ミヤマカラスシジミのタグまとめ

ミヤマカラスシジミ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログにはミヤマカラスシジミに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「ミヤマカラスシジミ」タグの記事(45)

  1. 2021年7/23信州遠征その5 - ブログ和歌山の里山便り2

    2021年7/23信州遠征その5

    ミヤマカラスシジミミヤマカラスシジミもたくさんいました。スレたのが多かったんですが、新鮮なのもなんとか見ることができました。そういえば今年はベニモンカラスシジミも見たけれど、本家のカラスシジミは見られなかったなぁ。と言うか、もう数年見てないけれど。来年は久しぶりに行ってみるかな?ちなみに近縁のリンゴシジミは未だに憧れのままです。北海道へ行かないと見られないし。スジボソヤマキチョウヤマキチョウ...

  2. 草原の蝶Ⅱ - 飛騨山脈の自然

    草原の蝶Ⅱ

    ヒメジョオンにメスグロヒョウモンが吸蜜に来た。カラスシジミも吸蜜にきてくた。余りに暑いので草むらに逃げ込んだミヤマカラスシジミ。ヘリグロチャバネセセリも見ることが出来た。何処にでもいたキマダラセセリは近年見かけなくなりつつあるが、ここでは見ることが出来た。夏型のベニシジミは橙赤部が減少することが多い。

  3. ミヤマカラスシジミ / ベニモンマダラ - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    ミヤマカラスシジミ / ベニモンマダラ

    先日、軽井沢町の蝶仲間(画家)Mさんから頂いて帰ったミヤマカラスシジミの蛹、早朝にはまだ羽化していなかったが、午前10時頃には羽化してました。写真は蛹殻です。--------------------------------------午後のフィールドでは偶然、ミヤマカラスシジミを見る事が出来た。ストロボ発光では白っぽく写ります。チダケサシで吸蜜中だった。こちらは自然光で撮った。このフィールド...

  4. 令和3年信州遠征2日目5 - 紀州里山の蝶たち

    令和3年信州遠征2日目5

    皆さん、おはようございます。遠征2日目の最終、里山ポイントでの撮影シーンを紹介します。駐車スペースに到着したところ、偶然に蝶友さんとばったり。暫し蝶談義に花が咲きました・・・笑。里山ロードに入って直ぐにミヤマカラスシジミと遭遇しました。この蝶とは決まって日陰で出会うことが多いような・・・汗。

  5. 軽井沢 / Y邸バタフライガーデンなど - 2021 浅間暮らし(ミヤマシジミ便り)

    軽井沢 / Y邸バタフライガーデンなど

    台風接近で明日は雨が降りそう、今日はまだ晴れ間がある予報だった。今日も訳あって朝早くから軽井沢町へ、その後、蝶の楽園にイケマの苗を届ける。大手スーパーにて買い物、駐車場は殆んど県外ナンバー、そう言う自身も県外であるが・・・軽井沢在住の蝶の仲間(画家)から携帯に連絡あり、自宅の庭の飼育状況を見て欲しいと連絡あり、急遽訪ねる。軽井沢蝶の楽園はボランティアの方が整備に入っていた。今年は春の季節にア...

  6.  ツバメシジミとミヤマカラスシジミ - フォト エチュード  Photo-Etudes

    ツバメシジミとミヤマカラスシジミ

    ブドウ畑に開墾されるとは知っていたが、まさか道まで新しくなっているとは知らず・・・何度もスタート地点に戻ってやっと見つけた小道。オニグルミの木を中心に探し廻るも、狙いのオナガシジミはまったく見つけられず、スッキリ綺麗なツバメシジミが遊んでくれる。表翅を開けばメスの個体だったので周辺を少し探すも、オスは見つからずだった。ツバメシジミ(燕小灰蝶 Short-tailed blue) ジャノメや...

  7. ウラキンシジミの産卵行動など - 蝶超天国

    ウラキンシジミの産卵行動など

    6月26日つづき早朝のゼフを終えて・・・・次のポイントへ移動しました。ここでは最初にウラキンシジミが飛び出し・・・・枝の裏側にとまったのが確認できました。するとトネリコの木の枝をお尻を曲げながらゆっくりと歩いていました。その後もどんどん歩いていきます。枝の分岐部などの凹凸部まで行けば産卵しそうでしたが・・・・クモと出会ってしまったので・・・驚いて飛び去ってしまいました。近くのトネリコの幹を探...

  8. ウラキンシジミ6月20日 - 超蝶

    ウラキンシジミ6月20日

    日曜日の今日は、ラッキーな事に梅雨の中の晴れのお天気!!!迷わず中信のジョウザンミドリシジミ狙いで出掛けましたが・・・なんと、高原入り口で車両通行止め(´;ω;`)ジョウザンの口になっていたので途方に暮れつつ更に北上し、ゼフによく出会える公園に向かいました。8時30頃、現地に着くと、たくさんの撮影者が地面に向かって、シャッターを切ってました。小走りで近寄ってみると、ウラキンシジミ!!!その他...

  9. 今年も発見!!フジミドリの越冬卵ほか - 蝶超天国

    今年も発見!!フジミドリの越冬卵ほか

    3月7日つづきこの日の一番の狙いはフジミドリシジミの卵探しです。普通はブナ林をイメージするのですが・・・・ここはブナが異常に少ないので昨年はまぐれだった可能性もあり・・・・半信半疑でしたが今年も見つけることが出来ました。凄い斜面で地面が凍っているので滑り落ちそうになります。少し暗くて陽も入らないので写真はイマイチです。それでもこうして見つかるとテンションが上がります。続いて探したのはサクラの...

  10. ミヤマカラスシジミ - 飛騨山脈の自然

    ミヤマカラスシジミ

    長野県では普通に産し場所によっては多産する地域もあるのに、岐阜県では絶滅危惧Ⅱ類になっている。伊吹山系は署名な産地だが近年非常に減少している。飛騨地方はもともと少ない種でほとんど見ることが出来ない。今回ほんとに偶然1♀だけ出会うことが出来た。サワヒヨドリで吸蜜中の♀。食餌植物のクロツバラ・クロウメモドキが自生しているが、過去の調査でクロツバラ利用が多いことが分かっている。

  11. 新生ヤマキチョウ現る - 2020 浅間暮らし(ヤマキチョウ便り)

    新生ヤマキチョウ現る

    午後最後は、ヤマキチョウが発生しているだろうかと、発生地に出かけた。何とか1頭のみオスが飛び出したのを見たけど、飛び回っていてなかなか留まらない、吸水したいらしく地面の湿地を探して降りるも、しっかりと吸水出来ずに飛ばれてしまった。それでも、滅茶苦茶にシャッターを切ったが、ピンボケばかりでした。何度か留まったが、こちらの気配を敏感に感じ取って飛ばれてしまう。それでも一瞬のタッチダウンの1コマが...

  12. ミヤマカラスシジミの交尾 - 蝶超天国

    ミヤマカラスシジミの交尾

    6月28日(記事が前後してしまいました)この日の朝一は本格的な雨降りでしたが・・9時には止むと予想してミヤマカラスシジミの生息地に向かいました。到着と同時に雨が止みましたが・・・暫くはあまりチョウが飛びません。下に降りて来たのはミヤマカラスシジミの♀でした。♂は擦れが多く、カメラを向ける気になれません。仕方なく梢をかるく叩いてみると・・・交尾が降りてきました。なんとこの後も交尾がハラハラと・...

  13. ミヤマカラスシジミ2020 - Lycaenidaeの蝶鳥撮影日記

    ミヤマカラスシジミ2020

    撮影日2020年07月11日長野遠征1日目の続きです。オナガシジミを撮影した場所はオオムラサキとミヤマカラスシジミが多産しています。いずれも6月下旬に旬を迎える蝶で、鮮度は期待していませんでした。オナガシジミ撮影後、初めに降りてきたミヤマカラスシジミを見るとかなり新鮮な個体でした。この個体を見て一気に写欲が沸いてきました。交尾個体新鮮ではありませんが前翅が白っぽい個体こんな環境です。雨が上が...

  14. ミヤマカラスシジミ - 自然を楽しむ

    ミヤマカラスシジミ

    この場所はミヤマカラスシジミが多いことでも有名な所。しかし、やはりすでにスレた個体がほとんどで、撮影意欲が今一つ湧かなかった。2020.6.27

  15. 信州の公園Ⅰ - 飛騨山脈の自然

    信州の公園Ⅰ

    この公園は自然の植生を活かした工法で公園づくりが行われており、多くの昆虫類が生息する。わが故郷は絶滅危惧種Ⅱ類で見ることが困難な種なのに、ここではミヤマカラスシジミが沢山生息していて驚くばかりである。♀も見られたのでほぼ最盛期と思われる。敏速に激しく飛ぶのですでに破損個体も見られた。曇りで気温が低いと体を斜めにして、太陽の熱を効率よく受けようとする♂が見られた。イチモンジチョウの♀が開翅して...

  16. ウラジロミドリシジミ他6月27日 - 超蝶

    ウラジロミドリシジミ他6月27日

    朝7時頃、中信の公園に到着すると多くの同好の方さま、カシワの木の上の方に向かってカメラを向けていました。仲間に入れて頂いて、ファインダーを覗くとなんとウラジロミドリシジミの♀初見初撮りです。続いてウラキンシジミも声をかけて頂きました。ウラナミアカシジミウラゴマダラシジミミヤマカラスシジミがワチャワチャでした。スジボソヤマキチョウお会い出来た方さま、ありがとうございました。

  17. ミヤマカラスシジミ - Mag's DiaryⅢ

    ミヤマカラスシジミ

    ミヤマカラスシジミのポイントに寄ってみた。運が良ければ出会えるだろうと。むふっ、とても運がよかった。ポイントについてすぐ、飛んでいるチョウがいた。ミヤマカラスシジミだった。ただ、遠いところに止まるのが難点だけれどねぇ。赤っぽい葉先にじっとしていたら、見つかりっこないょ。翅を傾けて止まったら、ますます見つけづらい。ときどき飛んでくれるので、居場所が分かった。

  18. 定番の種は今年も健在 - 蝶超天国

    定番の種は今年も健在

    1月11日つづき次に探したのは・・・・定点観察のようなものですが・・・・クロツバラのミヤマカラスシジミの卵です。例年探していた木は枯れたり切られてなくなっていました。近くを探して見つかったいくつかのクロツバラからも卵は見つかりました。しかし、大きな卵塊がなかなかありません。普通は太めの枝の分岐付近にあるはずですが・・・多くても5卵でした。細めの枝の分岐にもありました。産卵だけに・・・3卵のも...

  19. こんな場所で?・・・フジミドリ - 蝶超天国

    こんな場所で?・・・フジミドリ

    12月8日つづき次に狙ったのはマンサクが自生する場所で・・・・成虫を確認しているウラクロ狙いですが・・・木が大きすぎて届く枝からは見つけることができず来年の課題です。近くでヤマキチョウの幼虫を以前探したことがあるクロツバラで・・・見つかったら儲けものと思いながらミヤマカラスシジミの卵を探すと・・・・ここでは新発見で成虫は見たことがありません。綺麗な卵があったので拡大してみました。偶然ブナを見...

  20. 晩夏を感じながらチョウを追う - 蝶超天国

    晩夏を感じながらチョウを追う

    8月24日処暑も過ぎて少し暑さが一段落したとはいえ・・・・まだまだ下界は暑いので涼しさを求めて山に行ってしまいます。朝の草原ではまだ綺麗なミヤマカラスシジミ♀が見られました。笹の上で体を傾けて日向ぼっこでしょうか。この辺りでは滅多に見ないホソバセセリもいました。キアゲハはやたらと多かったです。アカタテハも綺麗でしたが花と背景がイマイチです。狙っていたヤマキチョウは飛ぶ時間になっても見られませ...

総件数:45 件

似ているタグ