マルタのタグまとめ

マルタ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはマルタに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「マルタ」タグの記事(50)

  1. ココロの居場所 - memory

    ココロの居場所

    聖ヨハネ准司教座聖堂 又は 聖ヨハネ大聖堂主祭壇のテーマは「イエスにバプテスマを施すヨハネ」だったが、十字架に架けられたキリスト像もある(複数個所)引いてみる

  2. 埋め尽くす - memory

    埋め尽くす

    聖ヨハネ准司教座聖堂 又は 聖ヨハネ大聖堂天井を埋め尽くす絵画祈祷所の絵画観光客の立ち入りに制限のある静かな場所(観光客を意識せずに祈りを捧げる事が出来る)騎士団長の墓(功績は多少盛っている・・・)

  3. 紋章 - memory

    紋章

    聖ヨハネ准司教座聖堂 又は 聖ヨハネ大聖堂明かり採りの天窓マルタ騎士団の紋章はそれぞれの尖った部分が8つの言語に属する騎士団員を表しているらしい。この大聖堂もそれぞれの言語に応じた礼拝所があるし、街の中の宿舎も出身地(言語)別にあった。通称マルタ騎士団は、その前はロドス騎士団であり十字軍に起源を持つ。正式名称:ロドス及びマルタにおけるエルサレムの聖ヨハネ病院独立騎士修道会イタリア語:Sovr...

  4. 逃亡者カラヴァッジオ - memory

    逃亡者カラヴァッジオ

    聖ヨハネ准司教座聖堂 又は 聖ヨハネ大聖堂 地下の絵画喧嘩っ早い事で有名だったカラヴァッジオ( Michelangelo Merisi da Caravaggio )は故意かどうかは不明だがローマで若者を殺害し、逃亡した。ナポリの有力貴族から庇護を受けたが、その後マルタへ逃れた。マルタでこれらの絵画を描いたので罪が許された、らしい。身分はマルタ騎士団の騎士だったが、、、マルタでも乱暴狼藉は改...

  5. 情念 - memory

    情念

    聖ヨハネ大聖堂 ( St. John Cathedral ) / 聖ヨハネ准司教座聖堂 ( マルタ語:Kon-Katidral ta' San Ġwann )1565年のマルタ大包囲戦終結後の1573年~1578年建造主祭壇イエスに洗礼を施すバプテスマのヨハネこの構図は数多の祭壇の中でも珍しいのではないか、、、十字架に架けられたキリストか聖母マリア像が圧倒的に多い様に思う&quot...

  6. 眠たい天使 - memory

    眠たい天使

    聖ヨハネ大聖堂 ( St. John Cathedral )中央祭壇近くの床に大理石で描かれた天使・・・ナニカ台詞を付けてみたくなる床の骸骨も色々語っているように見える雄弁な死者、なのだろうか

  7. 公園 - memory

    公園

    再び VallettaUpper Barrakka Garden現役では無いと思うが、確かにここは要塞だったと・・・Grand Harbour を行き交う船舶を眺める街、重なり合う建物

  8. 籠城 - memory

    籠城

    GOZO島の中心部、Ir-Rabat ( Victoria ) の要塞Cittadella ( The Citadel )敵が攻めて来た時に立て籠もれるよう建造された要塞の外側に広がったVictoriaの街ここもマルタ石と言うか、蜂蜜色の石でできている

  9. GOZO島の風景 - memory

    GOZO島の風景

    Ta' Pinu 教会1833年にこの辺りを通りかかった農婦が聖母の声を聞いた後に人々の病気を治す奇跡が起きたと言う灯台?丘の上には古い教会堂がある1551年の悲劇(海賊による6000人もの島民が奴隷として拉致された事件)の後には襲われた時に逃げ込めるよう要塞化された丘の上の町ができた、らしい(Ir-Rabat / Victoria の要塞からの風景)町の外側に広がる畑(芋畑?)

  10. Azure Sky - memory

    Azure Sky

    ただひたすらにあおいスペインのそらいろにも似て海のあお空のあお

  11. ボートに乗る - memory

    ボートに乗る

    洞穴を抜けて崖を眺める海面に浮いているウエットスーツを着た人たちはスキューバダイビングの練習中トンネルの中からボート乗り場を振り返るここもやがては Azure Window の様になるだろう・・・って何千年、何万年後?波と風に削られて

  12. 隆起 - memory

    隆起

    Gozo島北西端隆起したんだなぁ・・・見事に重なった石灰岩の地層スパッと切り立った崖になるのは浸食が速いのだと思うこの近くにあった Azure Window (アズールウィンドウ)は2017年3月に崩壊した

  13. ヒトは先端を目指す - memory

    ヒトは先端を目指す

    Gozo島北西端あたりつい崖っぷちとか先っぽに行ってしまうポルトガルのロカ岬に人気があるのも、ユーラシア大陸の最西端というだけではなくこの先は茫洋とした海が広がっているだけと言う「永い旅の終わり」を感じさせるからだろうか

  14. GOZO島へ - memory

    GOZO島へ

    マルタ島北部の Cirkewwa Ferry Terminal からGozo島の Mgarr Ferry Terminal へ海、青い!地中海、ベタ凪ぎ雲が海に映っているのは初めて見たかも知れない

  15. 見晴らしの良い場所 - memory

    見晴らしの良い場所

    イムディーナの町はマルタ島でももっとも標高の高い場所に作られている。最初はフェニキア人が住んだらしい。地中海交易の要所だし、拠点でもあっただけに望まれざる " 客 " もやって来る。初期のマルタ騎士団もそうだったように、交易相手なのか海賊なのか区分けは曖昧。ギリシャ神話のオデッセウスの冒険譚も見方を変えれば海賊行為だったりする。彼らを英雄視してバックアップする勢力がある一...

  16. 大聖堂内部 - memory

    大聖堂内部

    イムディーナ大聖堂内部主祭壇脇の祭壇盛装した人達が集まっているので何かと思ったら、、、お葬式でした聖堂の床にある墓所新約聖書マタイ伝16章に書かれているように使徒ペトロにキリストが語った「教会の礎(岩)」に由来しているのだろうか死をどのように捉えるか、そこが色々難しくて人は延々と悩み続ける地下の墓所

  17. 大聖堂へ - memory

    大聖堂へ

    イムディーナ大聖堂へ現在の大聖堂は17世紀にマルタ人建築家ガッファロにより建造されたアラブの香りのする陶器の案内板(上がマルタ語)下の大理石案内板は最近のもの" MESQUITA " は「モスク」の事で「ひざまづく場所」(スペイン、コルドバのメスキータが有名)正面光と影が、冬を感じさせる

  18. イムデーナ - memory

    イムデーナ

    マルタ島中央やや西の島で一番標高の高い場所にある古都イムデーナ(ラバト)へ行った。歴史は古く紀元前700年頃フェニキア人が築いた町が発祥と言われる。1530年に島がマルタ騎士団領になり、Valletta や Three-Citys に首都が移動すると町は寂れ「静寂の町」となった。当初はイムディーナ(L-Imdina)とラバト(Ir-Rabat)は同じ町だったらしい。後に9世紀の町をそのまま城...

  19. 島猫 - memory

    島猫

    マルタ島は猫が多い、、、猫に優しい人が多いと言うべきか11月の夜はそれなりに冷えるのだけど、出歩いている猫をかなり見かけた公園の片隅に箱やキャリーで作られた猫アパートが設置してあったり人通りが少なくなった時間や建物の脇にドライの餌や水を置いていたり過度な干渉をせず、でも猫がいるのは当たり前の事夜の猫の集会では20匹くらいいた(ちょっとだけ参加してみた)猫の場所こんな感じIr-Rabat で

  20. 水道橋 - memory

    水道橋

    Fort St. Angelo へ続く水道橋と思われる設備この砦からの眺めは良いのですThe Grand Harbour を出入りする船舶を一日中眺めていても飽きないかも知れないVittoriosa Yacht Marina に面している Malta Maritime Museum の時計台(複数の面がある時計は合っていない事が多いのだけど、合ってますね・・・)Yacht Marina に面...

総件数:50 件

似ているタグ