ポストモダニズムのタグまとめ

ポストモダニズム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはポストモダニズムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ポストモダニズム」タグの記事(16)

  1. 【思想・哲学】和風ポストモダニズム「糸井天皇」の炎上と「新自由主義リベラルシニア」の落日ーー新型コロナウイルスであぶり出された日本社会に蔓延した「本当のウイルス」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    【思想・哲学】和風ポストモダニズム「糸井天皇」の炎上と...

    【思想・哲学】和風ポストモダニズム「糸井天皇」の炎上と「新自由主義リベラルシニア」の落日ーー新型コロナウイルスであぶり出された日本社会に蔓延した「本当のウイルス」日本におけるポストモダニズムの「天皇」糸井重里(「糸井天皇」)がまた炎上した。今度は「スポーツのかわりに医療現場を中継しよう」という提案だ。「糸井天皇」はポストモダニズムの「相対化」の手法を乱用しているうちに、善悪の判断がつきにくく...

  2. #補償なくして自粛なし 元「県政の天皇」県議女性参院議員派の買収容疑で捜索 環境破壊や財政赤字、保健所潰しのA級戦犯 安倍総理は現代の後醍醐帝 村社会のポストモダニズムの終焉 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    #補償なくして自粛なし 元「県政の天皇」県議女性参院議...

    #補償なくして自粛なし 元「県政の天皇」県議女性参院議員派の買収容疑で捜索 環境破壊や財政赤字、保健所潰しのA級戦犯 安倍総理は現代の後醍醐帝 村社会のポストモダニズムの終焉

  3. ポストモダニズムがマスコミから批判精神を奪った《思想・哲学》 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    ポストモダニズムがマスコミから批判精神を奪った《思想・哲学》

    ポストモダニズムがマスコミから批判精神を奪った《思想・哲学》昔も自民党や財界はそれなりに腹黒かったと思う。違いはマスコミによる批判がいまは弱いことだ。昔はNHKが大手企業を、民放が国を批判するという役割分担で、腐敗を牽制してきた。財界も自民党もそれなりに腹黒かったが、抑制せざるを得なかった。しかし、日本では村社会が残ったまま、ポストモダニズムの導入が進んだ。「なんでもかんでも相対化」は批判精...

  4. 【備忘録】安倍一派に悪用された「ポストモダニズム」改革 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    【備忘録】安倍一派に悪用された「ポストモダニズム」改革

    【備忘録】安倍一派に悪用された「ポストモダニズム」改革冷戦崩壊後のポストモダンの日本では、「政治主導」が一世を風靡した。その主導者は、小沢一郎さん(後に民主党入党と同時に社民主義寄りに転向)、当時は小沢腹心だった小池百合子さん(後に自民党入党、のち都民ファーストとと転進)、あるいは前原誠司さん(民主党代表)と言ったあたりだろう。アメリカやイギリス的な二大政党制を金科玉条とし、官僚支配を打破す...

  5. ポストモダニズムの相対主義+ムラ社会→安倍ジャパン+ダウンタウン的ないじめ・暴力容認の気風↑ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    ポストモダニズムの相対主義+ムラ社会→安倍ジャパン+ダ...

    ポストモダニズムの相対主義+ムラ社会→安倍ジャパン+ダウンタウン的ないじめ・暴力容認の気風↑ポストモダニズムの相対主義は、結局の所、日本というムラ社会では、陰湿ないじめとか暴力容認とかそういうものを甘やかす結果になったと思う。「虐められる方も悪い」「村八分にされる方にも落ち度」とか、そういう屁理屈がまかり通るようになった。間違いなく、そういう屁理屈を振り回す人たちにポストモダニズムは相対主義...

  6. 価値観が多様化した状態でムラ社会が残るとどうなるか、という社会実験 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    価値観が多様化した状態でムラ社会が残るとどうなるか、と...

    価値観が多様化した状態でムラ社会が残るとどうなるか、という社会実験日本は、現在、「人々の生き方や価値観が多様化した状態で、ムラ社会的思考が残るとどうなるか?」社会実験になっていると思う。あるいは、「ムラ社会が残存した状態でポストモダニズムを導入するとどうなるか?」という社会実験でもあると思う。人々の生き方が多様なのに、「他人に自分と同じ生き方」を強制する「ムラ社会」を維持すればどうなるか。人...

  7. 【思想・哲学】「ポストモダニスト」を辞めて「近代主義防衛」に転じた枝野幸男 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    【思想・哲学】「ポストモダニスト」を辞めて「近代主義防...

    【思想・哲学】「ポストモダニスト」を辞めて「近代主義防衛」に転じた枝野幸男枝野幸男という人は哲学的に言えば、長い間、ポストモダニストだったと思う。だから、旧民主党時代、とくに2000年代前半くらいは、自民党の改憲論議にポストモダニズムの文脈で乗っていた。しかし、安倍の余りのひどさをみて、まずは「近代立憲主義」をしっかり固めることが大事だ、と考えを変えたのではないかと思う。安倍による国政私物化...

  8. 【備忘録】階級格差拡大による1990年代(ポストモダニズム)型中道の没落と野党・市民連合の課題 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    【備忘録】階級格差拡大による1990年代(ポストモダニ...

    都議選の結果は、自民大敗と共に、民進・生活者ネットの大敗であった。言ってみれば、「1990年型(ポストモダニズム型)」中道の没落と言うべきである。階級格差が拡大する中で、勝ち組が集中する東京では、「勝ち組」を自覚する人は、勝ち組の代表の小池百合子・都ファに流れ、階級格差拡大を憂える人は日本共産党に流れた。そして、民進・ネットが沈没した、ということである。

  9. 階級格差拡大で終了、ポストモダニズム的「中道」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    階級格差拡大で終了、ポストモダニズム的「中道」

    階級格差拡大で、ポストモダニズム的な「中道」の時代は終わった。日本で言えば、いわゆるバブルの頃、築き上げた豊かさを背景に、「階級格差には冷淡だが、多様性の尊重とかそういうことは表面的には支持する政治家」がウケた時代は確かにありました。民主党右派とか若き日の小池百合子さんとか、小泉純一郎さんとかです。海外で言えばヒラリー・クリントンやシュレーダー、メルケル、ブレア、キャメロンなどでしょう。しか...

  10. 安倍ジャパンとは、結局日本の「退歩国」化の帰結ということ - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    安倍ジャパンとは、結局日本の「退歩国」化の帰結ということ

    安倍晋三総理=安倍皇帝夫妻とお友達がやりたい放題の日本国の状態「安倍ジャパン」。安倍ジャパンとは 、結局のところ、日本の「退歩国」化の帰結ではないでしょうか?野球のワールドベースボールクラシックで健闘して注目されているイスラエル。そのイスラエルに一人当たりGDPで抜かれた日本。「貧すりゃ鈍する」で、ふたたび腐敗政治が復活している面はあります。1990年代以降の、ポストモダニズム、新自由主義グ...

  11. 【備忘録】戦時中と共通?二つの思想潮流「英米仏への反発の勢い余って人権否定」「既存物否定の勢い余って電波」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    【備忘録】戦時中と共通?二つの思想潮流「英米仏への反発...

    備忘録再び日本を滅ぼす?二つの思想潮流「英米仏への反発の勢い余って人権否定」「既存物否定の勢い余って電波」英米仏への反発の勢い余って人権否定第二次世界大戦中英米仏帝国主義=対アジア・アフリカ的には人種差別、対西洋内部的には民主主義・人権尊重の二重基準ナチス・ドイツ/ヒトラー=人権そのものを否定(優生思想)ソビエト(現ロシア)スターリン=独裁主義日本=英米仏への反発。(近代の超克)建前は、人種...

  12. 備忘録ーー必要なのは「新時代の合理性」・・「復古主義」「ポストモダニズム」「近代の超克」を乗り越えて - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    備忘録ーー必要なのは「新時代の合理性」・・「復古主義」...

    備忘録ーー必要なのは「新時代の合理性」(近代)「合理性」への批判・制御できない核文明。最近では原発事故をうんだのではないか?・優生思想と結び付き、障害者差別、高齢者虐待、人種差別などの背景ーー最近では長谷川豊、植松聖、片山さつきら。・「合理化」=単なる弱者切り捨てにの大義名分にも。■しかし、「合理性」は「前提条件」さえ誤らなければプラスに・個人の尊厳や持続可能性を守ると言う条件をはめれば、有...

  13. 日米の政治がなぜ不毛か? - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    日米の政治がなぜ不毛か?

    日米の政治がなぜ不毛か?乱暴に言えば対立軸が「安倍晋三的国家社会主義」vs「小池百合子的ポストモダニズム」「トランプ的排外主義」vs「クリントン的人権重視に見せかけた空爆しまくり主義」に収束してしまっているからです。その背景には「政治改革」と言う名の小選挙区制並びに公職選挙法の諸規定※(1994年以降)があります。(無所属はビラに制限がある、衆院選では政見放送が出来ないなど)。また、自民党内...

  14. 「国家社会主義」安倍に野合する「ポストモダニスト」マスコミ人の大罪 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    「国家社会主義」安倍に野合する「ポストモダニスト」マス...

    「国家社会主義」安倍に野合する「ポストモダニスト」マスコミ人の大罪最近のマスコミの大物というのは思想的に言えば「ポストモダニスト」といえます。「ポストモダニスト」は、一応、多様性の尊重などの価値観は守っているように見える一方で、階級格差の拡大については「自己責任論」で片付ける傾向が強い。また、米英仏の空爆しまくりについては、「理解を示す」傾向がある。そして、トランプやイギリス国民のEU離脱に...

  15. 米欧の「アンチポストモダニズム」よりたちが悪い現代日本の「弱者叩き」 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    米欧の「アンチポストモダニズム」よりたちが悪い現代日本...

    米欧の「アンチポストモダニズム」よりたちが悪い現代日本の「弱者叩き」2016年は、「ポストモダニズム」が崩壊しました。それに伴い、「ポスト真実の政治」がウケたとも言われています。欧米の場合は、冷戦崩壊後のいわゆるポストモダン期に、一定程度の多様性尊重の一方で、格差が拡大したことへの反動が、排外主義になってあらわています。他方で、排外主義者も、格差是正は大義名分としては掲げています。確かに、格...

  16. 【思想・哲学】2016ポストモダニズムの滅亡を受けて2017年の課題 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    【思想・哲学】2016ポストモダニズムの滅亡を受けて2...

    【思想・哲学】ポストモダニズムの滅亡を受けて2017年明けましておめでとうございます。昨年2016年はポストモダニズム※が世界規模で滅亡しました。アメリカ大統領選挙の「トランプ当選」という結果、イギリスのEU離脱。欧州における反EU政党の躍進。格差が拡大する中で、有効打を打てず、ハッキリしないポストモダンな既成勢力への苛立ちが一挙に噴出しました。そして、ポストモダンなシステムからの離脱やクリ...

総件数:16 件

似ているタグ