ペンネームのタグまとめ

ペンネーム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはペンネームに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ペンネーム」タグの記事(4)

  1. いつだって核心を、両親は - なかがわよしのは、ここにいます。

    いつだって核心を、両親は

    Wi-Fi探してる。両親に会った。お母さんに「太ったわね」。お父さんは相変わらず無口だった。「ここ、Wi-Fiってないよね?!」って聞くまでもない実家だと思ったら、「Wi-Fiくらい飛んでる」ってお母さんが。「お前のブログ見てるよ」ってお父さん、なんで知ってる?一応、≪なかがわよしの≫はペンネームなんですけど。ダイエットは完遂できなくて、死ぬまで続くな。去年から4㎏も太ってしまった。ストレス...

  2. 太宰治という筆名を推理してみた - 憂き世忘れ

    太宰治という筆名を推理してみた

    ググっても納得できる答えが見つからないので、自分で考えてみました。太宰の作品は、あんまし読んでないから、どうゆうセンスの人だが、イマイチわがねじゃ。「富嶽百景」「畜犬談」で、古典を理解している人と気づきました。こういうヨミ、どーでしょ。太宰治=太ウ辛治=とうがらし=唐芥子=道化師

  3. 「誕生!鞍馬天狗みんなのHEROができるまで」紹介⑤ - 大佛次郎記念館NEWS

    「誕生!鞍馬天狗みんなのHEROができるまで」紹介⑤

    「誕生!鞍馬天狗みんなのHEROができるまで」展のシリーズ5回目です。ブログで展示の一部をご紹介していきます。紹介⑤大佛次郎のペンネーム 鞍馬天狗(くらまてんぐ)とは???幕末の動乱期を舞台に活躍する、大佛次郎が生んだ虚構のHEROです。1924年(大正13)、博文社の雑誌「ポケット」に第1話「鬼面の老女」を発表。 原作は約40年間で47作が書かれ、63作もの映画が作られました。(上の画像は...

  4. 日記的日常的に使われるぺンネームとしての穴田丘呼(ANATAKYUKO) - 人間のクズより愛を込めて  穴田丘呼 覚書き集

    日記的日常的に使われるぺンネームとしての穴田丘呼(AN...

    僕のペンネームは穴田丘呼という。カタカナで表記すると、アナタキュウコとなる。このペンネームの由来は、J.D.サリンジャーの『ライ麦畑で捕まえて』という小説の主人公、ホールデンコールフィールドという名を改変して命名したものだ。そんなことをいちいち誰にも説明していないので、ぼくをよく知らない人は何者だと思うだろう。僕が外国人に見えるのかな?二つ名前があればそういわれても不思議じゃないが、これはペ...

総件数:4 件

似ているタグ