ミドリヒョウモンのタグまとめ

ミドリヒョウモン」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミドリヒョウモンに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミドリヒョウモン」タグの記事(16)

  1. 高原のヒョウモンチョウたち ミドリヒョウモン編 - 公園昆虫記

    高原のヒョウモンチョウたち ミドリヒョウモン編

    8月中旬の高原で見たミドリヒョウモンのメスミドリヒョウモンは6月中旬ごろ新生個体を目にする。時には地元でも見られるが、今年は遠征先の栃木県で初見した。人工物に止まっていて、写真としてはつまらないが、記録のために撮る。その後、ミドリヒョウモンは高原へ移動するのか、あるいは平地のどこかで夏眠することがあるのか、平地では姿が見られなくなる。そして夏の高原へ行くと、ヒョウモンチョウの中で一番目につく...

  2. 2017.9.20 東京・恵比寿 ミドリヒョウモン   2017.9.26 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.9.20 東京・恵比寿 ミドリヒョウモン  ...

    2017.9.20曇り空。最初にヤマトシジミを見に行くとピカピカの夏姿の♂。これで最後かもしれないと大事に撮る。LEDライトを点けての飛翔撮影。背景が暗いけれど闇夜のカラスまでにはならず、これまでのものより効果がありそう。サッポロビール本社前。アオスジアゲハに混じりアゲハチョウ。撮り飽きたきらいはあるけれど、こうピカピカだと撮らずにはいられない。そこへ突然ミドリヒョウモン。さっそく、臨戦態勢...

  3. ■ ミドリヒョウモン   17.9.22 - 舞岡公園の自然2

    ■ ミドリヒョウモン   17.9.22

    今日は午後から天気が崩れる予報。早めにと思って散策に出たが、雨も早めに降ってきてずぶぬれで帰宅。園内は全校遠足の小学生で賑やかだったが、彼らもずぶぬれになったのではないかな。おととい、きのうの青空で、ヒョウモンチョウの仲間が目についた。今日、写友にあうと「ミドリヒョウモンがいましたよ」とのこと。「あ、きのう出会っています」と答えたが、おとといも会っていたのでした。ミドリヒョウモン   17....

  4. ソバ畑で遊ぶチョウ - 旅のかほり

    ソバ畑で遊ぶチョウ

    ソバの花が咲きました。ソバ畑にはいろいろなチョウが遊びにきます。ミドリヒョウモン メス発生から大分経つのか翅が薄れています。コミスジも一緒に。いつも元気なツマグロヒョウモン オスアオスジアゲハこちらも元気翅のきれいなモンシロチョウトンボも飛んで今夏は天候不順もあってか花の咲きが遅いようですそれでもチョウたちは毎年のように遊びにきます

  5. 富士山麓のタテハチョウ その1 ヒョウモンチョウ類(2017/08/20) - Sky Palace -butterfly garden- II

    富士山麓のタテハチョウ その1 ヒョウモンチョウ類(2...

    ヒョウモン類やヤマキチョウを見たくて、富士山麓にまたやってきました。結果としては、ヤマキチョウは見れずじまい。見られたヒョウモン類は3種でした。■オオウラギンスジヒョウモンArgyronome ruslana ■ギンボシヒョウモンSpeyeria aglaja■ミドリヒョウモンArgynnis paphia続く

  6. 2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (6) 小池新道   2017.9.17 (記) - たかがヤマト、されどヤマト

    2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (6) ...

    2017.8.29 (続き)12時20分、鏡池を新穂高温泉に向かっており始める。登山道の脇に咲いていた花。昨年は見なかった5コマ目はジャコウソウと思うが6コマ目は判らなかった。もう少しでシシウドが原という急斜面で数頭のベニヒカゲが舞っていた。登山道にはとまるが緑にはとまらない。何箇所か水の流れる沢を横切ったけれど、上流にはまだ雪が残っており昨年より圧倒的に水量が多い。かなり下った頃、まだ新鮮...

  7. 夏の終わりの高原 - 蝶超天国

    夏の終わりの高原

    8月26日高原では晩夏を感じさせる光景が広がります。ついこの前まで目立たなかったワレモコウはそこら中に花を咲かせていました。ヒョウモン類はまだ沢山見られるものの・・・翅の傷みが進んでいました。ウラギンスジヒョウモンとミドリヒョウモンの2ショットです。撮影している間にもウラギンヒョウモンがメスグロヒョウモンに入れ替わり・・・ギンボシヒョウモン♀は比較的綺麗な個体も・・・・ボロのミドリヒョウモン...

  8. ☆ サカハチチョウ 他 ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ サカハチチョウ 他 ☆

      オオカメノキの実が赤くなっていました。山は秋の装いです。 チョウはというと、サカハチチョウがどこにでもいて、写すのが嫌になるほどでした。 サカハチチョウ夏型 テンニンソウで吸蜜するミドリヒョウモン バッタがいました。 コウゾリナには、スジグロシロチョウ ベニヒカゲも現れましたが、少し高い場所で、ピントが合いません。 ツリフネソウ       メタカラコウに止まるアサギマダラ  地面で吸水...

  9. 皆、同じように見えていた - 昆虫(動植物)撮影記録

    皆、同じように見えていた

    ミドリヒョウモンペアメスグロヒョウモンシータテハ

  10. ウラギンスジヒョウモン   信州の高原で - 蝶のいる風景blog

    ウラギンスジヒョウモン   信州の高原で

    東京は8月に入ってから20日連続で雨が降っている。8月6日にキリシマミドリシジミに2週続けてチャレンジしたが天気が悪く撮影出来なかった。それ以来天気も悪く、どこかに出かける機会もなかった。去年はクジャクチョウやキベリタテハの不作が話題になり、夏の蝶も異常に少なかった。それに追い打ちをかけるように、ことしはこんな悪天候が続き、いったい蝶の生態に大きな影響が出ないのだろうか。心配になる。天気予報...

  11. 蝶と花、そしてトカゲ - 花と葉っぱ

    蝶と花、そしてトカゲ

    撮影:7月31日(千葉市・泉自然公園)真夏は蝶が少なく、居ても翅が傷んでいることが多い。花も少なく、歩いても歩いても見つからない。虫もほとんどいない。いるのは爬虫類だけ。毒蛇には気を付けよう。ニホントカゲ(日本蜥蜴) 爬虫類トカゲ科トカゲ属別名ヒガシニホントカゲ全長20~25センチ。ダイミョウセセリ(大名せせり蝶)・関東型 セセリチョウ科前翅長18ミリ前後。翅を完全に開いてとまることが多い。...

  12. いろいろなチョウに会えました - 旅のかほり

    いろいろなチョウに会えました

    大きな蛇の目模様が美しいウラジャノメに今年も会えるだろうか、と東信方面に向かう前に、昨年出会えた山梨の山域に入ってみました。ウラジャノメにはあえませんでしたが、いろいろなチョウに会うことができました。アサギマダラヒヨドリバナが咲きだしているのでたくさん飛んでいました。ウツボグサにヒメキマダラセセリ久しぶりにあえたミドリヒョウモンうまく撮れません。花にとまったところはみられませんでした。飛んだ...

  13. ミドリヒョウモン - 風の翅

    ミドリヒョウモン

    高原にヨツバヒヨドリの咲く頃ミドリヒョウモンがこの花に集まってくるアサギマダラとこの蝶が開花を待っていたのかのように白い花のステージで盛んに吸蜜している他のヒョウモンはここではほとんど見かけない

  14. 渓谷で見られたチョウ達 - 蝶超天国

    渓谷で見られたチョウ達

    7月9日朝の散歩を強制的に終わらせて・・・・午後の狙いは渓谷の林道に見られるチョウを狙いました。まずいたのはオオムラサキです。かなりコンクリート好きで・・・崖を補修したコンクリートや側溝のコンクリートで何かを吸っています。崖の岩にはミドリヒョウモンが集まっていました。沢山いるとピントを合わせる位置が難しいですが、10頭以上の集団が2箇所ありました。林道を進むとメスアカミドリシジミの卍が見られ...

  15. キマダラモドキ - Mag's DiaryⅢ

    キマダラモドキ

    キマダラモドキの様子を見に行くのは今季これで3度目。今回もいつもいるはずの場所に姿無し。おかしいなあ、もう発生しているはずなんだけれどなぁ。しばらく周りを探してやっと見つけた1頭。するとすぐ近くにもう1頭。こちらは翅が破損している。破れた葉っぱに破れた翅^^;でも、良かった、いつもの時期に発生していたんだね。少し場所を移動、ミドリヒョウモンがオカトラノオで蜜を吸っていた。大きく翅が破損してい...

  16. ☆ コヒョウモンなど ☆ - 気ままなフォトライフ

    ☆ コヒョウモンなど ☆

     夏の高原にオレンジ色のチョウが飛ぶと、ワクワクします。今回は、沢山のチョウとの出会いがありました。 コヒョウモンです。 イボタの花にとまりました。 ヒメジョオンに・・・。ヒョウモンチョウ?  ウラギンヒョウモンは、ムシトリナデシコに・・・。 モンキチョウの雌雄も。 ミドリヒョウモンです。 今回は、面白いものが見れました。前夜の雨で獣糞が緩んでいたのか、ヒメシジミが25~6頭も集まっていまし...

1 - 16 / 総件数:16 件

似ているタグ