ミホミュージアムのタグまとめ

ミホミュージアム」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミホミュージアムに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミホミュージアム」タグの記事(11)

  1. 「THE備前展」のご案内・ミホミュージアムにて。信楽の美術館巡り・その① -  「幾一里のブログ」 京都から ・・・

    「THE備前展」のご案内・ミホミュージアムにて。信楽の...

    ・いよいよ芸術の秋が訪れました。各地の美術館や博物館などでは、楽しい企画が目白押しではないでしょうか。今回から滋賀県信楽町にある「ミホミュージアム」と「陶芸の森・陶芸館」の特別展をご紹介いたします。美術館巡りのご参考になれば幸いです。・まず第一回目は、ミホミュージアムから。秋季特別展のテーマは「THE備前展(桃山時代から現代へ、土と炎から生まれる造形美)」。・備前焼と言えば日本六古窯の一つで...

  2. 避暑にミホミュージアムへ。「紫香楽宮と甲賀の神仏展」へ。9月1日まで -  「幾一里のブログ」 京都から ・・・

    避暑にミホミュージアムへ。「紫香楽宮と甲賀の神仏展」へ...

    ・猛暑の日々如何お過ごしですか。だからこそ美術館、博物館へ。涼しい環境の中で、美しいものをたくさん拝見してください。小生は滋賀県甲賀市信楽町にある「ミホミュージアム」へ。・大自然に囲まれた山中です。町中よりは涼しく快適でした。特に受付棟から美術館棟をつなぐトンネルの中はひんやり。人工冷房より、自然冷房に勝るものなしですね。ほんとうに心地良いものです。・いまミホミュージアムでは、「紫香楽宮と甲...

  3. 花吹雪のミホミュージアムへ。「大徳寺龍光院展」5月19日まで開催。 -  「幾一里のブログ」 京都から ・・・

    花吹雪のミホミュージアムへ。「大徳寺龍光院展」5月19...

    ・京都中心部の桜はほぼ葉桜に。ここ滋賀県信楽のミホミュージアムではまだ美しい姿を留めていました。春風と共に花びらが散り、最高のお花見ができました。(4月23日撮影)・ミホミュージアムではいま「大徳寺龍光院・国宝曜変天目と破草鞋展」を開催中です。会期は5月19日まで。お花見も兼ねてでしょうか、大変賑わっていました。国宝曜変天目茶碗を拝見するのに約30分ほどかかりました。行列覚悟でおでかけくださ...

  4. ミホミュージアムの桜と茶碗 - ★ Eau Claire ★ Dolce Vita ★

    ミホミュージアムの桜と茶碗

    こんにちは今日もご訪問頂きありがとうございます。励みになります。赤いハートをプッシュお願いいたします。人気ブログランキング桜が満開のミホミュージアムに、行って来ました。トンネルの中から見る桜、感動❗️壁にピンクやグリーンが映り込んで幻想的です。トンネルを抜けると、150メートル続く枝垂れ桜の並木道。平日ですが桜が見頃という事で、沢山の人!今年最後の桜かな。今回の目的は桜と「国宝曜変天目と破草...

  5. 百の手すさび展・ミホミュージアムへ。12月2日まで。 -  「幾一里のブログ」 京都から ・・・

    百の手すさび展・ミホミュージアムへ。12月2日まで。

    ・やっと滋賀県甲賀市信楽町のミホミュージアムへ。早く拝見したかったのですが本日になりました。「百の手すさび・・・近代の茶杓と数寄者往来」展へ。会期は12月2日(日)まで。間もなく終ります、急いでおでかけください。詳しくはミュージアムのHPをご覧ください。(11月28日撮影)・お茶を点てるには茶杓は必需品、数寄者と言われる茶人は自ら手づくりしたようです。今展では、約30名の近代数寄者が作った茶...

  6. グリーンに色をかえて。 - advance

    グリーンに色をかえて。

    酷暑を避けて高原の美術館へ。下界よりはやっぱり涼しい。多少ですが..。桜の頃はピンクのトンネルも今はひんやりとグリーンに色をかえてその頃よりも静かで涼しげ。

  7. 信楽のミホミュージアムへ - むつずかん

    信楽のミホミュージアムへ

    土曜日よいお天気の中、美大の友達3人組で滋賀県の信楽にある「MIHO MUSEUM」(ミホミュージアム)に行ってきました!3人で出かけるのは長浜城に行ったぶりで久しぶりです京都、醍醐、草津に住む私たちは今回は電車とバスを使って行ってみました!JR石山駅から「ミホミュージアム」行きのバスが出ています。(もしくは信楽駅からバスで10分)京都から公共の交通機関を使って行くにはこの方法が一番かもです...

  8. MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)・松 - アトリエMアーキテクツの建築日記

    MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)・松

    信楽の山の中に埋もれるように造られたI.M.ペイ設計のミホミュージアム。http://www.miho.or.jp/architecture/approach/通常のような建物と外構との関係は、アプローチを除いては、周辺の信楽の山並み.....で完結。そんな中で、わずかな外部植栽として採用されているのが『松』特徴的なのが、エントランスホールに入ると、雄大な信楽のやまなみの前に、3本の松が植え...

  9. MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)・吹抜ホール - アトリエMアーキテクツの建築日記

    MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)・吹抜ホール

    エントランスホールを始めすべての床に張られたライムストーンは、ガラス屋根の木製調ルーバーと共にホール全体を柔らかい光で包み込んでいます。ガラス屋根のスペースフレームでは三角形を基本にした組み合わせですが、床ではさらに六角形に変化して、それがライムストーンの基本形となり、吹抜や展示室の室内形状へと展開します。三角形や六角形を平面に取り込むと、どこかに破綻する部分といいますか、スッキリ納めきれな...

  10. MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)・ガラス屋根 - アトリエMアーキテクツの建築日記

    MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)・ガラス屋根

    ゆったりとした垂れ桜の道程、ゆるやかにカーブしたトンネル、繊細なケーブルで吊られた斜張橋。下界から抜け出す仕掛けの向こうにやっと姿を現す桃源郷・ミホミュージアム。http://www.miho.or.jp/architecture/approach/しかし、行き着いた建物の外観は、従来の威容を誇るような美術館外観とは違って、入母屋のガラス屋根に被われたエントランスホール、この部分以外にほとん...

  11. MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)・アプローチ - アトリエMアーキテクツの建築日記

    MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)・アプローチ

    滋賀県信楽にあるMIHO MUSEUM (ミホミュージアム)http://www.miho.or.jp/architecture/approach/学芸員に義従姉妹がいるため、行きたいとは思っていたものの機会がありませんでしたが、このミュージアムの設計者であるI.M.ペイ生誕100年とミュージアム開館20周年記念で、建築家・磯崎新氏と藤森照信氏の対談があるとの知らせを受け、これは、逃す手はな...

総件数:11 件

似ているタグ