ミャンマーのタグまとめ

ミャンマー」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミャンマーに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミャンマー」タグの記事(91)

  1. マンダレー旅行記うろうろゼージョー市場 - 明日はハレルヤ in Bangkok

    マンダレー旅行記うろうろゼージョー市場

    3日目の朝、フライト前に市場に行ってきました。旅に行ったら、やっぱりその土地の市場には行っておきたいので、朝ごはんの後にササっと行くことにしました。マンダレー最大の市場、ゼージョーマーケットはホテルから車で5分程度の場所にあります。またホテルの前にとまってるトゥクトゥクにお願いして連れて行ってもらいました。想像していたよりも立派な建物が建っています。この建物の向かい側にも似たようなビルが建っ...

  2. マンダレー旅行記絶景!ウーベイン橋の夕焼け - 明日はハレルヤ in Bangkok

    マンダレー旅行記絶景!ウーベイン橋の夕焼け

    最後にむかったのはウー・ベイン橋です。この橋は今朝、最初に行ったマハーガンダーヨン僧院の近くにあります。今日1日でマンダレー周辺をぐるっと1周まわったことになります。ウー・ベイン橋はタウンタマン湖にかかる1.2キロにわたる木造の橋です。ここに沈む夕日がとにかく素晴らしかった!このサンセットが見たくてマンダレーに来たようなものなのですが本当に絶景で来て良かった。サンセットは橋の下から見ることに...

  3. マンダレー旅行記ミングォンからインワへ - 明日はハレルヤ in Bangkok

    マンダレー旅行記ミングォンからインワへ

    アマラプラを後にして向かったのは、ミングォンという集落です。アマラプラからは北西方向にあり、再び車で40分ほど走ります。最初に訪れたのは「シンピューメェ」という仏塔です。とにかく白い!1816年に当時の王様が夫人が亡くなったのをしのんで建てた仏塔です。雲ひとつない青空に白亜の仏塔が目に眩しいです。ここで出会ったミャンマー人姉妹。クレラップのCMのおかっぱ姉妹のようです。タナカの塗り方がこれま...

  4. マンダレー旅行記お坊さんがご飯食べてるのを見るだけだけど面白い - 明日はハレルヤ in Bangkok

    マンダレー旅行記お坊さんがご飯食べてるのを見るだけだけ...

    2日目は朝からマンダレーの近郊を観光します。昨日利用したトゥクトゥクドライバーさんにこの日もお願いしました。涼しい風が吹いているので快適でしたが、とにかくマンダレーは埃っぽいのが困りものでした。マスクをしていればよかったと後悔しました。この日のルートはドライバーさんのおすすめコースでまわることにしました。最初に向かったのはマンダレーから車で40分ほどの場所にあるアマラプラという場所にある「マ...

  5. マンダレー旅行記マンダレーヒルの夕暮れ - 明日はハレルヤ in Bangkok

    マンダレー旅行記マンダレーヒルの夕暮れ

    マンダレーヒルは旧王宮の東北にある標高236Mの丘です。丘全体が寺院となっています。丘のふもとから徒歩で登ることもできるようですが(実際に歩いている方もたくさんいました)、あたくし達はトゥクトゥクで7合目付近までビュっと一気に登りました。そこからは、エレベーターもしくはエスカレーターで頂上まで登れます。こちらはエレベーター。あたくし達はエスカレーターで頂上までのぼります。こんな神聖な丘にエス...

  6. マンダレー旅行記白い仏塔に囲まれたサンダムニ・パヤー - 明日はハレルヤ in Bangkok

    マンダレー旅行記白い仏塔に囲まれたサンダムニ・パヤー

    ドライバーさんが次に連れて行ってくれたのは白い仏塔が立ち並ぶ「サンダムニ・パヤー」です。夕暮れが刻一刻と近づいてきています。今日のメインはマンダレーヒルからのサンセットなのであまりゆっくりしていると間に合いません。何分くらい時間ある?って聞いたら15分くらいって言うので大急ぎでまわります。キラキラと輝く門をくぐって内部に入ります。ちなみに、ミャンマーのお寺や王宮などの観光施設は全て裸足で入ら...

  7. マンダレー旅行記木彫り細工が見事なシュエナンドー僧院 - 明日はハレルヤ in Bangkok

    マンダレー旅行記木彫り細工が見事なシュエナンドー僧院

    シュエナンドー僧院はかつて王宮の中にあり、アラウンパヤー朝のミンドン王が息を引き取ったのもこの建物の中だったのだそうです。その後、ティーボー王の時代に今の場所の移されてたのですが、しばしば王の瞑想の場として利用されていました。この建物はミンドン王時代の木造建築で唯一残っているもので、とても貴重な存在です。外側の細工もとっても細かくて見事です。

  8. マンダレー旅行記旧王宮観光 - 明日はハレルヤ in Bangkok

    マンダレー旅行記旧王宮観光

    マンダレー市内の観光にはタクシー、三輪タクシー、バイクタクシーのいずれかで移動するのが便利です。あたくし達はホテルの横に待機していた三輪タクシーのドライバーと交渉して、市内観光をお願いしました。ちゃんとした車で観光したい場合はホテルか代理店等に事前に手配しておくのが賢明かもしれません。また、マンダレーでもGrabが利用できるので、短距離の移動であればGrabを利用するのもいいと思います。ここ...

  9. マンダレー旅行記ミャンマーの麺料理ってどんなの? - 明日はハレルヤ in Bangkok

    マンダレー旅行記ミャンマーの麺料理ってどんなの?

    ヒルトンホテルのすぐ近くにあるカフェで初めてのミャンマー料理に挑戦です。「SHWE PIY MOE CAFE」というお店で66thと27thの角のあたりにあります。マンダレーの町は碁盤の目にようになっていて、通りの名前も数字の順番になっているので初めての訪問でも比較的わかりやすいですね。こちらのお店は市内にチェーン展開をしていて、地元の人に大人気のお店のようです。ガイドブックにカフェと書いて...

  10. マンダレー(ミャンマー)旅行記そうだ、マンダレーに行こう - 明日はハレルヤ in Bangkok

    マンダレー(ミャンマー)旅行記そうだ、マンダレーに行こう

    バンコクから飛行機でおよそ1時間50分。ミャンマー第二の都市のマンダレーに行ってきました。首都ヤンゴンも考えたのですが、ミャンマーに駐在していた方に聞いたところお買いものならヤンゴン、観光ならマンダレーかな・・と言っていたので、マンダレーに行くことに決めました。あたくしにとっての初めてのミャンマーにワクワク、ドキドキです。まずはマンダレー空港でタイバーツからミャンマーの通過チャットに両替しま...

  11. ミャンマーからゾウさんが札幌市円山動物園に! - ゾウさん

    ミャンマーからゾウさんが札幌市円山動物園に!

    2018年11月30日にミャンマー連邦共和国から日本の「札幌市円山動物園」に4頭のゾウさんが無事に到着したようです。ゾウさんたち・・・ミャンマー名が見当たらなかった(私がみつけられなかった?)ので、後に募集をかけるのでしょうか。ゾウさんたちにとって名前って特に重要ではないのかもしれませんが、これから一生を日本で過ごすことになっても、それまで生まれ育った記憶がなくなるわけではないので、千葉動物...

  12. 絵本を届ける - いぬのおなら

    絵本を届ける

    ランチタイムに勤め先で開催された、コチラが活動している絵本を届ける運動のシール貼りボランティアに2度目の参加。元々切ったり貼ったりが好きなので、それで誰かのお役に立てるなら、お昼休憩を削ることになろうと何のその。ミャンマー難民キャンプに届けるため、日本語の絵本にカレン語のシール貼り。ミャンマーとタイ国境付近にはタイ政府に正式に認められたミャンマー難民キャンプが9ヶ所あるそうで、1984年に正...

  13. 2018/11/02バガン土産 - shindoのブログ

    2018/11/02バガン土産

    とある寺院で男が日本語で話しかけてきた。手には新聞紙に来るんだ高さ11〜12cm程の石像?が・・・オンリーワンだと言ってニヤリとする。値段交渉をして根切り買うことに。素朴な味わいで気に入っているのだが抱えている壺の中はミルク?酒?素材が何なのか?焼き物?石?それなりな重量感。(85g)これが唯一の自分の土産だった。α9+55/1.8

  14. 2018/11/02ミャンマー:その5バガンで - shindoのブログ

    2018/11/02ミャンマー:その5バガンで

    ついにミャンマーも【その5】に突入です!丁度祭りの時期で民族衣装?で着飾った若者たち。暖かい地方に住む民族は、彩度の高いコスチュームが多いようですね。何がそうさせるのでしょう、不思議です。とあるパゴダで少女の僧侶の一団と遭遇しました。三人乗りのバイクは時々見かけます。ノーヘルが90%?交通法規は、非常に緩いというべきでしょう。私達もバガンでは中国製電動スクーター(E-bike)を借りて乗りま...

  15. 2018/11/01ミャンマー:その4バガンで - shindoのブログ

    2018/11/01ミャンマー:その4バガンで

    バガンの続きです。瞑想する場所・・・(名前は不明です)地下と地上に瞑想するための部屋が設けられており、しばらく籠もって修行するのでしょうね。私達が訪れた時は、修行僧は殆ど見かけませんでしたが、全体に侘び寂びの世界。上は水瓶です。街中や道路脇に設けられています。旅行者は、この水瓶の水を飲むことは危険です。腹痛やアメーバ赤痢等のリスクがあります。不用意な生水は避けたほうが無難。生水を使用したサラ...

  16. 2018/11/01ミャンマー:その3バガンで - shindoのブログ

    2018/11/01ミャンマー:その3バガンで

    二日目からはヤンゴンからバガンに飛行機で移動しました。バガンとは、嘗ては首都の時代もあるパゴダ遺跡の宝庫の街。雨季も明け、ろうそく祭りの開催中でした。さて、ホテルから徒歩5分ほどでイラワジ川(写真下)に辿り着きますが途中、牛がいたり、河原では、鶏が歩いていて犬がいて豚が数頭たむろしている。川幅は広くゆったりとした流れ。水は透明ではありません。ミルクティー的な色味。ですが、その河はその村に住む...

  17. 2018/10/31ミャンマー:その2ヤンゴンで - shindoのブログ

    2018/10/31ミャンマー:その2ヤンゴンで

    ヤンゴン、その2です。先ずは市場、何処の国に行っても市場は必見です。食材に始まり、あらゆる物が売られていて国情がよく見えます。お米も当然売られていますが・・・日本のお米に近い種も売られていました!衛星放送用のアンテナがニョキニョキ。電線がザワザワ。α9+28/2.055/1.8上はヤンゴン最大の寺院。シュエダゴン・パゴダ。国内のパゴダの敷地内は裸足。シュエダゴン・パゴダは規則が厳しく短パンは...

  18. 2018/10/31ミャンマー:その1ヤンゴンで - shindoのブログ

    2018/10/31ミャンマー:その1ヤンゴンで

    22日に成田を出発しミャンマーのヤンゴン(2006年までの首都)へ。日本からは今回の旅行を企画してくれたN氏を筆頭に4名、タイ在住の2名も合流し6人での旅行でした。さて、ミャンマーと聞いて何を思い出しますか?ビルマの竪琴を思い出した方は私と同年齢??スー・チー女史は最も有名なミャンマー人ですよね。人口は5142万(2014年)イギリスの植民地時代を経て1948年に独立しました。アジアの中でも...

  19. 各々諸事情2638 - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    各々諸事情2638

    2018年10月28日「双子と結婚した人に質問、そっくりなもう片方に対してどんな気持ちを抱く?」回答いろいろ一卵性双生児は基本的にDNAが同じであることから、興味深い点が多々あることかと思います。「一卵性双生児と結婚した人、顔もしぐさもそっくりな双子の兄弟姉妹に対して、どんな気持ちを抱きますか?」この質問に対する、海外掲示板のやり取りをご紹介します。Redditors who are mar...

  20. 餓鬼の性癖947 - 風に吹かれてすっ飛んで ノノ(ノ`Д´)ノ ネタ帳

    餓鬼の性癖947

    2018年10月16日韓国企業が建設するミャンマー橋が途中で設計変更されたと発覚入札は韓国企業に限定されていた1:ハニィみるく(17歳) ★2018/10/16(火) 11:01:49.84 ID:CAP_USER(写真) https://myanmarjapon.com/wp-content/uploads/2018/10/dara.jpg遅延していた韓国により建設されるヤンゴン~ダラ友好...

総件数:91 件

似ているタグ