ホラーのタグまとめ

ホラー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはホラーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ホラー」タグの記事(49)

  1. 「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」の予告編が世界同時公開 - 帰ってきた、モンクアル?

    「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終...

    スティーヴン・キングのホラー小説を映画化した「IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。」(原題:IT Chapter Two)完結編の予告編が公開された。前作でピエロ、ペニーワイズの脅威を退けた子供たちが、27年後に再び恐怖に対峙するといったストーリーで、監督は引き続きアンディ・ムスキエティが、ペニーワイズ役もビル・スカルスガルドが続投、成長した子供たち役に、ジェームズ・マ...

  2. 「食品を新聞紙で包んではいけないのは…こんなとき」心臓が止まりそうな衝撃 - 日本を愛する防人のつぶやき

    「食品を新聞紙で包んではいけないのは…こんなとき」心臓...

    「食品を新聞紙で包んではいけないのは…こんなとき」心臓が止まりそうな衝撃昔は物を買うとよく新聞紙で包まれていました。どこの家も新聞を取っていたのでリサイクル的な事情もありましたが、最近はあまり見なくなってきました。さて、「新聞紙で食品を包んではいけない」のはどんなときでしょうか。衝撃的な冷蔵庫をご覧ください。ぎゃあああー!目が合ってるし……。夜中にこの冷蔵庫を開けたら心臓が止まりかねません。...

  3. 27歳で他界したミュージシャンを題材にしたホラー映画 “THE 27 CLUB” 予告編公開 - 帰ってきた、モンクアル?

    27歳で他界したミュージシャンを題材にしたホラー映画 ...

    Jimi Hendrix、Janis Joplin、Jim Morrison、Brian Jones、Kurt Cobain、Amy Winehouseなど「27クラブ」と呼ばれる27歳で逝去したミュージシャンたちをモチーフにした、スーパーナチュラル系ホラー映画、“THE 27 CLUB” の予告編が公開された。この作品には、今回が映画初出演となる米ミュージシャン、Todd Rundgren...

  4. 呪いの脚立 - 四ツ葉工房の愉快な仲間たち

    呪いの脚立

    皆様は怪奇現象って信じますか?私は信じます。そういうのは確実にあると思っています。なにより私は、都市伝説とか未確認生物などもすごく好きです。「深海」というフレーズを耳にしただけで、初恋のドキドキなんかとは比べ物にならないくらいの胸の高鳴りをみせるほどです。それに実際、四ツ葉工房には世にも恐ろしい「呪いの脚立(きゃたつ)」があるわけです。すごく恐ろしいものです。そのあまりの恐怖に、今では手に取...

  5. あの貞子さんが帰ってくる! - 帰ってきた、モンクアル?

    あの貞子さんが帰ってくる!

    鈴木光司のホラー小説を実写映画化した、大ヒットホラー映画「リング」の公開から20年。そのシリーズの最新作「貞子」が、5月24日に公開されることが決定した。今回のテーマは、SNS時代を反映して “撮ったら死ぬ”(さらに詳しくはコチラ)公開されたビジュアルには、語尾が消えかけた「撮るな」という文字に、おなじみの井戸とそれに垂れ下がる不気味な黒髪。これはなかなか期待できそうと、思ってツイッターの公...

  6. 最新映画レビュー『ヘレディタリー/継承』よくできたオカルトホラー。後味悪くてバンザイ! - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ヘレディタリー/継承』よくできたオカ...

    都心では11月30日から公開していたが、なぜか海老名イオンシネマでは先週末から一週間限定公開。という訳で、一部で評判になった話題のホラー映画をようやく見る。 こうした映画は前知識なく見るのが一番いいのだが、簡単にストーリーを。主人公は、街から少し離れた一軒家に住むグラハム一家の中心ミニチュアアーティストのアニー。同居していたその母エレンが死んだ。アニーには夫と息子ピーターと娘チャーリーの家族...

  7. リメイク版「サスペリア」の日本版予告編が公開 - 帰ってきた、モンクアル?

    リメイク版「サスペリア」の日本版予告編が公開

    イタリアが生んだホラー映画の鬼才、ダリオ・アルジェント監督による「サスペリア」(1977年)のリメイク版、「サスペリア(Suspiria)」の日本版予告編が公開された。監督は「君の名前で僕を呼んで」「胸騒ぎのシチリア」などで知られるルカ・グァダニーノで、音楽を担当したのはRadioheadのThom Yorke。出演は、ドン・ジョンソンとメラニー・グリフィスの娘のダコタ・ジョンソン、アカデミ...

  8. 来る - まやぞーの ほぼ映画ばなし

    来る

    ジャニーズの中でいちばん好きな岡田君ですが、いかんせん最近彼が出演する映画はあまり好きじゃなくてですね。「追憶」とか「関ヶ原」とか観てませんけども、まだ30代だというのになんという大御所感でしょうか。ワタシ的には、もっと冒険してもらいたい今日この頃なのであります。そんな中、「告白」や「嫌われ松子の一生」、「パコと魔法の絵本」などで独特な世界を作り出している中島哲也監督のホラー映画に出演すると...

  9. リメイク版「ペット・セマタリー 2019」の予告編が公開 - 帰ってきた、モンクアル?

    リメイク版「ペット・セマタリー 2019」の予告編が公開

    スティーヴン・キング原作の人気ホラー映画のリメイク版「ペット・セマタリー(原題:Pet Sematary)」の海外版予告編が今週10日に公開された。ボストンからメイン州の田舎町に越してきた一家4人が、トラックに轢かれて死んでしまった愛猫を、埋葬された命が生き返るという不気味な墓地に葬ってしまったことから始まるホラー作品で、ジョン・リスゴー、ジェイソン・クラーク、エイミー・サイメッツなどが出演...

  10. 最新映画レビュー『クワイエット・プレイス』よくできたスリラーで、演出もうまい。家族映画としても成立 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『クワイエット・プレイス』よくできたス...

    監督:ジョン・クラシンスキー 出演:エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー公開中 人類が何者かの襲来により、ほとんど死滅している世界。生き残った家族がスーパーで生活必需品を物色しているが、一切音を立てない。実は音に反応する何者かがいて、少しでも音を立てたら襲ってくるのだ。手話を使い、足音も立てずに暮らす一家。しかし、妻エヴリンは、出産の時期を迎えていた。。。 アメリカで意外なヒットを飛ば...

  11. 顔ビル/真夜中のバスラーメン(呪みちる)感想 - 横縞感想館

    顔ビル/真夜中のバスラーメン(呪みちる)感想

    呪みちる先生の漫画はこれで入手4冊目(電子書籍も入れれば5冊)最近ファンになった私がいうのもあれだが、新品で手に入るというのは本当にありがたい未収録だった作品が出版される嬉しさよ年齢誤魔化してた子役の話とか落語JK百合が入ってなかったのはちょっと残念だったがいつかまた出してくれると信じてます「秘密のダイエット」呪みちる先生だったらうっかり女子高の話にしてしまいそうな雰囲気だが雑誌の読者層に合...

  12. 映画「ハロウィン」シリーズの新作の新たな予告編が公開 - 帰ってきた、モンクアル?

    映画「ハロウィン」シリーズの新作の新たな予告編が公開

    ジョン・カーペンターが製作総指揮を務める人気ホラー映画「ハロウィン・シリーズ」の新作「Halloween」の新たなトレーラー映像が公開された。内容は一作目であるオリジナル版の続編で、殺人鬼ブギーマンことマイケル・マイヤーズと、彼の妹のローリー・ストロードとの対決が描かれているのだとか。マイケルさん、40年も経って還暦過ぎているのにえらい元気。髪の毛もフサフサです。監督はデヴィッド・ゴードン・...

  13. 話題の映画(岡) - 柚の森の仲間たち

    話題の映画(岡)

    先日、巷で話題の「カメラを止めるな」という映画を見ました。ホラーコメディで、すっごく面白かったという感想で持ちきりだったので、どんなに面白いの?と見てみました。で、どうだったかと言うと、途中までは全くのホラーだったので、「エ~!完全なホラーやんか。見なかったら良かった」と後悔しました。三流ホラーなんですが、それでも私にとっては精神的に良くなかったです。結局、最後はアハハで終わり、皆さんゲラゲ...

  14. ナイスバディーはほど遠い - いぬ猫フェレット&人間

    ナイスバディーはほど遠い

    宅配便を待っている土曜日の午前中。なかなか来てくれないので、なかなか外出できない。昨夜はついつい読書に夢中になり、寝不足なので、いいんだけど。何を読んでいたかというと郷内心瞳の『花嫁の家』。『怪談始末』の続編みたいな感じ。この夏はホラーにはまっています。郷内心瞳の作品は久々に読みます。最初読んだのは『怪談始末』だったのだけれど、郷内氏の最初の作品で、当時は電子書籍化されていたのはこの一冊だっ...

  15. 「死霊館のシスター(原題:The Nun)」の第2弾予告編公開 - 帰ってきた、モンクアル?

    「死霊館のシスター(原題:The Nun)」の第2弾予...

    大ヒットホラー映画「死霊館」シリーズのスピンオフ作品「死霊館のシスター」(原題:The Nun)の第2弾予告編が公開された。1952年、ルーマニアの修道院で起きた修道女の自殺の真相を究明するため、ヴァチカンから派遣された神父と見習い修道女が、調査の過程で修道院に隠された秘密にたどり着くといったストーリーで、最終的に彼らは悪魔ヴァラク(Valac)と戦うことになる。時系列としては「死霊館 エン...

  16. 最新映画レビュー『カメラを止めるな』この夏、1本ならこれしか選べない! - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『カメラを止めるな』この夏、1本ならこ...

    昨日、僕の周りの40代、50代女性ふたりから、偶然にも「この映画観た?」と別々に聞かれた。映画ファンの中では話題になっていたが、ふだん映画に興味のない女性すら興味を持つ映画、ということで昨日行ってきました、TOHOシネマ日本橋。というのも、新宿(一番大きい9番スクリーン)も日比谷も満席。かろうじて日本橋で前から3列目(上映時には1列目まで入っていた)で、ここしか席が空いてなかった。どんだけの...

  17. サイモン・ペッグとニック・フロストの新作ホラーコメディ - 帰ってきた、モンクアル?

    サイモン・ペッグとニック・フロストの新作ホラーコメディ

    ゾンビ・コメディ映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」や「宇宙人ポール」などでお馴染みの、サイモン・ペッグとニック・フロストのコンビが出演するホラー・コメディ映画「Slaughterhouse Rulez」の第一弾トレーラー映像が公開された。舞台は英国のエリート寄宿学校で、そこの地中から現れた怪物と、生徒や教師たちが生き残りをかけて血まみれの戦いを繰り広げるのだとか。なんかホラー版ハリーポッター...

  18. パーフェクトブルー感想 - 横縞感想館

    パーフェクトブルー感想

    怖い怖いと聞いていたので今まで見たことなかったのだがとうとうTSUTAYAで借りてきてみたらホラーというより叙述ミステリみたいで面白かった確かにエグめの描写あるっちゃあるけど別にこのくらいなら…確実にネタバレない方が面白いと思うので未視聴の方はブラバしてください主人公の女の子の未麻ちゃんがとにかく可愛い最初の方で電話で田舎の母親と話しているシーンなんかありがちだが、未麻ちゃんが女優として事務...

  19. 怪談?2 - アメリカ輸入のシール♪住所/名前/お好きな文字を印刷してお届け♪アドレスラベルです。

    怪談?2

    こんにちは!今年の酷暑の日々や逆流台風…先の被害がまだ残る中、被害が大きくならないことを祈ります。さて、今年は天候に振り回され疲れも出てしまいがちですね。気分転換に、ちょっと怖い話を。去年も書いていますが、見えない派なので、大したことはありません。不思議体験として、おひま潰しにお読みいただけたら幸いです。去年の怖いお話さてさて、高校生の夏〜秋ごろのこと。日曜日、運動部の試合があり試合会場から...

  20. ジェイコブス・ラダー(1990年)ヤコブの階段を登った男 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    ジェイコブス・ラダー(1990年)ヤコブの階段を登った男

    映画の記録をサボっているうちに、一言でも書き留めておきたい作品が溜まっていきます。ずっと前から気になっていた本編は、ベトナム戦争ものでありながらジャンルがホラーという異色作。かなりおもしろい。(あらすじ)闘争本能を強化させる幻覚剤ラダー。ベトナム戦争で実験の犠牲になった帰還傷病兵がNYで体験する悪夢を描く。(映画大全集より)郵便局員のジェイコブ(ティム・ロビンス)は、最近夢と現実の区別がつか...

総件数:49 件

似ているタグ