ペルーのタグまとめ

ペルー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはペルーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ペルー」タグの記事(52)

  1. シンバル・賑やかな春 - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    シンバル・賑やかな春

    賑やかな春の行進が始まるシンバル一閃、春が来た!ってならないものでしょうかね。今日は風が冷たく後ろ戻りしたような寒さでした。コロナの恐怖が去って賑やかな春が来るといいのですが。今日は昼から孫のhinaちゃんがやってきて、Aといっしょに「いちご大福」作りをしました。絵手紙にしたかったのですが、ただ丸いだけで絵にならなくて(笑)(ふぅふぅc)春の読書2小池真理子『感傷的な午後の珈琲』河出文庫才能...

  2. ペルーのひとり楽隊・にぎやかに - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    ペルーのひとり楽隊・にぎやかに

    にぎやかにやろうじゃないか世の中コロナウイルスの影響で逼塞しています。なにか明るい話題はないでしょうかね。気分だけは賑やかにいこうじゃありませんか!今日もお部屋の断捨離に取り組んでいます。庭の草取りをいれてごみ袋が5袋!もできました(笑)(ふぅふぅc)いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。見たよ、のしるしにクリックよろしくお願いしますにほんブログ村

  3. ペルーについて(参考図書案内) - アンデス-アマゾンーアメリカラティーナ

    ペルーについて(参考図書案内)

    『[新版]ラテンアメリカを知る事典』 1987年に初版が出て、99年に新訂増補版が発行されて以来、四半世紀ぶり久々の改訂版である。80年代後半のラテンアメリカ経済危機、累積債務問題による長期経済成長の停滞の時期は、軍政から民政への転換、左右勢力の凄まじい中米での内戦が終結する一方で、ペルー、コロンビアでの左翼武装ゲリラの暗躍、ベネズエラでのチャベス政権の発足などがあった 90年代に続く 2...

  4. 大きな口をあけて歌える日まで - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    大きな口をあけて歌える日まで

    大きな口をあけて歌える日までがんばろう僕にはコーラス仲間がたくさんいます。コロナウイルスのために合唱の練習は中止になり、いろんな演奏会も中止になってしまいました。僕はコーラスは引退しましたが、みんな歌えなくて辛い毎日を送っていることでしょう。もう少しがまんしようね。暇になって部屋の片づけをしていたら、こんなのが見つかりました。37年も前の年賀状です。この頃は干支にちなんだ歌を探してきて年賀状...

  5. アマゾン川(ペルー)の野鳥と動物 - oto-のPhoto Gallery

    アマゾン川(ペルー)の野鳥と動物

    熱帯雨林を流れるアマゾン川上流(ペルー)の野鳥です。パヤヤ・サミリア国立保護区のマラニヨン川とウカヤリ川をクルーズ船とボートで巡って撮影を行いました。この区域には数百種の野鳥や多くの動物が生息しています。「最後の楽園」と謳われる未開の地アマゾン。自然の宝庫です。今回はアマゾンのジャングルクルーズで出会った野鳥と動物です。(2016年10月撮影)ルリコンゴウインコ(英名:Blue and Ye...

  6. 異次元の世界へ - フレンチ of バージニア

    異次元の世界へ

    クルーズで長い間旅をしているとまず季節の感覚が無くなり曜日の感覚も失われ1日が日の出で始まり夕日で終わる日々が続く太平洋に沈む夕日ブログで「書き初め」やら「初仕事」やら「雪」の記事を読むとあぁ〜、今はまだ2020年の1月だったんだと現実に引き戻される毎日エレベーターに日替わりで敷かれる絨毯を見て今日は月曜日なんだと気づき遠くなった、あの月曜日の感覚をふっと思い起こすそれもこれも「ここは火星か...

  7. ペルー1日目- チャンチャン世界遺産 - フレンチ of バージニア

    ペルー1日目- チャンチャン世界遺産

    今日はペルーで3番目に大きな町トルヒーリョから世界遺産のチャンチャン(輝ける太陽)遺跡や宗教的な儀式に使われた月の神殿などペルーの古代遺跡を訪れる7時間のバスツアーに参加した朝の気温は27度で、思ったより風があり空気が乾燥していたマチュピチュより1000年以上も前に栄えた文化と言われそのスケールの大きさから、ペルーの古代文明の高さが窺われたこのような大きな神殿を作るためにアドベと呼ばれる粘土...

  8. titicacaの娘の謎 - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    titicacaの娘の謎

    鈍行列車の旅しませんか私といっしょに人生を鈍行列車の旅しませんか?今日買い物に出て民族品のショップで買ってきたお人形。付いていたラベルには「handmadeinbali」となっていたので、バリ製にしては雰囲気が違うなあと思いながらもバリのお人形だと思って帰ってきました。ところが帰ってきて人形の底を見ると「titicaca」の文字が。チチカカといえばペルーにあるチチカカ湖のあたりのこと??謎は...

  9. 奇跡の主の祭 2019 - 令和氣淑

    奇跡の主の祭 2019

    今日はカトリック枚方教会に行われた「奇跡の主の祭」を観に行きました。「奇跡の主(Los Señor de Milagros)」とは17世紀ペルー、アフリカ・アンゴラから奴隷として連れてこられたベントという男性が壁に十字架に架けられたキリスト像を描き、その後に起きた地震で崩れず、当時のスペイン副王の命によって塗り消されても蘇り、病気や負傷が癒される人々が増え、壁のキリスト像は「奇跡の主」と呼ば...

  10. 【白馬三山】8/11~8/13【2日目】 - Tうえ山時々川

    【白馬三山】8/11~8/13【2日目】

    白馬三山■8/12(2日目)区間白馬大池白馬岳杓子岳白馬鑓白馬鑓温泉CT4:45 8:00 09:40 12:15 14:30いよいよ今回の核心部白馬三山縦走鑓温泉!

  11. 幸せどんどん - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    幸せどんどん

    幸せどんどん運ぶよペルーの民芸品から。幸せな気分になっていただけたらうれしいです。いま一日中孫のhinaちゃんを預かっています。おねえちゃんのnanaちゃんはママといっしょにバレエのサマースクールに通っているからです。hinaちゃんと今日は図書館へ。hinaちゃんはわがままも言わずとてもいい子にしています。(ふぅふぅc)いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。クリックよろしくにほ...

  12. マチュピチュ旅行(ペルー・リマ編) - YOSHIの日記

    マチュピチュ旅行(ペルー・リマ編)

    ロサンゼルスから機中泊(8時間だったと思います)でペルーに入りますコロニアル様式の建物が立ち並びます雅子様も訪れた総督官宮殿(大統領府)リマ大聖堂正面に見えるのはDesamparados Station今は電車の駅ではありませんが良く保存されています現在は図書館として活用されています古い織機(だったと思います)が展示されています駅の天井画ステンドグラスでしたそういえば阪急梅田駅も昔天井ではあ...

  13. ワイワッシュトレッキングその6完結。 - notes from my travels

    ワイワッシュトレッキングその6完結。

    Day75:00-10:00曇り→晴れ→雨スタート地点標高4,100m最終地点標高3,200m最終日。イスラエル人たちの都合で朝5時、まだ暗いうちに出発。本来なら雪山から昇る日の出を見られるはずだったけど、叶わず。ま、曇ってたからたぶんゆっくり出発してたところで見れてないけどね。まさか暗い時間帯に歩くことになるとは思ってなかったので、ヘッドライト用の新しい電池を持ってきてない。ただ有難いこと...

  14. ワイワッシュトレッキングその5。 - notes from my travels

    ワイワッシュトレッキングその5。

    Day66:30-12:30晴れ!スタート地点標高4,500m最高地点4,900m宿泊地標高4,100mキャンプサイトが標高が高かったこともあり、またテントが完全に凍ってる寒い朝。それでも天気がいい。この日は絶景コースなので期待大。緩い登りからスタート。天気ってホント大事。気分が全然違うもん。最初のビューポイントに到着。こっから先はもうとにかく絶景が続く。どんな道を歩いてるかって言うと、こん...

  15. ワイワッシュトレッキングその4。 - notes from my travels

    ワイワッシュトレッキングその4。

    Day46:30-17:30曇り→晴れ→曇りスタート地点標高4,340m最高地点5,050m宿泊地標高3,600m一番ハードだった一日。この日はMaps.meに載ってないルートを通ったので手書きで。ガイド曰く、この日の行程は約20キロ。けど地図を見た感じでざっと計算すると25キロくらいはありそう。まず、全行程の中で一番高い標高5,050m、ルート上のピンクのピンのPaso del Trape...

  16. ワイワッシュトレッキングその3。 - notes from my travels

    ワイワッシュトレッキングその3。

    Day36:30-14:30曇り→雨→晴れ→雨スタート地点標高4,200m最高地点4,830m宿泊地標高4,340m星空の写真を撮ろうと思って5時に起きたけど、真っ白だった。朝から完全に曇り。期待してた朝の湖面に映る景色も無し。歩き始めて早々に雨が降り出した。今日は絶景コースの予定なのに。湖沿いに最初はほぼ平坦、その先から登りが始まる。最初のビューポイントに向かう途中、あたりに轟音が響き渡る...

  17. ワイワッシュトレッキングその2。 - notes from my travels

    ワイワッシュトレッキングその2。

    Day2 7:00-11:30晴れ→雨→晴れスタート地点標高4,200m最高地点4,650m宿泊地標高4,200m2日目はガイド曰く休憩日。半日だけのトレッキング。6時起床、6時半までに荷造りを済ませて6時半に朝ご飯、7時出発。荷造りが終わったテントからさっさと解体されていき、朝ご飯を食べ終わる頃には自分たちの寝てたテントはもう無くなります。朝ご飯が終わって、トイレに行ったり出発の身支度を...

  18. ワイワッシュトレッキングその1。 - notes from my travels

    ワイワッシュトレッキングその1。

    Cordillera Huayhuash ワイワッシュ山群ペルー第2の高峰イエルパハ(6634m)を有し、ペルー最高峰ワスカランを有するブランカ山群に次ぐ規模を誇る。っていうワイワッシュ。3日で行けるサンタクルス谷のトレッキングや日帰りで行けるラグーナ69のあるブランカ山群と違って、ワイワッシュは単発でちょこちょこ行くのではなく、ぐるっと一周するのが基本ルート。7泊8日が一番ポピュラーだけ...

  19. ワイワッシュトレッキング情報編。 - notes from my travels

    ワイワッシュトレッキング情報編。

    友達のおススメで、ワイワッシュサーキットのトレッキングに行ってきた。日本人はワラスに来ると、サンタクルスのトレッキングにみんな行くけどワイワッシュには滅多に行かないのか、ネットでも全然情報がなかったので、この記事は情報を。まず、夜行バスでワラスに早朝着いて、バスターミナルを出たら、自称ガイドのジョニーというおっさんが声をかけてきた。ちなみにジョニーほぼ英語通じません。眠いし、とりあえず宿に荷...

  20. カーニバル・笑顔の渦の真ん中に - 北川ふぅふぅの「赤鬼と青鬼のダンゴ」~絵てがみのある暮らし~

    カーニバル・笑顔の渦の真ん中に

    笑顔の渦の真ん中にあなたがいる今日はよく晴れましたが風の冷たい一日でした。明日まで天気がもってくれるといいのですがね。明日は朝から京都です。(ふぅふぅc)いろんな絵手紙ブログと出合えます。入口はこちらから。15周年記念にクリックよろしくにほんブログ村

総件数:52 件

似ているタグ