ボクシングのタグまとめ

ボクシング」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはボクシングに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ボクシング」タグの記事(130)

  1. 長谷川V10 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    長谷川V10

    WBC世界バンタム級タイトルマッチ、長谷川穂積VSアルバロ・ペレスをテレビ観戦。3ラウンドに突入した時点で「あれ、長谷川今日は調子悪いのかな?」と思ってしまったが、よく考えると不条理極まりない感想だな。実況も「長谷川、3ラウンド目を戦うのは1年11ヶ月ぶり!」とか無駄に煽ってたけど。対戦相手のペレスは手数も出していたしよく動けていたので「こりゃ少々長引くかな」と思っていたら、4ラウンドに長谷...

  2. 亀田VS内藤 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    亀田VS内藤

    WBCフライ級タイトルマッチ、内藤大助VS亀田興毅をテレビ観戦。両者ともクリーンヒットのない展開だったので、判定結果を聞いたときは「内藤の方が見た目のダメージ大きいとはいえ、そこまで点差の開く内容だったか?」というのが正直な感想。まあ逆にいえば「亀田が内容の差以上にジャッジに印象を与えることに成功した」とも取れるわけで、全体を通じて亀田がクレバーな試合運びをしてましたね。内藤は特にどこが悪か...

  3. パッキャオVSコット - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    パッキャオVSコット

    マニー・パッキャオVSミゲール・コットをWOWOWで観戦。このブログではボクシングの事前予想はやってないんですが、実は今回、個人的にはパッキャオの苦戦を予想してたんですよ。コットは以前見た印象だと削り合いの展開に強そうな感じだったし、フライ級出身のパッキャオはなんぼなんでもウェルター級のトップどころと戦ったらさすがに簡単にはいかないだろう、と思っていたので。という経緯もあり、まずは「本当にす...

  4. ボクシングダブル世界戦 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ボクシングダブル世界戦

    WOWOWでボクシングダブル世界戦を観戦。まずWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチでは、王者ホルヘ・リナレスがファン・カルロス・サルガドにまさかの1ラウンドKO負けを喫しまさかの王者陥落。1R序盤に左フックを食らってダウンし、再開後も立て直す暇がないままコーナーでラッシュされてのKO負け。出会い頭にやられた感がなくはないが、言い訳の効かない負け方でもある。ゴールデンボーイ・プロモーショ...

  5. 亀田VSデンカオセーン - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    亀田VSデンカオセーン

    亀田大毅VSデンカオセーン・カウイチットをテレビ観戦。とりあえず「大毅大善戦」というまとめかたをしていい内容だったのではないかと。デンカオセーンは昨年大晦日に2ラウンドKO決着で放送時間を大幅に余らせた前科があるので、「今回はTBSがよく因果を含めておいたのかな?」というあらぬ妄想ができなくもありませんが。大毅は削り合いで若干分が悪くなっていた4Rあたりからリズムを変える工夫をすれば更に面白...

  6. 名城VSカサレス - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    名城VSカサレス

    WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ、名城信男VSウーゴ・カサレスを(後半6ラウンドだけ)テレビ観戦。カサレスのフック・アッパーが名城の顔面を捕える場面が目立つが、名城はボディーブローをベースに前進を緩めず応戦。11・12ラウンドにやや疲れのみえるカサレスを押し切り、1-1のドロー防衛に成功。後半6ラウンドの自己採点は4-2で名城。前半を見ていないのでジャッジが妥当かどうかはよく分かりま...

  7. スピードスター、未だ衰えを知らず - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    スピードスター、未だ衰えを知らず

    フロイド・メイウェザー対フアン・マヌエル・マルケスをWOWOWで観戦。マルケスがどうこうというより(本来こういう扱いをしていい選手でないことは承知しているが)、1年9ヶ月ぶりのリング復帰となるメイウェザーが果たして試合勘をどこまで取り戻しているか、というのが焦点だったと思うんですが、序盤から上体のスウェーでマヌエルのパンチをかわしまくって顔面をカスリもさせず、2Rに近距離からの左フックでダウ...

  8. 内藤VS亀田 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    内藤VS亀田

    内藤大助と亀田興毅によるタイトルマッチが決定。亀田ファミリーの存在感が著しく低下している昨今、どうせやるなら大毅戦の直後に組めなかったのかね、というのが正直なところ。とはいえ清水だの山口だのに比べれば亀田が知名度の面で圧倒的に上回っているのは確か。どうせ同じ「日本人の格下相手に防衛回数を重ねる」路線なら、亀田相手の方がビッグビジネスの芽が出てくる、ということですかね。「亀田が格下」という前提...

  9. ボクシングダブル世界戦の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ボクシングダブル世界戦の感想

    テレビ観戦の感想を。WBCフェザー級タイトルマッチでは粟生隆寛がエリオ・ロハスに判定負けし王座陥落。両者ともアマチュアから叩き上げてきた選手なので手が合うかな、と思ったものの、自分の距離をキープして着実に有効打を入れるロハスの試合運びに粟生が付き合いすぎてしまった感じ。粟生はもっとガンガン前に出てロハスのペースを崩さなきゃダメでしたね。もっとも6Rあたりから粟生は多少積極的に手を出していた気...

  10. コットVSクロッティ - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    コットVSクロッティ

    WBO世界ウェルター級タイトルマッチ、ミゲール・コット対ジョシュア・クロッティを観戦。1Rにタイミングよくジャブを突き刺してダウンを奪ったコットがこのままワンサイドゲームに持ち込むかと思ったが、2R以降はクロッティが圧力をかけ続けてのショートアッパーでペースを握り返す。まぶたをカットして動きが落ちたコットが絶体絶命、と思いきや今度はクロッティがスリップのはずみで足を痛めてしまい動きがガクッと...

  11. パックマンVSヒットマン - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    パックマンVSヒットマン

    マニー・パッキャオVSリッキー・ハットン戦をWOWOWで観戦。ゴングと同時に前へ出るハットン、様子見をする気配は一切なし。対するパッキャオは右のフックがタイミングよく入ってるな、と思いながら見ていたら、その右フックでダウンを奪取。その後もコーナーに詰めて2度目のダウンを奪い、いきなりパッキャオが完全に主導権を握る展開へ。2ラウンドはハットンがやや落ち着きを取り戻し、パッキャオの連打もスウェー...

  12. WBAミドル級タイトルマッチの感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    WBAミドル級タイトルマッチの感想

    WBA世界ミドル級タイトルマッチ、フェリックス・シュトゥルム対佐藤幸治をWOWOWで観戦。シュトゥルムって「デラホーヤが6階級制覇を達成したときの対戦相手」という認識しかなかったので、いまだに世界チャンピオンだったのか、というのが驚き。試合の方は1ラウンドから着実に左ジャブを当てて先手を取っていくシュトゥルムに対し、佐藤は2R以降連打でシュトゥルムにガードを固めさせる場面は作るものの、有効打...

  13. ボクシング・ダブル世界タイトルマッチの感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ボクシング・ダブル世界タイトルマッチの感想

    いやー、どちらも素晴らしい試合だった。まずWBC世界フェザー級タイトルマッチでは粟生隆寛がオスカー・ラリオスを破り、リベンジを果たすとともに涙の戴冠。序盤から積極的に手数を出すと同時にカウンターを面白いようにヒットさせ、全く危なげない内容でしたね。前回の対戦では序盤にダウンを奪いながら逆転を許しているだけに、長丁場になった場合はもしや・・・という嫌な予感がしたものの、終盤も攻勢を緩めず、最終...

  14. 亀田兄弟、揃って快勝(苦笑) - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    亀田兄弟、揃って快勝(苦笑)

    亀田興毅VSドローレス・ビダルをテレビ観戦。亀田は以前と同様相手のパンチをよく見て試合運びをしている印象だったが、攻めが単発なのも相変わらず。2Rにコーナーに詰めての連打であっさり3ダウンを奪いKO勝利。まあこういう勝ち方をするために選ばれた相手だっただろうから、ビダルは自分の仕事をきっちり果たしたというところか。ゴールデンタイムで亀田の試合が流れるのは久しぶりだけど、TBSも亀田でもう一稼...

  15. マルガリートVSモズリー - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    マルガリートVSモズリー

    WBA世界ウェルター級タイトルマッチ、アントニオ・マルガリートVSシェーン・モズリーをWOWOWで観戦。1Rから有効打を入れたモズリーがその後もマルガリートを圧倒し続け、9RにKO勝利。モズリーの年齢を考えると後半に失速したところをマルガリートが盛り返すという展開もありえたと思うのだが、あれだけパンチを食らい続けたらスタミナ勝負に持ち込むのも無理だったか。私のボクシング知識では「マルガリート...

  16. ワルーエフVSホリフィールド - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ワルーエフVSホリフィールド

    WOWOWでWBA世界ヘビー級タイトルマッチのニコライ・ワルーエフVSイベンダー・ホリフィールドを拝見。前半は様子見の雰囲気が強いワルーエフに対して、ホリフィールドがグルグルと周りながら踏み込んでのパンチを入れ続けていく展開。6Rあたりからようやくワルーエフが前に出て攻め込むようになるものの、目立った有効打はないまま試合終了。大まかな感想では前半6ラウンドがホリフィールド、後半6ラウンドがワ...

  17. WBA世界ライト級タイトルマッチの感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    WBA世界ライト級タイトルマッチの感想

    Dynamite!!と戦極の乱の観戦記も書き終わったので、しばらくはこれ以外の溜まっている観戦記の消化でつないでいこうかと思います。まずは1/3のWBA世界ライト級タイトルマッチ、小堀佑介VSパウルス・モーゼスの感想を。カード決定の時点で「ライト級でアフリカの選手相手だと、パワー勝負に持ち込まれたら不利なのかなあ」と漠然とした感想を持っていたのですが、始まってみると小堀との真正面からの打ち合...

  18. ボクシング世界戦の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ボクシング世界戦の感想

    WBCフライ級タイトルマッチ、内藤大助VS山口真吾をテレビ観戦。山口も序盤から積極的かつ丁寧に攻め込んでいたとは思うんだけど、リーチ差は如何ともしがたいものがあったか。山口の空振りの多さと、それと好対照な内藤のクリーンヒットの多さは誰の目にも明らかでしたね。とはいえ、最後まで臆せず打ち合いを仕掛けていった山口と、それを受けて立ってきっちりKOという結果を出した内藤は両者とも賞賛に値すると思う...

  19. ゴールデンボーイの落日 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ゴールデンボーイの落日

    オスカー・デラホーヤVSマニー・パッキャオをWOWOWで観戦。いやー、驚いた。もうどういう言葉を使っていいものやら。序盤からデラホーヤは体格差・リーチ差を活かすことが全くできず、出入りの早さで先手を取っていくパッキャオに完全にペースを握られたまま、7・8Rには集中打を浴び続けて結局ドクターストップ。ボクシング専門誌に目を通したわけじゃないけど、こういう展開と結果を予想できた人はどのくらいいた...

  20. ボクシングダブル世界戦の感想 - アントニオ・ホドリゴ・ヌゲイラの格闘日記

    ボクシングダブル世界戦の感想

    テレビ観戦の感想を。WBC世界フェザー級タイトルマッチでは、粟生隆寛がスプリット判定の末、王者オスカー・ラリオスに惜敗。4Rにダウンを奪ったときはこのまま行けるかと思ったけど、逆にそれ以降一発狙いになって受けに回ってしまった感じ。与えたダメージという点では粟生が勝っていたんだろうけど、5R以降はラリオスが手数でリードする場面が目立っていたので、まあ妥当な判定では。オープンスコアリングシステム...

総件数:130 件

似ているタグ