ミドリシジミのタグまとめ

ミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミドリシジミ」タグの記事(224)

  1. ミドリシジミと蝶たち - Magnolia lane 3

    ミドリシジミと蝶たち

    アオスジアゲハ羽化したばかりのアゲハチョウスイレン池の奥に、アオサギ?ゴイサギ?と目を凝らすと・・・オオタカが水浴びをしていました♪毎年見られるオオタカの巣。今年も3羽のヒナが孵ったそうです。カメラさんが多いので即退散です(^^;)イチモンジチョウダイミョウセセリヤマグワの木では見つからなかったミドリシジミ。別の場所にいました♪この個体は色柄がはっきり✨綺麗です。散策の時間が好くないのか、翅...

  2. これが限界(>_ - *la nature 2*

    これが限界(>_

    毎年不完全燃焼でラストを迎えるミドリシジミ。先日からやっと開翅シーンを見る事が出来ていましたが、アップできそうな写真がなく、もっといいのが撮れてからと先延ばしにしていました。今日は今までの中では1番それなりに撮れたかな・・・?今後、これ以上のものは撮れそうにないのでアップします!6月3日小菅ヶ谷北公園ミドリシジミ♂肉眼ではグリーンがかって見えますが私のカメラではブルーっぽくなってしまいます(...

  3. ミドリシジミワクチン接種 - 蝶のいる風景blog

    ミドリシジミワクチン接種

    6月になった。季節の進みは本当に早い。我が家にとって6月はワクチン接種の月だ。妻は昨日大手町の大規模会場で接種を受けた。僕は7日に地元のかかりつけ医で接種を受ける。妻について大手町まで行って来た。メトロの竹橋駅を降りると構内に会場までの道順があちこちに掲示されていた。地上に上がるとそれこそ10メートル置きに案内の人がいる。テレビで会場までの道が分かりづらいとか、遠過ぎるとか不満があったがなん...

  4. トントントントン... - Magnolia lane 3

    トントントントン...

    スイレンとアオサギオオシオカラトンボ・・・追記)ショウジョウトンボ♀ご教示ありがとうございます♪・・・追記)アオモンイトトンボ♀(異色型)老熟個体ご教示ありがとうございます♪おとなびてきたカイツブリっ子たち大きな声でピーピー鳴きますが、親鳥はもう餌を与えることはなく攻撃的に追い払います👀!独り立ちを促しているようです♪ビヨウヤナギ追加)備忘録^^与野公園で撮った花の名...

  5.   ゼフィルスの季節・・・⑥ ミドリシジミの裏翅 - フォト エチュード  Photo-Etudes

    ゼフィルスの季節・・・⑥ ミドリシジミの裏翅

    ミドリシジミの裏翅で雌雄の判定ができないか?と聞かれたが、採集をする人や専門家なら一見してどちらの可能性が高いか解るのかもしれない。僕の場合は、①ジッと翅がうごくのを待つ(少しうごいたときに前翅の表側の♂特有の金属光沢が見えるときがあるから)か、②開翅してくれるのを待つか、③帰宅してPCで後翅の白条線を見てみるくらいだ。図鑑では、後翅の白い短条の延長線が長い白条線と平行なら♂・交差なら♀とあ...

  6. 蝶たちの森へ - 夜つぐみの鳴くところで

    蝶たちの森へ

    青蜂広場でお会いした方からミドリシジミのお話を伺いその足で森へ。時間が遅かったこともありすでに人影はまばら。なぜか今年は規制ロープが貼られておらず自由な立ち入りが出来ました。そんな 「人道」 に沿ってまわったものの開翅ミドリシジミは発見出来ず。ミズイロオナガシジミ(水色尾長小灰蝶)テングチョウ(天狗蝶)コミスジ(小三筋蝶)全開のコムラサキ(小紫)が低いところに。

  7.  ゼフィルスの季節・・・➄ ミドリシジミ♀ - フォト エチュード  Photo-Etudes

    ゼフィルスの季節・・・➄ ミドリシジミ♀

    ミドリシジミ・メスには表翅の遺伝的多型(A型 B型 AB型 O型の4型)があるという。図鑑の小さな写真と自分の撮った画像を見比べてみるが、なかなかスッキリと何型と同定しづらい。古いソフトで絵に描けばこんな感じの4型なのだが・・・。A型のようでも明らかにオレンジ斑というのは少なく、淡いオレンジ味のあったり無かったりの淡色班だったり・・・。B型かと思ってもA型の部分に淡色で斑があったり・・・。ネ...

  8. コヒョウモンモドキ今年も謎の発生 - 蝶のいる風景blog

    コヒョウモンモドキ今年も謎の発生

    「ツキがない」とブログに書いたら励ましのコメントを頂いた。ありがたいことだ。ところが今日もツキのなさを実証してしまった。今朝は5時に起きてミドリシジミの観察に出掛けた。未明まで激しい雨が降り条件はとても悪い。下草はぐっしょりと雨に濡れてズボンも濡れてしまうほどだ。7時頃から日が差して来て少しミドリシジミが現れ開翅してくれた。A型のメスも現れたが葉被りできちんと撮影出来なかった。そろそろメスを...

  9. 荒川河川敷の森のミドリシジミ雌も発生in2021.05.29&05.31 - ヒメオオの寄り道

    荒川河川敷の森のミドリシジミ雌も発生in2021.05...

    「ミドリシジミ」の個体数が増えているのでは?と期待して5月29日と31日の2日間荒川河川敷の森に出かけてきました。最初に撮影出来たのは意外なことにaB型の超美麗雌個体↑↓でした。赤い鱗粉が弱いのでaは小文字にしました。次に撮影出来たのはOa型↓の美麗雌個体です。雄より先に雌が写せたので吃驚です。ミドリシジミの個体数は5月26日より増えているものの撮影される方もそれ以上に増えたのでまずまずの結...

  10.  ゼフィルスの季節・・・④ ミドリシジミ♂ - フォト エチュード  Photo-Etudes

    ゼフィルスの季節・・・④ ミドリシジミ♂

    ミドリシジミの発生が、先週から始まった。朝一番で森に囲まれた湿地のハンノキの周辺を探すと、緑の葉にメタリックなブルーの翅をひろげたミドリシジミが一頭また一頭。どれも新鮮な個体ばかりで、尾状突起も綺麗なまま。このところの僕の目標は、メスの表翅の遺伝的多型(A型B型AB型O型の4型)をきっちり撮り分けたいということだが、やはりオスの金属光沢には惹かれる。ミドリシジミ ♂(緑小灰蝶 The Gr...

  11. ミドリシジミと大きなテントウムシ - Magnolia lane 3

    ミドリシジミと大きなテントウムシ

    ゆらゆら風に揺れるヤマグワの葉にミドリシジミが2頭いました!親切に教えて下さった方のお蔭で、初見初撮りです♪翅表は、飛んだ瞬間だけ見えました(^^;)綺麗です✨さらに・・・葉の裏に大きなテントウムシを発見👀ツルマサキの葉にも同じ種類の🐞ハラグロオオテントウ体長11-12mm明るい橙色で、小さな黒紋がある大型のテントウムシ。前胸の黒紋は1対で、上...

  12. ミドリシジミ虎の子の1頭 - 蝶のいる風景blog

    ミドリシジミ虎の子の1頭

    この頃物忘れがひどい。歳相応なので仕方ないが困ったものだ。ツキにも恵まれない。マスクは今や必需品だ。マスクなしにコンビニやスーパーに入ることも出来ない。それなのに外出の時ついつい忘れてしまうのだ。今日も駅で電車に乗ろうとして、マスクをつけていないことにハッと気付いた。あわてて予備に持っているマスクを取り出したが、駅に来るまでまったく気付かないのだから恥ずかしい。先日も歯医者で診察券を出す時に...

  13. ミドリシジミ - 風任せ自由人

    ミドリシジミ

    ここ数日分のネタがあるが、旬なミドリシジミについての記事を先に掲載する。そのポイントでのミドリシジミ発生については既に何人かの蝶仲間によって報告されている。今年私は他のポイントで何回か探りを入れていたが、まだその姿が確認できず、ちょっと焦っていた。本日は、昨晩雨だったという、ミドリシジミ朝活にはちょっとよろしくない状況で、行くかどうか大いに悩んだ。それでも様子見と羽化直が見つかる可能性に賭け...

  14. 初夏の女神たち - 山猫を探す人Ⅱ

    初夏の女神たち

    季節はアメフリバナっこが咲く梅雨間近梅雨入り前に姿を現す女神たちを探すことを目的に歩き出した。いよいよ目的地に乱入だ。ここで200㎜白レンヌを装着し俄かカメラマンに変身する。(とぅ!)最初にフレームインしたのは・・・・おお~っと!我が街では初めましてのご対面ミズイロオナガシジミです。シジミチョウ科の中でゼフィルスと称する一群の一員です。ちょうど発生時期に遭遇したみたいです。こやつを個体Aとし...

  15. ミドリシジミ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ミドリシジミ

    2021年5月30日(日),曇りのち晴れ.朝5時半起床.ミドリシジミが出ているはずなので近場の里山へ向かった.6時ごろ現地に到着し9時には終了して帰宅.昨年は沢山いたウラナミアカシジミはこの1頭のみで今年は少ない.アカシジミは例年並みの発生数だと思う.ウラゴマダラシジミも例年並みの発生だが,ミズイロオナガシジミは姿さえ見れなかった.ミドリシジミは既に発生していて今日は10頭ぐらいを目撃.この...

  16. ミドリシジミハンノキ林に舞う - 蝶のいる風景blog

    ミドリシジミハンノキ林に舞う

    コロナ探知犬が注目を集めている。イギリスやアメリカで研究が進み、フィンランドの空港では実証実験が行われている。空港ではすでに麻薬探知犬は日本でも活躍している。フィンランドでは空港に到着した乗客の首の汗などをふき取り、それを別室で探知犬に嗅がせるという方法を取っている。ほぼ100%の確率で探知するという。イギリスの研究でも90%以上ということだ。犬の嗅覚はとにかく鋭いものがある。朝から曇り空だ...

  17. 今季ゼフィルス第4号、第5号! - *la nature 2*

    今季ゼフィルス第4号、第5号!

    今日はいつものマイフィールドから離れて^^今季初のミドリシジミ撮りづらい場所だったのと♀だったのが残念でしたが・・・。かなり距離がある上、マクロではちょっと無理がありました(^-^;こういう時COOLPIX p900は強いですね!夫撮影分↓そしてもう1種類のミズイロオナガシジミ!前回はハエトリグモに捕食され息絶えた姿しか見る事ができませんでしたが、今日は羽化直後のピッカピカです*かなり近寄っ...

  18. 小満麦秋至(むぎのときいたる) - 紀州里山の蝶たち

    小満麦秋至(むぎのときいたる)

    皆さん、こんにちはー。朝活レポートです。早朝からミドリシジミ発生地へ出撃しました。到着時は少し風があってコンディション不良でしたが、風が収まるとともに開翅してくれました(^_^)。

  19. ■ゼフ第2陣は「ミドリシジミ」21.5.26 - 舞岡公園の自然2

    ■ゼフ第2陣は「ミドリシジミ」21.5.26

    今夜は「スーパームーンの皆既月食」が見られるかも?雲行き次第ですが。ゼフ探しも10時過ぎでは遅すぎです。諦めた12時過ぎ「ミドリシジミがいますよ」という連絡があった。急ぎ駆けつけたものの近接撮影は出来ない所。場所も悪く「証拠写真」しか撮れませんでした。ミドリシジミ21.5.26FUJIFILM X-T30 80mm/macro ISO1250 1/640,F8背景にひきづられて露光条件を調整...

  20. ミドリシジミ発生in2021.05.26荒川河川敷 - ヒメオオの寄り道

    ミドリシジミ発生in2021.05.26荒川河川敷

    見沼区のKさんから「ミズイロオナガシジミが発生しているのなら「ミドリシジミ」もそろそろでは?」と連絡いただき、本日も荒川河川敷に一緒に出かけてみました。私は昨日4時間以上探し回って、ミドリシジミは未発生、ゼフィルス類は非常に少なかったので、ダメもとで出かけてみるとポイントについて直ぐに「ウラナミアカシジミ」↑発見!すると「あれは「ミドリシジミ」↑では?」と、Kさん「エーもう発生しているの」と...

総件数:224 件

似ているタグ