ボタンのタグまとめ

ボタン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはボタンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ボタン」タグの記事(127)

  1. ボタン100個(No.382) - 薪窯冬青 犬と山暮らし

    ボタン100個(No.382)

    100個のボタンができました。青灰色に見えるのが信楽の白く焼ける粘土です。型はやはり効率アップ、品質向上?に貢献しました。釉薬をどうするかなど(還元?酸化?)で焼き上がりの変化を楽しめます。3日目の今日、雷雨はささやかなものでした。昨日の雨で、砂利道はえぐれて、地山の赤土まで見えてしまいました。これでも立派な❓市道です。10年で20回はこんなことがあったのではないかな?市の対応は決まって、そ...

  2. 売り物みたい(No.380) - 薪窯冬青 犬と山暮らし

    売り物みたい(No.380)

    ボタンの続き晴れ間がのぞいて山も見えた。甲斐駒ヶ岳は独立した岩塊だ。気温が上がって、ボタンの型どりが短時間で済むようになったので、はかどる。乾くと、売り物みたいだ。今日も売店からボタン売り上げ報告が届いた。本気出して作らないと。できたのは、まだ27個、後70個ほど。ボタン取り出しまでの時間で始めた、小皿の型作り(こちらは粘土型にただ乗せてかたどるだけ)は7個作って2個失敗。3mm厚のたたらは...

  3. ボタンを型作り(No.379) - 薪窯冬青 犬と山暮らし

    ボタンを型作り(No.379)

    一度失敗した後、気を取り直してボタンを1つ作り、それをもとにして型を作ることができました。さっそく作ってみました。今度のは、前から作ている大きさの物。円形に抜いた物を、石膏型に埋め込んで(ということは、内型)、しばらく(10分くらい明るい外で)置いたのち、ひっくり返して、手のひらの上でポンポンと叩くと何とか落ちてきました。型が小さくて見えませんが、ボタン穴の位置がわかる(型では穴の部分がとが...

  4. 赤いプラスティック製ボタン・コレクション - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    赤いプラスティック製ボタン・コレクション

    アーディングリーのアンティーク・フェアの、ヘキサゴン・パッチワーク柄の布を買ったストールでは、この赤~茶系の古ボタンの詰め合わせも買いました。ボタン好きなら多分持っている文化出版局刊の「ボタンの本」に寄ると、赤いボタンは色付きボタンの中で一番多いそうです。これらは全てプラスティック製ですが、やはり概ねアール・デコ期~1950年代頃のボタンで、現在の大量生産のプラスティック・ボタンとは全く違う...

  5. 透明ガラス・ボタン・コレクション - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    透明ガラス・ボタン・コレクション

    アーディングリーのアンティーク・フェアの、ヘキサゴン・パッチワーク柄の布を買ったストールでは、この古いガラス製ボタンの詰め合わせも買いました。ビンテージのガラス・ボタンは、何と言ってもボタン・コレクターに一番人気です。一袋に30個位入って、値段は1.75ポンドでした。概ね、20世紀前半製造のボタンに見えます。凹凸模様やカット、塗装で、出来るだけ透明感や反射が美しく見えるよう工夫されています。...

  6. 透明プラスティック・ボタン・コレクション - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    透明プラスティック・ボタン・コレクション

    四月に行ったアーディングリーのアンティーク・フェアでは、ヘキサゴン・パッチワーク柄のビンテージ布と一緒に、古いボタンのアソートも幾つか買いました。そのストールでは、古いボタンが色別素材別にチャック式ビニール袋に詰められて売られており、まず選んだのがこのクリア・ボタンの詰め合わせです。全てプラスティック製ですが、無色透明で古い意匠のボタンばかりだと、こんなに表情豊かで魅力的に見えるとはと惹かれ...

  7. 牡丹の花 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    牡丹の花

    庭に牡丹の花が咲きました。例年になく、早い。

  8. 20210506 【植物】牡丹三昧 - 杉本敏宏のつれづれなるままに

    20210506 【植物】牡丹三昧

    あちこちで牡丹が咲き出しました。まずは、真紅の牡丹です。こちらは、純白。それに、黄色い牡丹です。

  9. ボタン ~桐生市新里町 真龍寺~ (2021/4/17撮影) - toshiさんのお気楽ブログ

    ボタン ~桐生市新里町 真龍寺~ (2021/4/17撮影)

    なかなかまとまった雨が降らない当地ですが、今日はたっぷりのお湿り雨の雫をまとったボタン(牡丹)を撮りに、桐生市新里町にある真龍寺へ桜が終わり、新緑がきれいな境内ボタンは見ごろでした名前が分からない(調べていない)ので、例により色別に…赤ボタンのような大きい花は苦手で、つぼみの方が心に響きます紫雫をまとったボタンは、ひと際あでやか…ピンクこのくらいが一番かも白黒品種は「黒牡丹」というようですが...

  10. 牡丹が咲きました - リリ子の一坪ガーデン

    牡丹が咲きました

    昨日の早朝のボタンフワフワのシュークリームみたいな開花直前の蕾そして今日の夕方和紙のような花びらが開花してました🎶🎶古木なので、一つひとの花は小さいですが十数個の花が見られそうです数日前までは丸い蕾だったのに咲き出すと早いわ!いつまで見られるかな…ボタンの近くで咲いている花です鉢植えブルーベリーにも花が咲きました🎶花だけ...

  11. 牡丹 - Mag's  DiaryⅣ

    牡丹

    丹精のボタンの花が咲いて、そろそろ散ろうとしている。少し前までは5月の連休に花を楽しんでいたのだけれど、どんどん咲くのが早くなって、今年は4月9日には満開になった。野の花も、今年はうんと早く咲いている。例年、花仲間と一緒に訪れることにしているサンカヨウの谷、今年は1週間早く行こうと相談がまとまった。熊さんの目覚めもきっと早くなっているだろうからねえ、『熊の谷みんなで渡れば怖くない』( `ー´)ノ

  12. ボタン寺でボタンほか - 星の小父さまフォトつづり

    ボタン寺でボタンほか

    近頃の皆さんのブログを拝見していると、各地でボタンの花を取り上げているのが多く、ウカウカしていると撮りっぱぐれてしまいそう。ってことで、昨日 ( 04/15 ) は太田市にあるボタン寺で知られる大慶寺にボタンの花を撮りに行ってみた。いつもは4月も下旬に行っていたはずでも、今年は異例な気候だから早すぎはしないだろうと予想した通り程良い頃合いで咲いていた。そして、人がいないのもよろしいきっと、大...

  13. 花 - 季節の写真

    咲きましたピンク色のが雨の中で大輪です。

  14. ボタン暖簾完成 - 日々綴り

    ボタン暖簾完成

    暖簾完成です。微妙な長さ調整は必要になるかもしれませんが、一旦作業は終了。最終的に906個のボタンを使用しました。レトロな雰囲気になったかというと疑問ですが、在庫のボタンが消費できたのは良かったです。ボタン同士が重なるときの音も思っていたよりいい感じです。

  15. No.71 ヒヨコのボタンブレスレット - Mistletoe

    No.71 ヒヨコのボタンブレスレット

    可愛いヒヨコが赤い傘をさして元気に歩くイースター用のヴィンテージボタンとローズクォーツを組み合わせて作ったブレスレットです。ボタンはおそらく1950年代イギリスのものと思われます。穏やかな心に誘うローズクォーツとヒヨコちゃんでお心に笑顔を。ボタンの大きさ約1.5cmローズクォーツ球の径0.4cm手首周りの長さ約17cm伸びる糸アンタロンでお作りしています。お値段1300円(税込)送料198円...

  16. 桜 - 気ままな生き物撮り 弐

    葉桜桜繋がりでおまけ(富貴花)

  17. お寺の牡丹とクマガイソウ - Magnolia lane 3

    お寺の牡丹とクマガイソウ

    境内の彼方此方に牡丹があります。その数からすればまだ一分咲きというところでしょうか、殆どが蕾の状態でした。ミヤコワスレクマガイソウラン科アツモリソウ属低山の森林内(特に竹林や杉林など)に生育し、大きな集団を作ります。草丈は40cmくらいまで、葉は対生するように二枚つき、それぞれ扇型の特徴的な形をしています。花はその間から伸びた茎の先につき、横を向きます。花弁は5枚の細い楕円形で緑色を帯び、唇...

  18. ボタン暖簾続き - 日々綴り

    ボタン暖簾続き

    ボタン暖簾の続き。☟棒を通して使うように編みました。三角モチーフですが、雫のようになってしまいました。もう一息 (*´▽`*)

  19. ミソハギの新芽 - ウィズコロナのうちの庭の備忘録~Green's Garden~

    ミソハギの新芽

    枯れたか?と思ってたミソハギ、新芽が出てきた。今年のお盆には、これを使えるか?ちゃんとした植木鉢に植え替えないと。親戚からもらった牡丹の花、もらった時は半開きだったのだけど、満開になって直径20センチくらいの巨大花に(*^^*)惜しむらくは、「仏壇にあげてね」と言われたので仏壇に飾ってるのだけど、家人は誰も牡丹に気づいてない(^_^;)これも、ご近所さんからもらった花↓白と青の花で、すごく増...

  20. 雨の西新井大師 - meの写真はザンス

    雨の西新井大師

    コロナ禍ですが、西新井大師のボタン宛が一方通行でオープンしました。朝からの雨で花はヘロヘロになってしまっている。この季節の雨は、花にとっても寒かった。

総件数:127 件

似ているタグ