ベニヒカゲのタグまとめ

ベニヒカゲ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはベニヒカゲに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ベニヒカゲ」タグの記事(36)

  1. 晩夏のベニヒカゲなど - 蝶超天国

    晩夏のベニヒカゲなど

    8月25日夏の暑さが続き夜も睡眠も十分とれず少し夏バテ気味です。避暑を兼ねて車で行けて高山蝶であるベニヒカゲが見られる場所に行くことにしました。既にピークは過ぎていると思いましたが・・・・現地に到着するとすぐにベニヒカゲが沢山目に入りました。マツムシソウには沢山集まっているシーンが見られました。いろいろな花に吸蜜してました。黄色の花も好きなようです。マルバタケブキはオオチャバネセセリと場所の...

  2. いまどきのベニヒカゲ - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    いまどきのベニヒカゲ

    昼食後、久しぶりに秋の山中に出かけた。地蔵峠までの往路では雲がかかって天気悪かったのですが、峠に上がったら何と晴れて来ました。左が烏帽子岳、右が湯の丸山アキノキリンソウの黄色で、すっかり湯の丸高原は秋の装いです。今時のベニヒカゲの現状が気になって、何時ものフィールドに踏み込んでみた。アキノキリンソウでベニヒカゲのメス。アキノキリンソウでベニヒカゲのオス以下、全てメスコウゾリナで吸蜜ハクサンフ...

  3. 2019年8月下旬ベニヒカゲの高原 - 春ちゃんのメモ蝶3

    2019年8月下旬ベニヒカゲの高原

    2019年8月25日今日の目的は、ベニヒカゲを広角で背景を写し込むことです。時期的にはちょっと遅いかもしれません。7時半、麓に到着。林道脇の葉上では、まだアサギマダラは翅を立ててお休みモード。ポイントに到着。牛の放牧地に入ると糞だらけ。古いのから新鮮なものまでいろいろ。踏まないように気をつけましょう。遠くの木陰に2頭牛が見えました。この子たちのモノですね。お目当てのベニヒカゲは飛び回っている...

  4. 秋風吹く高原でした - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    秋風吹く高原でした

    午前中は晴れて来たので、山中に探索に出かけるが、山は天気悪く地蔵峠に着いたときは空は真っ暗でした。如何しようかと思ったけど、予定したコースの通り、車坂峠に向うことにした。山の天気は変わりやすいので晴れるのを期待しての強行軍、途中で今期最後のベニヒカゲでもと思って、フィールドに入るけどドン曇では殆ど姿を見せません。暫くすると風が吹き始め、それに合わせて雲が急速に流れて薄日が射してきたので、ベニ...

  5. ベニヒカゲの高原で-1(ベニヒカゲ:2019/8/21) - 小畔川日記

    ベニヒカゲの高原で-1(ベニヒカゲ:2019/8/21)

    8月21日はFarfallaさんとベニヒカゲの撮影に行ってきた。ここに来るときの天気予報では、午前中は天気が持つけど午後からは雨になるとのこと。下から見た時には目的地は雲の中だった。上がってくるにつれて雲の間に青空が見えてきたのでほっとする。9時少し過ぎにポイントに着いて、歩き始めるとすぐにヤナギランにベニヒカゲが吸蜜に来てくれた。ヤナギランにはなかなか吸蜜に来ないので喜んで撮影する。それ以...

  6. 今日も山入りでした - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    今日も山入りでした

    今日もお天気良いらしい、出かけるつもりは無かったのだけど、妻がおにぎりを作っており、出かけるんでしょう?と言う。そこまで言われると出かけない訳には行きませんね。連日で山入りとなった。(^.^)午前9時頃、何時もの林道経由で出動でした。連日のベニヒカゲなので今日は第一ポイントでハンゴンソウ吸蜜個体を観察する。クガイソウの葉裏を見ると何箇所もコヒョウモンモドキの幼虫の食痕があります。小さな初齢幼...

  7. ベニヒカゲ秋の高原の風物詩 - 蝶のいる風景blog

    ベニヒカゲ秋の高原の風物詩

    秋の高原が美しい装いを見せて来た。ヤナギラン、フウロ、アキノキリンソウ、マルバダケブキ、アザミなどが花盛りになった。高原の花園を可憐に飛ぶのはベニヒカゲだ。皮肉にも今年は7月がずっと雨、梅雨明けわずかの期間は夏本来の猛暑がやって来たが、台風10号が本土を縦断してからはまた、毎日不安定な天気になってしまった。ベニヒカゲは今月6日頃からオスの発生が始まったようだ。お盆頃にはメスも発生、今がベニヒ...

  8. 午前中のみ山中散策 - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    午前中のみ山中散策

    浅間高原は午前中のみ晴れ時々曇り、午後は雨の予報でした。そんな事で貴重な午前中に山中で散策を楽しんで来ました。以下、時系列的には順不同です。ベニヒカゲのメスの発生状況を確認しましたが、今はメスが30%といった感じです。アキノキリンソウで吸密するオス以下、全てメスマルバダケブキで雌雄が仲良く吸蜜過去、キベリタテハのよく見られたポイントではエルタテハの吸水シーン。秋型のシータテハが1頭のみ居まし...

  9. ベニヒカゲなどなど - チョウ!お気に入り

    ベニヒカゲなどなど

    お花畑ではクモマベニヒカゲと一緒にベニヒカゲもいました。しかしながらベニヒカゲはお花畑より少し湿ったガレ場で多く見かけ、汗にも反応していました。クモマベニヒカゲとベニヒカゲ、よく似ているようですが生態は異なるようです。お花畑で訪花中のベニヒカゲ。お花畑を飛翔します。でもベニヒカゲはガレ場のほうがよく目につきました。休憩していたら、私のストックの周りを飛び、柄に止まりました。汗にも反応するよう...

  10. 高原でその2(ベニヒカゲ) - 風任せ自由人

    高原でその2(ベニヒカゲ)

    今回の高原での第一目的はベニヒカゲだった。現地に着いて車を停めると、車の下や周りに多くのベニヒカゲが飛んできた。道は斜面を横切っているが、上の斜面を見るとちょっと飛び方が緩やかなベニヒカゲが目に入った。恐らく雌だろうと思って見ていると草に留まった。近寄って翅を覗き込むとまさに雌のベニヒカゲだった。慌てて車からカメラを取ってきて撮影した。ベニヒカゲ雌(最初の1枚)その後は下の斜面を中心に探蝶を...

  11. ベニヒカゲのメス探し - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ベニヒカゲのメス探し

    久しぶりにお天気良くて、午後、山中にベニヒカゲのメスの発生確認に出かけた。既にメスも沢山発生していると思ったが、意外と少なく10%程度がメス個体だったでしょうか。黄帯タイプのメス白帯タイプのメス白帯がとても発達した個体だった。以下、全てメス個体。今日一番綺麗だったメス雌雄、左オス、右メスメスは縁毛が白くてオスより綺麗ですね。これはオスだけど、左前翅のみ白化していたけど、何だか変でした。午後3...

  12. 高山、里山、街中のヒカゲチョウの仲間in2019.06~07北海道・長野・埼玉 - ヒメオオの寄り道

    高山、里山、街中のヒカゲチョウの仲間in2019.06...

    日本で最も高い山に棲むヒカゲチョウの仲間というとタカネヒカゲですが標高2,800mまで登る根性のないヒメオオは標高2,000mという高さだけで大雪山に棲む「ダイセツタカネヒカゲ」を撮影に出かけてみました。標高2,000mといっても7月初旬だと急な雪渓を6個(小さいものばかりですが)も横断して登攀する必要があり恐々と何とか9時頃に蝶のポイントにたどり着きました。そこはウスバキチョウのポイントで...

  13. 午後は山中でした - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    午後は山中でした

    午後はおにぎり持参で湯の丸高原に出かけた。ベニヒカゲのメスの発生確認が主たる目的だった。沢山のベニヒカゲを見たけど、オスばかりでした。それでもハクサンフウロで吸蜜するシーンが沢山あったから良かったです。今日はメスは無理だと思ったけど、撤収間際に1頭だけ見つけることが出来ました。結論、まだメスの発生には早いです。その他の蝶をUPしておきます。コヒョウモンモドキがボロボロでしたが見られた。コヒョ...

  14. ベニヒカゲ発生しました - 2019 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    ベニヒカゲ発生しました

    お昼時、恒例の孫達とのお山ピクニックで地蔵峠に全員で出かけた。ピクニックテーブルでみんなでコンビ弁当を食べる。その後、何時ものことなのですが、爺のみ山に入ってベニヒカゲの探索でした。今シーズンの山の蝶は発生が遅れる傾向にあるので、果たしてベニヒカゲの発生が見られるかと思ったが、直ぐに1頭のオスを発見した。とても敏感で追尾を繰り返す。その後が見られなかったので、奥地に移動してやっと2頭目のオス...

  15. ☆ジョウザンミドリシジミ・ベニヒカゲ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ジョウザンミドリシジミ・ベニヒカゲ☆

    29日、ミヤマシロチョウやキバネセセリ以外にも、沢山のチョウとの出会いがありました。今日は、ジョウザンミドリとベニヒカゲです。車止めの手前で、今まで立ち入った事のなかった、草地を歩いてみました。草地の縁の、シダに止まるコを発見。誰?・・・だいぶ傷んでいます。写していると、少し翅を開きました。美しいブルーが目に飛び込んで来ました。以前、別の場所で写した事のある、ジョウザンミドリシジミの様です。...

  16. 孫と一緒にベニヒカゲ撮影(2018/8/17) - 小畔川日記

    孫と一緒にベニヒカゲ撮影(2018/8/17)

    8月17日は孫を連れて東信の山にベニヒカゲを撮影に行った。16日までは暑かったけど、この日は寒冷前線が降りてきて風が強く気温も下がってきた。朝食をとっているときに、今日はどうしよう、明日にしようかと家内に言ったら、明日は土曜日で両親もいるし、予定が入っていて行けないとのこと。ゲームばかりでなく、夏休み中に一度くらいは自然の中に連れていきたいということで、蝶に関しては撮影できなくてもしょうがな...

  17. まだまだ新鮮だったベニヒカゲ - 風任せ自由人

    まだまだ新鮮だったベニヒカゲ

    1週間前のことになるが、「蝶のいる風景blog」のFarfalla65さんと現地近くの駅で合流して高原に出かけた。その日は晴れになるという天気予報で、実際殆どの場所は晴れていたのだが、どういう訳かここでと思っていた場所の上空だけ雲がかかっていた。しかし、そんな場所だからか、既に終盤を迎えていると思われるベニヒカゲだったが、まだまだ新鮮な個体が多いので驚いた。まあそんな天気だったので、ベニヒカ...

  18. メスグロヒョウモン、ベニヒカゲなど(2018/08/05) - Sky Palace -butterfly garden- II

    メスグロヒョウモン、ベニヒカゲなど(2018/08/05)

    北海道の旅行の最後に、帯広空港から30分ほどで行ける林道に舞うチョウを狙うことにしました。まず出迎えてくれたのは夏型のサカハチチョウ。結構な個体数見られました。■サカハチチョウArachnia burejanaサカハチチョウと同所的に、アカマダラも飛んでいました。アカマダラの方が発生が早く、ほとんどはボロボロです。■アカマダラArachnia levanaクロヒカゲが林道のあちこちでべったり...

  19. ベニヒカゲ(2018/08/15)東信遠征② - 里山便り

    ベニヒカゲ(2018/08/15)東信遠征②

    今回も撮影順不同で掲載しています。到着早々まったく見られなかった 'ベニヒカゲ' がやっと出現です。訪花吸蜜はせず、殆んどの個体が車道を低空飛行していて止まりません。やっと道端に静止です。今期初見初撮りです。ベニヒカゲ♂(紅日影)準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト)The Japanese Argus [Erebia niphonica]'キベリ...

  20. ベニヒカゲ蝶友に誘われて - 蝶のいる風景blog

    ベニヒカゲ蝶友に誘われて

    「風任せ自由人」さんから「ベニヒカゲの観察に行きませんか」とお誘いを受けた。喜んでご一緒させて頂くことになった。僕は新幹線、風任せさんは車で、途中で合流させて頂くことになった。昨日は朝起きるとちょっと肌寒かった。明け方まで雨が降っていたが、その後はうそのように青空が広がっていた。ベニヒカゲは3日前にも観察しているが、そこは傷んだ個体も多くなっていた。どうだろうか。わくわくする。だが、発生地に...

総件数:36 件

似ているタグ