マーベル・コミックのタグまとめ

マーベル・コミック」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはマーベル・コミックに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「マーベル・コミック」タグの記事(11)

  1. 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』

    <マーベル・シネマティック・ユニバース>の9作目で、<MCU>の最高傑作との呼び声の高い一本。黙々とランニングをするスティーブが一人の男を追い越す。「左、失礼」これまでの<MCU>で最も静かなオープニングだろう。この男が後にスティーブの相棒となるファルコンで、新キャラクターの紹介としてもさりげなく、かつ印象に残る。ちなみに映画のラストシーンも病室で眠るスティーブの姿。ゆっくりと目を覚ますとそ...

  2. 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』 - 【徒然なるままに・・・】

    『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

    <マーベル・シネマティック・ユニバース>の8作目。お馴染みのキャラクターが再登場しての「マイティ・ソー」第二弾でもある。前作に比べ包容力が増し、貫録タップリで頼れるヒーローへと成長したソー。それでもレディ・シフやウォーリアス・スリーら仲間たちと一緒にいるときや、義弟ロキを前にするとたちまち前作同様のやんちゃなわんぱく坊主が姿を見せるのが微笑ましい。愛するジェーンを救うため、そして母フリッガの...

  3. 『アイアンマン3』 - 【徒然なるままに・・・】

    『アイアンマン3』

    <マーネル・シネマティック・ユニバース>の7作目で、この作品からフェイズ2となる。毎回音楽担当者が違う「アイアンマン」シリーズだけれども、3作目にしてようやくヒーローっぽい格好良いメインテーマが登場。ただ残念ながら後のアイアンマンが登場する映画で、このメロディが使われることがないのが勿体ない限り。物語は13年前、トニーの回想シーンから始まるが、このシーンでさりげなくインセンが出てくるのが芸コ...

  4. 『インヒューマンズ』(2017) - 【徒然なるままに・・・】

    『インヒューマンズ』(2017)

    <マーベル・シネマティック・ユニバース>の一本として映画化が発表されたものの延期そして中止になってしまったが、その後に企画変更でTVドラマとして復活。まずはシーズン1として全8話が作られたが、そのうちの第1~2話を劇場版として再編集したのが本作。それも端からIMAXで撮影されたというのも異例中の異例。IMAXがTVドラマへ出資するのは初めてとのこと。超人類(インヒューマンズ)は月に移住し、ブ...

  5. 『アベンジャーズ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『アベンジャーズ』

    <マーベル・シネマティック・ユニバース>の6本目でフェイズ1の締めくくり。これまでラストにちょこっと出てきたり、中盤にチラっと出てくるだけだったニック・フューリーが冒頭から登場。これだけで「これまでとは違う」何かを感じさせます。最初から緊急事態が起ってる、臨戦態勢に入ってるというのがストレートに伝わる演出、そしてその緊張感はクライマックスまで持続します。まず「何かが起ってる」のを見せてから、...

  6. 『マイティ・ソー』 - 【徒然なるままに・・・】

    『マイティ・ソー』

    <マーベル・シネマティック・ユニバース>第4弾、そして第三の男ソー、登場!「アイアンマン」はハイテク武装した戦士、「インクレディブル・ハルク」はバイオテクノロジーが生み出した怪物、そして今度は北欧神話の雷神というワケで、同じ<ユニバース>の作品とはいえ一気に裾野が広がった感があります。今はアベンジャーズって何の違和感もなく「チーム」だと認識してますけど、よくよく考えると異なる出自、異なるバッ...

  7. 『アイアンマン2』 - 【徒然なるままに・・・】

    『アイアンマン2』

    <マーベル・シネマティック・ユニバース>の3作目にして「アイアンマン」の続編。今のところ前の作品のラストから直接繋がっている<MCU>はこれだけ。これから作られる「スパイダーマン」の2作目は「アベンジャーズ4」の直後から始まるという話だが、「アベンジャーズ4」がどう終わり「スパイダーマン2」がどう始まるのか、その答えがわかるのは来年の夏だ。ただアバン部分こそ「アイアンマン」のラストシーンを引...

  8. 『インクレディブル・ハルク』 - 【徒然なるままに・・・】

    『インクレディブル・ハルク』

    <マーベル・シネマティック・ユニバース>の二本目。日本での公開順で言えばこれが一本目。「アイアンマン」より先に公開された。といってもアメリカ公開後すぐに日本に来たわけじゃなく、公開は約2カ月後。「アイアンマン」が5カ月ぐらい遅れて公開されたといえば、当時この二本が特に期待されていたわけじゃなかったことが窺える。それでも「ハルク」は夏休み真っ只中の8/1に公開されているが、その大半は吹替版。し...

  9. 『アイアンマン』 - 【徒然なるままに・・・】

    『アイアンマン』

    この作品が公開されたのは10年前。ということで主演のロバート・ダウニーJr.も若いです。そして何度見ても面白いですね、やっぱり。年に一回ぐらいのペースで見直してるのかな。それに今年は<マーベル・シネマティック・ユニバース>の集大成、「アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー」の公開をゴールデンウィークに控えているので、どこかのタイミングでお浚いしておかなきゃ、と思っていたところだったので、ち...

  10. 『ジャスティス・リーグ』と『アベンジャーズ』 - 【徒然なるままに・・・】

    『ジャスティス・リーグ』と『アベンジャーズ』

    週末に「ジャスティス・リーグ」の2回目を鑑賞。前回は吹替版、今回は字幕スーパー版でしたが(もう吹替版上映してなかった)、一度見てお話が頭に入ってるということもあって、より画面に集中出来たように思います。前回は色々と気になったりもしたのですが、今回は素直に愉しみましたね。スーパーマンの能力が特出してるので全体のパワーバランスは悪いのですが、それでもバットマン、ワンダーウーマン、アクアマン、フラ...

  11. 『マイティ・ソー/バトルロイヤル』(2017) - 【徒然なるままに・・・】

    『マイティ・ソー/バトルロイヤル』(2017)

    ***ネタバレ注意***死の女神ヘラの復活によってアスガルドは崩壊の危機に。だがソーはムジョルニアを破壊され、辺境の惑星サカールへと飛ばされてしまう。そこでソーが出会ったのは行方不明になっていたハルク。何とか彼を説得し、ヴァルキリーの生き残りや同じく追放されていたロキと手を結びサカールを脱出、アスガルドを救うための戦いへ――!<マーベル・シネマティック・ユニバース>の17作目にして、「マイテ...

1 - 11 / 総件数:11 件

似ているタグ