ホラーのタグまとめ

ホラー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはホラーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ホラー」タグの記事(87)

  1. 「死体の劇場」 - PandaFilmClub

    「死体の劇場」

    核災害の余波で、飢えた家族は報酬の名目でホテルのショーに誘い込まれ、そこで聴衆は消え始めます。PandaFilmというサイトを見ました またはモバイル版

  2. 『ヒッチャーニューマスター版』(1986) - 映画ストラット

    『ヒッチャーニューマスター版』(1986)

    これは見なければいけないやつでは、という根拠のない強迫観念に駆られて、ガラガラのシネマート新宿スクリーン1にて『ヒッチャーニューマスター版』鑑賞。シネマートは一番大きく快適なスクリーン1でないと見る気がしないので、日が経って上映規模が縮小される前に早めに行っておきたかった。予感的中、おもしろいとしか言いようがないおもしろさだった。『ブレードランナー』の悪役や狂人ポール・バーホーベン作品でおな...

  3. ゾンビの中心で、愛をさけぶ(2018年)誰か、たすけてくださーい! - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    ゾンビの中心で、愛をさけぶ(2018年)誰か、たすけて...

    スウェーデンの新鋭アントニオ・トゥーブレン監督が脚本・音楽・編集の4役を務めた異色のゾンビ・ムービー。突如として訪れた伝染病によってゾンビだらけと化したとある街。倦怠期を迎え離婚寸前だったカレンとジョンの夫婦は、感染を避けるためにマンションの部屋に閉じこもり救助を待つことに。しかし状況は悪化する一方で、強盗や怪しい生存者たちが夫婦に襲いかかるのだったー原題は『ZOO』というので例の邦画大作に...

  4. 行きと帰りでは数が異ならないお地蔵さま - 素っ気ないもの

    行きと帰りでは数が異ならないお地蔵さま

    By way and the way back, the number is the same Jizo stone.

  5. 「人形の家」予告編 - ニコラの版画のち占い時々映画

    「人形の家」予告編

    予告編

  6. IT/イット “それ”が見えたら、終わり。/IT/イット THE END - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    IT/イット “それ”が見えたら、終わり。/IT/イッ...

    1990年製作のテレビ映画『IT/イット』を観たのはいつだったか。S・キング原作の、裏『スタンド・バイ・ミー』と呼ばれた作品は、幼年期の前編と大人期の後編で構成された3時間を超す長尺で、DVDが裏表仕様になっていることになにより驚いたものだった。レンタル店ではいまでも健在だ。さすがに27年後のリメイクでは前後編に分かれて製作されている。子どもの失踪事件が続く田舎町を舞台に、弟をさらわれた少年...

  7. 静寂の部屋にて - カードワースシナリオ攻略ブログ

    静寂の部屋にて

    1人用脱出系ホラー:人数調整不要謎解きホラーシナリオですすぐ死にますので注意ただ、死んでも直前から自動で復活できますので、こまめにセーブする必要はありません人数調整不要で、戦闘もなくスキルも必要としません(つまりLV1でも可)プレイヤーの頭脳を使うだけでいいという、まさに親切設計のホラーです( ´艸`)1.紙を調べる2.化け物を調べる→声をかけてみる→死→戻る3.見回す4.紙を調べる5.棚を...

  8. 虹色カノジョ恐怖のヤンデレ - ピンキージャンク

    虹色カノジョ恐怖のヤンデレ

    5日位前にヤンデレの性格開放が出来たので、その姿を見せましょう、というとても手抜きな日記だけど見てたらヤンデレというより恐怖しかないかな。声優さんの声がまたそれを助長してて、とてつもなく気持ち悪いんだけどこれクリアして枠広げようかな、と思ってるもんで仕方なくやってみる。まあもっと酷いのあるけどこんな感じだよ。他の性格に比べて文字が長い(笑)承認欲求が強いが故に喋りが長い。ヤンデレであるのは確...

  9. 最近観たアメリカ映画 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    最近観たアメリカ映画

    『ヘレディタリー/継承』(2018年)公開中の『ミッドサマー』が話題になっている、アリ・アスター監督の長編デビュー作。ホラー界隈で絶賛されていたことを知らず、想像以上のおもしろさだった。グラハム家を支配してきた祖母の他界をきっかけに、忌まわしき“何か”を受け継いでしまった家族を待ち受ける戦慄の運命を描く。祖母エレンの葬儀ではじまる冒頭から、なにか言動の不可解な家族たち。エレンの娘で、高校生の...

  10. 「ペット・セメタリー」 - ここなつ映画レビュー

    「ペット・セメタリー」

    こんなに怖い作品は久々に観た。もしかしたらこんなに怖いのは初めてかも。いや、そこまで怖かったですか?あなたって結構安上がりなのね、と言われたらそれまでなのだけれど。なんかもう「怖いシーン来るぞ!」の場面では、顔を覆った手の指の隙間から画面を観るような体たらくである。ボストンから郊外の一軒家に越して来たルイス・クリードの一家。ルイス(ジェイソン・クラーク)はボストンでERに勤務していたが、あま...

  11. 最新映画レビュー『ペット・セメタリー』原作は相当怖いらしいが、映画は残念な出来に - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『ペット・セメタリー』原作は相当怖いら...

    スティーブン・キング原作。映画化は2度目。 映画界では人気のスティーブン・キング原作ものだが、ホラーに限ってはなかなか成功例が少ない。多分処女作の『キャリー』が成功したからだろうが、その後は無残なC級、D級映画を生み出した。もちろん『ミザリー』とか原作とは違う『シャイニング』、『ミスト』もあるけれど。そのまま映画にするとバカっぽくなってしまうのだ。 都会を離れて田舎町の一軒家に引っ越してき...

  12. 【都市伝説】貞子について・・・・ - 妖怪の溜まり場

    【都市伝説】貞子について・・・・

    最近、正月過ぎてあんこもちが冷凍庫にあったなぁ思いレンチンして食べたら普通にやけどしてしまった、かまいたちですwどうも!!今回は都市伝説1発目ってことで日本でも有名な話をしていきたいと思います!良かったら最後までご愛読ください!!日本でも有名なホラーテーマとしてある「貞子」自宅にて、ビデオ流したら井戸からわぁ(/・ω・)/ってくる幽霊さんです。貞子の本名は「山村貞子」一見怖そうな見た目をして...

  13. 最新映画レビュー『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』予算が増えてコレステロールが増えた感じの続編 - 旅行・映画ライター前原利行の徒然日記

    最新映画レビュー『IT/イット THE END “それ...

    2019年/アメリカ監督:アンディ・ムスキエティ出演:ジェームズ・マカヴォイ、ジェシカ・チャスティン、ビル・ヘイダー、ビル・スカルスガルド配給:ワーナー・プラザース映画公開:11月1日より全国 ハロウィーン時期に合わせてかタイムリーな公開になった、「IT」の続編。関係者も予想しなかった前作の特大ヒットを受けて、制作費も上映時間も大幅にアップ。何と2時間45分の大作だ。 俳優も前作の無名少年...

  14. 13日の金曜日2 - disnote

    13日の金曜日2

    今huluが13日の金曜日シリーズ大量配信してるんで1から見直してるのだけど、2は初めて見た気がして…出てくるのわかっていながらバーンとでてきたらビクッとなる自分がおもろかった(笑)これだからホラーはやめられない😁ジェイソンの顔もはじめてみれて、こんな顔してるんだ~と何度もジェイソンが飛び出てくるとこを繰り返しみました‪w‪w‪1でスパナチュのサム(ジャレッドパダレッ...

  15. アザーズ/ネタバレ注意 - 物語の世界でブレイク

    アザーズ/ネタバレ注意

    こんばんは!今日は久しぶりに水曜にお仕事でした☆基本的にできれば映画行きたい欲と友人と休みを合わせやすいので、基本的に水曜はお仕事お休みなんですがw今日の感想は『アザーズ』です。基本情報はこちら。どうしてもニコール・キッドマンさんを愛でたくて、先日のパディントンと一緒にTSUTAYAでレンタルしてきました☆いやあ、美人だし綺麗だし、本当に演技上手だし、文句のつけようがありません!女子ですが惚...

  16. 最近観た邦画*色々 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    最近観た邦画*色々

    『来る』(2018年)久しぶりに邦画のホラーがおもしろかった。澤村伊智の『ぼぎわんが、来る』を原作に、謎の怪異に取り憑かれた一組の家族(妻夫木聡×黒木華)と、その正体を突き止めるべく調査に乗り出したオカルトライター(岡田准一)が、民俗学者(青木崇高)や霊媒師姉妹(小松菜奈×松たか子)の力を借りて、想像を絶する最恐の敵に立ち向かっていく様を鮮烈に描き出す。若い夫婦に襲いかかる”それ”は、むかし...

  17. 映画紹介■B■『ザンゲリア』ゾンビ映画二大巨匠の一角、ルチオ・フルチの元祖ゾンビ映画 - とみぃ・とみいの、”ホラー映画でナイト”

    映画紹介■B■『ザンゲリア』ゾンビ映画二大巨匠の一角、...

    みなさんは、昔の70年代から80年代の映画を見ることがありますか?昔の映画を見ていると、どこかのんびりした”牧歌的”なところがあります。シーン割りや台詞回しも、どこか緩やかで。製作現場ものどかで、場当たり的なところがあったかもしれません。たまにのんびりした気持ちになりたいときは、昔のホラー映画鑑賞がいいですね。さてあなたは、どんなホラー映画が見たいですか?◆◆◆今回ご紹介するホラー映画は、1...

  18. 映画紹介◆B◆『REC3ジェネシス』幸せな披露宴が突然、感染から殺戮の現場に - とみぃ・とみいの、”ホラー映画でナイト”

    映画紹介◆B◆『REC3ジェネシス』幸せな披露宴が突然...

    暑い日が続くと”熱中症”で倒れたときのことを思い出します。熱中症で倒れるときは、意識を失います。まさか倒れるとは思っていなかったですね。エアコンが効いているのに、汗をかいて寒くなります。そのうち、意識が混濁してきます。たまたま人が来てくれたので助かりましたが、怖いですね。さて、あなたはどんなホラー映画が見たいですか?◆◆◆今回ご紹介する映画は、2012年に製作されたスペインのホラー映画、『R...

  19. 「ゾンビランド2 / Zombieland: Double Tap (原題)」の予告編が公開 - 帰ってきた、モンクアル?

    「ゾンビランド2 / Zombieland: Doub...

    お待ちかね、人気ホラー・コメディ映画「ゾンビランド」の続編「Zombieland: Double Tap」の予告編が公開された。ジェシー・アイゼンバーグやエマ・ストーンといった、今や引く手数多となった前作の豪華メインキャスト4人がそのまま続投。ストーリーは、その4人が前作よりさらに進化した新種のゾンビや、新たに登場する生存者たちと、前回同様その場しのぎで 対決するというものらしい。この他、前...

  20. 古典モノクロ映画『舞台恐怖症』『キャット・ピープル』 - 天井桟敷ノ映像庫ト書庫

    古典モノクロ映画『舞台恐怖症』『キャット・ピープル』

    『舞台恐怖症』(1950年)アルフレッド・ヒッチコック監督による謎解き、劇場未公開作品。女優志願の娘イヴ(ジェーン・ワイマン)が警察から追われる男友達ジョナサンを匿う。夫を殺したスター女優(ディートリッヒ)の証拠を消そうとしたところを目撃された、と彼が語る。イヴは女優のメイドになって真相を探り出そうとするのだがー。(映画大全集より)好意を寄せる男友達ジョナサンの危機をすかさず助けるキュートな...

総件数:87 件

似ているタグ