マンガのタグまとめ

マンガ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはマンガに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「マンガ」タグの記事(213)

  1. 検証結果! #685 - 「 K 」 Diary

    検証結果! #685

    うっす!みんなげんき?俺も元気だぜ今からおよそ5週間前こちら↓の記事で#658 婚活とまんが週刊誌! 婚活では5回続けると良さが判るらしいということを書いたこれをマンガ雑誌で検証した結果が出た選んだ雑誌は今まで読んだことがなかった『週刊少年サンデー』- - - - - - - - - - - - - - - - -<1週目>キャラもストーリーも判らず話が見えてこない読み切りは楽しめたが全作品...

  2. 本の話加太こうじ著「紙芝居昭和史」立風書房刊1971年(昭和46年) - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    本の話加太こうじ著「紙芝居昭和史」立風書房刊1971年...

    加太こうじ著「紙芝居昭和史」立風書房刊1971年(昭和46年) 古本屋の入り口横に積まれていた安売りの一冊。100円の本です。100円でこんなに楽しく面白く読ませてもらっては申し訳ない。平成が終わろうとする中で、昭和史を読むのも意味があるかもしれません。著者・加太こうじは日本の紙芝居業界のドンだったらしいのです。自分で言っているので間違いないのでしょう。紙芝居は、昭和初期から日本の世相(不...

  3. 2018/10に読んだ本。 - 言 壺。

    2018/10に読んだ本。

    10月の読書メーター読んだ本の数:6読んだページ数:1068ナイス数:3ポーラの戴冠式-デルフィニア戦記外伝3 (C・NOVELSファンタジア)の感想完結後に読み始めた自分が、新刊を買える日がくるとは……!内容は繰り返しなことばかりで目新しくはないが、それでもデルフィニアのキャラクターたちの話をまた読めて嬉しい。出版ありがとうー読了日:10月30日 著者:茅田 砂胡宝石の国(9) (アフタヌ...

  4. 北斗の拳ジャンプ #478 - 「 K 」 Diary

    北斗の拳ジャンプ #478

    うっす!みんなげんき?俺も元気だぜちょっと前から書店にジャンプと同じサイズで『北斗の拳ジャンプ』ってのが置いてありかなり気になっていたが結局どうにも気になり購入してみたそれが↓こちら『北斗の拳ジャンプ』先日の道徳の教科書のサウザーの記事はこれに載っていた北斗の拳は全巻もっているので迷ったが結論としてはやはり購入して良かった!やはりコミックだとかなり絵が小さいがジャンプの大サイズで読む北斗の拳...

  5. 北斗の拳サウザーが道徳の教科書に・・・ #476 - 「 K 」 Diary

    北斗の拳サウザーが道徳の教科書に・・・ #476

    うっす!みんなげんき?俺も元気だぜおれは知らなかったのだがこれめっさ驚いた!今年の中学2年の道徳の教科書になんと!北斗の拳の『サウザー』が載りかけた!それが↓こちら『愛ゆえに人は苦しまねばならぬ!!愛ゆえに人は悲しまねばならぬ!!』ジャンプの別冊『北斗の拳ジャンプ』によると※2018年サウザーの名言を掲載した道徳の教科書が出版されかけたと書かれていた残念ならが本採用にはならなかったらしいがス...

  6. Medibang Paint Proで落描き2 - Time piece

    Medibang Paint Proで落描き2

    今回もWindows版のMedibang Paint Proで落描きしてみました。まだなれない感じですが、しばらくこれで描いてみようと思っています。夏の間は、あまりに暑くて絵を描く気になれなかったのですが、9月下旬くらいから、またちょこちょこと、スケッチブックに落描きや模写をするようになりました。まぁ以前のように毎日というわけではありませんが・・落描きですが大きめの絵を下に載せておきます。...

  7. 『お金さま、いらっしゃい!』(本) - 竹林軒出張所

    『お金さま、いらっしゃい!』(本)

    お金さま、いらっしゃい!高田かや著文藝春秋主婦雑誌に出てくるようなネタばかり(著者のいわゆる)カルト村(おそらくヤマギシ会)で生まれ育った著者は、その組織内の高等部(高校みたいなもの)卒業を機に「村」(彼らは自身のコミューンをこう呼ぶ)を離れて、一般社会に出てきた。そこまでのいきさつは、前二作(『カルト村で生まれました。』と『さよなら、カルト村』)で描かれていたが、その後の著者の生活について...

  8. 世界が広がる繋がる #667 - 「 K 」 Diary

    世界が広がる繋がる #667

    うっす!みんなげんき?俺も元気だぜ昨日はゆったりといろいろ調べものをしたおれはFinal FantasyというゲームがすきだがFF10とFF12がとくにすきであるとくにFF12の世界観とストーリーはスゴイで最近読んだマンガhttps://amzn.to/2CRZr6o『グランクレスト戦記』今回ファンタジーマンガを初めて読んでみたのだが設定が少し難しいがそこがしっかり解るとかなりおもしろかった...

  9. 妖怪アニメ DVD - 彩色生活

    妖怪アニメ DVD

    近ごろマイブームな、妖怪アニメ DVDをご紹介。昨今のアニメは作成委員会などが設立されて、画像から、脚本から、演出・構成に至るまで、多くの人々が事細かな部分にまで力を注いで、作品は結構緻密にまとめ上げられていて、マンガ・アニメに対する過去の様な認識では一蹴できないテイストがあります。私小説では包含できないパフォーマンスが、今のアニメにはありますネ。という事で、ユニークな妖怪・モノノ怪・幽霊等...

  10. やっとこさ、描き始めた。 - HIRAKAWA JUN 平川 準

    やっとこさ、描き始めた。

    ストーリーはまだまだ練る必要があるのだがイメージする絵面が浮かんでくるのですでメタリカなどを大音響でかけながら(あ別にメタル好きというわけではなくメタリカは好き)最初の部分を描き始めました〜

  11. 入店阻止 〜 Bar ダンディー 〜 - しましまとジュニ

    入店阻止 〜 Bar ダンディー 〜

    先週末、実家のジンの意識がないという連絡をもらってオトーサンとお別れに行きました。静かに名前を呼びながら、顔を撫でていると…還ってきました。たぶん、Bar ダンディー に入れてもらえなかったんだと思います (笑)Bar ダンディーのみなさん、グッジョブ!

  12. BB Song 10月の結果発表 - BLACK BEANS Blog | 黒豆日記

    BB Song 10月の結果発表

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー[ 正解 ]15の夜ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー10月の月刊BBソングの曲は、尾崎 豊の「15の夜」でした。今月の回答を尾崎豊の『15の夜』で受け付けさせていただきました。尾崎豊といえば、80年代に学生時代を過ごした方には、強烈な印象を残した10代のカリスマ的ミュージシャンですね。この『15の...

  13. 『シンクロ日記』 マジか! #659 - 「 K 」 Diary

    『シンクロ日記』 マジか! #659

    うっす!みんなげんき?俺も元気だぜ『シンクロ日記』マジか!と思わぬ形で驚愕の出来事が起こった昨日の記事に検証で他誌を5週連続読んでみると書いたのであの後すぐに書店で今まで読んだことのない『週刊少年サンデー』を購入してきたすると↓こちらおおおっ!マジか!プロのマンガ家のネームの複製を購入出来ると書いてあった!じつはこれはかなりスゴイことなのだがネームとはマンガを描く為の設計図下描きでありじつは...

  14. 婚活とマンガ週刊誌 #658 - 「 K 」 Diary

    婚活とマンガ週刊誌 #658

    うっす!みんなげんき?俺も元気だぜとある婚活専門家によると婚活では1回会っただけでお互いに相手をすきになることはあまりないらしく5回くらい会わないと相手の良さも見えてこないとのことであるがおれはそこには関心はないのだがたまたまこの話とマンガ週刊誌がじつはかなり似ているちょっと前からおれは週刊少年チャンピオンを読みだしたがやはり1週読んだだけではおもしろさがまだ判らなかったしかし5週続けて読ん...

  15. 『OLはえらい』(本) - 竹林軒出張所

    『OLはえらい』(本)

    OLはえらい益田ミリ著いそっぷ社絵は拙いが味はある『すーちゃん』の益田ミリのマンガ・デビュー作。自身のOL時代の話を中心にOLの日常生活(多くは会社での日常)を綴ったマンガである。本書刊行のいきさつについては、『ふつうな私のゆるゆる作家生活』にも書かれていたが、いそっぷ社の担当者から突然4コマ・マンガ描きませんかと持ちかけられたことがきっかけだそうだ。しかもこの著者、それまでマンガを描いたこ...

  16. 『オトーさんという男』(本) - 竹林軒出張所

    『オトーさんという男』(本)

    オトーさんという男益田ミリ著光文社益田ミリの父親の紹介『小説宝石』に連載された同名タイトルのエッセイをまとめたもの。娘の目から見た著者自身の父親像を描いたマンガとエッセイで、著者は『すーちゃん』の益田ミリ。わがままかつ気分屋で我が道を行き、しかも家族に対しては同調圧力を押し付ける父親の姿を描く。いかにも「B型」的な人物で、僕自身はこういう人はそんなに嫌いではないが、肉親にいたら少し迷惑しそう...

  17. 『ふつうな私のゆるゆる作家生活』(本) - 竹林軒出張所

    『ふつうな私のゆるゆる作家生活』(本)

    ふつうな私のゆるゆる作家生活益田ミリ著文藝春秋あまりにタイトル通りの内容『すーちゃん』の益田ミリが、自らの身辺を描いたエッセイ・マンガ。タイトルが内容をよく反映しており、まさにゆるゆるな生活。また「ふつうな私」という表現も、学校時代目立たない生徒で、短大を卒業してOLをやっていた頃もあまり目立たない存在だったという著者の履歴をうまく表している。あまり良いとは言えないタイトルではあるが、内容は...

  18. 『オレの宇宙はまだまだ遠い』(本) - 竹林軒出張所

    『オレの宇宙はまだまだ遠い』(本)

    オレの宇宙はまだまだ遠い益田ミリ著幻冬舎裏側から見た『すーちゃんの恋』『すーちゃん』シリーズ第5弾はまだ出ていないと前回書いた(竹林軒出張所『すーちゃんの恋(本)』参照)が、実はこの本、『すーちゃんの恋』の続き……とは言えないが、スピンオフの話である。したがって『すーちゃんの恋』の後に続けて読むと楽しめる。第5弾ではないにしても、第4.5弾ぐらいの位置付けになるのではないかと思う。どういうこ...

  19. 『すーちゃんの恋』(本) - 竹林軒出張所

    『すーちゃんの恋』(本)

    すーちゃんの恋益田ミリ著幻冬舎思わず感情移入してしまう魅力的な登場人物『すーちゃん』シリーズ第4弾。『どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心』を読んだら、すーちゃんがその後どうなるのかが非常に気になる。というわけでこの第4弾は、転職後の話。どうしても受け付けられない同僚に耐えられなくなりカフェをすっぱり辞めたすーちゃん。その後無事に保育園の給食担当として就職する。女性ばかりの職場で、これまで以...

  20. 『どうしても嫌いな人』(本) - 竹林軒出張所

    『どうしても嫌いな人』(本)

    どうしても嫌いな人 すーちゃんの決心益田ミリ著幻冬舎すーちゃんにエールを送りたくなるイラストレーター、益田ミリによるマンガ、『すーちゃん』のシリーズ第3弾。これも形式は『すーちゃん』と同じで、4コマ・マンガではないが、1ページあたり4コマ×2列で、7ページで1話という構成。当然絵も同じで、『結婚しなくていいですか。』同様、全部まとめて合巻にしてもまったく違和感はない。今作は、嫌いな同僚に悩む...

総件数:213 件

似ているタグ