マサコのタグまとめ

マサコ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはマサコに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「マサコ」タグの記事(27)

  1. イ・ホンボク先生へ byマサコ - 海峡web版

    イ・ホンボク先生へ byマサコ

     4月から9月まで、イ・ホンボク先生の「読めると聞こえる!グン伸ばそう読む力」の講座で、初心者向けの適切な教材のあり方を拝見しました。・1度はゆっくり。2度目は普通の速度で生徒が例文を発音できる。・「発音の도우미」では、早くから発音の変わる所をハングルで書いてある。・意味のまとまりごとにフレーズ感で発音する訓練ができる。 (分かち書きだけのハングルで指導をしない)私は、身についていない単語の...

  2. ワールドニュースより「ミュンヘン合意」 byマサコ - 海峡web版

    ワールドニュースより「ミュンヘン合意」 byマサコ

    2018年9月20日のロシア TVニュースよりナレーションを書き出します。 ミュンヘン1938」と題するミュンヘン合意に関する資料展が 9月19日から始まりました。 ロシア公文書館が初めて一般公開するミュンヘン合意に関する 文書数100点からなるユニークなものです。 80年前に行われたこの合意は人類を第二次世界対戦へと押しやるものでした。 セルゲイ・ラブロフ外相は 「その歴史的教訓はまだ十分...

  3. 数字遊び:「天皇の料理番」から byマサコ - 海峡web版

    数字遊び:「天皇の料理番」から byマサコ

    TVの「天皇の料理番」では、当時の新聞記事を見せてくれるので、明治時代の事件や風物、人々の生活に触れることが出来る。印象に残っているのは明治43年1月23日の逗子のボート転覆事故。開成中学の生徒11人が小学生の弟1人を連れ出し、全員死亡したもの。賛美歌のメロディーに乗せて始まる「真白き富士の嶺」。あの歌の事件かなと思った。調べると、稲村ヶ崎に兄弟の慰霊塔が建立されていた。もっと近年の出来事の...

  4. web版54  感想 「世界の平和を祈りつつ」を読んで  byマサコ - 海峡web版

    web版54 感想 「世界の平和を祈りつつ」を読んで...

    タグ:日ノ本学園・戦争とわたし ←クリックして記事一覧をご覧ください。web版14「世界の平和を祈りつつ」by N.I.(49回生)  https://kaikyou.exblog.jp/23733143/配列良く並べられた文章は、丁寧に綴られています。「生まれた町」では、筆者の育った環境を知ることが出来ます。 おじさんが大八車で野菜や果物を売りに来るのを、母がよく買っていました。時々家の前...

  5. 好き嫌い モダン・ジャズ・カルテット byマサコ - 海峡web版

    好き嫌い モダン・ジャズ・カルテット byマサコ

    子供の時から「好きなもの」がはっきりしていた。日本人は「最も好きなものは1つだけ」と思っているそうだが、「最も好きなものは沢山あっていい」と読んだことがある。珍しくジャケットの絵が気に入ってジャズのCDを求めた。ジョン・ルイスは、今はもうお付き合いのない知人が好きだったピアニスト。軽やかな音が魅力的。第一曲の「ヴェルサイユ」を聴いたら、目が生き生きするように好きになった。多分全7曲のうち「一...

  6. クイズ「東大王」 byマサコ - 海峡web版

    クイズ「東大王」 byマサコ

    芸能人と東大生が対決するクイズ番組「東大王」を楽しんでいる。一般視聴者から東大生への質問で、子供が「お気に入りの文房具がありますか?」と聞いた。東大生1は「小学生の時から、濃い鉛筆が好きでした。 鉛筆が濃いと濃淡が書き分けられて、字が美しくかけるので 勉強が楽しくなるのです」東大生2は「私は逆で、柔らかな書き心地はめり込むので、 シャープペンシルを使います。 でも芯が折れやすいので、特製のバ...

  7. 失 敗 byマサコ - 海峡web版

    失 敗 byマサコ

    初めて洗濯機の柔軟剤を入れるところに洗剤を入るという失敗をしでかした。 あわわわ!柔軟剤って、確か最後の「すすぎ」時に加えられるのではなかったか?ということは、洗い済みの洗濯物がまた洗剤にまみれてしまう。 ウムムムム……。仕方ないから、初回は洗濯は15分、すすぎは1回注水なし。脱水は6分でやってみよう。そして又一から 洗濯7分、すすぎ注水付き2回、脱水10分。これでうまくいくだろう。 ホッ ...

  8. 秋の2冊 その2 青山透子著「疑惑のはじまり」 byマサコ - 海峡web版

    秋の2冊 その2 青山透子著「疑惑のはじまり」 byマサコ

    本書は「日航123便墜落 あの日の記憶 ー 天空の星たちへ」(マガジンランド2010年5月発行)を「疑惑のはじまり」と改題して復刊された。著者・青山透子さんの捜査が核心に迫ってきたという感じが強くする。青山氏の2冊目の著書「墜落の新事実」は、ベストセラーにもかかわらず、大手新聞やニュースショーの話題になっていない。彼女のブログによると「嫌がらせ」を受けているとのこと。  嫌がらせの正体 青山...

  9. 秋の2冊 その1 青山透子著「日航123便墜落ー 遺物は真相を語る」 byマサコ - 海峡web版

    秋の2冊 その1 青山透子著「日航123便墜落ー 遺物...

    一気に読めた。第1章「この墜落は何を物語るのか」 墜落4日前から墜落日前日。 日本の軍事関係者が「何に向かって事を運んでいたか?」を 毎日・読売の記事を中心に紐解いてある。「‥‥防衛庁の発表によれば、日航123便の4日前から、 中曽根康弘首相の意向に沿った形で、防衛庁自らが開発していた国産の巡航ミサイルの洋上実験での成功を称賛し、世界初の射程距離を自慢して いたのは事実である。‥‥」 引用p...

  10. ゲリラ雨 byマサコ - 海峡web版

    ゲリラ雨 byマサコ

    私は被害の大きくないゲリラ雨なら好きである。庭の草むしりが楽になるから。草取りと草むしりの違いは何か?草取りというと、草を根こそぎ引き抜く事。草むしりは、草をちょっと摘んで刈り取る感じかな。「ハコベ」の根は天女のように晴天続きの庭でも、簡単に抜ける。一番の難物は根が20センチもあるかと思う「水引草」。ところがゲリラ雨は土を強力に掘り返すので、この難物も土を掘り返したかのような強い雨脚のゲリラ...

  11. 中国ドラマ「開封府〜北宋を包む青い天〜」 byマサコ - 海峡web版

    中国ドラマ「開封府〜北宋を包む青い天〜」 byマサコ

    開封府(かいほうふ)は、私が初めてのめり込んだ中国ドラマ。女性主人公の周児(しゅうじ・ワン・ワンジョン)性格と美しさに心を奪われる。中曽根康弘氏に似ている張徳林(ちょう・とくりん・チー・クイ)は腹黒い枢密使。長男に手こずっている。運びとセリフ、対話に隙がなく濃密で、建築物の様にそそり立つ。中国の迫力満点。7年前、韓国史劇ではチャンバラが恐ろしくて、TVの前を離れていたが、今は、年のせいか、動...

  12. Enlightened・先進的で賢明な人やこと  byマサコ - 海峡web版

    Enlightened・先進的で賢明な人やこと  byマサコ

    Enlightened・先進的で賢明な人やこと。今週の「実践ビジネス英語」の内容は、合点がいかないところがあった。本文とクイズの中で2回使われていたenlightened。知っていたのに忘れていたenlightened。企業や職場で、働き方への考えがいい方向に変わってきている内容の中で、全てがうまく言っている印象を受けるが、NHKBSのニュースで「半分以上の職場で法律違反が起きている」と報道...

  13. リサ・ヴォートさんの世界 byマサコ - 海峡web版

    リサ・ヴォートさんの世界 byマサコ

    「実践ビジネス英語」のテキストの巻末に" Our Magical Word - Enhancing Your English " というクイズがある。毎月小エッセイと会話形式の問題が2つあり、それぞれに設問が3つ。合わせて6つの答えを考える。いつも胸がドキドキする時間。写真家でもあるリサさんの問題文は、機知に富み、教養があって心暖かい。心の美しい人の写真は、その佳い心が出ていると思う。想像し...

  14. ラフマニノフ「徹夜祷」op37を聴く byマサコ - 海峡web版

    ラフマニノフ「徹夜祷」op37を聴く byマサコ

    ラトビア放送合唱団のラフマニノフ作曲「徹夜祷」op37を聴く。 「悪しき者の はかりごと  行かざる者は 幸いなり」  第3曲より「この合唱団は、団員に音楽大学に行った人やプロの音楽家が少なく、 そのため、他の人の音をよく聴くことができるのです。 皆、伝統の中に音楽体験を積んで来たから、よくブレンドできます」そう言えば孔子の言葉に、「人の歌う歌をよく聴いて学びなさい。 学んだらその歌に合わせ...

  15. 横山秀夫さんごっこ byマサコ - 海峡web版

    横山秀夫さんごっこ byマサコ

    レンジ囲いの上にのせた炊飯土鍋「クライマーズ・ハイ」と「64(ロクヨン)」を読んで、後10回は読まないとこの2つ作品のことを綴ることはできないと思っている。私は8才の時、「世界で一番偉いのは小説家」と思っていた。8才まで祖母の隣で眠り、年齢より高く、大人に近い内容ある本を読んでもらっていたから文章を通して作家が人に与えられる世界に感心していたからだと思う。生きる歓びを与えてくださる作家に出会...

  16. 半藤一利氏「コチコチの愛国者ほど国をダメにする者はいない」  byマサコ - 海峡web版

    半藤一利氏「コチコチの愛国者ほど国をダメにする者はいな...

    大岡昇平も参加! 半藤一利が振り返る歴史的座談会https://www.youtube.com/watch?v=D6tP_sRc7t4 から8月15日、NHKスペシャルで放送された「ノモンハン 責任なき戦い」は圧巻でした。ノモンハンといえば、少女時代に草むらで、短剣を喉に突き立てて自決した兵士の写真を見た時のショック。今でも覚えています。子供心に「兵隊さんは戦争で死ぬもの」で、戦地で自殺する...

  17. ワールドニュース byマサコ - 海峡web版

    ワールドニュース byマサコ

    出発直前の会見 2018年8月12日 写真フォーカス台湾から早朝のワールドニュースで一日が始まる。台湾のニュースとして、台湾の蔡総統のアメリカ訪問が報じられた。アクセサリーをつけないスッキリした水色のスーツと小さなアクセサリーをつけた旅先の装い。そのさりげない装いに清々しさを覚えた。中国がホームページで、世界の航空会社に「一つの中国」として、台湾を認めないように要請をし、全部の航空会社がこ...

  18. ロジャース・カップ@トロント byマサコ - 海峡web版

    ロジャース・カップ@トロント byマサコ

    優勝者 ラファエル・ナダル(西班牙) 写真 The Tennis Daliyここ数日、「ATPワールドツアー・マスターズ1000 ロジャース・カップ@トロント」で、滅多に見ないテニスの試合を見ている。こうしてTVを通してトロントと繋がっていると思うだけで、何かしらの安心感に浸れるのが、自分でも不思議に思う。 故郷につながる安定感と同じものかもしれない。優勝したナダルも挨拶の時に「カナダは自分...

  19. イエメンの子供たち byマサコ - 海峡web版

    イエメンの子供たち byマサコ

    サウジアラビアがイエメンで夏期学校へ行く途中の子供たちのバスを空爆。 沢山の児童が死亡したり、ひどい怪我をしました。 ワールドニュースでは、世界各国のトップニュースでしたが、 アルジャジーラは子供達の惨状を克明に映し出したので 10日の早朝、気が動転してしまいました。 死亡&負傷者数は刻々と変わり、今は50人が死亡、77人が負傷。 子供達は皆15歳以下。 苦しそうにしていた子供達があれから亡...

  20. ヤコブ・ゲリンガスさん byマサコ - 海峡web版

    ヤコブ・ゲリンガスさん byマサコ

    生誕80年 没後28年ヤコブ・ゲリンガス(1938年3月23日 ー 1990年8月)           リトアニア出身のヴァイオリニスト、親日家のゲリンガス氏にリトアニア民謡を捧げます。歌詞の意味から、第一番、三番、二番,四番と演奏される事もあります。紹介して下さったドイツ語の先生によりますと、反戦歌で、どことなくPPMの「花はどこに行った?」の面影があるとの事。ゲリンガス氏と一緒にいた時...

1 - 20 / 総件数:27 件

似ているタグ