ミヤマアカネのタグまとめ

ミヤマアカネ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミヤマアカネに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミヤマアカネ」タグの記事(25)

  1. まだがんばっている、ミヤマアカネくん - 身近な自然の観察日記 ~丹沢大山周辺を中心に~

    まだがんばっている、ミヤマアカネくん

    羽もボロボロですが、ミヤマアカネのオス、がんばっています。この羽を見ると、この個体の生きた証を感じます。東北育ちの私には、この11月にトンボが飛んでいるというのが、とても不思議。地域性を感じますね^^

  2. 2017/11/5(日)のフィールドワーク - フィールドワーク撮影記

    2017/11/5(日)のフィールドワーク

    現地の滞在時間:9:00~14:00到着時の気温:12℃(気象庁発表)撤収時の気温:17℃(気象庁発表)現地最高気温:26℃(持参気温計)天候:晴探索対象:ホソミイトトンボ定期観察しているフィールドで、前回の訪問は11/3。前回の探索を参考に、今回の「ホソミイトトンボ」と、その他の状況★前回観察できたをポイント探索したが、前回と気象状況が変わらないのに、観察できた個体は少なかった。 ⇒・なん...

  3. ミヤマアカネ - Bravo! Birds

    ミヤマアカネ

    赤とんぼと言っても幾つも種類があって難しいですが、ミヤマアカネはその中でもかなり分かりやすい赤トンボですね。遠くからでも翅の太い帯が目立ちます(^^)美しい…。ミヤマアカネ(深山茜) Sympetrum pedemontanum elatum (Selys, 1872)2017年9月中旬撮影

  4. 2017/10/28(土)のフィールドワーク - フィールドワーク撮影記

    2017/10/28(土)のフィールドワーク

    現地の滞在時間:8:30~13:00到着時の気温:15℃(気象庁発表)撤収時の気温:17℃(気象庁発表)現地最高気温:17℃(持参気温計)天候:雨探索対象:ホソミイトトンボ定期観察しているフィールドのひとつで、前回の訪問は10/21。前回の探索を参考に、今回の「ホソミイトトンボ」と、その他の状況★前々回に観察できたポイント・昨年の越冬ポイントを探索したが、見つからなかった。 ⇒昨年は11月中...

  5. 2017/10/21(土)のフィールドワーク - フィールドワーク撮影記

    2017/10/21(土)のフィールドワーク

    現地の滞在時間:8:00~11:00到着時の気温:17℃(気象庁発表)撤収時の気温:17℃(気象庁発表)現地最高気温:20℃(持参気温計)天候:雨探索対象:ホソミイトトンボ定期観察しているフィールドのひとつで、前回の訪問は10/9。前回の探索を参考に、今回の「ホソミイトトンボ」と、その他の状況★前回観察できたポイントを探索したが、「ホソミイトトンボ」は見つからなかった。 ⇒雨の影響と、気温が...

  6. 地元のスナアカネ - 野鳥がいるから

    地元のスナアカネ

    先日「各地にスナが舞い降りています」というコメントを頂き、昨年見た隣県のポイントには出ているのかな、などと思い検索をかけていると、隣県どころか自転車圏内の地元の公園にスナアカネが出ているではありませんか!休日を待ちかねて出かけましたがポイント周辺を一回りしても姿がありません。ここでは珍しいベニトンボや活発に活動するミヤマアカネが目に付くのみです。居ないのか?と諦めかけたとき池の遠いところを飛...

  7. 都下訪問 ミヤマアカネ産卵狙い・・でしたが - オヤヂのご近所仲間日記

    都下訪問 ミヤマアカネ産卵狙い・・でしたが

    ミヤマアカネ産卵の時期、午前中産卵撮影で訪問。同じ場所で以前は10時位から産卵開始を確認。まだ時間的に早かったので周りを散策。●オツネントンボ昨年、冬近くに見つけた場所を探すと足元から1頭飛び上がり近くに静止。7月に羽化探しで栃木に行きましたが、それ以来のオツネントンボ。Olympus E-M1II M5II+M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(テレコン...

  8. この羽は誰が編んだのでしょう - 身近な自然の観察日記 ~丹沢大山周辺を中心に~

    この羽は誰が編んだのでしょう

    と言いたくなるほどの、細かいトンボの羽。ミヤマアカネ。遺伝子のなせる業。それは神の領域でもあるけれど、本当にすごいなぁ。。綺麗。この所、ミヤマアカネによく遇います。今度はもう少し水辺の近くに行こうかな。私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!

  9. 都下でのミルンヤンマ探索 -2 - オヤヂのご近所仲間日記

    都下でのミルンヤンマ探索 -2

    ■都下でのミルンヤンマ探索 その2です先週の訪問で産卵時期として活性化しているものの、メス自体の確認が出来無かった為、時間的な問題なのかのチェックを兼ねて早朝から訪問。●6:40頃から観察開始 気温15度到着早々、前回と同じ朽木にミルンヤンマが来ていることを確認。その後は8時半頃まで来なかったものの、8時半以降は約15分置きに飛来。●8:31頃 メス飛来産卵のため、一瞬止まった個体を目撃。●...

  10. 都下でのミルンヤンマ探索 - オヤヂのご近所仲間日記

    都下でのミルンヤンマ探索

    ■都下でのミルンヤンマ探索へ台風一過の晴天の日。今日は改めて都下でミルンヤンマ産卵の観察へ。時期的にはそろそろ産卵は活発になる頃ですが、時間帯はきちんと調べておらずざっくり朝夕が活発という程度(いつもながらそれが良くないのですが)。前回の産卵撮影は12:30頃ですが、あの日は10時過ぎまで雨模様だったので、朝方の産卵が遅れたものと推測。今日は他の訪問地もあり、午後を目安に訪問予定。●ミヤマア...

  11. 赤い顔シリーズ - 身近な自然の観察日記 ~丹沢大山周辺を中心に~

    赤い顔シリーズ

    ナツアカネの顔、真っ赤!インスタに載せた一枚。ミヤマアカネの顔、ちょっと赤い。今日撮った一枚。すんごく酔っ払ったおっさんと、ほろ酔いのおっさんみたい^^動物とわたし

  12. 朱と茜 - ecocoro日和

    朱と茜

    嬉しい季節のはじまり今年初めての彼岸花に出逢いました。昨日は奥三河までドライブ。田は黄金色に輝き、アキアカネが飛び交う田舎道。少し早めの秋を感じてきました。ミヤマアカネを見つけました。この子はこれから茜色に染まるのね。^^その頃には、秋も深まっているのだろう。(北設楽郡東栄町にて 9月10日撮影)

  13. ミヤマアカネ - オヤヂのご近所仲間日記

    ミヤマアカネ

    ■ミヤマアカネ の様子確認もう全てのオスの体は見事な赤に変わり、縁紋もピンクに。産卵場所となる水場をチェックしてみましたが、数頭いるだけでまだまだ産卵には早い状況。●ミヤマアカネ(♂)(Photohitoリンク)気温が高くオベリスク倒立状態。Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO●ミヤマアカネ(♀)Olympus E-M1...

  14. ミヤマアカネ - Bravo! Birds

    ミヤマアカネ

    未成熟の♂ではないかと思われる個体です。正面から撮影。何故か近づいても全然逃げようとしませんでした。寝てたりして。ミヤマアカネ(深山茜)  Sympetrum pedemontanum elatum2017年7月中旬撮影

  15. 2017/8/26(土)のフィールドワーク - フィールドワーク撮影記

    2017/8/26(土)のフィールドワーク

    現地の滞在時間:7:30~11:00到着時の気温:29℃(気象庁発表)撤収時の気温:33℃(気象庁発表)天候:晴ときどき曇探索対象:ホソミイトトンボ・モートンイトトンボ・アジアイトトンボ定期観察しているフィールドのひとつで、前回の訪問は8/20。前回の探索を参考に、今回の「ホソミイトトンボ」「モートンイトトンボ」「アジアイトトンボ」と、その他の状況★「ホソミイトトンボ」の夏型は、数個体のみ観...

  16. 上手くいかない日 - オヤヂのご近所仲間日記

    上手くいかない日

    8月最後の日曜日。●色付き始めたミヤマアカネたち早朝、うっすらさした朝日の中で。縁紋にも色が入り始め、アカトンボたちが主役となる時期もまもなく。Olympus E-M1II+M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8●マルタンヤンマ早朝からマルタンヤンマの産卵を待ってみたものの、現れてくれず。目の前には滅してしまたオオシオカラトンボ。考えてみたら昨年産卵撮影は7月末で、時期的に...

  17. ミヤマアカネ - ピアノ教室の風景

    ミヤマアカネ

    ようやく今季初撮り。そんなに赤くなって、、、酒飲んだのか?

  18. 2017夏トンボ色々 in2017.07~08石垣島・東京・甲信 - ヒメオオの寄り道

    2017夏トンボ色々 in2017.07~08石垣島・...

    夏バテで休養中なので今回も過去ネタから「トンボ」です。石垣島の山中では昨年の西表島ほどではないものの「オキナワチョウトンボ」(別名ベッコウチョウトンボ)が頭上高く青空を舞っていました。「アカスジベッコウトンボ」は与那国島と西表島では完全に定着していますが、石垣島の山中でも多く見かけるようになりました。「オオハラビロトンボ」雌でしょうか?雄やキイロハラビロトンボほど鮮やかな色合いではありません...

  19. 朝の河口 - 朝の散歩道

    朝の河口

    今朝も雲の多い朝 海岸は涼しい風が吹いていました。河口で魚を獲るアオサギ土手の仙人草の花が最盛期を迎えています。ミヤマアカネ よく見かけます。

  20. 深山茜 (ミヤマアカネ) - 白壁荘だより  天城百話

    深山茜 (ミヤマアカネ)

    写真は、田圃近くの草むらで休んでいる雄のミヤマアカネ。日本で最も美しい赤トンボだと言われています。ほんときれいですね。ミヤマアカネは羽の両側の茶色の帯が目印。 よく見ると白かった縁紋がピンク色(秋仕様)に変っています。

1 - 20 / 総件数:25 件

似ているタグ