マンモグラフィーのタグまとめ

マンモグラフィー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはマンモグラフィーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「マンモグラフィー」タグの記事(8)

  1. マンモグラフィーを避ける - いきいきからだほぐしの会

    マンモグラフィーを避ける

    非常に早く、梅雨に入りましたね。冷えやすくコロナつかれも溜まっているのでどうぞ皆さまご自愛ください。やらない方が良かったこと:以前の職場は行政機関で、35歳以上の女性は定期的に乳がん検診を受けなさい、というところでした。もちろん、本人の自由意志なんですが。優等生気質の私は、迷わず毎年のようにマンモグラフィーを受けていました。被曝量とか無頓着だったなぁ…自分からがんになる原因を一つ作っていたよ...

  2. リモート生活のお弁当とマンモグラフィーの結果 - NY/Brooklynの空の下

    リモート生活のお弁当とマンモグラフィーの結果

    昨日の長女のランチは、お弁当に詰めて。こうするとランチ休憩に慌てず、良さそう。

  3. 術後1年の検査 - ぽんこつ日記 ~ファイティングポーズは解きません~

    術後1年の検査

    もうすぐ術後1年という事で9月にCT、10月にマンモグラフィーとエコーをした。CTは3か月ぶり。特に再発所見は無し。最初のCTで骨転移のあった場所が、真っ黒だったのが次第に骨が再生されて少しずつ白くなっていく。自分の身体の中で起きている事なのだが、何度見ても不思議な感じ。エコーは術後に水が溜まっていた頃以来。診察の時のエコーはDrなのだけど、検査は技師さん。反対側だけなのだが、とても丁寧、と...

  4. エセがん医者・大鐘稔彦の嘘と間違いその1【マンモグラフィー無意味説】 - 超常現象の究極真相~懐疑論者の噓にだまされないために~

    エセがん医者・大鐘稔彦の嘘と間違いその1【マンモグラフ...

    大鐘稔彦の主張近藤誠さんは、近代兵器マンモグラフィーにもかみついているのです。ここでも持論の“がんもどき論”を持ち出しています。「私はセカンドオピニオンに訪れた人に、『“マンモグラフィー発見がん”はがんもどきだから、がんと診断されたこと自体を忘れて、日常生活に戻りなさい。』『二度とマンモグラフィーは受けないこと』『万一シコリに触れるようになったら、病院へ行って調べなさい』とアドバイスしていま...

  5. がん3大療法の噓・間違い・危険性〈勝俣範之編〉その10【日本の乳がん死亡率】 - 超常現象の究極真相~懐疑論者の噓にだまされないために~

    がん3大療法の噓・間違い・危険性〈勝俣範之編〉その10...

    勝俣範之の主張2つの論文を紹介しましょう。1つは、世界の一流ジャーナルの1つ『アナルズ・オブ・オンコロジー』に掲載された論文で、乳がんの死亡率を先進国間で比較したものです。実は、他の国では死亡率が下がっているのに、日本だけがやや上がっています。その理由について、この論文ではこう指摘しています。日本以外の先進国で死亡率が低下しているのは、検診の普及と抗がん剤の進歩だ、と。その証拠と言えるのが、...

  6. 講談社・乳がんの本イラスト描きました! - 制作業績

    講談社・乳がんの本イラスト描きました!

    2018日11月13日より発売中!年代的に他人事ではない乳がん。健診前から始まるストーリー的な展開で、ぐいぐい読めます。おっぱいをたくさん描くのでサラッと読めるよう、シンプルなタッチにしますた。書店でみかけたらぜひお手に取ってご覧ください!ってよく使うフレーズなんだけど、さいきんは電子書籍で購入する方もおそらく多数いらっしゃるのですよね。なので、ぜひダウンロードして読んでみてください!も加え...

  7. がん検診を受けてきました - ヨガと官足法で素敵生活

    がん検診を受けてきました

    今日はがん検診の予約日でした。官足法で足を揉んではいますが、揉み残しがあるかも知れませんしもし何か見つかっても、早い時期にその反射区を狙い撃ちして揉んで対処すればいいと考えています。去年は婦人科はサボってしまったので今年はしっかり受けてきました。マンモグラフィーがとても痛いというお話をよく耳にしますが、私はなんともありませんでした。でも、今日はもげるんじゃないかと思うくらい強く挟まれましたぁ...

  8. 夏に逆戻りの数日間 - NY/Brooklynの空の下

    夏に逆戻りの数日間

    晴天!夏みたいな気候です。

総件数:8 件

似ているタグ