ミヤマカラスシジミのタグまとめ

ミヤマカラスシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミヤマカラスシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミヤマカラスシジミ」タグの記事(15)

  1. ミヤマカラスシジミ - 野鳥がいるから

    ミヤマカラスシジミ

    今回は高原へチョウ目的で出かけました未見のチョウがいくつか見られれば良いのですが、まず手堅いところでミヤマカラスシジミを見ることができましたネットを見ているとわんさかいるように書いているのが多いのですが、素人が探すと少なくはないけれど、わんさかという程でもありません撮影には困る程少なくはないので十分楽しめました変わったのも見られました他の個体より一回り小さく翅の白線は完全に消失していますシジ...

  2. ミヤマカラスシジミ異常型? 7月15日 - 超蝶

    ミヤマカラスシジミ異常型? 7月15日

    海の日の中信の公園の続きです。この公園で一番多いのはミヤマカラスシジミかっては、ヒメジオンに群がるシーンが見られたのですが、最近は綺麗に刈られるので見られなくなりました。注目は、この個体。縁毛が整ってますので擦れているわけではないようですが・・・白線が薄っすらで、全体が白化しています。前翅が変だなと思ったのですが、たぶん羽化時のアクシデント・・・それよりも、後翅の縦白線が分断しています。ミヤ...

  3. 7月の信州 - 飛騨山脈の自然

    7月の信州

    信州各地を訪ねた。まずはカシワ林に行ってみた。気温が低いせいもあって落としたハヤシミドリはどうしても開翅しなかった。ウラジロミドリも同時に見られたがやはり開翅しなかった。日本一小さなハッチョウトンボを見に行ったが見られない。今年は発生が遅れているのと、本日も低温でまだ発生前かなと思っていたが1頭見つけたら次々と見つけることが出来た。♀はアブに間違えそうになった。ミヤマカラスシジミは葉上に止ま...

  4. ミヤマカラスシジミとトラフシジミの交尾 - 蝶超天国

    ミヤマカラスシジミとトラフシジミの交尾

    7月7日今日は七夕ですね。七夕と言えば織姫と彦星が年に一度だけ会うことが許された話がありますが・・・こんな出会いがあって良いのでしょうか。ミヤマカラスシジミとトラフシジミの異種交尾です。やらせでも合成でもありません。正真正銘の異種交尾です。こんなの初めて見ました。ミヤマカラスシジミには♂の性標がありますからトラフシジミが♀です。今回は緊急速報として掲載しますが、後日、他の写真とともにご紹介し...

  5. 27ミヤマカラスシジミ「蝶図鑑」 - 超蝶

    27ミヤマカラスシジミ「蝶図鑑」

    長野県のオオムラサキ生息地ミヤマカラスシジミに会うのも楽しみの一つ・・・でも近年、ヒメジオンが綺麗に刈られていけません。

  6. クロツバラを食すチョウ達ほか - 蝶超天国

    クロツバラを食すチョウ達ほか

    7月16日つづき帰り道に立ち寄ったクロツバラが沢山自生する高原では、まずミヤマカラスシジミを狙いました。食樹のクロツバラの周りを時々飛ぶ姿が見られます。新鮮な個体がそこそこ見られましたが、以前より個体数がやや減った印象でした。クロツバラの枝先などに静止します。殆どが前翅に性標がある♂でした。白線が消失した♀もいました。100mmマクロでアップにすると白線がないので違和感がありますね。この種の...

  7. ミヤマカラスシジミ・トラフシジミ(2017/07/24) 富士山麓遠征 ① - 里山便り

    ミヤマカラスシジミ・トラフシジミ(2017/07/...

    昨年に続き、 "小畔川日記" の 'ダンダラさん' にお誘いを受け、二つ返事で遠征に同行した。猛暑が続く中、早朝にも関わらず此処でも暑さの猛威が振るっています。木陰を見つけては ’涼’ を取りながらの撮影です。前年度より1週間早くの現地入りです。早速のお出迎えは 'ミヤマカラスシジミ達' でした。ミヤマカラスシジミ(深山鴉小...

  8. オカトラノオに集まるミヤマカラスシジミなど - 蝶超天国

    オカトラノオに集まるミヤマカラスシジミなど

    7月1日続きゼフの後はミヤマカラスシジミの様子を見に行きました。今年は少ないと聞いていましたが、それなりの数が見られました。時間に制約もあったのでオカトラノオの吸蜜シーンを中心に狙いました。いきなり広角でしたが吸蜜中は鈍感です。100mmマクロでも・・・♀は新鮮な個体も多かったですが、♂はスレが殆どでした。オカトラノオにはメスグロヒョウモンも吸蜜に来ていました。メスグロヒョウモン♀はヒメジョ...

  9. 2018信州遠征その3 - 紀州里山の蝶たち

    2018信州遠征その3

    高原から高度を下げて、夏真っ盛りの里山で探求しました。クヌギ林でオオムラサキがテリ張りしていました。木陰に入ると初見のミヤマカラスシジミやオナガシジミが避暑中でした。

  10. シジミの世界・・・かわいいけれども難しい! - フォト エチュード  Photo-Etudes

    シジミの世界・・・かわいいけれども難しい!

    シジミチョウは、小さくて眼がかわいい。もっとも身近なルリシジミ・ヤマトシジミ・ベニシジミは、年に4~6回発生するから出会う機会も多い。ゼフィルスを探した今回もいろいろ出会え、予定外のオオムラサキやスジグロチャバネセセリにも会えた。今回はベニシジミがたくさん発生していて、探し歩いている途中でもその美しさにハッとさせられた。春に発生する春型は赤橙色の部分が鮮やかで、夏に発生する夏型は黒褐色部分が...

  11. ゼフィルス巡り・・・③クロミドリシジミ・ウラゴマダラシジミ - フォト エチュード  Photo-Etudes

    ゼフィルス巡り・・・③クロミドリシジミ・ウラゴマダラシジミ

    ゼフィルス巡りとの狙いだったが、そうそううまく問屋は下ろしてくれないもの。そんな中で、早朝06時頃に撮った個体が何なのか?自力では判別がつかない一枚があった。先輩に送って見てもらったら「クロミドリシジミ」とのこと。『本種は黒の縁取りと暗褐色のみで、構造色の鱗粉は持たない。雌では翅表の地色がやや薄くなる。翅裏は他のミドリシジミ類と大きく違わず一般的であるが地色の褐色は濃く、白帯はやや細く、後翅...

  12. ミヤマカラスシジミ6月30日 - 超蝶

    ミヤマカラスシジミ6月30日

    オオムラサキの生息地では今季もミヤマカラスシジミが沢山発生していました。

  13. 富士山麓の草原探索その2ミヤマカラスシジミとミヤマシジミ(2017/07/31) - Sky Palace -butterfly garden- II

    富士山麓の草原探索その2ミヤマカラスシジミとミヤマシジ...

    本日富士山に来た一番の目的はミヤマカラスシジミです。時期は真っ盛りで、多少ぼろい個体もいましたが、かなり多くの個体を見ることができました。よく見ると後翅裏肛角付近に水色の紋の大きさに個体差があるのですね。大きく出る個体はすごく綺麗です。■ミヤマカラスシジミStrymonidia mera↓続く

  14. 雨には勝てず・・・幼虫探し - 蝶超天国

    雨には勝てず・・・幼虫探し

    7月1日雨を避けるために・・・・雨雲レーダーと空とを睨めっこしながら行先を探しました。悩んだあげく・・・昼頃になってクロツバラが沢山自生する高原に着きました。狙いは、ヤマキチョウ、ミヤマカラスシジミ、トラフシジミの幼虫です。まず見つけたのはトラフシジミの幼虫です。指が写っているので大きさが想像できると思いますが・・・こんなに小さい幼虫がよく見つかるものと我ながら感心します。拡大できるコンデジ...

  15. いつもの越冬卵探しも成果半減? - 蝶超天国

    いつもの越冬卵探しも成果半減?

    早咲きの梅は既に終わりかけですが、庭の梅は真っ盛りです。(2/19撮影)2月18日春も間近だと思うのですが、久しぶりに山に行ってみるとやはりまだ冬でした。なんとか辿り着いた場所でクルミの木からオナガシジミの越冬卵を探しました。枝はには氷の結晶もついていますが、気温はそれほどでもなく-3℃でした。2卵、3卵とついていることもあります。アップで見るとオナガシジミ独特の突起が確認できます。続いてク...

総件数:15 件

似ているタグ