ミドリシジミのタグまとめ

ミドリシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミドリシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミドリシジミ」タグの記事(10)

  1. 夏の終わりの五目撮り - チョウ!お気に入り

    夏の終わりの五目撮り

    夏の終わり、近場を巡ってみます。林道ではミヤマカラスアゲハの秋型です。春型ほどではありませんが結構帯が発達しています。集団というほどではありませんでしたが、数頭が吸水に来ていました。こちらは別個体です。カラスアゲハはずいぶんお疲れでした。傍らに止まったシジミをルリシジミだと思い込んで記録がてら、なにげに撮影した一枚です。ところが帰ってPCで確認すると 後翅の黒点が V字になっていました。。。...

  2. 長野遠征その3 今更ゼ... - jick のぐうたら蝶日記

    長野遠征その3 今更ゼ...

    7月24日は前週7月18日にコヒオドシやカラスシジミを撮れなかったのでリベンジでまた、同じ場所に行ってきました。 昨年、コヒオドシやカラスシジミを撮ったポイントに先週は花が少なく今週なら咲いてるかなと思いましたが、そんなに開花は進んでいなくてお昼近くまで待って見ましたが、どちらも現れませんでしたが、オオイチモンジのメスは出会えましたけど、降りてきてはくれず、主に望遠で使っている、ルミックス...

  3. お山のミドリシジミたち(待望のAB型メス) - トドの野鳥日記

    お山のミドリシジミたち(待望のAB型メス)

    7月の後半から8月前半にかけては朝2時間程度のベランダからの鳥見の後、山小屋の散歩コースで毎日ミドリシジミたちの観察を行っています(自信はありませんが前翅裏面の模様からアイノミドリシジミ?)。多くのオスたちが乱舞するなか、メスたちの姿を一度見たいと思っていましたが、先日、念願かなって奇麗なAB型の個体を見かけました(1枚目)。

  4. マダラマドガとミドリシジミ - 花と葉っぱ

    マダラマドガとミドリシジミ

    撮影:7月14日(千葉県千葉市・加曾利貝塚縄文遺跡公園)初めての虫に出合うと嬉しくなってしまう。マダラマドガ(斑窓蛾) <初見初撮り>マドガ科マダラマドガ亜科開張16~21ミリ翅頂が尖った姿形が目を引く。網の目状の黄褐色の紋様がある。外横線を堺に、褐色の明暗が分かれる。尻を上げ、前はね前縁が反り返る。ヒメマダラマドガ、チビマダラマドガに似ているそうです。ミドリシジミ(緑小灰蝶) シジミチョウ...

  5. 見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.23~07.06 - ヒメオオの寄り道

    見沼田んぼの甲虫&ミドリシジミ in2021.06.2...

    梅雨最盛期のこの時期、見沼田んぼの甲虫たちは元気です。昨日小雨混じりの天候の中出かけてみると「ヨモギハムシ?」でしょうか、小さいけれども金蒼色と黄銅色の金属光沢に輝く美麗交尾ペアが迎えてくれました。in2021.07.06見沼田んぼ「ヨモギハムシ?交尾ペア」我が家のベランダでは、食べる為に植えた「ゴーヤ」、種をまいたら芽が出てきたと持ち込まれた「カボチャ」があります。ゴーヤの花は主に飛来した...

  6. 激減のウラキンと豊産のアイノ - 蝶超天国

    激減のウラキンと豊産のアイノ

    7月11日 朝は5時半からウラキンシジミを探しましたが・・・・全く飛びません。しかし、2時間半粘ってついに綺麗な♀を見つけました。手を思いっきり伸ばして100mmマクロでライブビュー撮影・・・少しトリミングしてあります。小飛びして高い場所に移ったので300mm望遠の出番です。他には時々降りて来るミドリシジミだけでした。アイノミドリシジミのテリ張時間に間に合うように移動しました。到着すると沢山...

  7. 蝶不調 - 八分目とり日記

    蝶不調

    今シーズンはギフチョウを初めて撮影しましたが、期待のミドリシジミはまたしても不調でした。仕方がないのでベニシジミのきれいな個体でお茶を濁します。ミドリシジミもいたのですが、やっと開いたと思ったらメス。これもメス。オスはどこに行ったのでしょう??撮影機材は6D2+EF100-400 II +x1.4。6D2で撮影したいと思っている被写体のうちの1つがミドリシジミのオスなのですが、未だにかなって...

  8. ウラジロミドリシジミ 他 - 風任せ自由人

    ウラジロミドリシジミ 他

    Kさんと再び標高のやや高いゼフポイントを巡った。前回ハヤシミドリシジミ雄を撮影した場所ではウラジロミドリシジミが多数確認でき、降りてきたハヤシミドリシジミは雌だけだった。1匹だけだが、緑色に輝く翅を披露してくれたゼフがいて、現地では種類を確定できなかったが、山地性のミドリシジミだった。その後巡ったポイントでは雨に祟られ、撮影できたのはウスイロオナガシジミだけだった。残念だったのは目撃だけに終...

  9. ホソバセセリ - 茨城蝶遊記Ⅱ

    ホソバセセリ

    2021年7月11日(日),曇り.毎年今頃は近くの山へホソバセセリを見に行っているが,環境急変で見れたのはわずかに1頭のみだった.ゼフィルスらしきチョウが飛んだので確認してみるとミドリシジミ♂だった.ウラナミアカシジミはまだ2~3頭確認できた.ルリタテハが素早く飛んでいた.ネムの花で吸蜜するジャコウアゲハ♀.目的のホソバセセリ.自分が知っているポイントは2か所あったが,今季から2か所とも棲息...

  10. ミドリシジミ - 蝶鳥写楽

    ミドリシジミ

       2021.06.12撮影 草丈数センチほどの葉上で開翅したミドリシジミ♂   朝が苦手な私には図分早い現地入り5時半頃高いハンノキ等を長竿で叩いて回ること20分余うす暗い中をすーっと糸を引くように飛び10数m先に降りたように見えたそこから目を切らずに近づき慎重に探すこと暫し地面すれすれの草上に止まっていたさて開翅は?気持ちが静まるのを待ってLEDライトを当ててみた? 翅間が弛んだ!  ...

1 - 10 / 総件数:10 件

似ているタグ