジャクチョウの季節到来 - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ベニヒカゲ / クジャクチョウの季節到来

    やっと梅雨明けの湯の丸高原、午前10時過ぎに遅め目のお出かけでした。やはり気になるのはベニヒカゲの発生状況、今日は10頭程度のオスが羽化してました。今年もクジャクチョウの季節がやって来ました。5、6頭のクジャクチョウと遊んで見ました。その他の蝶に関しては、明日のUPとします。

総件数:61 件

似ているタグ