マルタンヤンマのタグまとめ

マルタンヤンマ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはマルタンヤンマに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「マルタンヤンマ」タグの記事(14)

  1. 岡山遠征マルタンヤンマのメスByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    岡山遠征マルタンヤンマのメスByヒナ

    今年は相次ぐ水害に加え地震も発生し、近年でも過酷な1年に。自然災害の多い国とはいえ、これほど続くと自分の事でなくとも辛いです。災害に見舞われた方々に心よりお見舞いを申し上げます。本題です。昨年の岡山遠征では出会えなかったマルタン♀。今年は出会えて本当に嬉しかったです。ヤンマの中で最も美しいと言われるマルタン♂と比べるのは可哀想で、マル♀も他のヤンマにはないカラーリングが十分美しいです。オスと...

  2. マルタンヤンマの♂がいました。 - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    マルタンヤンマの♂がいました。

    2018年8月11日晴れ31.8℃(10:23)猛暑が続いていますが、やり掛けの作業をしに、今日もカエル谷へ行きました。水分補給しながら、汗だくの作業でしたが、山裾からの湧き水だけだった古池へ、沢の水が入ります。こうすることで、日照り続きで水量が減っていた古池が蘇り、トンボたちがやって来ます。古池は、日中、ほとんど陽が射さないので、タカネトンボの生息地になっていました。これで、今年も産卵に間...

  3. マルタンヤンマの産卵 - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    マルタンヤンマの産卵

    2018年7月10日晴れ気温21.5℃(5:15)このところタガメの孵化を見るため、いろんな時間帯にカエル谷へ入っていました。草刈りなどのとき、マルタンヤンマの羽化殻を見つけてから、既にひと月は過ぎていたこともあり、産卵も時々眼にするようになりました。ただ、軸足がタガメでしたので、今回の写真も、ついでの出会いです。↑6月30日5:48↑7月10日5:41~42

  4. ネアカヨシヤンマ・マルタンヤンマ羽化場所 定点観察 - オヤヂのご近所仲間日記

    ネアカヨシヤンマ・マルタンヤンマ羽化場所 定点観察

    ■定点観察としてネアカヨシヤンマ・マルタンヤンマの羽化を撮影した場所で産卵時期の様子確認6月下旬に羽化撮影した場所ですが、時期的に産卵時期。羽化撮影時、ヤブヤンマの羽化殻も確認しており、ヤブヤンマ、ネアカヨシヤンマ、マルタンヤンマが生息している。産卵時間軸からすると▼マルタンヤンマ7:00~10:00頃▼ネアカヨシヤンマ早いものは9:30前後~14:30頃▼ヤブヤンマ13:00~16:00頃...

  5. マルタンヤンマの羽化を観に - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    マルタンヤンマの羽化を観に

    2018年6月19日(火)うすぐもり気温19~20℃(4:40~7:10)Iさんを誘って、早朝、カエル谷へ入りました。目的は、マルタンヤンマの羽化と、タガメの様子見です。カエル谷の水辺に入ったのは4:40頃でした。Iさんと手分けをして、トンボ池と、トンボ上池を観て回ったのですが、時間が遅かったらしく、飛び立った後の羽化殻が10数個だけで、諦めかけた頃、今にも飛び立ちそうな個体を見つけるこ...

  6. ネアカヨシヤンマ羽化場所探索 - オヤヂのご近所仲間日記

    ネアカヨシヤンマ羽化場所探索

    ■ネアカヨシヤンマ羽化場所チェックホタルの早めの推移の事もあり、また他のトンボの発生推移を考え、ひょっとしたらネアカヨシヤンマも発生している可能性。ゲンジボタル撮影もあるため、土曜夕方から訪問。●羽化場所チェック夕刻、羽化殻探しとしましたが、幸か不幸かまだネアカヨシヤンマの羽化殻なし。マルタンヤンマについては、6個程羽化殻確認。殻の様子から1週間程度は経ている様で、こちらのピークは5月末~6...

  7. マルタンヤンマ(♀)羽化 - オヤヂのご近所仲間日記

    マルタンヤンマ(♀)羽化

    ■前回に続き短期集中撮影として、またマルタンヤンマ羽化探し天気予報ではちょうど羽化開始の22時過ぎに雨の予報。ただ羽化については雨はさほど影響はないので、前回のブログで検討した21:45頃を目指して訪問。●22:00過ぎ探索開始到着早々、湿地の岸近くで幸運にも羽化開始間もない個体を発見。やはり時間的には22:00前後開始で確定。撮影開始後、すぐに土砂降り。PhotohitoリンクSONY α...

  8. マルタンヤンマ(♂)羽化 - オヤヂのご近所仲間日記

    マルタンヤンマ(♂)羽化

    ●3年越しのマルタンヤンマ羽化探し一昨日はメスの個体を見つけたもののボケ写真で終わっており、未だ羽化写真は未達中。そんな中、知り合いのIさんから「羽化殻発見」の連絡を頂いた。この場所での発生時期についてはきちんとした情報もなかったので、貴重な情報となりました。ただまだ羽化時間帯が判明していないので、コチラについては一度見つけられれば、その発見時の時間帯を状態から定位時間帯を推測できそう。●0...

  9. 今年もよろしくお願いします。 - 加茂のトンボ (トンボ狂会)

    今年もよろしくお願いします。

    トンボ好きの全国のみなさまへ2018年になりました。今年もよろしくお願い致します。

  10. マルタンヤンマの産卵 - Bravo! Birds

    マルタンヤンマの産卵

    某健脚コースを歩いていたらトンボがホバリングしていました。最初オニヤンマかなと思い、この時期にも飛んでいるのか頑張れと少し観察していたのですが、よく見るとオニヤンマよりも小さいですし全体的に赤銅色っぽい感じであれ?となりました。その後そのトンボは静かに降りたので恐る恐る近づいてみると、抽水植物(コナギ?)につかまりながら身体の下半分程水中に沈めていたのであぁ…これは♀のトンボで産卵しているの...

  11. 四万十遠征マルタンヤンマのメスByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    四万十遠征マルタンヤンマのメスByヒナ

    8月の夏休みは四万十遠征へ。暑い日中は森の中でぶら下がりヤンマ探し、夕方以降はコシボソヤンマやオナガサナエの産卵が恒例行事です。高知市はこの時期よさこい祭りで大賑わい。考えてみればいつもこの時期地元には居らず、四万十で撮影している気がします(^^;)四万十遠征前にマルタン♂は見ているので、どちらかと言えばまず撮っておきたいのはメスのほう。岡山遠征でまさかメスを見られないとは思わなかった。そう...

  12. 再び岡山遠征マルタンヤンマのオスByヒナ - 仲良し夫婦DE生き物ブログ

    再び岡山遠征マルタンヤンマのオスByヒナ

    前回の遠征では2頭見られたマルタン♂。今回は1頭も見れずかと思いましたが、帰る間際に同行のOさんが発見。居た場所は今まで探したことのない場所で、尚且つ奥まった分かりずらい所だったので、良く見つけたと思います。オニヤンマの交尾の時と同様にまずはD800とAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRで。少し距離はありましたが、目線の高さだったので良いロケーションでした。そ...

  13. マルタンヤンマ産卵など - 野鳥がいるから

    マルタンヤンマ産卵など

    先日、近所の池にマルタンヤンマを探しに行きました。いつもの場所でマルタンヤンマは産卵をしていました。産卵場所を探しながら少しずつ移動を繰り返し産卵をしていきます。止まってしばらくは翅を細かく震わせながら産卵をしていますが落ち着いてくると翅の動きも止まり産卵に集中し始めます。別の場所では熊本でははじめて確認したセスジイトトンボが居ました。昨年までは、それらしいメスをチラッと1匹見たのみで確認で...

  14. マルタンヤンマ・ヤブヤンマ他 - 公園昆虫記

    マルタンヤンマ・ヤブヤンマ他

    ヤンマ科のトンボは大きくてかっこいいトンボだが、写真に撮るのはなかなか難しい。飛び回っていることが多く、なかなか止まらないし、止まる場所が高所だったりするからだ。その中で、マルタンヤンマとヤブヤンマは猛暑の日中割と低めの木陰にぶら下がっていることが多いので、比較的撮りやすい。特に近場の公園はマルタンヤンマやヤブヤンマが多く見られるので有名。私も毎年一度ぐらいは行ってみる。(もちろん、熱中症の...

総件数:14 件

似ているタグ