マネジメントのタグまとめ

マネジメント」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはマネジメントに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「マネジメント」タグの記事(31)

  1. 部下の個性を伸ばすと決断した上司の存在! - 「コンサルタントの視点」日記

    部下の個性を伸ばすと決断した上司の存在!

    野球界の中で常識と言われたことに反抗して自分のスタイルを築いた選手の代表例が野茂投手とイチロー選手だ。だが、よき理解者である抑木監督の存在がなければつぶされていた可能性がある。抑木監督は選手の個性を伸ばすと決断してくれたのだ。 ==================================================【本文】■ 部下の個性を伸ばすと決断した上司の存在! ■野茂投手...

  2. 管理職に就いた時に読んでおきたい本3選 - たまに読書家へ変身

    管理職に就いた時に読んでおきたい本3選

    IT技術者にアンケートをとったところ、専門職のままで技術の道を究めたい人と、管理職になって人材教育・監督をしたい人は同じくらいというデータが出ました。しかし、システムエンジニアが管理職になった場合、自分が担う役割が分からなくて戸惑う人も多いようです。そんな時に読むと参考になりそうなおすすめ本のひとつは「『仕事ごころ』にスイッチを! リーダーが忘れてはならない人間心理の3大原則&実践術」(小阪...

  3. 自主性に任せるマネジメントが重要です! - 「コンサルタントの視点」日記

    自主性に任せるマネジメントが重要です!

    部下をしっかり管理するようにと管理者研修を行っている会社は多い。管理職は間違った解釈をしてしまい、部下をコントロールすることに躍起になるから部下は指示通りしか動かなくなる。コントロールとマネジメントの違いをしっかりと理解すべきだ。 ==================================================【本文】■ 自主性に任せるマネジメントが重要です! ■管理者...

  4. 社員をその気にさせるマネジメントをすべきです! - 「コンサルタントの視点」日記

    社員をその気にさせるマネジメントをすべきです!

    ブラック企業のレッテルを貼られている企業の経営者たちは、社員の意識の持ち方一つで驚くほど業績が変わることを知らないのではないだろうか。社員がその気になれば顧客重視で仕事をしてくれるから業績は見違えるほど向上すると言うのに。 ======================== 【本文】■ 社員をその気にさせるマネジメントをすべきです! ■団体スポーツでは、大方の予想に反して下馬評の低かったチー...

  5. 部下にやりがいを持って働いてもらうには! - 「コンサルタントの視点」日記

    部下にやりがいを持って働いてもらうには!

    部下に売り上げや利益の棒グラフを見せながら頑張りが足りないと叱咤激励する会社があるが、結果として売り上げや利益は伸びない。そんなことよりも部下にどれだけやりがいを持ってもらえるかに主眼を置いてマネージメントすべきだ。 ======================== 【本文】■ 部下にやりがいを持って働いてもらうには! ■馬を水飲み場に連れていくことはできる。でも馬が水を飲んでくれるかど...

  6. あれっ、最多勝にチーム白鵬あり? - 元証券マンが「あれっ」と思ったこと

    あれっ、最多勝にチーム白鵬あり?

    【 チーム白鵬 】以下は添付朝日新聞デジタルからの一部抜粋。http://www.asahi.com/special/teamhakuho/『横綱白鵬が大相撲名古屋場所13日目で通算1048勝目をあげ、元大関魁皇の持っていた歴代最多1047勝を上回る新記録を達成した。初土俵から98場所での最多勝到達は、魁皇より42場所早い。優勝38度。実績は名横綱たちと比べても群を抜いている。白鵬を支える裏...

  7. 8回表二死代打相川……高橋巨人の暗黒をみた - yOS updates

    8回表二死代打相川……高橋巨人の暗黒をみた

    今日から阪神はオリックスとの関西ダービー! ということで帰宅した20:45。チャンネルまわすもウチの契約では視聴できず。しかたなく隣町所沢の西武×巨人戦を覗いてみると西武が逆転してる!てなわけでひさしぶりに「巨人戦」を8回からみていたわけだけど、そこでこのエントリのタイトル。たしかに規定打席最低打率とはいえ前打席でタイムリーを放っている小林の打席。そこで高橋監督は同じキャッチャーの相川を代打...

  8. なぜ正しいことを言ってはいけないのか? - yOS updates

    なぜ正しいことを言ってはいけないのか?

    お世話になっていた税理士事務所さんからいただいた卓上カレンダーを愛用している。税理士事務所だけあって経営に関する金言が毎月書かれているんだけれど、今日から6月ということでめくってみるとこんなことが書いてあった。「正しいことを言ってはいけない」なぜなのか?そもそも「正しいこと」とってなんだろう?とありあえず対語があるなら正誤~誤っていること、まちがっていること正義不正義~悪いこと、邪なことなど...

  9. クリエイティブとプロデュースの狭間で、何が出来るか考えた結果と自分ができること - Limpide Lumiere

    クリエイティブとプロデュースの狭間で、何が出来るか考え...

    これは、特に最近考えることでもあります。私はライター歴がもう13年目ということで、年齢としては30歳を越えているわけです。20代の頃はとにかく、途切れることなく仕事が欲しかった。ちょっと苦しいくらいのスケジュールで、シナリオを吐き出すように書くことが好きでした。でもそれも30代になると、何を残せてきているのだろうか、と考えることも多くなりました。普通に書いて普通に納品して、普通にそれを繰り返...

  10. 新しい管理職のルール―課長昇進。今日から自分を守りなさい! 高城 幸司, 仁木 一彦 - makotoday

    新しい管理職のルール―課長昇進。今日から自分を守りなさ...

  11. もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら - makotoday

    もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメ...

    実家の友人が持ってたので借りて読んでみる。そこ2時間もあれば読めた、楽しい。さすがベストセラー。ドラッカーのマネジメントは読んだけれど、落ちてなかったことも多かった。これ読んだからといって、全て腹に落ちたかと言われると「?」だが、それでもだいぶ理解は進んだような気もする。どこかでもう一度原書を読んでみたい。特に印象深かった点、3点。1.マネジメントを行う資格について・・・真摯さの重要性。2....

  12. マネジャーのためのケーススタディブック―もし、あなたがマネジャーだったらどうする? - makotoday

    マネジャーのためのケーススタディブック―もし、あなたが...

    マネジャーのためのケーススタディブック―もし、あなたがマネジャーだったらどうする?ためになった。マネジメントに対して、目を覚まさせられる部分が多々あった。もう一度見返してみたい。

  13. 世界でポジションを取れ  【特別対談】マイケル・E・ポーター氏×柳井 正氏 - makotoday

    世界でポジションを取れ 【特別対談】マイケル・E・ポ...

    不況の中、気を吐くユニクロ。2009年には一橋大学大学院が運営する「ポーター賞」を受賞した。柳井正社長と、戦略論のマイケル ポーター・米ハーバード大学経営大学院教授が初顔合わせ。2010年の会社経営について熱く語り合った。(司会は日経ビジネス編集長、寺山 正一)日経ビジネス 2010年1月4日号8ページより[URL:http://business.nikkeibp.co.jp/article...

  14. 1分間マネージャー - makotoday

    1分間マネージャー

    以前読んだ『3分間コーチ』みたいなものかと思った。プロジェクト先のマネージャーが感銘を受けたと言っており、借りれたので読んでみた。短いからサラッと読めた。○一分間目標設定○一分間称賛○一分間叱責これらを使い分け、繰り返す。より具体的なメソッドとして描かれていた。3分間マネジメント云々が語ってたのは「1日で3分でいいから真剣に部下のことを考えろ」ということだった。この本が語ってたのは、そういっ...

  15. 樋口泰行さん著作 - makotoday

    樋口泰行さん著作

    「変人力人と組織を動かす次世代型リーダーの条件」「「愚直」論私はこうして社長になった」時系列的には逆に読んでみた。どちらからいうと素人目からは失敗に見られたダイエー再建の後に書かれた2007『変人力』。45歳という若さで社長になった、2005イケイケ時代の『「愚直」論』。まだ読んだものを消化しきれていないけれども著者の経験及び人間の厚みからだろうが、どちらも得られるものは大きかった。俺自身が...

  16. 最強の営業チーム作り - makotoday

    最強の営業チーム作り

    最強の営業チーム作りさっぱりわけがわからなかった。営業系の本に有り勝ちな・・・・「で?」って感じの内容だ。チームが大事だ・・だが~…とか、この論理を繰り返していき、最後はさっぱりわからない。う~ん・・・。いろんな文献から引用し、参照してるが、どれも未消化のままに使ってるのでしっくりこない。「日本のエグゼクティブのほとんどが同族二世か、新卒からの内部昇進である」なんて情報は面白かった。しかし本...

  17. <読後>『なぜ上司とは、かくも理不尽なものなのか』 - makotoday

    <読後>『なぜ上司とは、かくも理不尽なものなのか』

    著者が真面目な人であり、著書においても読書にそう受け止められたいのであろうことはよぉ~くわかったし、内容もそれなりにタメになった。しかし個人として俺が求めていたのは、○では理不尽な上司と仕事をして成果を挙げていくためにはどうすればいいのか?○そういったダメ上司のいる会社がダメになるのであればその最悪の顛末を描く○実際そういった上司が多く、ダメな組織が多い中に対して著者は何がしたいのか?高いと...

  18. 入門チーム・ビルディング―1+1が2以上になる最強組織の作り方 - makotoday

    入門チーム・ビルディング―1+1が2以上になる最強組織...

    前から気にはなっていたFFS理論今回プロジェクトが上手くいった要因を人材の側面から捉えなおしてみようと考えて改めてこの本を読んで書いてあった内容を参考に分析してみた。大体の人間関係に関する本などがそうであるようにそうそうマニュアル化できるもんでもないだろうと思っていたが…結構使えるかも。人材をオフェンシブ:TG(タグボート)、LM(リーダー)ディフェンシブ:ML(マネージメント)、AN(アン...

  19. はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術 - makotoday

    はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

    平野さんがブログで紹介されていたんで何となく読んでみた。特別起業する意図とかもない現況においてあまり響くものもなかったが、『起業家』『職人』『マネージャー』というキーワードで説明してたのはわかりやすかった。確かにプレーヤーのままではいけないよなぁと。生真面目なタイプが最も陥りやすい間違いだろう。起業してる友人のことを考えながら読んだ。彼はまだ自営業の段階であり、一人でほぼ全てを行ってる。しか...

  20. なぜマネジメントが壁に突き当たるのか - makotoday

    なぜマネジメントが壁に突き当たるのか

    久しぶりに田坂さんの本を読んだが、らしい本だった。覚悟をきめて決断すること。それが成長をさせてくれるってのはよくわかることだった。同じことをやっていったとしてもその一時間でどれ程成長できるのか?毎日が決断の連続であり、そういった時間を過ごしてこそ次に行ける。

総件数:31 件

似ているタグ