ホンダのタグまとめ

ホンダ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはホンダに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ホンダ」タグの記事(15)

  1. ホンダさんのCB250Rというバイク その2 - マーチとバイク

    ホンダさんのCB250Rというバイク その2

    ドリーム店へ行ってきました。やっぱ見てみなきゃわかんない、乗ってみなきゃわかんないし。125Rが入口にデ~ンと。格好いいです。これは。ま、ネットとかで見た感じも格好は250よりはこっちだったし…。でも、やっぱKTMのイメージだなぁ。(真似っ子だー)で、250はというと展示車両なし。おまけにフォルツァもなし。「なーにやってんだか ドリーム店さん」2017年式400Xを "現車限りです" なんて...

  2. 頭を少し冷やしてきた - ドカポルGS

    頭を少し冷やしてきた

    ビートが帰って熱が出てしまい寝ても覚めてもビート・ビート・ビートとなってしまったので、頭を少し冷やしてきました。幸い太陽が雲に隠れ夏の日差しはありません。久し振りにGLで北総一筆書きしてみました。GLのバッテリーは購入から6年半一度も交換していないのですが、バッテリー上がりもせずによくもっています。この先もまだ少し頑張ってもらいたいので充電走行も兼ねて引っ張り出しました。

  3. ビート最初で最後の大改修 - ドカポルGS

    ビート最初で最後の大改修

    ビートは本物の車ではありません!?1/1スケールおもちゃの車なのです。だから、ラジコンやミニ四駆いじる感覚と同じなのです。その「おもちゃ」も生まれてから四半世紀経ってますから、あちこちガタが出ています。そこで、生まれたばかりの状態とまでいかないもののガタピシとボロッチさだけはなんとかする事にしました。ここにその計画の一端(全てwww.)を明らかにします。1.タイヤ(RE01に交換済み)2.ベ...

  4. 魔法の脚 - ドカポルGS

    魔法の脚

    早速ポテンザRE 01を履いて近所をひとっ走りしてきました。タイヤショップを出て最初に気付いたのが圧倒的に静かになったことと、ステアリングに伝わる振動の軽減で、これはGⅢの5分山まで減ったトレッドの厚みとコンパウンドの柔らかさによる相乗効果ではないかと思います。さて肝心のハンドリングは軽快感が更に高まり、わざとラフなステアリング操作をしてもGⅢのようにザワザワした感じはなく吸盤で吸い付いてい...

  5. RE 01 - ドカポルGS

    RE 01

    普通に走っていれば何も問題は無いのですが、ちょっとハードなコーナリングをするとヒワヒワ鳴くダンロップGⅢが気に入らないのです。10年前にレイズのTE37と同時に履いたブリヂストンRE 01の抜群なグリップ感を思い出し買ってしまいました。ただ、14万キロ走行で抜けたダンパーとスタンダードのフニャサスではタイヤの性能は使いきれないので足回りの根本的なチューンが必要になりそうです。空冷993RSに...

  6. 鏡よ鏡、鏡さん。 - ドカポルGS

    鏡よ鏡、鏡さん。

    世界で一番カッコいいクルマはなーに?名変を終えて名実とも数年ぶりに自分のモノになったオモチャのビート。早速高速ひと区間走ってパワーチェック。速い!!!8千9千よろこんで〜左ハンドルでガイシャだ。w

  7. もったいないから夏至に遊ぶ - ドカポルGS

    もったいないから夏至に遊ぶ

    仕事から帰宅して日没まで30分近くあります。今日は昼間が一番長い日だから近所を一回り。このガレージは、このクルマのためにあったんだ。夕暮れ始めた印旛沼周辺のオープンロードで、高回転なトリプルサウンドを響かせ究極の自己満足に浸ります。さて、近所のぶっ飛び散歩で気になったのがやはりタイヤのグリップ感の不足。そして超キビキビ感はあるけれども大きなロール。タイヤは、経験上01つければ満足ですが、問題...

  8. ヤバーイ・・・チョー面白い!!! - ドカポルGS

    ヤバーイ・・・チョー面白い!!!

    悪戦苦闘の末ブレーキスイッチの修理を完了、早速印旛沼周辺を暴走してみました。先ずは、このクルマが無条件に面白いクルマであることを書いておかなければなりません。メーター上のレッドゾーンは8千5百回転ですが、コンピュータチューンを施してあるドカポルビートは点火時期が早められレブリミットが9千5百回転に設定されているので、9千回転までは一気に吹け切ります。エアクリボックスを取り払いパワーフィルター...

  9. ポンコツは面白い - ドカポルGS

    ポンコツは面白い

    ポルシェと引き換えにガレージに入ったビート。4年前に譲り渡した後、落葉樹の下で過ごしたおかげでボンネットやトランクのヒンジ辺りに腐った葉っぱがたっぷりと詰まってました。今日はそれらを全開にして水道水で洗い流してやりました。私の息子も譲り渡したその同級生も全く掃除をしない似た者同士ですから、それはそれは酷い汚れ方となっていたのです。ポルシェが去って散財しなくなったと安心していたのですが、この状...

  10. タカラトミー・トミカNo.58 ホンダ シビック TYPE R - 燃やせないごみ研究所

    タカラトミー・トミカNo.58 ホンダ シビック TY...

    2010年9月、ホンダ・シビックは8代目となるFD型を最後に、日本市場から姿を消していた。ちょうど7年後の2017年9月、ホンダ・シビックが満を持して日本市場に帰ってきた。これが10代目となるFC/FK型シビックである。ラインナップはボディ形状から大別して「セダン」「ハッチバック」「タイプR」が用意された。「セダン」はむろん4ドアであるが、いわゆる日本型3BOXセダンというよりはファストバッ...

  11. お久しぶーりーね♪♪ - ドカポルGS

    お久しぶーりーね♪♪

    4年ぶりでしょうか、息子の通勤車からその同級生のオモチャになったビート。駐車場の近所を一回りさせてもらったけど、とっても新鮮な感じでした。彼にカレラをお安く譲るからビートを返してくれと頼んだけどダメでした。公道を走れるゴーカート!ホンダビートはリアルレーシングカートだ!!!駐車禁止場所に停めるカレラは、ビートのオーナーが地主の息子だからOK www.

  12. 候補だったもの その5 - The Trap of Heuristiks

    候補だったもの その5

    "候補だったもの"の5台めは新型モンキー125でした。以前、ベースとなったグロム125には乗ったことがあります。現行モデルにマイナーチェンジする直前でした。エンジンは結構元気が良くて走るのに、フロントが柔らかすぎて『?』となりましたが、街乗りや近場の山坂道は楽しそうなバイクでした。モンキー125はホイールベースが短くなっているので、更に近距離向けで刺激的になっていると思います。実は50ccモ...

  13. 候補だったもの その1 - The Trap of Heuristiks

    候補だったもの その1

    当面、バイクに乗ることはないと思いますが、再び乗ることになった際の手助けになるように、このエントリを上げときます。今年のGWの時点で、乗換候補車両は5台ありました。その内の1台が、このCB250Rです。このエンジンを積むCBR250R(初期型)に試乗したことがあります。エンジンは本当に良かった。でも、足回りは最低レベル。特にIRCの安物バイアスなんか履かせるっておかしいやろ!どんなに他が良く...

  14. 20181800 - ドカポルGS

    20181800

    一泊温泉ツーリングは400キロ走って無事帰宅。聖地伊豆箱根でゴールドウィングが十分スポーツランできることを再確認でき満足な二日間でした。ところで先日、江戸川区のホンダウィング店の2018年型ゴールドウィング展示車をまたがってきたので印象を報告してみたいと思います。結論から言うと、当たり前ですが凄くいい。最新のゴールドウィングが最良のゴールドウィングだなんてポルシェみたいなキャッチフレーズが出...

  15. 箱根も夏? - ドカポルGS

    箱根も夏?

    いつもの宿まで一泊ツーリング中。ルートはいつも通りの箱根大観山で、久し振りにターンパイクのハイスピードなコーナリングも堪能できました。バンクセンサーが接地するかしないかを攻めて行くと、比較的安全にスリルを楽しむことができます。いつもは十国峠から熱海市内に山下りするのですが、あまりにも天気がいいので今日は亀石峠まで伊豆スカをぶっ飛ばしてみました。タンデムしてても、ニュートラルなハンドリングとロ...

1 - 15 / 総件数:15 件

似ているタグ