マタタビのタグまとめ

マタタビ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはマタタビに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「マタタビ」タグの記事(39)

  1. 9月の庭 2020 - ちーの助が行く

    9月の庭 2020

    8月の猛暑をくぐり抜けて少し落ち着いたマタタビゲートです。西洋紫陽花を窓に吊るしてドライフラワーに。青い色が抜けた後まだ色の変化を楽しみたかったのですがお隣さんから「うちの敷地にはみ出している!」とクレームが入ったので泣く泣く剪定、捨てるに忍びなかったので。ちょっと不気味ですか?まあ魔除けということで . . . 長梅雨と猛暑で草むしりがなかなかできなかった庭青紫蘇赤紫蘇と向こうは茗荷名前の...

  2. 皆伐地 - 飛騨山脈の自然

    皆伐地

    皆伐された斜面にカモシカが2頭いた。切り株から萌芽した柔らかい葉を求めてここに来たのかもしれない。木材は伐採して利用しなければならないが、皆伐すると様々な問題が起こりかねない。保水力の低下、土砂崩れなどの原因となる可能性が高い。経済性から外れるが、せめて縞状に伐採するようにしていただければ、野生動植物にとって負荷が軽減されるのではと考える。下の個体が追い付いて2頭捉えることが出来た。マタタビ...

  3. マタタビ風呂 - ちーの助が行く

    マタタビ風呂

    おひさしぶりですぶんぞうです。コロナうつにきくおいらのストレスかいしょうほうをごしょうかいします。これです。(動画ですが端末によっては見られるかどうか . . . )しようごのマタタビ。あ〜〜いいふろだった。(写真、動画とも2020年7月15日元相方facebbookより拝借しました) . . . と言いながら外出自粛やソーシャルディスタンスのストレスもなく例年通り蚊に喰われ放題のお気楽お猫...

  4. テクニックのピーク - 村田ピアノ教室のブログ ~北海道旭川市より~

    テクニックのピーク

    我がピアノ教室には、大人の生徒さんもけっこういる。大人から始めた人もいるし、再開組もいる。皆、上達している。再開組の方々は。。。還暦を過ぎた生徒さんも、昔習っていた頃よりも今の方が弾ける。そして、日々上達している。やはり、奏法。とっても大事。ハイフィンガーだと、テクニックのピークはヘタすりゃ20代だとか・・・???そこから先は衰えるだけ、だなんて哀しすぎるよ(´;ω;`)ウゥゥ高齢になっても...

  5. 使わない爪とぎ - ミケトラの日記のようなもの

    使わない爪とぎ

    ミケさんの抜歯手術16日目に購入した爪とぎは未だに使ってくれません。新しくマタタビをふりかけたら興味を持ちましたが・・・スリスリするだけ結局、爪を研ぐことはありませんでした

  6. ヨシニマタタビ - スズキヨシカズ幻燈画室

    ヨシニマタタビ

    冷蔵庫に入れてある目薬を指そうとしたら、、猫たちのマタタビでした。あ、、アブね~( ̄▽ ̄;)(笑)@

  7. 梅雨どきの植物Ⅰ - 飛騨山脈の自然

    梅雨どきの植物Ⅰ

    梅雨時の植物は白い花を付けるものが多い気がする。スイカズラが咲いていたが、冬でもしおれないので忍冬とも呼ばれる。花は白から黄色に変わってしおれていくが、芳香があるので人気がある。国外で日本の外来種として繁茂していて困っている地域が出ている。この時期はが白く変化しているのでマタタビは遠くからでもよく分かる。すでに小さな実を付けていた。秋に実をいただいで焼酎付けを毎年している。ヨウシュヤマゴボウ...

  8. 5月の庭 2020 - 1 - ちーの助が行く

    5月の庭 2020 - 1

    今年も元気すぎるマタタビとの闘いの季節が巡ってきました。5月18日剪定前のマタタビゲート大爆発この後約1週間、ベランダ側からと正面側から何回かに分けて剪定し脚立と三脚、高枝切り鋏を使ってもどうしても届かない部分もありましたが . . . 5月24日何とか見られるようしたつもり;門扉左のガクアジサイ越しに見上げる。花が咲くお知らせの半夏生がだいぶ進んでいます。ベランダから見上げたひと枝に今年初...

  9. 三瓶ダム周回道路 - 清治の花便り

    三瓶ダム周回道路

    昨日の続き4月22日ですタヌキ・アナグマ・ハクビシンこの手の動物は悩ましい・まるまると肥りし狸花空木穴熊ののっそりのっそり花空木歩地爺・山荷登るつもりで止めたので時間が余って才坂に行こうとハンドルを切るも「この先6月末まで工事中」の通行止め橋の上から才坂へ道は塞がれ針槐歩地爺・楠若葉隠すが如く花盛り歩地爺・登山止め気の向くままに竹の秋歩地爺・これって何の木?・手毬には遠く離れて藪手毬歩地爺・...

  10. 4月の庭 2020 - 2 - ちーの助が行く

    4月の庭 2020 - 2

    これは4月24日に撮ったものですがついついコロナの情報ばかりハシゴしてしまってふと気づけば4月が終わってしまう!ということでギリギリセーフで4月の庭です。毎度お馴染みマタタビゲートはすでにこんなです。ゲート下にはヘビイチゴわかりにくいですが黄色い小さな花を咲かせています。東側は種々雑多な草で覆われていますが背が低いものばかりでグラウンドカバーとしてまあまあ観られるのではないかなあ . . ....

  11. マタタビ癖の悪い猫 - 駄猫と本の部屋 ぶらん亭

    マタタビ癖の悪い猫

    時々駄猫共にマタタビを出します。キュン(♀)は子猫だったので与えてなかったんですが、1歳半になったので先日解禁。今日は2度目のマタタビ体験。1回目はゴロゴロクネクネするだけでしたが、今回はなんだか態度がおかしいぞ。なんだか眼が据わってきたような・・・おまけに、何だネ?その爪は?あげくにルテン(♂)にちょっかいかける。ヤレヤレ落ち着いたか。と思ったら小競り合い勃発!イイカゲンニシロダニャ!ルテ...

  12. マタタビナラタケ(ボリボリ) - 四季のうつろい

    マタタビナラタケ(ボリボリ)

    マタタビ、サルナシ(コクワ)、ヤマブドウは私にとっては三大蔓性木本だ。以前にも書いたが、これらのうち実生で実がなる確率は感覚的にはヤマブドウ>コクワ>マタタビの順のようだ。我が家の敷地周辺ではヤマブドウが6か所、コクワが3か所、以前マタタビが1か所あったが今はない。敷地外にもう少し範囲を広げると、ヤマブドウは1.5~2倍くらいに増えるが、コクワ、マタタビは山に入らなければないだろう。敷地内に...

  13. 夏の六甲山でのみっけもの『マタタビ』と『サルナシ』♪ - 野の花のお気楽日記

    夏の六甲山でのみっけもの『マタタビ』と『サルナシ』♪

    昨日は、山の案内人の当番で六甲山へ行ってました。朝9時半の気温は22℃はるか遠くにある台風の影響でしょうか?風があって、遠くまで見えました。でも少し歩くと湿度が高く汗ばみます山の案内人のお仲間のOさんが、「近くで実がなっている植物を見つけたがマタタビではないか」と。。。私には、サルナシに見えましたが、ご本人は納得がいかない、ご様子。どこでとって来られたの?とお聞きすると裏六甲ドライブウェイの...

  14. 俳句ハイキング③*甘南備寺* - 清治の花便り

    俳句ハイキング③*甘南備寺*

    震度6強の被災地を襲う雨どがぞ、どがぞ・・・・6月16日の俳句ハイキングの続き観音滝から甘南備寺へ途中の道はマタタビの白い葉がアピール虫たちだけじゃなく僕らも誘う木天蓼の白き葉吾も誘ひをり木天蓼の花咲く道を甘南備寺へ木天蓼の白き葉の裏花のあり歩地爺ほどなく甘南備寺階に青銀杏の二つ三つ歩地爺鐘楼門に六手観音天平期の鐘は東大寺の鐘楼と同じく鉄として戦争に供出されたげな天平の鐘弾丸に旱星歩地爺本堂...

  15. 飛騨山脈の登山道 - 飛騨山脈の自然

    飛騨山脈の登山道

    ある植物の確認のため飛騨山脈の登山道を歩いた。ムラサキヤシオの花はほとんど終わっていて地面に落下していたが、少し残っていたものもちょっと見苦しい。ウワミズザクラは最盛期少し過ぎのものが多かった。この時期よく分かる葉の状態のマタタビだ。秋に実を取って焼酎付けにすることがあるが、まだ花は蕾だった。ヤグルマソウは大きな葉を展開させていたが、日向の蕾を付けていたのはこれだけだった。ベニバナイチヤクソ...

  16. 猫の桃源郷。またたびの谷を発見。 - オーガニックコスメ会社★フルフリ★をつくろう!

    猫の桃源郷。またたびの谷を発見。

    近所でマタタビだらけの谷を発見!マタタビの木は、新緑の季節に真っ白な葉っぱが枝先につくから、すぐに分かる不思議な木。このマタタビが谷を埋め尽くし、猫にとっては桃源郷、もしくは、ゴールデントライアングル。クロフスキーに土産でひと枝切って行ったら、「新物は香りが良くていいね」と喜んでかじっています。猫によっては、ヨダレ垂らしてラリラリになってしまうのもいるんですが、クロフスキーはそこまでではなく...

  17. アルペン - 撃沈風景写真

    アルペン

    今日は春日市に最近?できたアルペンに行ってきました。開店からしばらくはとても多くて寄り付けなかったので、随分経ってから・・・見ていて欲しいものもいくつかありましたが、今回はとにかく見てるだけ・・・に徹しました。最近はワークマン商品ばかりみてるので、やっぱり専門店の品物は高価やな〜と思い、購入には至らなかったというのが本音^^;;;写真は通りがかりのマタタビの木?葉。もう少ししたら花が咲く頃かな〜

  18. 6月の庭  2019 - ちーの助が行く

    6月の庭 2019

    6月1日マタタビガーデン半夏生が始まって間もなく毎年のことながら蜂の羽音とむせるような甘い香りに封じ込められ蔓に物干しを絡め取られて洗濯物が馳せない日が続きボーッと生きているうちにマタタビの花は盛りを過ぎてしまいました。撮れるような花が残っていません。その代わり紫陽花が花盛りを迎えようとしています。ガクアジサイ西洋紫陽花それからドクダミも花盛りっ . . . . ;ヘビイチゴも善戦しています...

  19. うずぴと龍角散 - 目から鱗ンタクトレンズ

    うずぴと龍角散

    脳内血巡り問題で、すっかり後回しにしてしまったせいで、かれこれもう半月以上咳の症状に悩まされていた。実はムスメの顔合わせ会後、軽い風邪を引き込んだ。発熱もなく寝込むほどでもない。市販の風邪薬を飲んで済ませていたら、咳の症状だけが残ってしまった。ずっと咳が出っ放しというわけでもない。医者に行くほど重症化しなかったとは言え、市販薬を飲んだり飲まなかったり。長期間続けるのはNGだ。総合感冒薬ではな...

  20. 5月の庭 2019 (&5月の猫) - ちーの助が行く

    5月の庭 2019 (&5月の猫)

    続きまして令和初めてのマタタビガーデンです。( いや、だから何なんだって . . . )平成のうちにとりあえずの大雑把な草むしりを完了写真は5月1日タンポポは花が終わって綿毛になり、この翌日には飛んでいきました。建物の裏手の細道ここにも移住してきたヘビイチゴは贔屓して残してあります。5月3日のマタタビゲートそして元相方Facebookに6年前の昨日の文蔵の動画が上がっていました。以下、文章も...

総件数:39 件

似ているタグ