ミドリシジミのタグまとめ

ミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミドリシジミ」タグの記事(224)

  1. ミドリシジミ吸汁(2021/6/9) - 小畔川日記

    ミドリシジミ吸汁(2021/6/9)

    6月9日はミドリシジミの別のポイントの様子を見るために、6時半ころに家を出て、7時ころにポイントに着く。周囲の様子を見るけどなにもいない。30分くらいして家内が桑の葉の間で吸汁しているミドリシジミを見つけた。家内撮影ちょっと遠い。さらに30分くらいして、目の前からミドリシジミが飛び出して、頭上の桑の葉に止まった。数枚シャッターを押したら飛んで、かなり先のハンノキの葉に止まった。5分くらい眺め...

  2. ミドリシジミの森 - 夜つぐみの鳴くところで

    ミドリシジミの森

    初夏の風物詩でもある涼しげなハンゲショウが咲きはじめました。ドクダミ科の多年草で、夏至から11日目にあたる半夏(7/2頃)に葉が白くなり、花が咲くことから半夏生と命名されたという。葉の表面の半分だけが白くなるため「半化粧」とも。葉が白くなるのは葉緑素が抜けるためで、茎の先端近くの2、3枚に限られるため、生け花の世界では 三白草(サンパクソウ) と呼ばれているそうです。今年はミドリシジミとの出...

  3. 嗚呼!!! 今回も惨敗、ミドリシジミ(2021/06/08) - 里山便り

    嗚呼!!! 今回も惨敗、ミドリシジミ(2021/0...

    現場にて、お久し振りに "YouTuber" の 'Nk彡' と逢った。当初このポイントを教えてくれた地元の方です。も~何年前になるのでしょうか?良かったころの思い出話に花が咲いた。.........☆ My Cup of Tea ☆..........さしずめ空抜けの腹だしショットとでもいうのでしょうか?ピーカンの青空が救いですね。-------...

  4. 小畔川便り(ミドリシジミ確認:2021/6/8) - 小畔川日記

    小畔川便り(ミドリシジミ確認:2021/6/8)

    6月8日は朝から良い天気。そろそろミドリシジミ、オオミドリシジミをきちんと撮影しないといけないと思って、オオミドリシジミの活動時間内の9時少し前にポイントに行く。オオミドリシジミの姿はなかった。昨年までのテリハリポイントが、上の枝が茂った関係でほとんど日が当たらなくなってしまった関係のようだ。家内は足元にいたヒカゲチョウを撮影していた。家内撮影つい横目で見てしまうけど、新鮮な個体は結構いい感...

  5. 里友さんとゼフィルス探し、ミドリシジミ(2021/06/02)比企丘陵 - 里山便り

    里友さんとゼフィルス探し、ミドリシジミ(2021...

    今回は「里山の案内人」 'Kj彡' とご一緒に、広範囲に渡り 'ゼフィルス' を探しました。.........☆ My Cup of Tea ☆..........初見、初撮りではないのですが、証拠撮りにもならずの中、何とか撮れたサイド・ビューです。-------------------------------------------------...

  6. ミドリシジミ - 季節の映ろひ

    ミドリシジミ

    鳥仲間の方から連絡をいただき、久し振りにミドリシジミを見に行きました。翅を全開した時の輝きは別物ですが、見る角度により全く違った色になります。気に入っていただきましたら、ポチッと応援して下さい!宜しく(ノ^-^)ノ前記の記事↓↓に訪問いただき、有難うございます。

  7. ミドリシジミ - 四季の予感

    ミドリシジミ

    鳥友に連れ出して貰ったハンノキ林の草原で、金属光沢が美しいミドリシジミを撮って来ました。前から見るのと後ろからではまるで色が違って見えます。✅画像クリックで拡大してご覧いただけます✴️(1)(2)(3)(4)(5)(6)(7)(8)Canon EOS 90D+Canon EF 100-400mm F4.5-5.6L IS Ⅱ USMいつもご覧いただきましてありがとうございます。下記のブログラ...

  8. ミドリシジミ2ヶ所のポイントで - 風任せ自由人

    ミドリシジミ2ヶ所のポイントで

    県内のミドリシジミ生息地として有名な公園で苦戦が続いていたので、北隣にある市の生息地に行ってみた。先客さんがいて、三脚にセットしたカメラを桑の木に向けていたので、近寄って話しかけると、樹上にミドリシジミがたくさんいるが、竿が短くて届かないというので、私の竿でトントンすることになった。しかし、その生息地でもこんな写真がやっとで、ミドリシジミに苦戦は継続。ところで、その先客さんは鳥や哺乳類などに...

  9. 2021年5/29その2ミドリシジミ、ミズイロオナガシジミ、アカシジミ、他 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年5/29その2ミドリシジミ、ミズイロオナガシ...

    蝶友さんが撮られたミドリシジミのポイントへ行こうかと移動を始めたのは良いものの、時刻はすでにお昼前。これは行っても開翅は望めないと考え直し、別のポイントへ向かいました。すると環境が激変していて大ショック。よく降りてきていた場所は樹木類に覆われて、降りてきていたとしても止まる位置が高くなっているので撮影困難な状況になってしました。ダメ元で叩いてみると、1頭降りてきましたが止まったところは薄暗い...

  10. ミドリシジミ2021 - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ミドリシジミ2021

    撮影日2021年06月13日今日は雨の中、近場のミドリシジミを撮影に。ポイントでは既に蝶友さんが新鮮な♂を見つけていただいていました。本日はこの個体とたっぷりと向き合うことになりました。雨が止んだので早速開翅してもらうことに。少し開くと。灰色ががかった鈍い色です。全開翅してもこんな感じ。濡れていたためなのか鱗粉が立っていなかったからなのか原因は判りませんが、この後も少しでも緑色が見える角度で...

  11. コムラサキミドリは終焉 - 蝶のいる風景blog

    コムラサキミドリは終焉

    明日からしばらく天気がぐずつきそうだ。いよいよ梅雨入りかしら。先日妻が瑞々しい青梅を買って来た。梅酒の瓶3つに漬け込んでいたからしばらくしたら美味しい梅酒が出来上がるだろう。楽しみだ。青梅の中紅の梅まじりゐて亀井香草スーパーに入荷の日を尋ね、「梅酒用の梅か梅干用かどっちかしら」と聞いたら、中年の店員さんは違いを知らなかったらしい。梅干なら南高梅を使って欲しい。まあどっちでもいいか。ワクチン接...

  12. 毎年苦戦のミドリとオオミドリ - *la nature 2*

    毎年苦戦のミドリとオオミドリ

    予想通り今年も苦戦していたミドリシジミとオオミドリシジミもうゼフィルスも終盤、これ以上の成果はなさそうなのでアップします(^-^;6月5日桑の実絡みでミドリシジミ♂これがなかなか開かないんですよ・・・やっと半開翅B型の♀もいました位置が悪い・・・(^-^;6月8日この日は木道に降りました~!ちょっとグリーンっぽく見えます後は裏翅ばかり・・・6月12日フィールドお仲間さん方が既に撮影済みの紫陽...

  13. 出勤前のゼフ探し - 元 子連れバーダーの日々

    出勤前のゼフ探し

    この前の週末は土日とも仕事だったので、お天気のよさそうな週明けの平日早起きして出勤前にこの時期恒例のミドリシジミ探しに出撃。毎年6月4日、ムシの日前後に行っているので今年はちょっと遅いかな、と思ったのですがミドリシジミ、居てくれました~このお姿、ほんとお美しい。朝日に照らされて緑の構造色が森の中光輝いていました。中にはちょっと傷んでいる個体もいたりして、羽化したてってわけではないみたい。現地...

  14. ゼフィルスミドリシジミ - 生きる。撮る。

    ゼフィルスミドリシジミ

    いろいろあって、どうしてもいつもの場所まで撮りに行けなくて・・・この公園では今年は出が悪いらしいと・・・ダメならあきらめもつくと出かけた。電車とバス乗り継いで・・・ここで見られる6種のゼフィルスの出る場所、順に歩いてみた。案の定全く姿がない。最後の場所に行ったら、いつもの場所にいるではないか。待望のミドリシジミ。1時間以上粘ってみたが羽は開かなかった。2016年からゼフィルス撮りにここに行っ...

  15. ミドリシジミ及び彼らを探していて見つけた甲虫in2021.05.08~06.08見沼田んぼ&荒川河川敷の森 - ヒメオオの寄り道

    ミドリシジミ及び彼らを探していて見つけた甲虫in202...

    5月26日に発生を確認した荒川河川敷の森の「ミドリシジミ」↓は、その後少しずつですが個体数を増やしています。逆に、雄個体は少し損傷しています。in2021.06.08荒川河川敷の森ミドリシジミなどのゼフィルスを荒川河川敷の森及び見沼田んぼで探している時に色々ほかの蟲も見つけました。今回は甲虫について報告します。荒川河川敷の森で最初に見つけたのはゾウムシの仲間としては大型の多分「オオゾウムシ」...

  16. ☆ミドリシジミ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ミドリシジミ☆

    5月末から、ミドリシジミを観察しています。早朝の一時間ですが、10日ほど通いました。雨が2日、強風の日が1日。開翅しない日が2日ありました。写せたのはまだ、オスとメスB型,O型だけです。同じようなのを沢山写しました。メス、B型メス、O型オス

  17. ボクキレイでしょう - 夜つぐみの鳴くところで

    ボクキレイでしょう

    昨年に続き今年も ミドリシジミの森 は不作です。開く個体はおろか見つけることすらむずかしい!これが数日間で唯一開いてくれた子です(爆)

  18. クロミドリシジミとウラミスジシジミ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    クロミドリシジミとウラミスジシジミ

    2021年6月6日(日),雨時々曇り.筑波山の予報は10時頃から雨だったので雨が降る前にMFへ.行く途中で雨が降り始めたが現地に着いたら雨は上がっていたのでラッキーだった.朝5時に起床し6時ごろ現地着.ところが調子に乗って来た8時半ごろから雨が降ってきて残念ながら帰宅.ウラナミアカシジミはそろそろ終盤かな.ミドリシジミ♀のO型が開翅していた.ミドリシジミ♂.撮る角度が変わると色も変わる.ミド...

  19. ミドリシジミ他6月5日 - 超蝶

    ミドリシジミ他6月5日

    今日の知多半島、午前中はなんとか晴れました。午前9時に歯医者さんを予約しているので、間に合うように朝活でミドリシジミの生息地へ出かけました。ハンノキに朝陽が当たりだすと、高いところから降りてきて・・・が決まり文句だったのですが、全く降りてこない・・・ハンノキ林の周囲を、探索していると、セイタカアワダチソウでチラホラ小飛翔する個体が、何頭か見られました。ご当地では、発生初期の様相です。出会えた...

  20. ミドリシジミに苦戦 - 風任せ自由人

    ミドリシジミに苦戦

    5月31日に当日撮影したミドリシジミの記事を掲載した。その後、6月2日、3日、そして本日5日、3回同じ場所に出かけたが、苦戦を強いられている。6月2日のミドリシジミやっと見つけた子だが、この撮影後すぐに飛ばれて樹上に消えた。その後暫くして散策路から外れた木立の中でカメラマンが撮影をしていた個体。また更に暫くしてやっと見つけた、嬉しい羽化後間もない個体。ずっと動きがなかった。イボタに留まってい...

総件数:224 件

似ているタグ