ベロセットのタグまとめ

ベロセット」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはベロセットに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ベロセット」タグの記事(61)

  1. 1958 VELOCETTE VENOM クランクシャフトベアリングエンドプレイ&オイルポンプ - Vintage motorcycle study

    1958 VELOCETTE VENOM クランクシャ...

    今日はIさんのベロセット・ベノムのまとめブログ。クランク組付けまで終わり、その続きクランク軸受けベアリングとオイルポンプ編。クランク軸受けベアリングは両サイド同サイズのテーパーベアリング。テーパーベアリングなので0.05mm~0.1mm程度与圧をかけ組付けます。与圧のかかりっぷりを調整するのが難しっていうお話です。うちでは、ベアリングレース側、テーパーベアリング側共にダミーベアリングを作って...

  2. 1958 VELOCETTE VENOM クランクバランス芯出し - Vintage motorcycle study

    1958 VELOCETTE VENOM クランクバラ...

    今日はIさんのベロセット・ベノムのまとめブログクランク組付け、芯出し編です。クランクバランスどり後のお話。クランクビッグ部へのオイルライン、穴位置が少々遠いため、オイル位置加工。元穴はイモネジで埋め、クランクピンのオイル穴にちゃんとオイルが行くように。また、タイミングサイド側クランクシャフトの先端部テーパーは痛んでいたのでテーパー加工。ここのテーパー部が駄目だと偏心検査器を使ってクランクシャ...

  3. 1958 VELOCETTE VENOM クランクバランスどり - Vintage motorcycle study

    1958 VELOCETTE VENOM クランクバラ...

    今日はIさんのベロセット・ベノムのまとめブログクランクバランス編です。なんだか思いのほか写真を撮っていませんでしたので、残念ではありますが、そこはブログの良さ、文章でカバーします。まずは重量チェック。ピストンは元々付いていたヘポライト製の.040”o.s(ピン・クリップ・リング含む)と新たに使うオメガ製.060”o.s(ピン・クリップ・リング含む)を計測。元々のヘポライトピストンSETに比べ...

  4. 1958 VELOCETTE VENOM コンロッド周り加工 - Vintage motorcycle study

    1958 VELOCETTE VENOM コンロッド周り加工

    今日はIさんのベロセット・ベノムのまとめブログクランク編です。元々持ち込まれたエンジン異音の原因はここだ!ってことで、終了していたコンロッドビッグエンド部を直していくお話です。分解時のビッグエンド部。クランクピンは剥がれが起きていまして、ローラーも摩耗が激しいく使い物にならない。が、ベアリングレースは状態がそこまで悪くない。使い物にならないクランクピンは新品購入クランクピンはベアリングレース...

  5. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1975 XLH 1000Tさんのアイアンスポーツ引き続き分解、計測作業が続く。クランクスプロケットシャフトベアリングレース抜き取り計測。またカムベアリング圧入部も計測し圧入プリ問題なし。ヘッド側の計測作業へロッカー分解し計測。ロッカーアームシャフトは問題なし。ブッシュは交換。バルブ&バルブガイド計測。バルブガイドは当時物が入っていますね。クリアランス0.1mm以上あるのでバルブ、ガイド共に...

  6. 1958 VELOCETTE VENOM エンジン分解 - Vintage motorcycle study

    1958 VELOCETTE VENOM エンジン分解

    そろそろ卒業のIさんのベロセット・ベノム全然まとめブログを書いていなかったので急いで書いておきます。エンジンメカノイズが酷くなってきたという事で、エンジンOHで入学のIさん。昔にスイングアームの曲がりなど車体リア周りの修理を行った車両です。エンジン腰下分解。メカノイズはゴロゴロといった音でありまして、ヘッド周りのノイズとは思えない。エンジン腰下の音と思われる。ピストンシリンダーの抱き付き跡な...

  7. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1971 XLCH 900Sさんのアイアンスポーツはクランク周り分解。コンロッドスモールエンド部の振れチェックし、3mm以上なのでビッグエンド部のクリアランスは0.1mmぐらいありそう。クランクシャフトの振れっぷりは両サイドシャフトともに0.05mm。分解し計測作業開始。1964 COTTON/TRIUMPHフレーム問題続出のKさんのコットン/トライアンフダミースイングアームシャフト作り(元...

  8. 日曜日の授業風景~ヴェロセット憧れな私~ - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景~ヴェロセット憧れな私~

    1975 XLH 1000今日から授業開始のTさんのアイアンスポーツTさんは以前にBSA A65をOHした卒業生。BSAの時は付いているものが付いていない車両で苦労しましたので、今回その失敗を教訓に教材社はちゃんとついているものが付いている車両をチョイス。本当うちはリピーターの人によって成り立っていますね。有難う御座います。オイルタンク、バッテリーマウント、スターター周り分解しシリンダーヘッ...

  9. 日曜日の授業風景~いつも回り道~ - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景~いつも回り道~

    1948 INDIAN CHIEFTさんのインディアン前回プランジャーサスペンションのスプリングリテーニングナットを回す治具を作りまして、今回本組。グリスを思いっきり塗っていおいて、市販されているコンプレッサーを使い組付け。話はギアボックス周りへ。シフターシャフトとケース側に0.1mm程度のガタがありまして、シフターシャフトをハードクローム&研磨しシャフト径を9.5mm~9.6mmに。ケース...

  10. 日曜日の授業風景~俺たちの白煙問題~ - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景~俺たちの白煙問題~

    エンジン始動し、卒業間近の2台。ですが、2台とも白煙問題が。。。。揃って色々とチェックしていきます。1958 VELICETTE VENOMIさんのベロセット始動し白煙が出ていましたが、試乗後リングが馴染むパターンもあるので今回初試乗。まずは1時間程度試乗。エンジンは暖まりきり白煙は出ないように。一旦、エンジンを冷ます。その間に改めてタペットクリアランスチェック。冷めきったとこでエンジン始動...

  11. 月曜日の授業風景~問題解消をするべく~ - Vintage motorcycle study

    月曜日の授業風景~問題解消をするべく~

    1948 INDIAN CHIEFTさんのインディアン分解・清掃・組付けまで終わっているホイール周り、ベアリング組付け振れとりをしていきます。摩耗が酷かったスプロケットは新品に交換。ハーレー用の社外スプロケットは偏心していることが多く、振れっぷりを調整後リベットを打ちます。インディアンは分かりませんが、リベットを打つ前に仮組します。片側の軸受けベアリングはホイール側に受け、片側のベアリングは...

  12. 土曜日の授業風景~やはり作り物いっぱい~ - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景~やはり作り物いっぱい~

    1952 FL 1200Dさんのパンヘッド前回T/Mカウンターシャフト1st,2ndギア周りの調整ごとが終わり、その続きから。カウンターシャフトニードルローラー取り付け、STDローラー取り付け0.04mmのクリアランス。エンドプレイワッシャー研磨し厚み調整。カウンターギアのエンドプレイ調整。0.2mm程度に。メインシャフト・カウンターシャフト本組。新たに手に入れたメカニカルトップシフターカバ...

  13. 土曜日の授業風景~久しぶりのA65~ - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景~久しぶりのA65~

    1970 BSA A65今日から授業開始のMさんのBSA殆どバイクをさわったことが無いMさん。が車体回りはアメリカインチ。エンジン回りはイギリスインチ、おまけに日本にあった車両なのでミリも混じるといった、三種のスパナを用意しつつの分解作業。まず工具選びが大変であります。ロッカーカバーを開け、ロッカーアーム抜き取り。A65はヘッド分解のため、ロッカーアームをこの時点で抜き取る必要がある。シリン...

  14. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1958 VELOCETTE VENOMIさんのベロセットキックアームのエキパイ干渉問題を解消し、オイルタンクのマウント位置を変えたことにより、ガスタンクマウントボルトの延長などなど、細かなことを終わらせ、オイルを回し、エンジン始動。あっけなくエンジン始動しスロー調整。中古コンセントリック930を付けていまして、ちょっとアイドリングを低回転にすると不安定気味になる。この辺りは試乗しつつ調整。...

  15. 土曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景

    1979 FXS 1340Fさんのショベルヘッド前回カムブッシュとピニオンブッシュを単品製作まで終わってます。今回はブッシュ加工し取り付け。純正ピニオンブッシュのオイル経路の〝逃げ”部分は段加工してあります。逃げ部分が多いため、ピニオンブッシュ圧入時にブッシュが斜めに入り込む懸念があり、今回エンドミルでオイルラインを作りブッシュの嵌め代面確保します。旋盤でエンドミル加工できるように、治具製作...

  16. 1960 VELOCETTE VIPER キャブ交換~キャブは消耗品~ - Vintage motorcycle study

    1960 VELOCETTE VIPER キャブ交換~...

    1960 VELOCETTE VIPERもう7年ぐらい前にOHしたSさんのベロセット。7年、早いですね、どんどん時間が過ぎていきます。エンジンのかかりが悪くなったとのことでお預かり。Sさんはマグネトー問題ではないかと考えていましたが、私が見る限りマグは問題がなさそう。キャブが問題ではなかろうかということで、キャブ回りチェック。もともと使っていたキャブはモノブロック376/61、当時バイパーで...

  17. 土曜日の授業風景~配線図が欲しい~ - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景~配線図が欲しい~

    1952 FL 1200Dさんのパンヘッド今日はまずギアボックスの修正作業から。マウントボルト部に不良があったため、肉盛り溶接をしたケース。メインドライブギアベアリングレース部は歪むことを考え予め治具製作し取り付けて溶接したが、残念ながら0.03mm歪んだ・・・。とりあえず、治具取り付け平面研磨機にてマウントスタッド面部分研磨し4か所のマウント位置の高さが同じ高さにしてスタッド交換し完了。....

  18. 土曜日の授業風景~そこに原因がある~ - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景~そこに原因がある~

    1978 FXE 1200今日は以前VMSでOHしたショベルの整備。現在トラ750ユニット整備でVMS通い、登校バイクとなっていたショベルですが、プラリマリーチェーンが随分伸びているようだったのでチェーン交換。チェーンスライダーも随分減っていたため交換。問題はこうなった原因でありまして、この車両はエンジンとプレイマリーオイル別体化してるもので、プライマリーオイルを入れてあったのですが、その...

  19. 土曜日の授業風景~切れすぎて怖い~ - Vintage motorcycle study

    土曜日の授業風景~切れすぎて怖い~

    1979 FXS 1340Fさんのショベルヘッドトランスミッションの組み立てが終わり、ヘッド周りの作業へ。まずはヘッド面の面研作業。いつものように、ヘッドボルトネジ部が引っ張られています。今回はバルブガイドの状態が良かったのでそのまま使用。使うバルブはステム径が少々太くなっているO.Sステムのバルブを使い、バルブとガイドのクリアランス調整。100分の1mm刻みであるリーマーを使いガイド内径拡...

  20. 日曜日の授業風景 - Vintage motorcycle study

    日曜日の授業風景

    1958 VELOCETTE VENOMIさんのヴェロセットダウエルピン位置の螺子穴修正する際にピン抜き取り、微妙に変形したのでダウエルピン製作。微妙に穴位置が合わない、ガスケット修正。また、キックカバーのガスケットは単品製作。(もともと無い)キックカバーマウント螺子穴もなめていたのでヘリサート加工。ギアボックスアウターカバー取り付け、プライマリー周りも取り付け、次回配線作業。1972 XL...

総件数:61 件

似ているタグ