ホソバセセリのタグまとめ

ホソバセセリ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはホソバセセリに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ホソバセセリ」タグの記事(37)

  1. ホソバセセリ2021Byヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    ホソバセセリ2021Byヒナ

    今年は5月から2か月半の長梅雨に、8月も梅雨の戻りのような雨で、熱帯地方の雨季のように毎日雨です。最も熱帯地方はスコールが中心なので、印象は随分違います。例年通り秋雨も来るとなると、春から秋まで雨ばかりの1年になりそうです。今日で盆休みが終わり。1枚も写真を撮らず休みが明けるのは変な感じです。コロナ感染拡大中なので、家に居ろという事だったのかも。夜更かしして本を読みながら音楽を聴き、たまには...

  2. ムモンアカシジミ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ムモンアカシジミ

    2021年8月1日(日),晴れ.ムモンアカシジミが棲息する高原へ今年の発生状況の確認へ行った.毎年ヨツバヒヨドリに沢山のアサギマダラが集まるのだが,今年はヨツバヒヨドリがほとんどなくアサギマダラは1頭のみ.いつもの場所に今年もホソバセセリが見られた.スジグロチャバネセセリ♂,♀.ヘリグロチャバネセセリもいるはずだが見つからなかった.ホシチャバネセセリはそろそろ終盤.ムモンアカシジミは7~8頭...

  3. 2021年7/17その1ホソバセセリ、ゴマダラチョウ、オオムラサキ、他 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年7/17その1ホソバセセリ、ゴマダラチョウ、...

    今年は未だにいつもの里山ではオオムラサキに出会えてません。高標高地のオオムラサキはどうかな?ということで様子見に出かけてきました。小さな草原では、ホソバセセリが最盛期のようでした。ホソバセセリ何頭もいて、オオムラサキを待つ間、遊び相手をして貰いました。ゴマダラチョウエノキの近くのサクラの枝に、ゴマダラチョウが止まりました。しかしじっとしているわけでもなく、小飛しては止まるの繰り返し。止まった...

  4. ツマジロウラジャノメ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ツマジロウラジャノメ

    2021年7月30日(金),晴れたり曇ったり一時雨だったり天候不順だったが,いつもお世話になっているS様のご案内で未撮影だったツマジロウラジャノメを見に行った.ポイント到着後すぐにS様がホソバセセリの交尾を見つけた.ホソバセセリは数頭見ることが出来た.ホソバセセリの産卵を目撃した.食草に止まるとバックして食草の先端に向かい位置が決まると産卵した.飛び立った後卵を確認したが撮影はしなかった.ツ...

  5. ダニとの闘い・・?クロヒカゲモドキ生息地 - 蝶超天国

    ダニとの闘い・・?クロヒカゲモドキ生息地

    7月15日クロヒカゲモドキのその後の状況を確認に午前中だけですが・・・地元、静岡の山に出かけてきました。数が増えていると良かったのですが・・・いっこうに見つかりません。やっと見つけて・・・追いかけて・・・見失い・・・・撮影出来ず・・・(涙)それでも何とか・・・別の別嬪さんを見つけて撮影しました。薄日がさしてV字開翅していましたが・・・近づいたら閉じてしまいました。前回よりススキの密度が高い場...

  6. オオムラサキ(2021/7/18) - 小畔川日記

    オオムラサキ(2021/7/18)

    7月18日は、今年まだ撮影できていなかったオオムラサキの撮影に秩父に出かける。オスには遅いだろうけど、メスはちょうど良い時期ではないかと思う。ただ、昨年良いポイントだった場所は、クモガタヒョウモンを撮影に行ったときには、ナラ枯れ対策としてビニールシートが巻かれていたので、撮影できるかかなり不安。着いてさっと周囲を見てみるけど、オオムラサキの姿はない。やっぱりここは今年はダメかなと思っていると...

  7. ホソバセセリ - 自然を楽しむ

    ホソバセセリ

    クロヒカゲモドキを探していると、ホソバセセリの占有行動シーンを見かけます。

  8. ハエ交尾とカセンソウとニイニイゼミと - 花と葉っぱ

    ハエ交尾とカセンソウとニイニイゼミと

    撮影:7月14日(千葉県千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)ニクバエ属の一種・交尾灰色地に黒色の縞模様があるハエ。胸部には黒色の縦じまが3本ある。複眼は暗赤色。大きさ:約10ミリニイニイゼミ(にいにい蝉)ヨコバイ亜目セミ科セミ亜科翅が灰褐色のまだら模様の小さめのセミ。体長は22ミリくらい、頭の先から翅の先まで36ミリ。ホソバセセリ(細翅挵蝶)セセリチョウ科セセリチョウ亜科前翅長18ミリ前後。茶褐...

  9. クロヒカゲモドキの発生確認 - 蝶超天国

    クロヒカゲモドキの発生確認

    7月10日朝の所用を片付けてから・・地元の山へクロヒカゲモドキを探しに行きました。少し早い時期なので下見のつもりです。現地に到着すると・・・既に気温33℃で真夏の暑さと強い日差しが体力を奪います。散々探してやっと見つけた個体も・・敏感で一瞬でススキの彼方へ逃げられました。更に探すと・・・茂みにいる個体をルッキングで見つけました。木漏れ日がさしたり・・・ささなかったりで感じが変わります。ススキ...

  10. 小暑蓮始開その2 - 紀州里山の蝶たち

    小暑蓮始開その2

    皆さん、こんにちはー。オオムラサキ撮影の合間、蝶友さんが見つけてくれました。ホソバセセリが盛期のようでした。

  11. 7月17日今日のチョウ - Mag's  DiaryⅣ

    7月17日今日のチョウ

    ダイミョウセセリがいた。近づいても、飛び立たない。葉を揺らしても。指に止まらせようとしたら、飛んでった。ホソバセセリもずっと止まっていた。これは、指に乗せようとしなかったから、カメラが立ち去っても、同じところにいた。ジャノメチョウは、せわしなく草の間を飛び回っていた。時々止まるのも草の中。まるで御簾の向こうのお姫様。おまけはオトギリソウ。弟を切った時の血が飛び散ったとかいう物騒な話の持ち主(...

  12. ホソバセセリ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ホソバセセリ

    2021年7月11日(日),曇り.毎年今頃は近くの山へホソバセセリを見に行っているが,環境急変で見れたのはわずかに1頭のみだった.ゼフィルスらしきチョウが飛んだので確認してみるとミドリシジミ♂だった.ウラナミアカシジミはまだ2~3頭確認できた.ルリタテハが素早く飛んでいた.ネムの花で吸蜜するジャコウアゲハ♀.目的のホソバセセリ.自分が知っているポイントは2か所あったが,今季から2か所とも棲息...

  13. ホソバセセリ2021 - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ホソバセセリ2021

    撮影日2021年07月04日何故か昨年あたりからホソバセセリを綺麗に撮りたいと思うようになりました。近場でも居るでしょうが、貴重なゼフィルスシーズンと重なるのでゼフィルス撮影と合わせて廻れる場所に行ってきました。ポイントでは2頭確認。少し擦れていましたがまずまずの個体です。2頭とも表裏を撮影することができました。

  14. 8/2その1ホソバセセリ、アサギマダラ、サカハチチョウ、他 - ブログ和歌山の里山便り2

    8/2その1ホソバセセリ、アサギマダラ、サカハチチョウ、他

    この季節、恒例のスミナガシを見たくて高標高地へ行ってきました。しかし今年は少ないようで、蝶友さんからの情報も悲観的なものばかり。よくスミナガシが樹液を吸いに来るポイントを見て回りましたが、この記事のタイトルにもないということは…結果は推して知るべし。その代わりと言っては何ですが、羽化してさほど経ってないセミを見つけました。ヒグラシ色が白っぽいのでまだ満足に飛べないだろうと思い、不用意に近付い...

  15. クロヒカゲモドキとホソバセセリ - 風任せ自由人

    クロヒカゲモドキとホソバセセリ

    この夏はクロヒカゲモドキのポイントに3回出かけたが、2、3回目はツマジロウラジャノメ狙いであり、クロヒカゲモドキを探す気はなかった。2回目の時はクロヒカゲモドキも活動を開始する午後の訪問だったが、露岩地でツマジロウラジャノメが一定のコースを飛ぶのをじっくりと観察、時折、岩場や地面に留まったところを撮影していて、クロヒカゲモドキの姿は一度も見なかった。3回目の訪問は午前中だった。それなのに、ツ...

  16. 中国山地の他のチョウたち - Sky Palace -butterfly garden- II

    中国山地の他のチョウたち

    中国山地で撮影したハヤシミドリシジミ以外のチョウを紹介します。ウラミスジシジミは、個体数が少なく、中々降りてこなくて苦戦しました。相変わらず翅表が中々撮れないですね。■ウラミスジシジミWagimo signatus何だか変な色のゼフは降りてきたと思ったら普通のミドリシジミでした。ここで見られたのは初めてです。オスでしたが翅を開かずに飛んで行きました。■ミドリシジミNeozephyrus ja...

  17. クロヒカゲモドキのその後の様子 - 蝶超天国

    クロヒカゲモドキのその後の様子

    7月16日珍しく雨が上がり晴れ間が出る予報だったので・・・・半日だけですがクロヒカゲモドキの生息地に再訪しました。前回は2♀しか確認できていませんでしたが・・・♂も複数見られ前提的に少しだけ数が増えていました。陽が射してくると開翅もしてくれました。この日は吸汁も見られました。頭を突っ込んで夢中で吸汁していました。(手前の穴にはコクワガタもいます)広角で撮影すると流石に近すぎて・・・逃げられて...

  18. ジッと佇むホソバセセリとクロヒカゲモドキ - 蝶超天国

    ジッと佇むホソバセセリとクロヒカゲモドキ

    7月12日今年の梅雨は毎日雨降りばかりで晴れ間に恵まれません。この日は珍しく晴れの予報なので地元の山に出掛けてみました。例年は林道を歩いていくとホソバセセリが出てくるのですが・・・今回はなかなか飛びません。やっと佇んでいる綺麗な♀を見つけました。陽が射して来たら開翅もしました。正面から見ると戦闘機です。他に産卵も見られました。このシーンはススキの葉先に向かってお尻をつけて・・・歩いてバックし...

  19. オオムラサキ-2:2020/7/7 - 小畔川日記

    オオムラサキ-2:2020/7/7

    7月7日、七夕この日は曇りで、時々薄日が射す天気。気温は最高28℃くらいか。午後からは天気が崩れるという予報なので、7月2日の記事に書いたように、オオムラサキを狙って気になる場所に出かけることにした。家の掃除を早めに頑張って、8時半くらいに出かける。10時少し前について探し始めると、家内が頭上を飛ぶオオムラサキを見つけてくれた。樹液の出ている木はそこには1本しかなかったけど、そこに数頭のオオ...

  20. ホソバセセリ・ハヤシミドリシジミ2020 - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ホソバセセリ・ハヤシミドリシジミ2020

    撮影日2020年07月04日ウラミスジシジミに会いに行く前に立ち寄ったお山でホソバセセリを撮影しました。少し擦れていましたがまずまずの個体。この蝶の美しさを忘れていました。次回はこの蝶メインで出かけてみたいものです。オオチャバネセセリはとても新鮮でした。ウラミスジシジミのポイントでは新鮮なハヤシミドリシジミ♀もお目当てでした。ちょうど発生ピークだったようで、降りてくるのはほとんど♀。♂は一度...

総件数:37 件

似ているタグ